病院はほんとうに大丈夫なのか。

テーマ:


非常にプライベートなお話になりますが、


つい先日もうすぐ5歳になる娘が幼稚園の登園中に


事故でケガをし、救急車で運ばれました。


右足が血がたくさん出て、腫れ上がっているので、


まず骨折がどうか心配で、運ばれた病院で随分待たされましたが、


レントゲンを撮ってもらいました。


子供の骨はまだ成長段階で線がたくさん入っているので骨折が


わかりにくいですが大丈夫だと言われました。


非常にお若い先生でしたが、それを告げて消毒もモタモタしている


感じで、ブツブツ言って悩んだあと、傷の部分にカットバンを張ろうとしていました


いやいやいや・・・・・ちょっと待てよ。


どう考えても外傷の部分が大きすぎて、まずカットバンで覆いきれるはずが


ないじゃないか。


思わず先生に突っ込みを入れて、化膿しないようにゲンタシンを少し塗布


してもらいガーゼに包帯をしてもらいました。


そしてこれまた何も言わず、『はい、おわり。』みたいな感じで。。。。。


しびれを切らした私は、たくさん突っ込みました。


わたし:湿布は出してくれないのですか?


先生:湿布でケガが治る訳ではないんで。。。。


わたし:いやぁ、もちろん分かっていますが、

    腫れて熱をもっている時はとにかく冷やさないと。


先生:はい、では湿布をだした方が良いですか?


わたし:もちろん出して貰えますか。


先生:では14枚ほど出しておきましょうかね。


わたし:痛み止めも出して貰えますか?


先生:あっ、はい。わかりました。


わたし:破傷風の注射は必要ないのですか?


先生:これくらいの傷であれば大丈夫だと思います。


以上の会話でおわり、帰ったワケですが。。。。。


ぜんぜん納得いかず!!!!


病院はこんなんで良いのか。


医者のそれぞれの見解があるのは重々理解しますが、


わたしが思うに、小児治療は救急車で運ばれても、


あらゆる検査を受けても、点滴や注射を受けても、


1回500円であるから、病院側の経営として、出来る限り


対応を最小限に抑えているのかもしれない。


先日スタッフの御姉さんの子供も急にアレルギーが出て、


腫れ上がり、皮膚科に行ったがこれといった治療はして


くれなかったと言っていました。


決めつけはいけないと思いますが、


納得いかない場合は診察時にたくさん質問した方が良いですね。


いまの状態・症状におけるお薬の種類や治療方法を


詳しく説明してくれる方は安心できますし。


今回娘のケガは外傷と深い捻挫なので、


治療方法としては熱や腫れが引くまでは集中的に冷やし、


熱が引くと、今度は集中的に温めます。


非常に弱い圧でケガの周りからそけいリンパ節にかけて


何度もリンパドレナージュをすると完治が早くなります。


この連休は集中的に温めと施術を繰り返し、


早く治してあげることに専念します。


KOMACHIではご紹介者に限り、男性を施術することが


ありますが、基本的に男性はケガやアトピー・アレルギー疾患の


改善を目的で来られる方が多いです。


お子様はほとんどがアトピーでご相談に来られる方が多いです。


わたしはお医者さんではないですし、KOMACHIは病院ではありませんが、


クチコミで病気の方がたくさん来られます。


なのでこれからも施術による改善データは公表していきたいと


思っております。


わたし自身が大病を患ったときに西洋医学では治らず、


自らを実験台に腎臓疾患・免疫疾患・アトピー・花粉症・生理不順・


生理痛・婦人病を治しました。


なのでこの貴重な経験を活かし、同じ悩みを持つ方のサポートが


できれば嬉しく想っています。


今日はまじめなお話でした(笑。


店主:小鷺眞美









AD