梅湯の効果

テーマ:






こんにちは。

梅雨にはまだ早い感じですが、最近雨が多いですね。

これから本格的な梅雨のシーズンですが、その梅雨のだるさに効果が

あると言われているものを見つけました。

「梅湯」がいいらしいです。
はちみつ入りの柔らかい梅干に熱湯を注ぎ、かき混ぜて作るだけの簡単なドリンクです。

どんな効果があるのかというと

1.梅干に含まれるクエン酸には、疲労回復・食欲増進・自律神経調整効果
2.はちみつに含まれるビタミンの殺菌効果で、風邪予防になる
3.ホットドリンクなので、身体の冷えによる自律神経の乱れが抑えられる

そのほかに「梅湯」がいいのは

【胃腸炎】
熱いお湯をかけて、梅干を潰して飲む。
腸の熱が取れ、吐き気も下痢も治まります。

梅干は、着色料無し、無添加のものがいいです。
また胃腸炎に使う梅干は、はちみつや砂糖などが入っていないものにしましょう。

【疲れ】
クエン酸で疲れが取れるので、疲れている時もおすすめです。

カップに梅干2個をほぐして、お湯を入れるだけ。
かつお梅なら味がしっかりしているので、美味しく飲めます。

【低体温の解消に】
しょうが梅湯
1.しょうがをする。(量はお好みで。多めに入れると当たり前ですが、しょうが感が
強くなります)
2.湯飲みにすったしょうがと梅干1個を入れ、お湯を入れ梅干を潰します。


などなど、他にも風邪の時にも梅干を焼いたりと、昔からなじみの深いものです。

私の娘は、頭痛がある時や頭がなんとなくすっきりしない時には、梅干を食べます。

そうすると「ピッカーン」とすっきりするそうです。(これは娘だけだと思います(-_-;)

ジメジメとした梅雨、暑い夏には梅干ですね!






AD