共鳴が大事である、という言い方ではなく、

どう在るかが大事である、と言っています。

それに尽きると言ってもいいですね。

そこが究極であり、真髄とも言えます。














AD

コメント(2)