カナダからエアメールでお届け♪普段着姿のあなたが何倍もオシャレに見えちゃう粋なビーズアクセサリーの専門店 ☆「Beaded Jewelry 粋」

カナダの大自然に囲まれた田舎からお届けする
ハンドメイドのビーズアクセサリーをご紹介しています♪


テーマ:

カナダから、こんにちは
Beaded Jewelry 粋
 Mayumi です。


この週末、こちらは気温がまたプラスになり、雨が降っています。

先日の寒さからの気温差が大きく、やはり異常気象のようですね・・・





 昨日、本当はブログを更新しようと思っていたのです。
 
・・・が、

その前の晩から突然どこからともなく(←という感じに思えました)膀胱炎が始まり、症状が消える気配が全く無かったので、近くの病院にでかけました。

 
そして・・・、

診察してもらうまで、なんと9時間も待たされました
 
 

カナダ(私の住んでいるケベック州)の医療制度はこんな感じです

  • 医療費は税金で賄っているので無料です。 

  • ファミリードクターといって「かかりつけのお医者さん」が居るのですが、基本的に予約を取ってから診察してもらうシステムになっています。 

  • 緊急に発病・怪我をした場合は、病院の「救急外来」で診察&治療を受けなくてはなりません。(今回の私はこのケースです。) 

  • 診察を受けられる順番は、当直の医師が「重症」と判断した患者から優先にして診るので、「症状が軽い」と判断された外来患者はどんどん後回しにされます。


医療費が無料というのは助かります。
(ただし、歯科や眼科などには補助がなく、自分でどこかの保険に入っていない場合は、全額支払わなくてはなりません。)
 
出産の時も無料でした。
でもその代わり、母子共に以上がなければ24時間後には退院させられます。

また、夫が3年前に結腸癌を患ったときも、検査・入院・手術・抗がん剤治療の全てが無料でした!!
ありがたかったですけれど、「生きるか死ぬか」で大騒ぎした割には、手術後一週間で退院させられました

処方箋は自己負担ですが、これは州から補助がでるので少額で済みました。(夫はお陰様で、今ウソみたいに元気ですおんぷ)
 


ファミリードクターの予約も、数ヶ月待ちというのが普通です。
結局、定期健診や慢性の病気の診察、処方箋の更新のときくらいしか利用できないのが実情です。
 

私はどうも膀胱が弱いのか、以前はちょくちょく膀胱炎を起こし、その度に救急外来に駆け込んでいました。
ここ数年は、ありがたいことにご無沙汰していましたが・・・音譜

何度も患っているモノなので、「あ、ヤバイっ!!」と思う瞬間からその後どうなるのか・・・がだいたいわかります。


だから、早めに抗生物質をもらえれば、症状が軽いうちに早く治ることもわかっているので、昨日も早めに病院に行ったのに~
 
私の後から来た患者さんたちの名前ばかりが呼ばれて、私の名前はいっこうに呼ばれない・・・
 
「忘れられているのか?」と心配になり、窓口で訊いてみると「忘れていませんよ、そのうちにお呼びします。」という返事。

それでも何時間経っても自分の名前が呼ばれないので、文句を言いにまた窓口に行くと「そういうシステムですから仕方がありません。」という返事。

まったくもう・・・!

なぜこのように長時間待たされるのか・・・といいますと、

小さな町の
小さな病院なので、救急外来にはお医者様が一人しかいないんです。その一人の先生が、次から次へとやってくる外来患者を診なくてはなりません。

更に昨日は、私が待っている間に救急車が3回到着し、それで運ばれてきた患者さんが「最優先」となってしまったことも原因のひとつでした。




自宅で心配している夫からも携帯に電話が入り、「明日また行けばいいじゃないか!」と言われたのですが、「明日もこんな調子ではたまらない!」と思い、ねばること約9時間!!

ようやく私の名前が呼ばれました
 
診察室に当直の先生が現れて、処方箋をいただいて部屋を出るまでの時間は、たぶん10分くらい・・・

薬局は既に閉店時間を過ぎていたので、昨夜と今朝の分の薬だけ病院からもらって帰宅しました。
 
 
帰宅後、私はまるで中毒者のように薬を飲み(笑)、遅い夕食を済ませ(夫が作っておいてくれました♪)、薬が効き始めて来た頃にようやく休むことができました。


あ~あ、なんという1日だったのでしょう!!!
心身ともにドロドロに疲れました
 

今朝、さっそく薬局で1週間分の抗生物質をいただいてきました。
徐々に痛み・不快感が少なくなり、「やっぱり昨夜、ねばってよかった♪」と思っています。
 

 
医療費が無料というのは、
 
大変ありがたいですけれど、

「その代わりこんなこともあるよ」
 
というのも事実でした。(それにしてもこんなに待たされたことは今まで一度もなかったよ~っ!!)
 
 
個人経営の医療施設もありますが、ここでは政府からの医療保険が使えないので、実費で払うか、個人や会社などで加入している保険を利用することになります。 (夫も私も自営業なので、政府の保険しかありません。)
 

また、同じカナダ国内でも州によって医療制度が違うので、それも私にとっては「いまだによくわからない」カナダのひとつです


でもね・・・

国の医療制度のことがよくわからなくても、 昨日の経験でよ~くわかったことがあります。

それは、

健康が一番!  ということ。
 
もうこの一言に尽きますね好

 
皆さんもどうぞお元気でお過ごしください。


今日はカナダの医療システムについてお話させていただきました。

昨日書こうと思っていた記事は、また後日にお話しますね。

長々と最後までお付き合いくださり、ありがとうございました
ハート



 


 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

カナダ在住・ビーズステッチアーティスト☆ Mayumiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント