研修講師の「本音」ブログ ~それでは人は育たない!~

理不尽な人材育成や研修を、研修コーディネーターが斬る!

(斬られることも覚悟の上さ。)


テーマ:

こんにちは。


研修講師の「本音」ブログ ~それでは人は育たない!~-続・赤羽のクリスマス♪

研修コーディネーターの飯島ムネヒロです。



今週は研修あり、テキスト作成あり、企画提出ありと、


時間に追われそうです。


数多くの研修講師がいる中で、指名いただけるのは


本当に嬉しい限りです。


一つ一つ、丁寧な仕事をしていきたいと思います!


その関係で、アメブロの更新やペタ返しが遅くなる


かもしれませんが、ご了承くださいませ。


m(u_u)m



さて、今回のテーマ。


景気が良くありません。


でも、景気には必ず「波」があります。


その波の大小があるものの、好景気が永遠に続くことはありません。



景気の波には主に4つあると考えられています。


キチンの波・・・約40ヶ月の周期。企業の在庫変動が起因。


ジュグラーの波・・・約10年の周期。企業の設備投資が起因。


クズネッツの波・・・約20年の周期。建設需要が起因。


コンドラチェフの波・・・約50年の周期。技術革新が起因。



私はなぜか「コンドラチェフの波」という響きが好きです。


o(^▽^)o


これは、置いておいて。



さて、不景気になると、日本企業は真っ先に「教育費」を削除します。


これは、短期的な利益を考えれば当然のことかもしれません。


しかし、人材育成は不景気だからこそ重要なのです。


その理由は主に2つあります。



1つ目は、人材育成には時間がかかる、ということです。


どのような人材に育てるかにもよりますが、人を育てるには


数年必要です。先に述べたように、景気には波があります。


つまり、不景気の時に人材育成をしておかないと、好景気の時


には良い人材がいない、という状況になってしまいます。


そうなると、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。



2つ目は、一人の人材を雇用するよりも優秀な人材を一人育てる


方が効率が良い、ということです。


例えば、仕事ができない社員5人と、仕事ができる社員3人がいたと


します。皆さんが社長だとしたら、どちらを選びますか。


企業の財務において、人件費は大きなウェイトを占めており、


新たに雇用をするということは、大きな負担になります。


ならば、数ではなく、質を高めることも大切なのではないでしょうか。


特に不景気の時には新たな人件費を発生させることは難しいでしょう。


人材育成で質を高めることにより、人件費の発生を抑えることが可能なのです。

 


ただし!


このコラムで何回も言っていますが、企業研修の講師選定に注意してください。


あくまでも、研修を行ったあとの効果まで考えてプログラムを作れる講師で


ないと、今回のコラムのようにな効果は期待できません。


自分のスキルを一方的に提供して満足する講師が急増しています。


「研修だけすればいい」ということでは、真の人材育成はできません。


研修選びは慎重に!!



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。