研修講師の「本音」ブログ ~それでは人は育たない!~

理不尽な人材育成や研修を、研修コーディネーターが斬る!

(斬られることも覚悟の上さ。)


テーマ:

こんにちは。


研修コーディネーターの飯島ムネヒロです。雨の日の花火。



一昨日になりますが、台場近くで会議に出席していた帰り。


強い雨の中、 「ドーン!」 という音が!

 

「また雷かな?」 と思ったのですが、連続して聞こえてきます。



まさかと思い、建物の反対側を見ると、花火が上がってました。


この豪雨の中で。



雨と花火のコラボレーション!?



なかなか良いものですが、打ち上げている人は大変だったと


思います。お疲れ様です。




さて、今回のテーマ。



私は今まで700以上の研修を企画・運営、もしくは参加してきました。


そこで感じたのは、コンサルタントは講師ではない」ということです。




コンサルタントになるには 「資格」 は必要ありません。


国家資格として認められているコンサルタントの資格に


「中小企業診断士」がありますが、この資格がなくとも


コンサルタントを名乗ることは何ら問題ありません。



そもそもコンサルタントは経営や地域活性などの支援や助言をする者であり、


講師という職業ではありません。



ちなみに、中小企業診断士の試験科目には 「助言理論」 というものはありますが、


講義のやり方などは入っておらず、講師としてはほとんどがシロウトです。



講師は 「知っている」 ことも大切ですが、それを 「相手に理解させる」 スキルが


求められます。ところが、多くのコンサルタントはそのスキルがなく、どんなに良い


知識や経験があっても 「理解させられない」 というのが現状です。



また、よくあるケースとして、本では良いことを書いてあるのに講義はダメだった、と


いうことがあります。それは、本の内容はライターや編集者が入るので、そこで


「理解させる」ように変換されるからであり、講師自身のスキルとは限りません。




「コンサルタントは講師ができる」という思い込みにより、講師選定に失敗し、研修の


効果が無かったという話を意外に耳にします。


できれば、その講師のセミナーを受ける等をして、育成担当者が自ら判断されることを


オススメします。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。