研修講師の「本音」ブログ ~それでは人は育たない!~

理不尽な人材育成や研修を、研修コーディネーターが斬る!

(斬られることも覚悟の上さ。)


テーマ:

こんにちは。


研修コーディネーターの飯島ムネヒロです。

祝!100巻!!


私の愛読書(マンガですが)、クッキングパパがいよいよ


100巻。おめでとー!!



でも、1巻400円だとして、100巻だと・・・


40,000円!! Σ(・ω・ノ)ノ!


おわっ、いつの間に!!



チリもつもれば、何とやらです。


でも、毎回料理を考え、ストーリーを考え、絵を描く。


これはすごい事だと思います。



そして、サザエさんやちびまる子ちゃんのように


年齢が止まっているわけではなく、実際に主人公たちが


成長していくというのも、このマンガの魅力です。



このマンガを見て実際に料理をしたのはもう20年前。


忘れもしない「ロールキャベツ」です。


私には兄が3人いるのですが、その料理を食べて


「美味しいじゃん!」


「お前がこれから飯つくれ!」


と言ってくれたことを覚えています。


嬉しかったなあ。ニコニコ



ともあれ、思い入れが強いマンガです。


今一度、100巻、おめでとうございます!!



さて、今回のテーマ。



「研修効果は受けた企業に任せればいいんだから、


研修会社が設計や効果を考えることは必要ないんだよ」



この言葉はとある研修会社社長兼講師から実際に出た


ものです。


私はこの言葉を聞いて、唖然としました。



この人はとあるビジネススキルを教える能力は長けているかも


しれません。でも、人材育成については素人だと思います。



私はこのブログで何回も言っていますが、研修は人材育成の


一つのステップにしか過ぎません。人材育成の中の一部が研修で


あって、研修が人材育成の全てではないのです。



つまり、企業が自分の得意としている研修を企業に提供しただけでは、


人材育成の効果はありません!!


これは、私が10年間で700以上の研修を設計、実施してた中で明らかです。



人材育成は、育成計画、採用、モチベーションコントロール、研修、社風改革、


しくみづくりなど、多くの要素を含んでいます。これらがかみ合って、より良い


人材育成が可能となるのです。



その研修会社は1日に数十万円の研修料をとっています。


下手をすると、企業はそのお金をムダにしているのです。


お金だけではなく、1日の時間や労力をも失うわけですから、被害は甚大です。



多くの意見があるかもしれませんが、研修会社や講師は人材育成の


「責任」を持たなければ、本当に効果的な研修はできないのではないでしょうか。



同じ人材育成を行っている者として、この言葉は辛いものでした。


涙が出そうでした。


でも、そのような考えが淘汰され、真の人材育成が理解されるよう、


私は頑張っていきたいと思います。



そう、負けるもんか。(byバービーボーイズ)

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。