極星十字相殺拳

北斗の拳やキン肉マン、ドラゴンボールについて普通「どうでもいいやろ」と思うことを真剣に自由きままに考える、そんなブログです。

自分の少年時代に、作品を通じて愛と友情と正義を教えてくれた製作者の皆様に、心から敬意と感謝申し上げます。

Copyright 鳥山明・バードスタジオ/武論尊・原哲夫/Coamix/(株)ノース・スターズ・ピクチャーズ/ゆでたまご/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(株)・東映ビデオ株式会社/


テーマ:

超人絞殺刑はあっさり破られ、渾身のキン肉バスターもバスター返しで破られました。


おわり。


いかん、いかん。素で感想忘れるところだった。


額から流血すると、フェニックス戦のキン肉マンを髣髴とさせますね。

腕をも封じるペフフェクシォンバスター、おそらく腕も決められてるから身体を回転できず新キン肉バスターにもっていくこともできないんでしょうね。


どないして勝つんでしょうね、「慈悲の心」があるマッスル・スパークが決め手となるとは思うが・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

約2年にわたり発売されてきたデアゴ北斗の拳、とうとう終了いたしました。

http://deagostini.jp/hkd/backnumber.php?id=44473&issue=58


第1部までは全巻購入していたんですが、特段面白い記事もなく1841円の価値が見いだせなくなり声優インタビューがある号だけ買うのに切り替えてから2年・・


残り3号、ヒョウが魔界堕ち~記憶を取り戻すあたりで冨永みーな氏のインタビューが収録されていましたが、このへんから私は嫌な予感がしていた。


神谷御大、まだかよ・・・まさかインタビューなしで終わるんじゃあ・・と。


でも普通、常識的に考えて神谷御大なしとかありえないじゃないですか。第1号で古川登志夫御大、そして千葉御大、島田敏氏、一勇斎貞友氏、山本百合子氏、飯塚昭三氏、冨永みーな氏と、これだけインタビューしてきて、数名は映像収録まであったのに神谷御大一切なしとか、ありえないじゃないですか。


ユリア役にインタビューしてケンシロウ役にインタビューしないとかありえないじゃないですか。

一番インタビューしなきゃならん人じゃないですか。


そう信じて信じて、仕事終わりに最終巻を探しに本屋に行ったらね、もうね、愕然としましたよ。


神谷御大、最後の最後まで無し!!

映像どころか紙ベースもなしで終了!!!


で収録されてたのはフィギュア情報とPS1&PS2北斗。


・・・・本屋で陣内のごとく「ありえへん!」と絶叫しそうになりました。信じた俺がバカでした。


データベース的なものやキャラ紹介なんてのは我々一般ファンでもどないでもなるんです。

声優や関係者インタビューというのはファン個人ではどうあがいても無理なものなだけに力いれてほしかった。神谷御大はもちろん、イチゴ味で脚光をあびた銀河万丈氏や、数々の端役でいぶし銀の活躍をみせた佐藤正治氏など外せない大御所はたくさんいますでしょうよ・・・。


確かに上記の方々から貴重な話し聞けたんでそれはよかったけど、でも神谷御大なしとか・・

未だにナニコレ・・何なのコレ・・という気持ちでいっぱいです。


ちなみに漢字不明だった奥義が当然のごとく紹介されていましたが、テキトーな当て字じゃないのと思っていたら、実際には当時の脚本を確認しているのではないかと思えるほど信憑性が高いと思われる裏付けがありました。カイオウが最後に使った技とそれを封じたケンシロウの技です。


これが肉声で聞く限りでは「あんりゅうじゅうげきは!」「とうきだんそう!」と聞こえ、私の中では「暗流獣撃破」「闘気断層」と思っていました。しかし数年前愛総会に出席したとき、愛参謀氏からアニメ北斗の複製台本をみせてもらい、そこには予想外の漢字が記されており衝撃を受けていたのです。


果たして、デアゴ北斗が正解しているか、注目していたのですが・・・


「カイオウが放った暗流宙激破をケンシロウは闘気断想で受け流す」


大正解!!!


あとサヤカに突いた破孔が「無感補」、ヒョウのアニオリ技「ようしんきょくは」が「陽真極破」、カイオウの「あんままかきょくは」が「暗魔真可極破」、そして何より今まで名前と顔が不明だったロックとホセ、サンチョ以外の荒野の7人が判明したことは大きな成果だと思いました。


・・・・当時の脚本みたいなあ、閲覧料金払うからみたいなあ・・

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
キン肉マン 大解剖 (日本の名作漫画アーカイブシリーズ)/ゆでたまご

本屋にたまたま行ったらあったので購入。サンエイムックの大解剖シリーズというと去年買った北斗版を思い出す。あれはシャチの拳を「南斗琉拳」と誤植ってたり、ヒルカの絵が全然別人になってたりしていたのでもう買わずにスルーするかあ・・と思っていたのだが、冒頭のコミックスカバーコレクションとカラーイラストにひかれました。


ところがところがこれが予想外に内容が充実している。特に俺はリアルタイム時は幼稚園だったので、

「キン肉マンが電話を止めた事件」とか放送局の事情など当時の情報が書かれているのが嬉しい。

しょうもない間違いやデタラメな記述もない。

特に「キン肉マンの謎」のコーナーが素晴らしい。


1 キン肉族とは?

2 開祖シルバーマンとは?

3 超人閻魔とは?

4 マグネット・パワーとは?

5 超人強度とは?

6 火事場のクソ力とは?


上記の6点を考察しているが、これが実にコミックスを丁寧に読み込んでるなあという気概が伝わってくる内容で、正直いまいちわかってなかった新シリーズの始祖たちへの理解が深まった。


あと「ライバル超人必殺技BEST15」で当時のジャンプのみに掲載されていたイラストを用いて説明してるもよかった。多分タッグ編のあたりで掲載されたものだと思う。


そして「超!超人名鑑」は312人のキャラを紹介しているのだが、アームストロングやペーパーミイラはまだしも、ゴッド・シーサーとかプレーヤーマンとかアイアン・コマンドとか、扉ページのみに登場した読者考案超人まで網羅してるのには恐れ入る。

こんなん知らんて・・


「キン肉マンVSウォーズマン」の原画収録はもう文句なし。

むしろ、キン肉マンの「完全版」を早く出してほしい。当時のカラーページ再現はもちろん、扉も全部収録で。


「キン肉マン休載期間の週間ゆでたまごニュース」も貴重。たしかコンビニ本にも掲載されてた気がするが、こうして日の目を見るのはよい。


一番驚いたのは、「嶋田隆司・高橋陽一ビッグ対談」の中のゆで御大の一言。


「アニメで難しいのは展開が原作に追いついてきたとき。アニメもこっちもお互い気を遣ってペース調整しなきゃいけなくなると要注意ですよね。(略)どちらもベストなものを作れなくなるという・・

だから僕らの場合は王位編にアニメが入ろうかというところで話をして、ここからは原作トレースじゃなくてオリジナルでやってくださいってお願いしたんですよ」


え!?マジ!?俺、腰痛事件を受けて調整したものとばかり。


ちょっと調べてみると、このムックによればゆで御大が休載したのは85年の夏から秋の3ヶ月。

その間、アニメはというと・・・


第106話:「崩壊!マウンテンリングの巻」

  放映日:1985年8月18日



第107話:「ピラミッドリング出現!の巻」

  放映日:1985年10月6日



なんとちょうどタッグ編のパート1とパート2の境目であった。

つまりアニメが追いつきぎみだったところ、御大が休載したので一ヶ月半放送中止して、ピラミッドリング編というアニメオリジナル要素を入れて調整を図ったと。

腰痛事件を受けて、それで急遽ピラミッドリング編を作ったというわけか・・それならば数多い矛盾や無理やりな展開も納得がいく。ピラミッドリング編を酷評する前にこのあたりの事情は考慮せねばなるまいて。


そしてゆで御大がジャンプに復帰したのが85年11月12日。アニメは・・


第113話:「マスク狩り・残り30秒の巻」

  放映日:1985年11月17日



第119話:「光輝くトロフィー!の巻」

  放映日:1985年12月29日



なるほど、ゆで御大の言っていることは間違いではない。まだゼブラと決着がつくかどうかのあたりでアニメがタッグ編を終了してしまい、このままじゃすぐ追いつかれてしまうのは明らかなので完全アニオリでいってくださいとお願いしたということだろう。


アニオリの極悪超人編は設定自体はちゃんと考えられていただけに、放送枠が変わったゆえの打ち切りが哀しい。せっかくゴールデンに移行したのに・・

推測でしかないが、野球で潰されまくってすっかり子どもたちの関心をひけなくなったので視聴率が急落して打ち切られたんじゃないかと思う。


第126話 放映日:86年4月29日

  127話           5月20日

  128話          5月27日

  129話          6月17日

   130話          7月 1日

   131話          7月15日

   132話          7月22日

   133話          7月29日

   134話          9月 2日

  135話           9月16日

  136話           9月23日

  137話(終)       10月1日


飛び飛び放送なのがおわかりいただけるだろう。何より子どもアニメなのに

夏休みの8月に一回も本編が放送なしとか信じられない。

このあたりの事情をぜひ当時の東映スタッフからお伺いしたいものだ。


あ、途中から本の感想じゃなくなってしまった・・北斗本よりはるかに良い内容なので買いです買い。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。