中国産ワカメを使った製品を徳島県鳴門産と偽って販売したとして、徳島県警は9日、鳴門市里浦町の水産加工会社「マルナガ水産」の実質経営者で前社長、伊藤五百里(いより)容疑者(70)=鳴門市撫養町大桑島=を不正競争防止法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、中国産の湯通し塩蔵ワカメの包装に「生鳴門産わかめ」などと記載。09年1~6月ごろの間、大阪市の卸売会社に計約470トンを約7300万円で販売したとしている。中国産ワカメは徳島県内の業者2社から仕入れていた。

 県警によると、伊藤容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。同社のワカメは卸売会社を通じて、全国44都道府県のスーパーなどに販売されていた。県警は同日、伊藤容疑者の自宅や工場などを家宅捜索。以前から産地を偽装していたとみて、詳しく調べる。

【関連ニュース】
コープかながわ:売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売
輸入義務米:1096トン廃棄 汚染米事件後、活用できず
コープかながわ:売れ残ったカツ、冷凍し再び販売
食品廃棄:安易な廃棄「待った」 消費者団体がガイドライン提案
関西プレスクラブ:京都吉兆の徳岡社長が「料理の神髄」講演

進次郎氏、鳩山内閣追求に自信…初外遊の米国から帰国(スポーツ報知)
介護マンション契約金詐取 失意の被害者「よいこと尽くしだと思ったのに」(産経新聞)
NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
聴取対象の男性が自殺=横須賀の民家殺害事件-神奈川県警(時事通信)
<カキツバタ>しっとりと鮮やかに 愛知・無量寿寺で見ごろ(毎日新聞)
AD