会社員の9割ががん検診を「受けるべきだ」と思っているものの、実際に受けているのは3割にとどまっていることが電通(東京都港区)の調査で分かった。

 調査は、厚生労働省の委託を受けて今年3月、全国の20~40代の会社員400人にインターネットで実施した。

 調査結果によると、「定期的にがん検診を受けるべきだと思う」が全体の93.7%を占めた。一方で、「定期的に受けている」は12.8%、「受けたことがある」は18.8%にとどまり、約7割は検診を受けておらず、ニーズとのギャップが浮き彫りとなった。

 また、がん検診経験者(126人)に「受けた理由」を聞いたところ、「職場の健康診断の項目にあったから」が56.3%でトップ。「職場でがん検診がない、もしくは実施状況が不明」という人(311人)に「職場で検診があったら受けたいか」には、97.4%が「はい」と回答。会社員の受診率アップのカギは、職場の健康意識にあるようだ。

【関連記事】
小野ヤスシ、がんだった…1月右腎臓全摘出
働き盛り襲う心臓突然死 ストレス引き金…心身管理が大切
人間ドック、60歳過ぎたら年1回受診を 健保組合の補助ある場合も
小沢征爾さんが食道がん 治療のため6月までの公演キャンセル
「がん」怖いが意識低く 35歳男女4人に1人、健診すら受けず

両陛下、ご静養入り 須崎御用邸などに滞在(産経新聞)
高校無償化法が成立 4月1日施行(産経新聞)
京浜東北線に男が立ち入り逃走(産経新聞)
預保料率下げ、要望あれば検討=亀井担当相(時事通信)
米大使公邸 米国にゆかりの日本人作家による現代アート展(毎日新聞)
AD