2009年08月21日 02時05分00秒

えっ ((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ

テーマ:ブログ

最後の一日が始まりました。 3週間に渡る長い闘いも今日が最後 です ( ̄ーÅ)ホロリ


3週間続けて応援してくださった方。

友人や応援ブログの呼びかけで参加してくださった方

拙いブログに声をかけてくださった方


本当にありがとうございました m(_ _)m



最後に、熱い応援コメントを紹介していきたいと思います。



しかし、、 なんていうのでしょう。。

ここまで影響があるのはある意味やったかいがあるというものです。


---コメント---

ttプロデューサーのナガッチョです!


関係者の投票が生かされるのかは不明ですが、作品に深く携わった立場として、皆様の応援を頂けているこの状況に喜びを感じつつ1票を投じておきたいと思います。


よろしくお願いいたします。


思わず、いたずらかと思って診断させていただくと・・・ 某BV社からの発 キラッ ( = ̄+∇ ̄=)v イエーイ


こうなったら一緒にエライ人に交渉に行きましょう!!



それから毎回熱いコメントをいただいているこの方

---コメント---

あまりにも力作のため、サイトのご紹介だけにさせていただきますが、本当に熱く応援をされています。

・・・・・

というわけで長ったらしい考察文はこれでおしまい。他にもいくつか独自考察はあるので

(第11話の比呂美のアパートの場面は情事の後だとか、バイク事故がそのまま比呂美の心理描写になっているとか)

興味があるならblogのほうを覗いてくれると嬉しい。

TT湯浅比呂美研究室さん


こういう考察が出てくるのは、本当に好きなアニメでないとできませんよね~


true tearsのスタッフさんのブログで

「アニメの世界に存在しているものには、決して『偶然』という要素はありえない。木々や草・空・水のような自然物でさえ、作り手の『意思』がなければ画面上に現れることは無いのです。」

というようなことが書いてありました。

確かにtrue tearsでは画面の隅々にまで血が通っているような、確かな『意思』を感じました。


true tearsに限らず、このような魂のこもった作品は本当にお金で買えない価値があると思います。


買えるものは、ブルーレイディスクで。

ぷらいすれす U\(●~▽~●)Уイェーイ!



続いては、もちろんこちらのタイトル∑o(*'o'*)o ウオオォォォォ!!


---コメント---

リアルタイム視聴組には、願って止まないゼーガのBD化。

なぜなら、DVDでは再現出来なかった本放送時の画質が、BDではリアルタイムで見たあの画質を感動と共に再現してくれると確信しているからです。

辛いとき、悲しいことがあったとき、私はゼーガを見直します。見ていると、また頑張れる。うまくやれる。そんな気持ちにさせてくれるんです。

ゼーガは作品としてだけでも素晴らしいのですが、それに加えてスタッフの方々の深い愛情が、私の心を震わせました。

見ている時の、ドキドキ感。痛み。

見終わった後の、込み上げる想い。

それら全てがいとおしくて、大切な気持ちなんです。

大袈裟かもしれませんが、ゼーガのおかげで人生が変わりました。

当時の私は何をしても楽しく感じられず、自分のやりたいことも見つからず行き詰まっていました。そんな時にゼーガと出逢い、その独特の雰囲気に引き込まれ、見事にハマりました。そしてゼーガがきっかけで今の夢を追いかけることになったのです。いつかこんな素晴らしい作品を作った人達と仕事がしてみたい。その一心で、私は今頑張れているのです。

そんなゼーガに恩返しをしたい。今回の企画がなければ、ゼーガはこのまま日の目を見ることが出来なかったでしょう。そんな悲しいことは認められません。BD化が現実となれば、私はBDを買い、精一杯のお礼を申し上げたいと思っています。

ゼーガという素晴らしい作品と、BD化という素晴らしい企画に、敬礼!


気持ちが伝わってくる素敵なコメントありがとうございます。


 ABIさんがゼーガを#14まで見てくださったご様子で、嬉しい限りです(^^)

 カミナギショックはそりゃあもう本放送では1週間待ちで大変でしたが、今は連続で#14が見られるから良いですよね。この後はもう怒涛の展開ですのでどうぞお楽しみに!

 blogを色々探しているとと、ゼーガを知らないという方も勿論おみえなのですが、それを返せば名前だけでもその人に届いたということ。

 2位でずっと頑張っているゼーガってどんな作品なんだろうと興味を持って貰えたら、それはゼーガファンとしては本望と言ってもいいくらいのものなのです。

 というコメントも多々寄せられているのだろうと思いますが、これでゼーガのBD化が実現したら、ファンの声とBDAさんの後押しでBD化が実現したのだということですから、それはそれで話題になって、また一人でも見てくれる人が居てくれればと願ってやみません。

 でもそれは今回の投票本選に名前が挙がっている作品全てがそうなのでしょう。ということなので、現在1位のtrue tears含めて、投票自体を応援したいものです(^^)/


そして、こういう温かい方がゼーガペインのファンの方には多いですね。

いろんな意味で団結力が本当にあるんだと思います。


--コメント--

 ∧,,∧ よかったらお夜食にどうぞ。

(´・ω・) 見掛けは悪いけど味は保障しますよ。

( ∪ ∪  ,.-、  ,.-、   ,.-、  ,.-、

と__)__) (,,■)  (,,■)  (,,■)  (,,■)

      焼明太 漉し餡 お揚げ カスタードクリーム


コメント集計など大変だとは思いますが、頑張ってください


仕事の後にやる仕事?にはとっても素敵なぷれぜんと・・・ が・・・ 最後はよせ

ゼーガペインファン とっても好きです (ぁ



続いてシムーンから


シムーン。それは、乾いた大地を吹き渡る、熱き風のこと。

その昔、童心の飛行家サン=テグジュペリを灼熱の砂漠へ運び、『星の王子さま』の世界へといざなった愛機の名前。

空に祈り、空に戦い、空に逝った彼の思いが、聖なる神の乗機シムーンに重なります。

『シムーン』、この物語は、神聖な祈りを戦争の道具に使われ、巫女どころか忌むべき兵器として扱われ、人格まで否定されてしまった少女たちが、一途な思いで“生きている証”をつかみ、勇気をもって死と対峙し、ついに魂の救済を得るお話でした。

かくも美しい作品が生み出されたことは、まさに奇蹟だと思います。

シムーンとともに羽撃き、蒼天へ昇りゆくアーエルとネヴィリル。

その姿は、かつて少女だった私に、夢あふれ純真だった自分をよみがえらせてくれました。

『シムーン』、狂おしく切ない思慕の物語。

風のように去って還らぬ、思春期に捧げられた、清麗なるレクイエム。

この感動をブルーレイに閉じ込めたいです。

こういう文章を書ける人。 本当にすごいと思います。

中盤の順位争い、最後の伸びを期待しています ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ



以上、19,20日の素敵なコメントの紹介でした。


最後の一日。 各社にお送りするための熱いコメントを引き続きよろしくお願いします~


ABI



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ABIと愉快な仲間達さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。