■月あかりウンザウンザを踊る

いよいよ、ラストですね、、、!

たかが楽曲紹介に、1年もかかってすみませんでした!!!



シンデレラはいい塩梅ラストの曲は


「月あかりウンザウンザを踊る」



昔ここで書きましたが、

シングル対決で台湾フォーチュンに負け、

カップリングになってしまい、

MVも制作されなかった不幸な曲。

しかしながら、ライブではなくてはならない曲に成長しました

そして「シンデレラはいい塩梅」のラストを飾るのは

絶対にこの曲にしようと決めてた曲です




作曲当時は「スゴい!君!」が出た後だからーー

2013年、冬くらいですね、2年弱前




ここからは、、、言葉にするのは難しく

誤解を多々招く言い方になるかもわかりませんが、、、




結成当初からBDC、特に私に関しては

自分が音楽、バンドをやる以上は、

やりたい事しかやらないし

メンバー以外の人間に意見されるだなんてとんでもない!

ほとんど聞かないです。(聞いたフリはしてます)

人に意見されながら音楽をやるくらいなら

サラリーマンやりながら、

自分の好きな音楽だけ聴いて過ごしていきたいものです。




自分のバンドなんてものは

好きな人が好きなタイミングで好きになってくれればいい

気に入らないのなら、聞かなきゃいいし、来なきゃいいし

関わらなければいいじゃん、

と思っておりました。(、、、今でも半分以上は思っていますが)



しかし、この時期あたりからなのか

損得抜きにしてバンドを支えてくれる方々、

何度も何度もライブに足を運んでくれる方々

その人にとってBDCの存在がひょっとして、

とても大きな割合を占めているのでは?と感じる方々

目の当たりにする機会が増えてきたように感じてまして




えーーー、

自分が好き勝手にやっているものを

認めてもらえる、支えてもらえる

応援してもらえるというのは

とても幸せな事なんだな

と、深く感じるようになりました




そしてその方々に対して、最低限の責任は果たしていきたい

と思うようになり、

私なりに感謝の気持ちを伝えたく作ったものが

「月あかりウンザウンザを踊る」です。





そんな方々に責任を感じつつも

これからも好きなようにやっていきたいと思います

BDCはこれからも相変わらずのご意見無用!ではありますが

よろしければ愛してやってくださいませ

ありがとうございます。






あと、最後の歌詞




「踊るヤツがエラいのだ。それがここのルールさ。」




このフレーズにはイメージとなっている映像があります。

それは、ウンザウンザの元ネタでもある、

エミールクストリッサ監督の映画

「UNDER GROUND」のラストシーンでして。







映画「UNDER GROUND」とはっ!!

「旧ユーゴスラヴィアの50年に渡る悲劇の歴史を、

政治的で攻撃的な映像と音楽、

スキャンダラスなストーリーで綴る映像叙事詩」


、、、


、、、です。


ネットより引っ張ってみました。


、、、うーん


自分的にはイマイチだ、、、


では、私が説明すると、、、



「なんか戦争中に、詐欺師に騙されて

地下室に50人くらい閉じ込められて

お国のために!って20~30年、武器作らされ続けて

詐欺師はそれ売って金持ちになってるしで、なんなんだよ

でも、そんな生活の中でも、

結婚とか宴会とか子供生まれたりとかあったりして

それなりに楽しかったけど

詐欺師バックれて、いざ30年ぶりくらいに外でたら

あれ?ユーゴスラビアって国もうないじゃん?

自分の国ないじゃん?

ヤベェw」


、、、みたいな話です、、、




ぐぬぅ




文才を俺にくれ





一番好きな映画なんです

興味があったらぜひ見てください




そんでこれがラストシーン










このシーンと共に



「苦痛と悲しみと喜びなしでは、

子供達にこう伝えられない。

『むかしあるところに国があった』、と。」




という最後のナレーションが流れます




ここが一番好きなシーンで

何度も涙目でみているうちに




「踊るヤツがエラいのだ。 それがここのルールさ」




というフレーズが浮かんだわけであります。





そのフレーズが、月あかりウンザの世界観と

リンクしたような気がしたので

エンディングにしました。





むちゃくちゃ長くなりましたね





長くなったついでに

最後に歌詞を載せておきます。





■月あかりウンザウンザを踊る

始まりはひょんな事で 君と迷い込んで今どこにいる?
サイナラ 青春の日々よ あまりにもステキだよ

気がつけば空も見えねぇ穴蔵で踊り続けている
池袋のど真ん中で意地を張り続けてら (FUCK YOU!)
さんざん遊び尽くし 君も呆れてもう笑ってら
サイナラ 青春の日々よ あまりにもステキだよ

引き返せば まだ間に合うかもしれない
にごる心がそっと ささやくんだよ
夢なら覚めてくれるなよ あまりにもステキだよ
こんな夜が毎日続けばいい 言ってくれたんだ

君をずっと連れてこう 手を取ろう 踊りあかそうかこんな夜を
死ぬまで歌えそうさ
夢のような宴を始めようか 今宵みんな2人のため
夜は深まり 君はキスをして 僕に笑いかけた

そんなボンクラの歌が 君に届いてるっていうんなら
夢なら覚めてくれるなよ あまりにもステキだよ

いつか終わりがくるんだよ
何も聴こえなくなっても
それでいいよ 君と二人
取り憑かれた悪夢の中を
泳ぎ さまよい くたばればいい
月が照らすんだ

君をずっと連れてこう 手を取ろう 踊りあかそうかこんな夜を
死ぬまで歌えそうさ
夢のような宴を始めようか 今宵みんな2人のため
夜は深まり
月の中で疑わず見つめてる君をずっとこんな夜は
抱きしめていたい
もしも君が望んでくれるのなら僕はきっとこんな歌を
歌い続けて 君に捧げたい
月あかりの下で

踊るヤツがエラいのだ
それがここのルールさ

AD