テーマ:

お店には、

お子さん、学生さん、社会人、年輩の方等、

様々な年代のお客様が来店されます。


皆さんの中には

「全ての年代の方に満足してもらえるお店」

というものを目指している方がおられると思います。


でも、

本当に全ての年代の方が満足する

お店は存在するのでしょうか?

 

私が知るあるお店は、

あらゆる層のお客様が満足する

お店を目指していました。


しかし、

あらゆる層のお客様に

満足してもらおうと思えば思うほど、

 

逆に

全てのお客様に対し中途半端になってしまい、

満足のいくサービスが出来なくなってしまいました。


その理由は…

現代は多種多様な価値観が混在する

世の中だからです。

 

価値観が違うというのは、

育ってきた「環境」や「風土」が違う

からです。

 

昔は、

これほど多くの価値観は

存在していませんでした。

 

だいたいは

“年代”や“性別”、“出身地”に

よって差があるという程度のものでした。

 

そのため

価値の判断基準がほとんど変わらないものになり、

全てのお客様に「満足」を提供することができました。

 

しかし、

現代ではこの「価値観」が多種多様で、

全く違う世の中になってしまっています。

 

年代や性別、

出身地だけではなく、

“生活スタイル”

“思想”などにより、

 

個人レベルまで

「好き」「嫌い」という

価値の判断基準が異なってきたのです。

 

ほぼ全ての人間の判断基準が違うということは…

 

全てのお客様に満足してもらうことは

「ほとんど不可能になった」

と言わざるを得ないでしょう。

 

つまり…

「何でもある」は

「何にもない」と

同義になってしまってたのです。

 

 

そう考えると…

 

全てのお客様に満足してもらおうと考えることは、

全てのお客様にある程度の不満足を提供することになってしまう

という事になるのです。

 

 

ではどうしたらいいのか…?

 

全て層のお客様ではなく、

「特定の層のお客様をターゲット」に

絞ることが必要なのです。

 

具体的には、

「ご自分のお店で、このサービスなら最大限の満足を提供できる特定層」

をターゲットにするという事です。

 

これがメインになるターゲット層です。


この「特定層」は、

“年代”や

“性別”

“生活スタイル”

“職業”であったり、

“趣味趣向”であったり

と色々な条件で細分化されていきます。


メインのターゲット層を狭く設定するほど、

その層に対しては高い満足度を提供することが出来ます。

 

でも注意も必要です。

 

メインのターゲット層を狭く設定しすぎると、

対象人数が少なくなりすぎて、

採算が合わなくなる危険性もあります。

 

現在のお店の経営では、

この「メインターゲット層の設定が重要」

という事です。

 

皆さんのメインとなるターゲット層はどういった方ですか?

 

 

集客サポート・サイト制作・システム開発・スタッフ研修などのb-dash

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は「差別化」と言った表現は好きではありません。

 

競合店との違いを

患者さんに分かってもらうようにすることが

「差別化」です。

 

つまり、無意識に自分から“競合店と比べて”しまっているのです。

 

ですので、

私は「差別化」といった表現は使いません。

 

「独自化」といった表現をもちいています。

 

「独自化」は

競合店や何か自分以外のものと‟比べた結果の違い“ではなく、

自分自身の特長のみをユーザーに訴えかけるものです。

 

誰とも比べる必要はありません。

 

競合店と比べてしまっている事で、

自ら選択肢を縮めてしまってはいませんか?

 

競合店の方を向いてその違いを比べるのではなく、

お客さんや患者さんの方を向いて、

自身(お店や会社)の特長を訴えてください。

 

 

例えばある子供専門の歯科医院では…

 

小児歯科という分野を徹底的に追及した独自化戦略をとっています。

 

治療に関する事はもちろんですがそれだけではありません。

 

具体的には、

    ・スタッフはお子さんが安心できるような優しいイメージのコスプレを着ていたり…

    ・内装は保育園と勘違いしてしまうほど飾り付けや壁紙にこだわり。

    ・幼稚園の先生や保母さんが渡してくれるような、

     手書きでPOPなニュースレターが置いてあったり…

    ・七夕やクリスマスパーティのような子供さん向けのイベントを開いたり…

    ・子どもの意欲を掻き立てるような虫歯予防の表彰状制度があったり…

 

その医院の全ての施策が、小さなお子さんとそのお母さん向けになっています。

 

 

他の業界でも、

 

ある子供専門サロンでは。

コンセプトも完全に「小さな子ども向けのヘアサロン」

としているようなサロンもあります。

 

当然、

セット面や器材などもお子さん向けに工夫がしてあります。

もちろんその他もお子さん向け…

 

 

このように独自の方法をとることで、

クチコミにも発展しやすくなります。

 

そして、

独自に特化しているということを

消費者に目で見えるカタチにして伝えるます。

 

「ホームページ」

「外観」

「内装」

「スタッフ」

「スタッフの制服」

「備品類」

「イベント」など

 

そうする事で、

ご自身のお店のコンセプトが

分かりやすくなりより広く伝わっていきます。

 

もちろん、

 

全てを一度に変えてしまうのは大変な事です。

 

でも、

ニュースレターやイベントなど

ご自身でまずは実行できそうなところから

チャレンジしていってみてはいかがでしょう。

 

是非試してみてください。

 

必ず効果がでますから。

 

 

集客サポート・サイト制作・システム開発・スタッフ研修などのb-dash

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

魅力的な人にはたくさんの人が集まってきます。

 

そして、

たくさんの人が集まると言うことは…、
お客さんも集まってくるわけです…。

 

当然、「売上」や「収入」は、高くなります(笑)。

 

では、
人が集まるかどうかを見分ける方法とは…
人を魅了するものっていったい何なんでしょう?

 

それは「笑顔」です。

 

単純でしょ?

 

 

ある調査によると、
笑顔が多い人ほど、“経済的にも裕福”なんだそうです。

 

そしてこの調査によると、
「声をあげて笑う人」は

「にっこり微笑むだけの人より」も

さらに良い結果がでるそうです。

 

つまり、

よく笑うようになるだけで、
精神的に安定し、お客さんも増え、スタッフさんから好かれる(笑)

ようになり…


さらにそのうえ、

「経済的にも豊かになる可能性が増える」

という事…

 

事実、

たくさんのお客さんが来られる会社の従業員さん達は

皆さん“素晴らしい笑顔”の持ち主の方が多いです。

 

従業員さんに笑顔があふれれば、

必然的にお客さまの数は増えます。

 

だったら、

従業員さんに笑顔になって貰いません?(笑)

 

 

お客さんを笑顔にする前に、

一番身近な従業員さん達の笑顔を

作ってあげて下さい。

 

 

でも、
笑顔になってくれるかどうか
心配ということなら…

 

簡単な方法があります。

 

それは、

率先してオーナーが笑顔になれば、

従業員さん達も笑顔になります。

 

単純でしょ?

 

しかも、これは真理です。

 

だから、

まずはオーナーから笑顔になりましょう。

 

もちろん最初は大変かも知れません…

「照れくさい」かもしれません…

「ぎこちない笑顔」かもしれません…

 

でも、

変化は必ず伝わります。

それに、

重要なポイントですが、

笑顔を作ることに一切お金はかかりません。(笑)

 

チラシやビラなどの広告で「集客」するには
多少とも費用がかかるものが多いです。

 


一切お金がかからず、
“従業員さん達も笑顔になり”

“売上が上がる”のであるなら…

絶対取り組むべきでしょう?

 

 

と、ニヤニヤ微笑み(笑)ながら、今日のご飯の事を考えていました。

 

 

集客サポート・サイト制作・システム開発・スタッフ研修などのb-dash

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、友人達と食事をしながら

次回の会食に使えそうなお店を探しました。

 

料理が美味しいのはもちろん、

他の希望としては、

イロイロありますが…

 

「個室があるか」

「落ち着いた雰囲気か」

 

特にこの2つを重視していました。

 

そこで、

「新大阪 個室 会食」

のキーワードで検索したところ・・・

 

「ん?」

 

表示された飲食店さんの

ホームページを見たところ、

欲しい情報が見当たらない…?

 

正しくは…

「欲しい情報がなかった」

という事ではなく、

 

最初に目につく箇所に、

「個室」とか「会食」とか、

検索に使ったキーワードが登場しなかったのです…

 

ホームページの見せ方については、

「F(エフ)理論」という

レイアウトの考え方があります。

 

コレは、

ホームページの画面を見る際の人の目の動きを

「F」という文字に見立てている考え方の事で、

 

目の動きに沿うように、

「F」という文字の形に従って

見ている方にとって必要な情報を見せていこう、

 

という考え方です。

 

という事は…私の場合、

最初のページの画面の上部に

「会食」とか「個室」というキーワードがあると

 

「探していたピッタリのお店!」

と思い、

ホームページを読んでいくんですが…

 

ほしい情報がなかったので、

他のお店を探しに行ってしまいました。

 

ホームページは、

パッと見た1秒が勝負!

(実際には2秒くらいあったかも(笑))

 

飲食店のように

“お店がひしめき合っている”

競争が激しい業界の場合、

 

店を探している人が

ホームページにたどり着いた時こそ、

 

「この店はあなたが探しているお店です!」

 

と伝えるチャンスです。

 

昔はホームページまでたどり着いたお客さんが

内容を読むかどうかを判断に要する時間は、

“3秒~5秒”と言われてましたが…

 

現在では「およそ1秒くらいで決めている」と言われています。

 

ですので、

お店を探している人が、

お店のホームページを見た瞬間に、

 

「この店はあなたが探しているお店です!」

 

と伝わる情報を盛り込んでいないと、

その見込客を逃してしまっている可能性が

高いということになります。

 

しかも、

知らないうちに…

(怖)

 

ホームページを見て選んでもらうには

どんな情報が必要になってくるのか?

 

 それは「検索キーワード」

 

見込み客となる人は

“ある目的”を持って

お店を探しています。

 

だから、その時に使った

「検索キーワード」が

登場するお店ならば、

 

「自分が探しているお店」

 

と思い、

より詳しくホームページを見てくれる

可能性が高くなります。

 

このことは飲食店さんだけではなく、

「全ての業種のホームページ」に

当然当てはまりますよ。

 

 

 

集客サポート・サイト制作・システム開発・スタッフ研修などのb-dash

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、

様々な会社や事務所、お店のホームページを

拝見する事が多くあります。

 

現在開業されている企業様で、

ホームページを持っていないほうが“意外”に感じるほどです。

 

もちろん作りも…

“簡易的なもの”もあれば、

“手の込んだ凄いホームページ”まで様々…

 

お店の中には、

ブログだけやフェイスブックだけといったお店もあります。

 

その皆さんの

お客様に来て貰うためのツール

「ホームページ」ですが、

 

ホームページの

“目的”は一体

何なんでしょうか?

 

実は目的はただ一つだけなんです。

 

 

それは…

「お客様を集める」

 

これが全てです。

 

 

そのため、

会社や事務所、お店のホームページは

お客様目線が絶対に不可欠なんです!

 

でも現実には…

 

“デザインがキレイなだけ”

“手は込んでいるけれど見にくい”

“シンプル過ぎて必要な情報が載っていない”

 

こういった

「自己満足」的なホームページが

たくさん見受けられます。

 

こういったホームページは

残念ながら、

お客様には響きません…。

 

 

お客様の目線で

しっかりと皆さんの会社や事務所、お店の

「強み」や「得意」を打ち出してください。

 

 

そうする事ではじめて

来て欲しいお客様を集めることができる

“響くホームページ”となります。

 

皆さんのホームページは響いているでしょうか?

 

私は、

美味しそうなお店のホームページには

すぐ共鳴してしまいますが…(笑)

 

 

集客サポート・サイト制作・システム開発・スタッフ研修などのb-dash

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。