内部的な運動効果

テーマ:

こんにちは!

福岡市博多区にあります、マンツーマントレーニングジム・ビークス、エグゼクティブディレクターの桝谷です。


え~…論文ではありません(笑)


タイトルってね、いつも悩むんですよ。
先に付けることもあれば、内容からの後付けもある。

ま、そんなことはどうでもいいんですが(^^;

 

lgf01a201305161500
運動しようぜ!



さてさて、今回のテーマ。
運動が身体に与える一般的な効果をパッと挙げてみると…
・筋肉がつく
・体温が上がる
・柔らかくなる
・体力がつく
・痩せる
・ストレス解消

こんなところでしょうか?



でもこれってほとんど外的結果なんですよね。
もっと深く掘り下げてみましょう。


まず、呼吸が変わる


いまいちピンとこないかも知れませんね。
心臓は拍動することで血液を送り出しますが、呼吸の変化は運動をして心臓が鍛錬されると1回の拍動で送り出される血液量が増えることに由来します。
血液量が増えるということは、取り込む酸素の量も増えるということ。

結果、体力がつくことになるんですが、これは疲労の回復が早くなることも同様です。



そして、血管が変わる
実はアスリートの中には、心筋の毛細血管が発達し、血管の弾力性が高くなり、同時に血圧も低い選手が多い。
血液のサラサラ具合も大事ですが、血管そのものの弾性も大事なんです。
…覚えておきましょうか。



血管が若いと身体も若くなるということを。



運動することってメリットがたくさん。
※もちろん、無知で始めることのデメリットやケガのリスクなどはありますが。



間違いなくマイナスにはさせません。
気になることがあれば、ご遠慮なく質問してください。

すべてにお答えします。





常に全力投球!
ゴウでした!

AD