shishangのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
俺と同様にピンチを感じたのだろう明智が一緒に敵味方が入り乱れるゾーンへと突入する。
 その時、中国の中盤の底――センターライン辺りから放物線を描くロングボールがペナルティエリアのすぐ手前に蹴り込まれた。

 偶然かそれとも何遍も放り込んで距離感を掴んだのか、無造作に蹴られたようなロングパスが前線のポスト役を正確に狙っていた。
 その高いボールに向かい前線のターゲットとなっている楊が跳び、マークしているDFの武田と最後の砦としてDFラインの裏に控えていた真田キャプテンが絡み合うように空中でボールを奪い合う。
 さしもの巨人の楊も相手が二人掛かりでは分が悪かったのか、DFが二人掛かりでも抑えきれなかったと言うべきか三人の頭を経由してクリアともリターンパスともつかない中途半端なルーズボールになる。

 そのこぼれた玉にいち早く追いついたのは日本のDFだ。逆サイドの島津がとんでもなく派手なため、ここまであまり目立つことのなかった左サイドバックがボールを確保して前へ蹴ろうとする。うちの代表チームでは外へ出して敵からのボールで再開されるクリアよりも前へ――特に右サイドへ向けて蹴れと奨励されている。
 当然彼もそちらに蹴ろうとしてほんの微かに躊躇う。その視界に待ち構えている敵が映ったのだろう。このまま右サイドへ向けてキックしてもすぐパスカットされてしまうと思っても仕方ない。レディース シャツ
 無理はできないと切り替えて外へボールを蹴りだしてクリアしようとしたのだろうが、その一瞬の迷いが致命傷だった。押し寄せていた中国のMFが背後からボールを奪い取ったのだ。こんな時に自陣でも敵が押し寄せるハイプレスの怖さを思い知らされる。
 
 驚く間もなくそのまま敵はシュート。その至近距離からの強力なシュートをうちのキーパーはなんとか弾く。
 だがもちろんキャッチしたりコーナーへ逃げるといった余裕があるわけがない。こぼれ玉はペナルティエリアの中を転々とする。
 血の匂いを嗅ぎつけたピラニアのように選手が集まりエリアの中がごちゃついた。まずい、こんな乱戦になってしまうと俺の鳥の目も技術も役に立たない。
 くそ、ボールはどこだ? あ、そこか……え? 

 人混みの中ようやく発見したボールはちょうど日本のゴールへ向かってシュートされる所だった。
スーツ シャツ
 ――痛恨の失点。得点したのが誰か審判や観客も判断に困るような混乱の中からのゴールだった。


 誰だか判らない中国選手が駆けだして喜びを爆発させているんだから、たぶんあいつが点を取ったんだろう。
 ああ、まったく。ちょっと自分の調子がいいからって簡単に勝てるはずがないよな、相手もまた必死なんだから。
 なんで俺はこのぐらいで動揺しているんだよ。
 相手に点を取られたらこっちはそれ以上に取り返す。その為の攻撃的布陣だろうが、作戦を出し惜しみとかしている場合じゃないだろうが。
 さっきの作戦を一部修正して用いる事にする。
メンズ ワイシャツ
「真田キャプテン、島津に合図したら上がれって言ってください」
「上がらせていいのか?」
「あのプレスは急なオーバーラップが弱点なんです。こっちの攻撃するメンバーにマークが張り付いて誰をマークするか、抜かれたら誰がフォローするか一人一人の役割がはっきりしているからこそ効果的なんですが、通常と違ったパターンと人数でこられると決められたマークでは対応できません。そして、その状況を演出しやすいのがDFのオーバーラップなんです。島津さんをいったん下がらせたのも、彼をマークしていた相手を宙に浮かせるためでした。今敵DFの彼は別の役を担っています、ゴール前のDFが遊んでられる訳ないですからね。そんな状況で新たにたった一人http://www.shopforcontributejp.pw/ 男性 スーツ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード