JR横須賀線武蔵小杉駅(川崎市中原区)が13日、開業した。連絡通路を使って約400メートル離れたJR南武線と東急東横線への乗り換えができ、1日の乗降客は約7万人と見込まれている。

 東京駅への所要時間は、南武線川崎駅を経由するこれまでのルートに比べ、13分短縮されるほか、湘南新宿ラインと成田エクスプレスがすべて停車するため、新宿や成田空港方面への利便性も増す。

 13日は、新駅の始発となる品川発久里浜行き下り電車が午前4時40分に到着。同10時からは新駅の駅前広場で記念式典が開かれ、くす玉を割って開業を祝った。

 再開発が進む駅周辺は、東日本で最も高い地上197メートルの高層マンションのほか、消防署とホテルの複合ビルや企業ビルが林立しており、新駅開業で、川崎駅周辺に次ぐ同市の拠点になることも期待されている。

ベスーン容疑者 過去に船舶事故、死者も(産経新聞)
裁判員裁判は“損”? 手続き多く勾留が長期化(産経新聞)
グループホームの防火体制点検を―厚労省(医療介護CBニュース)
辞任要求「よろしくない」と野田副大臣=枝野氏らも生方氏擁護(時事通信)
神奈川県不正経理、電動自転車・トナーなど購入(読売新聞)
AD