时尚のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
備して学園都市に行くよ。商会、のことは後で詳しく話すけど。そのことを差し引いても、僕はヒューマンの教育ってのに興味が出てきた。どうせ行く予定だったんだ。ツィーゲの事は皆にお願いしていく」

「若様はお一人で行かれるお心算ですか?」

「いや、識と行く。男二人、気楽に行こう」

「わ、私とですか!?いやいや、巴殿か澪殿と行かれるべきでは!?大体、そ、そんなことになったら、私はむしろ自分が五体満足でいられる自信が……」

どんだけ二人に脅されているんだい、識?calvin klein 時計

あたふたと慌てふためく識の様子は滑稽だが、決してふざけてなかった。あの二人、後輩に対する接し方を教育する必要があるな。たった二日で尻尾丸めきっているじゃないか。

「どうせ、亜空に来れば会えるんだ。なら僕と巴が別々に動いた方が色々効率も良い。門を開けるのは僕と巴だけだからね。それにさ、巴の教育方針はどうもやらかしてから反省会パターンなんだ。識は研究者だったみたいだから傾向と対策で事前に教われそう。ついでに言うと元ヒューマンだった経験で奴らよりは常識がありそう」

後半にいくにつれて語尾が小さくなる。

澪と戦った時もそう。森鬼もそう。

さらに澪と二人でベースを一個破壊しているし。

「若様も、色々苦労されているのですな」

「まあ、ね。識もこれから覚悟決めておかないときついよ」

「……」

「最終的にはあの口論を一撃で止めて欲しい」

最早会話かどうかも怪しいレベルの応酬になっているけど。お互い、手は出していない。先に手を出したら負けとかルールでも決めているのかね?被害が出ないから実に嬉しいが。

「……若様、アンデッドも死にますぞ?」

おいお前、何を言ってるんだ?的な目でリッチに真顔で諭された。

「君は回復魔法があるんだから大丈夫だろう」

「全弾オーバーキルの怒涛の連撃。回復など欠片も意味がありません。無理です。不可能です。死にます」

涙目で訴えてくる識。な、流れ弾であれだけ傷を負った彼では太刀打ちは難しいか。

「だけど別行動の件は識から伝えてもらうつもりなんだけど?」

「!!??」パネライ gmt

「あの二人にはツィーゲから北へ向かってもらって海を目指してもらいたいんだよね。……巴は遠くない内に海産物がどうのと言い出すに違いないし。荒野での冒険者の拉致やらレンブラント商会との繋がりやらを考えると、巴はツィーゲ近郊にいてくれた方が都合も良い」

あれで交渉事も意外とこなしてくれるからな。適正がオールAの武将みたいに器用な奴だ。

「み、澪殿は別に連れて行かれてもよろしいのでは?」

「澪ね。どちらかと言うと本当は連れて行きたくもあるんだけど。巴一人にかける頼み事が多くなりすぎるのもかわいそうかな、と。週に何度かは会えるんだからこの際ね。あいつも少しは僕離れしてくれないと」

識、だから何でこの世の終わりみたいな悲壮な顔をする。澪が巴のように何でも器用にやるようになるとは思えないけど、実は少しくらいあいつに張り合って色々出来るようになって欲しい気持ちはある。

「わ、若様」

「あ、それと学園都市に行くにあたって若様は無しね。ライドウの方でよろしく」

「お二方に、私から話をするのは本当に本当の決定でしょうか?」

「勿論。僕はもうツィーゲに戻ってレンブラントさんに挨拶しないと。せっかく軒先をお借りするのに主がいきなり遠出します、なんて失礼をするんだから。せめて挨拶だけでもしっかりしておきたいんだ」

「初めて仰せつかった命がこんな危険な事とは……土に還るかもしれぬ……」

独り言を軽く流
http://www.watchsreception.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード