テーマ:

   去る11月18日、これまで開催してきた「ユーザー会」を「BBTower Business Exchange Meeting(ブロードバンドタワー・ビジネス・エクスチェンジ・ミーティング)」と改称し、再出発させて頂きました。このたびは、当社の法人ユーザー企業に加えて、協力企業、金融機関などの皆様がご参加頂き、参加者相互の共同事業を促進する場を提供することで、当社の役割を再定義・再認識頂くためのイベントとして開催いたしました。なお、当日のプログラムとしては、以下のような内容で進めさせて頂きましたところ、大変な好評を頂きました。

●開催挨拶:
 株式会社ブロードバンドタワー 代表取締役会長兼社長CEO
 藤原洋
●特別講演:『昨今のデータ経営を支えるサイバーセキュリティの勘所』
 株式会社ラック 取締役専務執行役員CTO、
 株式会社ブロードバンドタワー 社外取締役
 西本逸郎氏
 本講演では、日本年金機構の情報流出問題等をケーススタディとして企業や組織の情報セキュリティ管理体制・管理手法に関する要点を分かり易く解説して頂きました。
●ユーザー企業代表講演1『Isilon: Informative Tips』;
  EYビジネスイニシアティブ株式会社様       
    (*EY:アーンスト・アンド・ヤングは、米英拠点の世界4大監査法人グループ)
 本講演では、当社の提供するストレージ・ソリューションに対する技術サポートによって、EY社の国際的なシステム開発が完了し、安定運用が実現した事例が紹介されました。
●ユーザー企業代表講演2『クラウドゲームでスマホアプリが大進化!』
 ブロードメディア株式会社様
 本講演では、当社のデータセンター第1サイトを用いた、レイテンシー(遅延時間)の制限が厳しいクラウドゲーム事例として、据置型ゲーム機で大ヒットしたゲームコンテンツのクラウドゲーム化が紹介されました。
●BBTowerビジネス発表『Next Action』
 株式会社ブロードバンドタワー 代表取締役会長兼社長 CEO 藤原洋と米国EverySense, Inc CEO 真野浩氏(工学博士)との「IoTビジネス」対談
   最初に私から、当社の次世代ビジネスの中心となるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)のインターネット技術トレンドにおける位置づけ、その歴史、欧米における技術動向・市場動向、国際標準化動向、一般財団法人インターネット協会におけるIoT推進委員会の活動について解説させて頂きました。その後、EverySense社との資本・業務提携の概要についてお話させて頂きました。
  次に、EverySense社CEOの真野浩氏から、同社技術の紹介と事業戦略について解説して頂きました。

  以上の講演会の後は、講演者および参加者全員による交流会を行いました。今回から主旨として、当社の提供するサービス、製品の法人ユーザーの皆様への感謝を表する会としてだけではなく、参加者の皆様の新たなビジネスチャンスを創出する会とすることとしました。その結果、参加者の皆様からは、講演会と交流会を通じて、大変有意義であったという多くの声を頂きました。

  このような当社の取り組みは、図に示すような、最近発表させて頂いた当社の提供する「マルチクラウド・サービス」に代表されています。これは、国内で初めてクラウドセキュリティ認証制度の「STAR認証」を獲得した当社クラウドサービスのc9に加えて、アマゾン・ウェブ・サービスの提供するAWS、およびマイクロソフト社の提供するマイクロソフト・アジュール(Microsoft Azure)を組み合わせ、一社だけではなく、多くのパートナー企業連合を構築し、多様化する顧客ニーズに応えようとするものです。今回の『ブロードバンドタワー・ビジネス・エクスチェンジ・ミーティング』を契機に多くのパートナー企業の皆様と共にIoTと動画配信時代の新市場を開拓していきたいと考えております。

平成27年11月25日
 代表取締役会長兼社長CEO
 藤原 洋 



 

いいね!した人  |  リブログ(0)