テーマ:

 
~当社提携先のScality社CEOジェローム・ルキャット氏がフランス国内の「スタートアップ・オブ・ザ・イヤー」(最優秀起業家賞)受賞!~

  私は、去る10月13日に、パリ・オペラ座で開催されたフランスの「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー (EY Entrepreneur Of The Year: 企業家賞)」記念イベントに招待され出席いたしました。そこで、当社の資本業務提携先であるScality(スキャリティ)社CEOのジェローム・ルキャット氏が、最優秀起業家賞(スタートアップ・オブ・ザ・イヤー)を受賞したため、「友情登壇」し祝賀スピーチを行いました。

  ルキャット氏は、起業家部門において180社から7社がノミネートされた後、最優秀起業家賞に選ばれたというアナウンスがあると当社の新動画配信サービス「アンカーパーソン.TV(アンパカ.TV)」のマスコットキャラクター「アンディー君」を伴って登壇されました。続いて、司会者から私の名前が呼ばれ、友人への祝賀スピーチということで、「ジェローム・ルキャット氏はフランスの起業家として表彰されたが、フランスに留まらない世界的起業家である。起業家のミッションは世界を変えることにあるが、彼はストレージの常識を覆し、従来のハードウェア・ベースだったストレージの世界をソフトウェアのストレージに変えた。私は同じ起業家として、共に世界を変える仲間であり、特に日本では、自動車産業や映像産業などで大量のストレージを利用しているが、益々その需要は高まっており、彼の新しいストレージ・テクノロジーは、正に世界を変えるだろう。」との話をさせて頂きました。

  約1,000人の参加者は、フランスの企業家、投資銀行、ベンチャーキャピタルの方々で、イベントは、全てフランス語で行われました。外国人は私だけのようでした。また唯一、私のスピーチだけが英語でしたが、メッセージは通じたらしく、授賞式後のレセプションでは多くの人々から祝福と名刺交換の希望があり、日本とフランスは先端技術分野で、もっと互いの強みを持ち寄って経済発展をするべきであるとお話しておきました。

  ところで、EY社(Ernst & Young: アーンスト・アンド・ヤング) は、ロンドンを本拠地とする世界規模(150ヶ国、700都市以上)の会計、税務、アドバイザリー・サービスなどのプロフェッショナル・サービス企業で、世界4大会計事務所(EY社、デロイト トウシュ トーマツ、KPMG、プライスウォーターハウスクーパース)の1つです。

  フランスの「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」には、6分野があり、次の企業が選出されました。分野ごとに数百社から7~8社をノミネートし、各部門の最優秀賞を表彰します。

1) Born global〔生粋のグローバル性〕(ノミネート7社)
受賞者:Hervé BURUNET氏とGilles CHETELAT氏(Sticky Ads.TV社Co-Founder)
表彰者:Gilles BABINET氏(Digital Champion社CEO

2) Stratégie Disruptive〔戦略的破壊性《イノベーション》〕 (ノミネート8社)
受賞者:Giorgio ANANIA氏(Atedia社CEO)
表彰者:Arnaud LE GAL氏(ジャーナリスト、仏経済紙「Les Echos」編集者)

3) Vison Stratégique〔ビジョンの戦略性〕(ノミネート7社)
受賞者:Guillaume RICHARD氏(O2社)
表彰者:Jacques VERLINGUE氏(Verlinque社プレジデント)

4) Entreprise Familiale〔企業の家族性〕
受賞者:Fellcle BURELLE氏とJean-Michael SZCZEBRA氏(Plastic Omnium社)
表彰者:Elizabeth DUCOTTET氏(Thausne社プレジデント、METI社共同代表

5) Start-up de l'Année〔今年の最優秀起業家〕(ノミネート7社)
受賞者:Jérôme LECAT氏(Scality社CEO)
表彰者:Nicolas DUFOURCQ氏(Bpifrance社CEO、投資ファンド)

6) Entrepreneur de l'Année〔今年の最優秀企業家〕(ノミネート7社)
受賞者:Gilles FALC’HUN氏(Sill Entreprises社CEO)
表彰者:Vincent TAUPIN氏(Edmond de Rothschild France代表、投資銀行)

  ジェローム・ルキャット氏が率いるスキャリティ社は、急成長中のSDS(Software Defined Storage:ソフトウェアにより定義されたストレージ〔記憶装置〕)開発企業で、独自技術によるソフトウェアが商品です。これは、数学に強いフランス生まれの数理科学的アルゴリズムにより、多数のサーバーをネットワーク経由で接続しあたかも1つの巨大な記憶装置を創り出す技術で、PB(ペタバイト)級以上の大容量ストレージを実現します。研究開発拠点をパリ、事業拠点を米サンフランシスコ(本社)とボストンに置くSDSのトップランナーです。

  当社は今後、本格的なIoT(Internet of Things: モノのインターネット)/動画配信時代に対応するために、情報通信産業に留まらず、製造業、運輸業、流通業、建設業、農業といったあらゆる産業分野で、相互接続とデータの相互運用性を実現する共通のオープンプラットフォームを、自らのサービスで実運用に供しながら提供してまいります。具体的には、IoT分野においては、IoTセンシングデータの収集サービスとデータ利活用サービスおよびデータ分析サービスがあり、また、動画配信分野においては、動画版ウィキペディアになると期待している「アンカーパーソン.TV(アンパカ.TV)」サービスがあります。このような共通のオープンプラットフォームを確立するには、ストレージ・ソリューションが最も重要な鍵を握っており、ジェローム・ルキャットCEOが強調する、「容量」「パフォーマンス」「使いやすさ」という3つの「拡張性」を備えたソフトウェア・デファインド・ストレージが、これまでの専用ストレージと比肩する、最も有効なソリューションの1つであると考えております。

  このような新しいソフトウェア・ストレージ時代の幕開けに相応しい、ジェローム・ルキャット氏のフランスの「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」の「スタートアップ・オブ・ザ・イヤー」(最優秀起業家賞)受賞を心より祝いたいと思います。

  なお、本日(10月20日)の日本経済新聞(朝刊10面)に、Scality社CEOのジェローム・ルキャット氏、慶應義塾大学 環境情報学部長・教授の村井純氏と私の対談が掲載されておりますので、宜しければこちらもご覧ください。

平成27年10月20日
 代表取締役会長兼社長CEO
 藤原 洋




 

いいね!した人  |  リブログ(0)