「目標達成」考察ノート

こんな時代だからこそ自分のやりたいことをやる。それを実現する方法の考察。


テーマ:

 目標達成のためには「アイデア」も重要です。パッと思いついたアイデアが壁を突破するヒントになることもあるでしょう。ここでは普段私が実践している「アイデア管理術」をお伝えします。

 

◆選択的認知と関心アンテナ

 世の中は情報であふれています。しかし、基本的に人はその中から自分が見たいものだけを抽出しています。このような情報の取捨選択のことを「選択的認知」と言います。

 

 この選択的認知は無意識に行われていますが、これをうまく活用するのが「関心アンテナ」のテクニックです。使い方はいたってシンプル。自分が欲しい情報を「言葉」にするだけです。例えば、「マンションを買いたい」と「言葉」にします。すると、電車広告、街頭広告、テレビの特集などいたる所にあるマンション情報がどんどん「目に」入ってきます。また、カフェ等で交わされる他人の会話に「マンション」というキーワードが出てくれば、それが「耳に」入ってくるようになります。

 

(ポイント)関心アンテナを立てて情報の感度を高めよう!

 

◆閃きは時間と場所を考慮しない

 何かを考え続けていると、ふとアイデアを思いつくことがあります。そんな時、何もしないでいると、あっという間にアイデアは消えてしまいます。この点、私はアイデアは「釣り」に似ていると思っています。どちらもヒットした瞬間に釣り上げておかないと逃げてしまいます。

 

 問題は、アイデアが浮かぶ瞬間が予期できないことです。いつどこで浮かぶかわからないということは、「いつどこでも対応できる体制」が必要になります。

 

 ちなみに、私の場合は書店でアイデアが浮かぶことが圧倒的に多いです。その時の対応はいたってシンプル。

 

 ①スマホの「メモアプリ」を起動してアイデアを書く。

 ②そのメモを「メールで自分宛てに送る」。

 

 たったこれだけです。ここでのポイントは、その場で「素早く」メモにできること。もう1つはそのアイデアを「後で絶対に目に触れるようにすること」です。私の場合、メールは必ず全てチェックします。そのため、自分宛てに送っておけば必ず目に触れるというわけです。

 

(ポイント)閃きを掴み取る工夫をしてみよう!

 

◆実践振り返りノート

 さて、閃いたアイデアは実践して成果を確かめる必要があります。この時、「どんなアイデアを」「どのように実践」して、「結果どうだったか」をきちんと検証しなければなりません。でないと、やりっぱなしになってしまい、次につながるヒントを見落としてしまいます。

 

 この点、私の場合は「Evernote」を活用して、自己の判断の振り返りを行うようにしています。この時、自分がどのように「思ったのか」、どのような「考え」でそう判断したのかも書くようにしています。例えば、「なぜ価格のディスカウントを行ったのか?」「その時、何を考えていたのか?」「結果を踏まえ、今後どうするか?」もきちんと、自分の言葉で書くようにしています。振り返りはあくまで「次に」つなげるためなので、ここをおさつつ自分にあったやり方を見つけてみてください。

 

(ポイント)振り返ることができるものを用意しよう!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 前章までに「目標を設定する技術」と「行動をマネジメントする技術」を見てきました。最後にここからは「ツールを活用する技術」を見ていきます。

 

◆ポリシーを持つ

 携帯時代からスマホ時代になって劇的に変わったことがあります。それは「アプリ」という名の便利ツールが山のように出現したことです。選択肢が増えたことは、一面ユーザーにとってうれしい話ですが、反面、多すぎて選べないという状況になっています。こういう状況の時は、「自分なりのポリシー(方針)」を持つことが大切です。

 

◆「目的」と「手段」を逆転させない

 いうまでもなく、あくまで目的は「目標を達成すること」、「ツールはその手段」です。これが基本ポリシーとなります。加えて、私の場合は、「シンプル」かつ「ストレスがない」物を選択するというポリシーを持っています。

 

(ポイント)自分なりのポリシーを持ってツールを選ぼう!

 

◆「本質」を考える

 目標達成に重要な3つの要素は「目標の明確性」「達成に向けた行動」そして「モチベーション」でした。ツールを選択する場合には、これらの要素をどのように盛り込むかを考えてみましょう。

 

◆「手帳」と「カレンダー」

 「目標設定」では「数値」と「期限」が重要でした。これらの要素を盛り込むことができるツールとしては「手帳」と「カレンダー」があります。

 

 この点、私は、以前は別々にアナログなものを使っていました。しかし、今は「Googleカレンダー」に統一しています。アナログからGoogleカレンダーに移行した理由は「いつでもどこからでも確認できる」「スケジュールを簡単に変更(組み替え)できる」「リマインド機能がある」などです。

 

 また、モチベーションに寄与する「ポジティブワード」なども、Googleカレンダーに記入しています。この時のポイントは「(言葉)○○」のように「索引」をつけておくこと。そうすることで、後で「検索機能」を使って「一覧表示」させることができます。

 

◆体重と運動管理は「エクセル」で

 体重や運動管理については「ウェアラブルデバイス」と連動させたアプリがたくさん出ています。しかし、私はこの点はまだ「エクセル」を活用しています。それはなぜか?それは、現在の私にとっての重要な情報は「日付」「体重」「走った距離」の3つだけだからです。

 

 この点、専用アプリはどうしても「情報量」が多くなり、その分「本当に重要な情報」が埋没してしまう危険性があります。ツールを選択する際は、目標達成に必要な「情報」は何なのかを見極めましょう。

 

◆自分の感覚を大切にする

 ツールを選択する上で、絶対の正解はありません。どんなにユーザー評価の高いアプリも、自分に合わないものは選択すべきではありません。この点は「自分の感覚」を大切にしてみましょう。使っていて「何かしっくりこない」「違和感がある」「ストレスがある」という場合は、やっぱり長続きしないものです。こういう場合は、自分の感覚を頼りに色々なツールを試してみましょう。もちろん、目標達成のエッセンス(要素)は忘れずに。

 

(ポイント)エッセンスと自己の感覚でツールを選ぼう!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 目標達成に向けてのプロセスはいつも順風満帆なんてことはありません。むしろ、アップダウンを繰り返すのが普通でしょう。そして、「行動」と「モチベーション」は切っても切れない関係にあります。

 

 とするならば、行動し続けるためには、困難に直面した時、どうやって自己のモチベーションを維持するかがポイントになります。こんな時に役立つのが「プラス思考」です。ここではプラス思考になるための具体的なテクニックを3つ紹介します。

 

 ①リフレミング

 ②アンカリング

 ③ポジティブワード

 

◆リフレミング

 1つ目のテクニックは「リフレミング」と呼ばれるもの。これは「自己の経験の意味合いを換えていく心理的テクニック」です。具体例を1つあげます。

 

 『エジソンは新しい素材を発見するために行った9999回の実験を「失敗」と捉えなかった。それは9999回の「(素材にならないという)新発見」と捉えた。』

 

 どうでしょうか?ここから言えることは何でしょうか?それは失敗か否かは「客観的」なものではなく、当の本人がどう捉えるかの「主観的」なものであるということ。言い換えるならば、ある経験に対して、どのような意味合いを与えるかは、その人の「自由」」ということです。

 

 そして、ある経験に対して「前向きな意味合い」を与えることがまさに「プラス思考」です。どんな経験にも学べるものが含まれています。そこに光を当て、それを自分の力に換えていきましょう。

 

(ポイント)経験は考え方1つで貴重な財産になる!

 

◆アンカリング

 2つ目は「アンカリング」と呼ばれるもの。これは「予め決めておいた特定の動作を行うことで、特定の感情を呼び起こす(アクセスする)」テクニックです。

 

 例えば、イチロー選手がバッターボックスで行う一連の動作がこれに当てはまります。一流のスポーツ選手の多くは、最高の精神状態にアクセスするために自分なりの「動作パターン」を持っています。

 

 これを自分の中にも取り入れてみましょう。この時のポイントは、「シンプルさ」です。これはいつでもどこでも実践できるようにするためです。

 

 例えば、私の場合、講演などの前は、「指をパチンを鳴らす」→「さあ、最高に楽しもう。とつぶやく」というお決まりの動作を行っています。この動作によって、心地よい緊張感という感情にアクセスしています。

 

 もちろん、この感情の呼び起こしも「反復練習」が必要です。何度も練習を行うことで感情へのアクセスが次第にスムーズになっていきます。

 

(ポイント)自分なりの感情アクセス手段を持とう!

 

◆ポジティブワード

 3つ目は「ポジティブワード」と呼ばれるもの。これは「自分に力を与えてくれる言葉」を予め持っておくことを言います。「言葉」は「人間の感情」に大きな影響を与えます。皆さんも、自分自身に影響を与えた「言葉」がいくつもあるのではないでしょうか?そんな力を持つ言葉を、いくつか用意しておくと、ピンチになった時の自分を救ってくれます。ここでは私のお気に入りの言葉を3つご紹介します。

 

 *さあ、楽しもう。

 *何事も考え方1つ。

 *自己がコントロールできることを精一杯やろう。

 

 特に、3つ目は「他人の感情」を考えすぎた時は、いつも思い出すようにしています。他人の感情はコントロールできません。ならば、あまり気にせず自分ができることを頑張るようにしています。

 

(ポイント)自分に力を与えてくれる言葉を用意しよう!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 「ローマは1日にしてならず」と同じように目標も1日で達成できるわけではありません。ある一定以上の努力を一定期間し続ける必要があります。とするならば、やはり最後は「体力=スタミナ」も重要になってきます。この体力をいかにつけ、そして維持していくか、ここではこれをとりあげます。

 

◆運動の効用

 体力は何もしなければ年齢とともに下がっていきます。これはある意味仕方がありません。しかし、これも少しの工夫によって、維持・向上させることができます。私は現在40代前半ですが、おそらく今の方が20代の時よりも「体力」があると感じています。そう言い切れる1つの根拠が「運動」です。まったく運動をしなかった20代の頃、たった1㎞走るだけで息が切れていました。一方、今はゆっくりですがフルマラソンを楽しんでいます。

 

 また運動はダイエットにも効果的です。体力がついて、おまけにメタボ解消まで達成できればまさに一石二鳥でしょう。

 

(ポイント)運動の効用を再確認しましょう!

 

◆運動を始める際のポイント

 運動を始める際のポイントは「軽いものから始めて」「継続的に」です。くれぐれも最初からハードなものに手を出すのはやめましょう。まず続きません。また、体力は一朝一夕でつくものではありませんので、いかに「続けられるか」に意識を向けましょう。この点でもまさに「継続は力なり」です。

 

(ポイント)運動は「軽いもの」&「続けられるもの」

 

◆運動を継続させるポイント

 運動を「継続させる」にはどうしたらよいでしょうか?ここでのキーワードは「快感」または「心地よい」です。「軽い運動」といっても、どの程度の運動が軽いのかは個人差があります。ですので、「自分の感覚」を基準にしましょう。「自分が」心地よいと感じるか否かで決めてみてください。心地よい汗をかけば、またきっとその快感を味わいたくなります。この「快感サイクル」を回すのが運動を継続させるコツです。

 

(ポイント)運動強度は「自分が心地よいと感じるもの」

 

◆「心地よさ」を引き出すポイント

 運動を心地よくするポイントを2つとりあげます。それは「他人と比較しない」「進歩を賞賛する」です。まずは、他人と比較するのはやめましょう。比較すべきは「昨日の自分」です。そして、昨日の自分と比較して少しでも進歩があったら自分を褒めてあげましょう。最初はとても小さな進歩で構いません。例えば、「昨日は3階まで、今日は5階まで階段を上った。」→「ナイス自分!!」みたいに。大切なのは気持ち的に自分をノセていくことです。

 

(ポイント)昨日の自分を少しだけ超えていく!

 

◆徐々に運動強度を上げる

 不思議なもので、体力がついてくると、もう少し強度の高い運動を「したく」なってきます。自分の内面にこうした「欲求」が生まれてきたらしめたものです。体力アップの好循環の入り口にさしかかったといえます。ただし、焦りは禁物。無理は怪我の元なので。あくまで焦らずゆっくりと運動を楽しみましょう。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 さて、目標は設定できました。次は目標達成に向けた「行動」です。ここでは、自己の行動をマネジメントする方法についてみていきます。

 

◆効率的達成には集中力が必要

 途中ですぐに別のことが気になる。1つのことを長続きできない。これらはすべて「集中力」の問題です。現代人の最大の資産の1つは「時間」です。最小の時間で最大のリターンを得るためにも「集中力」はとても重要です。では、この集中力をどうやって高めていけばよいでしょうか?ここでは下記3つのポイントをご紹介します。

 

 ①好きになる

 ②誘惑を物理的に排除する

 ③自己のエネルギーを回復させる

 

◆好きになる

 「集中力」というのは「何かに意識を向け続ける力」と言い換えることもできます。では、皆さんはどんな時にずっと意識を向け続けることができるでしょうか?それは、「好きなこと」をやっている時だと思います。寝食忘れて没頭というのは、それは大抵好きなことをやっている時でしょう。ならば、これを目標達成の行動にも活用すべきです。つまり、その行動自体が楽しいものになるように工夫してみましょう。

 

 「どんな仕事にも工夫の余地がある」

 こう考えるならば、工夫次第でその仕事を楽しくすることだってできるはずです。1つのヒントは「遊び心」を持つこと。例えば、単純作業もストップウォッチ1つで「世界記録に挑戦!」なんて舞台に早変わりさせることができます。

 

 『No Fun No Gain』=楽しめれば得る物も大きい!を合言葉にしてみましょう。

 

(ポイント)遊び心で行動自体を楽しもう!

 

◆誘惑を先に排除する

 好きになる工夫はとても重要です。しかし、場合によっては「好きではなくてもとにかくやらねばならない。」という場面も当然ありえます。しかし、そんな時に限って「誘惑」に負けることが多いのもまた事実でしょう。

 

 この時、「さあ、集中するぞ」と意識に働きかける方法はあまり効果がありません。それよりも効果があるのは、最初から「誘惑を排除」しておく方法です。

 

 例えば、私の場合は途中で「本を読みたくなる」という癖がありました。この時も「意識の力」はあまり効果がなく、それよりも「そもそも本のない場所に行く」方が圧倒的に効果がありました。

 

 さて、普段皆さんの時間と集中力を奪っている誘惑を何でしょうか?それに対処するためにも、まずは書き出して「見える化」してみましょう。

 

(ポイント)誘惑に勝つには「意識の力<物理的排除」

 

◆自己のエネルギーを回復させる

 意識を向け続けるには「エネルギー」が必要です。つまり、どんなに頑張ってみても、そもそもエネルギー不足なら集中力が続くはずがありません。ずばり「疲れたら休め」が正解です。「休む」というのは例えば「リラックス」や「睡眠」があります。これらに共通するのは「力を緩める」こと。つまり、「より集中したければ、より効果的に力を緩める方法」を身につける必要があります。

 

 「集中」は「エネルギーの消費」、一方で「休息」は「エネルギーの回復」です。この2つがウェーブを描きながらリズミカルに交互するのが理想です。頑張りすぎる方は、エネルギー消費の山が高くなり、反面、エネルギー回復の谷が浅くなっています。これが続くと「蓄積疲労」になり、やがて「無気力状態」になってしまうので注意しましょう。

 

(ポイント)集中力にはエネルギーの回復が欠かせない!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。