民事再生手続き中のFMラジオ局「Kiss-FMKOBE」(神戸市中央区)が、事業の譲渡先をエフエム東京などが出資して設立した新会社「兵庫エフエム放送」に決めたことが31日、分かった。代理人の弁護士側が明らかにした。神戸地裁の許可を得た後、総務省に免許の継承を申請する。

 代理人によると、9~10月ごろをめどに再生計画案をまとめ、債権者集会にはかるという。K社については清算する方針で、債権者に対しては事業譲渡の対価などで弁済するという。

【関連記事】
JFN配信9月末まで延長 Kiss-FM放送中止を回避
神戸の「Kiss-FM」が“破綻”
ジャスダック上場不動産が倒産 負債150億円、日航に続き2社目
「民事再生」完了の企業、4%が再倒産 帝国データが初調査
“金髪女将”で有名な山形の老舗旅館倒産のカゲに何が…

<普天間問題>「ジュゴン絶滅する」…自然保護団体が反対(毎日新聞)
普天間移設 官民あげて米基地反対 奄美群島民大会(毎日新聞)
「重く受け止める」と相撲協会指導部長 文科省訪れ釈明(産経新聞)
地域主権戦略大綱の骨子を了承(産経新聞)
偽装結婚仲介で男逮捕=比人ニューハーフと―福岡県警(時事通信)
AD