離婚工作を請け負った「別れさせ屋」の男が、離婚させた後に交際を続けた女性を殺害した事件をめぐり、被害者の五十畑里恵さん=当時(32)=の遺族が6日、男の所属していた東京都内の探偵会社や同社に依頼した元夫を相手に、約1700万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 遺族の代理人によると、同社が桑原武元被告(31)=殺人罪などで懲役15年が確定=を通じて行った工作により、五十畑さんは離婚に追い込まれ、遺族も精神的苦痛を被った。
 桑原元被告は名前や職業を偽って五十畑さんに接近。離婚させた後も交際を続けたが、昨年4月に口論となって殺害した。
 東京地裁は今年3月、元被告の刑事裁判の判決で、「金目当てに工作に及ぶ者や、目的のためには手段を選ばず依頼する者が存在すること自体が遺憾」と非難した。 

【関連ニュース】
耳かき店女性殺害で精神鑑定=弁護側が請求
邦人女性殺害で禁固20年=インドネシア
堤防に女性の袋詰め遺体=10~40代、絞殺の疑いも
長男の元妻を逮捕=78歳女性強殺容疑
行方不明の夫に逮捕状=市営住宅の母子殺害事件

人選難航の専門家会議「5月中には…」 朝鮮学校“無償化”問題で文科副大臣(産経新聞)
聴取予定の男性が自殺 横須賀男性殺害事件(産経新聞)
普天間、首相迷走に苦言=「重さ自覚を」-渡部氏(時事通信)
介護が政治に望むこと(2)「現場の裁量権拡大を」-全老健・川合秀治会長(医療介護CBニュース)
米軍訓練 全国分散、混乱拡大へ 普天間移設 決着先送り確認(産経新聞)
AD