静養のため静岡県を訪問中の天皇、皇后両陛下は6日午前、伊東市の田園地域「池のさと」を散策された。

 池のさとは、市と住民らが協力して生態系保全や有休農地の解消に取り組んでいる地域。両陛下は山々に囲まれた田園風景を楽しみながら、農道を約700メートルにわたってゆっくりと歩かれた。

 放流、飼育されている在来種のメダカを池で観察した陛下は、「久しぶりにメダカを見ました」と述べ、お帰りのときには「自然を大事にして下さい」とおっしゃったという。

【関連記事】
両陛下、ご静養入り 須崎御用邸などに滞在
真央ちゃん「春の園遊会」招待者に 宮内庁が招待者発表
平等院や長岡京跡地を訪問 京都滞在の両陛下
両陛下、京都で日本庭園ご覧に
両陛下が「神馬」をご覧に

新党に閣僚冷ややか、亀井郵政相「きょとーん」(読売新聞)
「新党今週中に」与謝野氏、都知事「応援団に」(読売新聞)
新党参加見送り、邦夫氏「私への消極論あった」(読売新聞)
首相、岡田外相の竹島発言に「政府の考え方変えてない」(産経新聞)
岩手で住宅全焼、焼け跡から3遺体(読売新聞)
AD