1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-27 13:11:21

海外に行く意味

テーマ:ブログ
こんにちは。

最近『グローバル社会』って言葉をどこへ行ってもよく聞きます。

経済的にも、教育的にも今の日本の流れを考えると、今までの日本の状態ではもう持ちこたえられない時代になってきたんだと思います。

僕はまだ比較的に若い世代ですが、僕が子供の時に、海外に対しての憧れがありました。島国の日本ということもあって、海外へ行く!というハードルは高かったと思います。大学生の時でさえ、海外へ行ったら周りに『すげーっ!』と言われたもんでした。小、中学生の時には海外へ行ったという友達がいれば『すげーっ!』となっていました。
ところが、大学を卒業した後くらいからインターネットが盛んになり、飛行機もLCCといった新幹線よりも安いものが誕生していきました。
お金をかけなくても行ける、どこにも行かなくても海外を身近に感じる時代になったんです。
今ではもう『海外へ行った!』ってだけで『すげーっ!』ってならないんじゃないだろうか?!

内側から外にアピールすること、外から内側を知れることが当たり前になってきました。その結果、今では過去最高の人数が日本へ海外から観光へ来るようになり、ここぞと言わんばかりに『グローバル』という言葉が飛び交い、ビジネスチャンスにも乗り出していると思います。

僕は大学生の時に初めて海外に行ったのですが、その衝撃はものすごかった。
まず何に衝撃を受けたかというと、日本にはない
『文化の違い』です。

その中には沢山の意味があります。

言葉
歴史
習慣
人種
宗教
食べ物
etc...

日本では当たり前のことが通用しないんです。
世界規模でみると、自分の目で直接見て、感じて、体験してこの『違い』を理解し、リスペクトする気持ちを持つ!
ということがとても重要なんだと思いました。

家で勉強してもダメなんです。できれば海外も人と行くより1人で行ったほうが良いと思っています。
悪いと言っている意味ではなく、日本人は良くも悪くも『固まる』人種なんだと思います。トイレに行くにも、コンビニ行くのも誰かと一緒に行くことが多い気がします。でも海外、何もかも違う文化の中でそれをするのって意外と勇気のいることで、なかなか1人でやろうとする人は少ないかと思います。

1人で緊張しながらコンビニに行った時のこと、店員に『ビニールバッグはいるか?』と聞かれ、それが聞き取れなくて嫌な想いをしたことがありますが、この小さな『嫌な想い』が自分を成長させてくれました。今後答えられないことはないでしょう。確実に覚えました。笑
これを知り合いと行っていたら笑ってごまかして終わりだったと思います。

これは1つの小さな例えですが、旅をするとこういったことが山ほどあります。
こういう小さいことを繰り返しているといつの間にか、自分の中にある臆病な自分や、恥ずかしがり屋の自分がなくなっています。

旅をしているとその日暮らしになりますが、1日1日の予定を自分で組まなければ、やりたいこと、行きたいところには行けません。それを随時考えて計画を立てて行動しようとする。これって人生と一緒で、自分で予定を考えて、取り組まないといけない。つまり、『自分で判断』することです!
そういった考えが自然に身につくと思うんです。
『美味しいものを食べたい』と想っていても誰も届けてくれません。食べたかったら自分の足で食べに行く!食べるまでの道のりは自分で調べませんか?同じことだと思います。
ドラクエですねまさに!!笑

不安で過ごす中、誰かがそれを助けてくれたり、思いもよらぬ出会いから共に楽しい経験ができたりすると、人との繋がりに対する感謝の気持ちや、人が好きになっていく。何気ない人とのやりとりに感謝の気持ちを持てることができるんです。日本では普通のコミュニケーションに想っていたことが何倍もの感動に変わります。小さいことが1つ1つ濃い経験に感じます。

『可愛い子には旅をさせろ!』ではないですが、満たされた当たり前の生活のサイクルを送っているとこういったことが学べなし、感じれない。それに気づいた人から周りの人に、そういったことを経験させてあげれるように、自分で行動に移せるように導いてあげていかなければなと思っています。

僕らがやっているこのBreakinは幸せなことにそこのハードルがものすごく低い。同じ共通しているものがあれば簡単にどこの国の人だろうが繋がることができるからです。
それを切り口にして、そこから沢山のことを学んで、『自分で判断して答えを出す』方向に向かっていってほしいと思っています。

『人との違い』を感じれれば、自分の人と違う部分を『個性』と捉えることができるようになる。その『個性』を求めている人が世の中には沢山いると思います。その世界でその個性を伸ばしていけばいいのかと。マイナスに捉えず、プラスにすることができます。それにはものすごいパワーがあります。でもその『個性』をネガティブに捉える人には周りは求めません。


もっともっとこれ以外にも沢山の素晴らしい出来事があると思います。


僕の思う『グローバル社会』ってのは経済的に!とか、日本がやばいから海外に目を向けよう!とかそういったことから『グローバル社会』という言葉を使うのでなくて、元々、『違い』を理解し合うことなんだと思います。そのためには、まず自分で判断できる人になること。人との繋がりの大切さを感じれる心、日本、日本人の良いところ、悪いところ、世界の良いところ、悪いところを自分なりに感じること。だと思います。(もっとあると思いますが)それが結果的に経済的にも繋がっていくのかなって!まずは『違い』を理解し合わないと。


もっともっと僕の考えを上げようと思えばまだまだ書けますが、ただ、それを自分の足で行って感じてほしいなと思っています。
僕は『やれ!』と言っているのではなく、『やってみてはどうだろう?』と思っています。
考えていてもなかなか行動に移せない人に対して、少しでも『やってみようかな?』と想ってくれたら嬉しいです!!

Peace 



{63EA83BD-FE75-453F-88A3-55E1D2ED1FBA}

{BDE244AD-C8D5-45BC-ADAD-DAA47833D9CA}

{010A7C6D-B5D5-4FCA-B7D8-049A5AB8E29D}

{B4D02F10-543D-47F5-BB4F-9FA077081749}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-12 08:15:06

ユースオリンピックの正式種目になりました。

テーマ:ブログ

ダンサーの皆さんならBreakin(ブレイクダンス)がオリンピック公認のユースオリンピックの正式種目になったのはご存知の通りですね。

 

ユースオリンピックは2018年の10月に、アルゼンチンのブエノスアイレスで行われます。

 

初めてこのことを聞いた時は、本当に信じられませんでした。

 

この信じれなかった気持ちの背景には、「ブレイクがオリンピックになった」ということに違和感を感じたからです。

 

最終的にオリンピックに正式種目として選んだ方々はこの「Breakin」というもの、「Hip-Hop」というものを知っているんでしょうか?

僕は「もしかしたら知らないのではないか?」

と直ぐ思いました。

 

外からみれば本当に凄いことで、

「良かったね!やったね!すごい!遂に!」

という声を沢山聞きますが、直接関わってきたいちカルチャー人からみたら一概にそうは思えなかった。

 

どのようにそうなって、どのようになっていくのか?何が目的でそうなったのか?

このカルチャーに責任を持って本当にこの素晴らしいことをしっかりと継承して進んでいくことができるのだろうか?そこまで考えているのか?

など、沢山のことを思いました。

 

でもその傍、本当にその通りで、これは凄いことだと思います。僕がブレイクを始めた当時からしてみれは夢物語です。

 

このカルチャーを一般の人にも分かってもらいたい!という気持ちがあるのならポジティブにとらえて発展させていく1つの大きなチャンスなのではないか?!と同時に思っています。

 

ここ数年でブレイクが世界的に盛り上がり、Bboys,Bgirlsが劇的に増えてきている中、オリンピックに決まる前から、「バトルのルール作り」を形にさせ、世界大会としてやってきているイベントもこのシーンでは出てきています。最初はブレイクに点数をつける事に違和感を覚えたBboys Bgirlsは沢山いたと思いますが、その中でもカルチャー面の気持ちを込めた採点方法になっていることから、以外とシーンにいるみんなには受け入れられてもらっていると感じます。

 

でもそれは、BboyHip-Hopのことを分かった人たちがやっているからなんだと思います。ここで僕の言う「Hip-Hop」を、立ちのダンスやラップと思っている人たちにはできないと思っています。

 

それらを無視して「スポーツ」としてやっていくことに違和感があります。

 

ここまでの話のでかさになってくると、ブレイクに携わっていない人も新たなことを世界規模で組織としてやっていく中では必要になることも十分に分かっています。

 

アメリカの貧困の町で生まれたこのカルチャーの始まりには人がたくさん亡くなっている。争いごとを止め、それが音楽で自分を表現することに変わり、自分を主張する1つの手段として瞬く間に広まっていき、それがさらに世界にまで飛び火してムーブメントになった。世界中でこのHip-Hopカルチャーに出会い、救われた人が沢山います。

こういった背景を僕は無視できないんです。

本当にこのカルチャーにある「愛」を感じてくれているんでしょうか?

 

今僕はブレイクがオリンピックになるといことに反対と言っているんじゃないんです。

世の中にこの素晴らしいカルチャーを広めるためには本当に凄いチャンスになる素晴らしい機会になるのではないか?!と思っています。

 

ただ、そういった今まで「カルチャー」としてとらえて作り上げてきた人たちのことや、このカルチャーによって人生が変わり、本当にカルチャーを愛してやり続けている人の気持ち、下の世代を真剣に考え伝えていく、という気持ちを無視してオリンピックになってほしくない!と言っているんです。

 

今までブレイクのことなんてこれっぽっちも思っていなかった人が利益や名誉のため、沢山現れてくるでしょう。その反面、ブレイクの素晴らしさに気づき、教育として取り入れてくれる方たち等も出てくるでしょう。

それはそれで僕は良いと思います。でもそういったカルチャーを知らない方達にもこれからは、カルチャーを愛している、このカルチャーをやり続けているいち人間として理解を求める活動をさらにやらないといけないと強く想いました。

学校教育になったことも、とても素晴らしいことだと思いました。でも教える側が、なぜ素晴らしいのか?を分かっていない。学校内でもどうしていいのかわからない。それではストリートダンスが義務教育になった意味を下に伝えられないじゃないですか。

 

その反面、オリンピックを観てブレイクを始める子供達も沢山いるでしょう。素晴らしいことです。でも輝かしい一面だけではなく、Bboy Bgirlとして、Hip-Hopのカルチャーを通して得れる「素晴らしいこと」をダンスの踊り方以外にも次の世代にもさらにしっかり伝えていかなければならないと強く想っています。

 

アメリカでは反対運動も起こっています。署名集めていますね。でも彼らが反対している理由ももの凄く分かるんです。

このシーンを大切に作り上げてきた人、時間を無視しないでくれ!ということなんだと思います。

 

全てはカルチャーに対する「愛」だと思ってます。

その愛だけはどのように発展していこうとも大切にしなければいけないと想っています。

 

日本全国のBboys Bgirlsが一丸となって僕たちのこの素晴らしいカルチャーを発展させていきたいなと心の底から想います。その為に物事に関してのバランス感覚をしっかり持った人間になることが大切なんだと思います。

 

 

{73349CE9-F429-481A-A3F1-41490442B2AB}

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-02 09:56:10

今の日本にはやりたいことをやれる環境がある?!

テーマ:ブログ
明けましておめでとうございます!!

新年からオーストラリアで花粉症にやられています。クシャミが止まらず目が涙でグシャグシャです。

{CEFA67A9-BCDA-4789-A16A-9B45D13DB92F}


ネットで色々検索していると、僕も含め、
「2017年は攻めの年にする」というのを去年より多く見るように感じました。
それはなぜなんでしょうか? 

今日本は様々な分野でも、世界からみて勢いにのっている国の1つだと思います。
ここオーストラリアでも日本に行った人は必ずといっていいほどリピーターになります!

Breakinの世界に関しても、去年は日本人「世界大会優勝」ってのを何回も見てきました。
数年前のBreakin大国となった韓国みたいです。
海外からBreakinをやりに来日してくるBboyも沢山増えました。

ダンスのシーンに関して、ジャンルは問わずとも世界からみても日本のこのシーンは世界で1番なのかなと感じています。
大会で優勝するという以外にも、イベントの内容だったり、メディアなどにも取り上げられてる数字だったり、行政と一緒にできたり、何よりダンサー自身のダンス愛が増してきた!
ダンスから素晴らしいことがたくさん生まれてきています。

周りのそういったことが重なり、インスピレーションを受け、「自分も何かやってやりたい」とやる気が出てきいるんではないかなと思います。
僕もその1人です。自分が仕掛けるものもたくさんありますし、プレイヤーとしてもまだ踊っていますが、大小関わらず周りの活動を見たりするとそれにパワーをもらい「まだまだやれる!もっとやれる!」と毎回思うんです。
その一人一人の積み重ねがシーンになっていっているのかなと。
なので、2017年はさらにシーンが大きく作られていくのでないかとワクワクしています。

ダンス以外にも今年は仕掛けていこうかなと個人的には思っています。
ダンスを通して沢山の出会いがあり、新しい出会いからダンス以外にも発展して面白そうだと思うことが出てきましたね。
でも僕の原点はダンスなのでそこは変わらずやっていきます!!
それをやらないと「ダンス以外のこと」はできないんです。

もっともっと可能性のあることを伸ばしていきたいし、0-1を作る楽しさ、それを現実させていきたいですね。Bboyにはそういう力があるから!!
本気でやっていれはBboy以外の世界でも仕掛けれる気質があります。

今の日本は可能性がすごくあると思います。この今の日本の環境で、できないことはないと思っています。楽しいです。そしてもっと楽しみたい。

人が寄って来る所には何か!が必ずある。
今の日本は世界中から人が寄ってきています。
昔に比べ、日本人が日本人でいることを誇りに思えるようになってきたのかな?とも思います。
外国人か日本を絶賛する番組もたくさんありますし。
「外」からみても「中」からみても今の日本は勢いがある!!!!こんなことはあまりないと思います。ここ数年で終わるでしょう。だから今仕掛けないと!


勢いがあるうちにやらないともうやらない。
やりたいことを今やろうじゃないか!!
{DD69C62B-60E0-4F2F-BD83-27C3C7F6C5C1}




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。