BAA BAA BLACKSHEEPS

京都発・新世代エモーショナルロックバンド 【 BAA BAA BLACKSHEEPS 】
オフィシャルブログ


テーマ:
いよいよ明日、12日水曜日に『リハビリテイション』が発売されます。僕は仕組みがいまいち分からないのだけれど、もう今日の時点で手に入る人もいるみたい? 何はともあれ、僕らの記念すべきアルバムがみんなの手元に届き、それぞれの生活の中で鳴り響く瞬間まで、あとわずかとなりました。



という訳で、フラゲ組がいることも考えて、今日は『リハビリテイション』の“最初の”聴き方について、今の内に綴っておきたいと思います。






CDを家に持ち帰って、あなただったらどう聴きますか? とりあえずコンポにセットして流し始めますか? それとも早速iTunesに取り込んでiPodやiPhoneで聴き始めますか?
……これはずっと気になっていたことなんだけれど、みんなは音楽を聴く時、どんな風にして聴いているのでしょう。たとえば再生機器はPCなのか、iPodや携帯プレーヤーなのか、コンポなのか、はたまたポータブルCDプレイヤーなのか。座って聴くのか、立って聴くのか、歩きながら聴くのか。朝なのか、昼なのか、夕方なのか、夜なのか、真夜中なのか、明け方なのか。スピーカー、ヘッドホン、イヤホンのメーカーはどこなのか、またその質はどの程度なのか、……音楽を聴く時の状況、環境は千差万別だと思います。
では、全く同じ音源が収録されたCDだとしても、それだけ人によって異なる条件下で聴かれる音楽が、果たして誰のもとでも同じ響きを以って伝わるのでしょうか? それは断じて、違います。



そこで、『リハビリテイション』を手に取っていただいたせっかくの機会に、みんなにぜひ一度試してみて欲しい聴き方があります。それはあなたの身体を、「音を聴くためだけの機関に変えてしまう」という方法です。
僕がこの聴き方をするのは、その音楽が自分にとってとても大切な、敬愛するものである時なのですが、実際音楽を味わう方法としては理想に近いものだと考えています。
僕は、とても大事にしているアルバムを以下の手順で聴いた時、ただひたすら音と音が織り成す空気の色に圧倒され呑み込まれて、自分の今いるところとは一つ別の領域にシフトしてしまったような、そんな感動すら覚えた経験があります。そこまで大袈裟な話に限らずとも、たとえば普段「聴いている」と思っていたはずの曲の聞こえなかった音に気付いたり、歌詞やメロディといったすぐ耳に飛び込んでくる表層の部分よりもっと奥深くで鳴っている“音なき音”にも耳を傾けられる自分を知りました。



同じ日に、この国のあちこちで、色々な人が一つのCDを手に取って、もしも同じような聴き方をしたとしたら、あらゆる感受性の前に晒されるその音も、少しでも近い響きを以って届くのではないでしょうか。
いずれにせよ、僕らの初めてのフルアルバムである『リハビリテイション』が、一人でも多くの人が新たな「聴く喜び」を知るきっかけとなれば、幸せなことだなと思います。もちろん、『リハビリテイション』に限らず、あなたの大好きなCDでもぜひ試してみてください。自分の愛する音楽をこの方法で聴いた時、たとえそれがすっかり聴き慣れた曲だったとしても、今までとは違う魅力をきっと再発見できることと思います。
音楽を聴く、ということは、実はそれなりの体力や精神力、そして“真摯さ”が必要なのです。僕らのアルバムがそれを向けてもらえるに相応しいかは分かりませんが、もしあなたがこの記事を読んで今までとは違う音楽との向き合い方を知ってくれるのなら、僕はそれだけでも十分意味があると思っています。






【聴き方手順】
1.時間帯は夜か深夜が望ましいです
2.1時間近く誰にも邪魔されない状況を作ります(携帯の電源も支障がない限り切りましょう)
3.トイレは済ませておき、水分補給もし、空腹でも満腹でもない適度な状態でいましょう(これが意外と大事です)
※お香やアロマオイルなどを日常的に使う人は、自分の好みの香りを炊いてみるのもいいでしょう
4.PCかコンポにCDをセットし、ヘッドホンを接続しておきます
※PCでの再生の場合、HDDに取り込んだデータ再生でも構いませんが、その際はあくまで「.wav」形式、つまり無損失で取り込んだデータにしましょう。mp3形式とwav形式では聴ける音もその聞こえ方もまるで別物ですし、作り手側が「こんな風に聞こえて欲しい」と意図して整えた音の像が壊れてしまいます
※上記に加えて、iPodやiPhoneはそもそもプレイヤーとしての音質がそこまで優秀な訳ではないので、mp3形式を避ける意味でも相応しくはありません(あくまで日常的に気軽に多量の音楽を聴けるという利便性に特化した機器だと認識した方がいいです)
※ただ、コンポも物によって音色や質感が多少変わってしまう可能性がありますし、コンポがない・PCからではヘッドホンが届かない、などといった場合には、iPodやiPhoneも止むを得ないと思います。何よりも原音の大切さをお伝えしたい思いからこのように書きました
5.部屋の電気を消して真っ暗にします(室温も快適な温度に設定しておきましょう)
6.布団・ベッドに仰向けに寝転がり、脚を軽く開き、胸の辺りに両手を置くか、あるいは両手を広げましょう
※ポイントは、「なるべく皮膚感覚に刺激を与えない」ということです。布団の中に入るのもありですが、その場合は布地が鼻や顎に触れないよう、布団を被るのは胸元までにし、両手も布団の上に出しておきましょう
7.ヘッドホンを着けます(ヘッドホンが理想ですが、お持ちでなければイヤホンでも構いません)
※再生音量は、曲中の音が大きくなる箇所で不快感を覚えない・変に我慢せずに聴けるぎりぎりの大きさまで上げることをお勧めします。ヘッドホンを外した時に歌詞が聞き取れるぐらいの音が漏れ出ているのが目安です。もちろん鼓膜に悪影響を及ぼしては元も子もないので、その点は十分ご注意ください
8.再生ボタンを押して、目を閉じて、全身の力を抜いて、ゆっくり呼吸をしながら聴き始めます
※1曲目の『イーハトーヴ』は、「音量調整や姿勢の安定のための時間」ぐらいの心づもりで聴くのがちょうどいいと思います



……あとは、ひたすら歌詞を聴き取るのもよし、ギターの音色やフレーズを聴き込むもよし、ベースやドラムの刻むビートを追うもよし、ただ音の波に身を任せてぼーっとするもよし、歌の息継ぎ一つ一つさえも聴き漏らさないほど神経を研ぎ澄ませるもよし、音から様々な景色・感情・誰かの面影・記憶を呼び起こすもよし……。音が鳴り出してからそれをどう味わうかは、あなたの心の赴くままです。
再生ボタンを押してから、どうかそれを約47分30秒、最後まで続けてみてください。そうしたらきっと、曲がアルバムの最後に向かうにつれて何かが見えてくるはずだと、僕は信じています。



そして、それから続く日常生活の中で、今度は普通に垂れ流すように聴いてみたり、携帯やmp3で聴いてみたり、家電店に行って試聴用の様々なヘッドホンで聴いてみたり、あえて安物のヘッドホンやイヤホンでも聴いてみたり、時間・場所・天候・季節ごとに聴いてみてください。“最初の”音との違いを確かめられるはずですし、また同時にその楽しさも感じられると思います。






それから、もしかしたら後日、僕らとリスナーみんなで同時刻から『リハビリテイション』を再生し、Twitterでリアルタイムに曲やアルバムの注目(注耳?)ポイントを綴っていく「全国同時リハビリ会」、みたいなものをする……かも知れません。お知らせのツイートが50RT以上でもいかない限りはしないことにしようかなあと思っているので、愛ある応援をお待ちしています☆






それじゃあ、また。次はヘッドホンの中で、お会いしましょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

BAA BAA BLACKSHEEPSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。