過去の痴漢体験

エロネタ系で良いのかな??

さっきまでちょっと怖い話みてビクビク・゚・(ノД`)ヽしてたの

ですが、「自分はそういう経験した事あるかなぁ」とか

考えてるうちに思い出した事があったので、書き留めて

おこうかな・・・・と。




小学5年生位かな。

駅のガード下にある小さな本屋に行った時の事です。



小さな本屋だったので、通路はまぁすれ違うことは

出来るかな程度のものでした。

でも、別にそんな事は気にせずに立ち読みしてたんですよね。



立ち読みするアタシの後ろに、気がついたら中学生位の

オトコノコが立っていました。






もしかして、取りたい本の邪魔してるかな?






そう思って少し移動し、あと少しで読み終わる本に

再度目を落としました。




が・・・・・・












・・・・・すぐ横に居る・・・・








触れるか触れないかの距離にそのオトコノコは立っています。

丁度そこで本を読み終わったアタシは、目的の本を手に取り

レジで清算して店を出ました。



店を出て自転車に乗り込み、家に向かう頃にはそのオトコノコ

の事なんてすっかり忘れていたのですが・・・・・










「あの~・・・・すいません」











数十メートル移動した所で、後ろから声をかけられました。

さっきのオトコノコです。

自転車ですぐ傍まで来ています。




不思議に思いながらも自転車から降り、オトコノコに尋ねました。







「何か?」


「あの~・・・・ちょっと頼みたい事があるんですが」


「?」


「この自転車、知り合いに借りてるんですね。

 だから後ろに乗せて行って欲しいんですけど」



















ハァ?(´∀`;)















「いや、だからこの自転車使えないんですよ」

(でも乗ってココまで来てるやん)


「だから○○○まで連れて行って欲しいんですけど」

(つーか家と方向違うから)






言ってる事が意味不明です。

かなり怪しいです。

同世代でなければ、即性犯罪者と疑われます。

つか、何でいきなり知らない男と二人乗りしろと?

しかもアタシが漕ぐのかよww

ムチャクチャ無理のある設定です。





「いやぁ・・・・・ちょっと急ぎますから(´∀`;)」



とりあえず逃げる事にしましたw

だって怖いもん・゚・(ノД`)ヽ


いきなり見ず知らずの女に後ろに乗せろとせがむ奴。

何だか全てが間違ってるでしょ。

変に関わるのも怖いし。





でも、彼の話は続きます。





「どうしても困るんです。この自転車返さないと。

 お願いです。乗せてください。」

 
(自分の言ってる事の矛盾点に気付かないの?)

「いや、でも方向も違うし」

 (遠まわしに断わってるんだから気付いてくれよ)

「困ってるんです。お願いします。」

 (アタシも充分困ってるよw)




何だかこっちが悪者のようです。

困ってる人を見捨てる無慈悲な人のよう。

でも、流石にそこは譲りませんでした。






「もう帰らないと怒られるんで・・・・」







そう自転車に乗り込もうとした時!
















「じゃ、ちょっとこっちに来て下さい。」




彼は凄い力で腕を掴み、すぐ脇の路地裏に

連れて行こうとします。








「ちょっ!まっ!Σ(´д`ノ)ノ」










そりゃ驚きますよ。

声にならないww

こっち自転車乗ってるんですよ?

もう足かけて動き出そうとした瞬間だもん。

変に振り切ろうとすると自転車ごと倒れそうだし、

だからって降りるとそのまま引っ張って路地裏に

連れて行かれそうだし・゚・(ノД`)ヽ






「向こうに友達居るんで」

(なんじゃそりゃ)

「離して下さいって!」


「ちょっとだけ。頼むからちょっとだけ来て下さい」


「無理ですから!ヽ(`Д´)ノ離してください!」





流石に怖くて大きな声を出しました。

一瞬彼もひるんだようで、パッと手が離れ、やっと

逃げられると急いで態勢を整えようとしたその時。








「待ってください!」
























って!!

何でスカートの中に

手ぇ入れてんの!
Σ(´д`ノ)ノ












太ももを掴むようにして彼はアタシに自転車を

漕げないように妨害しました。



もう頭の中はパニックです。

言ってる事も理解出来ない。

行動も理解出来ない。

頭が真っ白になって、突き飛ばすようにして

自転車を漕ぎ全速力で逃げました。

いや、全速力で逃げたかったと言うのが正解かも。

だって、小学生の頃だもん。

怖くて身体震えてるし。

何が何だか解らないって恐怖に突き動かされて、

何とか手足が動いてるようなもの。




そんな状態だから、相手にすぐ追いつかれました。

突き飛ばされた後すぐに自転車に乗り、後ろから

追ってきながら話しかけてきます。





「待って。話聞いてってば。
 怪しくなんか無いから、ちょっと自転車乗せて
 行ってくれればいいだけだからさ。」







それが十分怪しいんだ

よーーーっ!!・゚・(ノД`)ヽ






今のアタシだったら蹴りでも入れてやれるのに、

その頃のアタシは逃げるので精一杯。

しきりに彼は話しかけてくるけど、逃げるのに

必死で途中からは聞き取ることも出来ません。




そのうち坂に差し掛かり、ようやく震えも落ち着いてきた

アタシは全速力で坂をのぼり彼を振り切る事に成功しました。










路地裏に連れ込もうとしたところや、

スカートに手を入れてきたところは痴漢行為だと

思うんだけど・・・・・。



自転車の後ろに乗せて欲しいってのは・・・・(;´д`)

一体何を意味していたのでしょう。




その後痴漢にも何度か遭遇しましたが、

これが一番不思議でした。

自転車に乗ってる相手から後ろに乗せろとせがまれるww

未だに謎です。
AD

責めたり責められたりw

さて。
貴方ならどっち??

■誰にでも好かれるけど、一生特定の相手ナシ■

■誰からも好かれないけど、一番好きな相手と一緒■



とりあえず、二日目w
飽きるまでやりますo(゜゜)






さっきまで杉本彩さん のブログ見てました。
イイですねぇ、杉本彩さん( ゚д゚)
ああいう凛々しい感じに惹かれてしまいます。

勿論ああいう女性に責められたいとかでなく、
自分がそうなりたいって感じですが。
でも、責められるのでもいいかも(ヲイ)


はっきりいって、M性感だから責める相手が
男性なだけで、女性も責めてみたいです。
つか、自分が責められてもイイですw
そういう経験もしてみたい。

相手が男性だと、すぐSEXの方に流れていっちゃって、
責めに対してはかなりおざなりになるんですよねぇ。
結局入れるのメインかい!!とw
そりゃ、それが本命なのかもしれませんが(´д`;)


でも、それを我慢して、育てに育て上げた状態が
ピークに達した時が一番美味しいって言うのに・・・w
男性諸君。勿体無いよ?ww


女性が「お願い、入れて」って言ってもそれを
鵜呑みにしてちゃいけません。
その場合、考えられるのはたいてい二つ。


・本当に我慢出来なくて居れて欲しい
・それ以上は面倒だからとっとと終って欲しい


頭の中では


「あ~( ゚д゚)そこじゃないんだよねぇ。
 ちょっと痛いっていうかぁ。
 面倒だからとっとと入れて終っちゃってよ」


とか思ってるかもしれません!( ゚д゚)ノ


そう思われないためにも、相手の反応を見ながらの
丁寧な愛撫心がけましょうねぇ~。


勿論女性も同じ事。
一生懸命フェラしても、


「単調だし、もう入れちゃった方が気持ちいいし( ゚д゚)」


とか思われながら、そのままインサートって事も
ありうりますからねぇ。
女性諸君ご注意を( ゚д゚)ノ




ああ・・・・仕事終って程よく疲れてるせいか、
脳髄イカレてるヽ(´ー`)ノ
何かいてるんだか。


何はともあれ、容量wを守って楽しいエロライフを♪




夜中の秘め事

月に数回一人の男からメールが届きます。
「苛めてください」
いや、今から寝るとこなんです。許して下さい(--;)
そんな思いを胸に秘め、せっせと電話口で言葉責めして
すっきり眠らせてあげています。ちぃです。


昔付き合った人ではありますが。
別れて改めてMっ気ぶりを発揮してくれてます。
どれだけこちらが眠くてもお構いなしです。


「ねぇ・・・・もう眠いんだけど?」
「もう勃っちゃってるの・・・お願い」
「だって自分で弄ってるんでしょ?
 先っぽヌルヌルさせてヒクヒクさせてんでしょ?」
「そう・・・・自分でしごいて先っぽヌルヌルさせてる・・・」


そんなら自分で終らせろ(-"-)
こっちは眠いの!眠りたいの!
でもきっとそれ言っても無駄だから諦めて早く逝かせないとね。


「ほら、乳首も好きでしょう?
 片手で乳首弄りながらやってみなよ。」
「ん・・・・気持ち良い・・・はぅん・・・」
「可愛い声出しちゃって。ほら、つねっちゃうから」
「あぅん!そんなにしたらいっちゃうぅ」


そりゃこっちは早く逝かせたいからヽ(´ー`)ノ
でも、不満が出るとその後に差し障るので方向転換。


「じゃあお尻の穴が良いの?
 乳首は良いからお尻の穴弄りながらしごいてごらんよ」
「あああぁぁっ!!それ良すぎるぅぅぅ!!」
「ほら、もっとしごいて!でも出しちゃだめよ!」
 早く逝かせたいの悟られない為に敢えて我慢をさせます。

「いやぁ・・・・逝きたいぃぃ・・・!!」
「まだ駄目。こんなイヤらしい子にはたっぷりお仕置き
 しないと。しっかり我慢しなさいな」
「やぁぁん・・・・お願い。許してぇ~・・・!」
 許さんよ、貴重な睡眠邪魔した罰w

「ほら、お尻かき回しちゃうよ?奥まで指押し込んで
 グリグリしちゃう。あら、何でこんな事されて硬く
 しちゃってんの?本当に淫乱な身体ねぇ」
「そう、淫乱なのぉ。だからもっとグリグリしてぇ。
 もっと、もっと欲しいのぉ」
いや、かき回してるの自分の指でそ。
気持ち良いなら勢いよくやっとくれヽ(´ー`)ノ



この調子なら早く逝くかな?
そう思いながら結局2時間ヽ(´ー`)ノ
何でフツーのセックス音速並なのにやられる時ぁ焦らし系?


途中何度もアタシにも触るようせがまれたけど、
身体眠ってちゃそんな気にもなりません。
終った途端挨拶もそこそこにソッコーで電話切っちゃったぃ。
知り合いのハァハァ電話の方がイタズラよりタチ悪ぃわ(-"-)


基本は至ってフツーの痴女ですが、寝不足時は豹変しますよw