ほら、こんなに腫れちゃって。

痛みが快楽に。

苦痛が悦びに。





「ほら、タオルを取って。全部アタシに見せるのよ。」





彼の目を見てそう告げる。

その言葉に逆らう事が出来ないかのように、

言われるがまま床に落とされたタオル。




静まり返った部屋の中で、彼の息があがっていく。






「もうこんなにしちゃって。触れてもいないのに硬くなっちゃってるのね」





ベッドに腰掛けたまま、彼の身体を眺めつつ呆れた声を出すアタシ。

その言葉に泣きそうな顔になる彼。





「いやらしいコトばかり考えてるからそうなっちゃうのね。

 恥ずかしいとは思わないの?」




そこでやっと彼の口が開く。




「恥ずかしい・・・・です・・・・」





消え入りそうな声。





「そんな悪い子にはお仕置きが必要よね?」






ベッドに手をつき彼を四つんばいの姿勢に。

その突き出された尻にアタシの手は振り下ろされる。






バチンッ!






鋭い音と共に漏れるうめき声、そして赤みを帯びていくその肌。

苦痛に耐えかね彼の腰がガクリと落ちる。

それでも続けざまにアタシの手は彼を打ち付ける。





パシッ!

バチッ!





何度も打ち付けられたその場所はすっかり紅く染まり。

けれど、その苦痛に逆らって彼のモノは更に硬さを増して・・・






「お仕置きされてるのに何で硬くしちゃってるの!

 どうしようもない変態ね!」





手のひらで大きな音を立てながらアタシは彼を罵る。

その言葉も彼にとっては甘い囁きでしかないのだけど。






「そうですっ!変態ですっっ!!

 もっとお仕置きしてくださいぃっっ!!!」






更に高く突き上げられた腰に向かって、渾身の力を込めて

手のひらを叩きつける。

そして、もう一方の手は彼の硬くなったモノを扱きあげ、

快感を加速させるかのように射精を促していく。






「ほら、変態!お尻叩かれながら感じちゃうんでしょ?!

 このままいっちゃいなさいよ!」




蠢く指先。

痛みと羞恥と快楽で昇りつめていく彼。





「いっちゃいます!!いっちゃいますっ!! ああぁあぁぁっっっ!!!!」







そして彼はアタシの手の中に全てを吐き出し。








「すごく腫れちゃったね・・・・」




















































アタシの手

(つ∀`)














散々叩いた尻なんてすぐに赤みひいてやんの(つ∀`)



アタシの手のひらの方が弱いんかいwwww




まぁお客さん叩かれなれてるってのもあるんでしょうがww







暫く痛痒いのなんのって。


これもある意味職業病?(ヲイ





ナニゴトも程々が肝心ってオハナシ(つ∀`)

AD

違うんですか?

初めていらっしゃるお客さん。


まぁ基本的には接客業ですし?
丁寧な口調で接しますよ。
えぇ、アタシもオトナです( ゚д゚)



彼は見た感じケッコー若者チックで。
アタシより年下は確実な感じ。
でも口調は馴れ馴れしい、と。


もしかして年下に見えてたりする?
そんな訳ないよねぇ(´∀`;)
まぁどっちでもいいけどさwww




ノリノリな口調に戸惑いながらも、プレイに入れば
関係ないとイロイロ質問を投げかける?


「どういう感じにしようか?」



んー。
要望を伝えてくれるものの、問診と大差なし。
紙に書かれてない範囲のコトを確認したかったのだけどなぁ。


と。
そこで彼が気になるコトを。




「コスチューム着て欲しいんだよね」





別にその段階では大して気には留めず。
だって、オプションのコスチューム頼んであったしね。
それ着ると思うじゃない?





説明や雑談も終わり、シャワーを浴びプレイ。
そこで彼はカバンをゴソゴソし始めた。





「これ着てくれる?」









あ。
自分で持ってきてた訳ね(*´∀`)=3
まぁ新品っぽいし、それもオケ。
渡された包みを広げて中を出す。








って。










コレ、なんですか?( ゚д゚)









出て来たブツはどー見てもフツーの衣服と思えない物体。

何?!このヒラヒラ!!((((;゚Д゚)))))


言うならば魔女っ子風。
いや、ゲームか何かのキャラクターの衣装。
まず普段の生活でお目にかからないシロモノ。





「う。うわー。可愛いねぇ(´∀`;)」



他にどう言い様もないんでとりあえず褒めてみるw
つか、これどうみてもコスプレだろ、コスプレ。




「これって何かのキャラクターの服なの?見た事ないけど・・・・」




「ううん、ちょっと見かけて可愛いかもって買っただけ」





嘘つけや(´∀`;)


細かい着方までしっかり指定してるやんwww


「これ脱がないでやってよ」




手首まで踊り子さん風にヒラヒラしてますが良いんですか?

つか、そんなカッコじゃローションまともに扱えませんが_| ̄|○
でも客の要望ならしょうがない。






まぁ可愛いカッコだし?
態度もM男くんぽくないし?
イタズラしちゃうぞ♪的に苛めていくべきかしら。
いつもより高めの声で、可愛らしさを強調。




「ココ、こんなになってるよぉ?」




我ながら死ぬほど恥ずかしい。
今地震来ても絶対逃げられねぇ_| ̄|○
ボンテージより恥ずかしいってどういうコトよwww
そんなコト考えながら、演技に没頭してみる。




感度は上々。
言葉責めもあくまでソフトに。




「ほらぁ。えっちなコトばかり考えてるからぁ」



指先で煽るように彼を弄んでいく。
あくまで可愛らしさを損なわない程度のいやらしさで。




彼の息は荒く、そして熱くなり。
耐え切れなくなって懇願の言葉を漏らす。








「お姉さん、もう逝かせて下さいぃ」








ウソ!?(* ∀ )゚ ゚

全然キャラ違うじゃないですかwww
必死にロリ子演じてたアタシの苦労は一体www



もうむっちゃ恥ずかしいのなんのって_| ̄|○グハァ



あのロリってた時間を抹消してしまいたい(つ∀`)ウゥ







慌ててキャラを軌道修正しましたさ((((;゚Д゚)))))

極力不自然にならないように、お姉さまモードに移行。
態度や口調を少しずつ色気あるものに変えていく。
それで何とかプレイは穏便に終了、とwww




つかね。















魔女っ子衣装のお姉様ってのもどうかと(´∀`;)
AD

いやぁ。
ゴチャゴチャ書いておりましたが、すっかり元気になりましたよ(ノ´∀`*)



そんな訳でいつものペースに戻りましょうかね(ヲイ







さて。
最近全然話題に出てなかったアクセス解析。
久々にチェックしてみたら、出るわ出るわ(´∀`*)
いやぁ、我ながら感心するよwww




今回、堂々一位は・・・・




















『亀頭責め』





ヤッパリ_| ̄|○




毎度のコトながら、一番の検索ヒット率っスよ(´∀`;)

最近殆ど書いてなかったのに、それでも引っかかっちゃって申し訳ない限りw





あと多いのは、『M性感』


まぁ、M性感嬢とかその他モロモロ。

フツーに店探しててココ見つけても、あまり意味はないけど( ´_ゝ`)プ




でもって。
そんなフツーのトコロはおいといて(ノ´∀`*)






ココからが本題(*´∀`)=3
やっぱ少数派意見が一番楽しいと言うコトでwww




『逝かせて欲しいと懇願』



あー。懇願しちゃうか(*´д`*)ハァハァハ
まぁ検索としてはかなりグー。
大抵エロい文章の中に組み込まれてそうだしね( ´_ゝ`)プ





『浣腸地獄』

『快感地獄』

『寸止め 地獄』

『手コキ 地獄』




(´∀`;)
そこまでして地獄見たいんかwww


浣腸ネタってそんなに無いハズなんだが( ´・ω・)
つかあったっけ??www





『取れない 指輪』



ゴメ(´∀`;)
そんな過酷な状態で探し回ってココにたどり着いたら更に困るわなww
自分で何とかして下さい_| ̄|○




『もしかしなくても 亀頭責め』




ウン。間違いなく亀頭責めww(´∀`*)


つか。

もしかするコトあるんかよwww




『膀胱 パンパン』




トイレ行けよ( ´_ゝ`)




『無理やりイカ』




またデスカw



イカシリーズ毎回あるなぁ( ´_ゝ`)プ

イカせて欲しいんか、イカされるんか。



・・・・・・もしや、食べる方のイカ?!((((;゚Д゚)))))




『無料動画を探せ』




何かタイトルみたいやね( ゜ω゜)y─┛~~
とりあえずココにはないw




『亀頭責め すぐ』




焦るなよ( ゚д゚)





『人妻 デート 寸止め 亀頭責め 待ち合わせ 不倫』



スンゲー細かいな(´∀`;)
つか、この条件でヒットするココもココだがwww



でも望むモノじゃなくてスマソ_| ̄|○




『風俗嬢がチンコ握ってくる レス』





ソリャ風俗嬢ですから!( ゚д゚)ニギリマスサ!





と。


意味もなくレスしてみたり(違





『金蹴り オフ会』
『亀頭責め オフ会』




(* ∀ )゚ ゚



世の中そんなオフ会も・・・・_| ̄|○アァン

呼んでくれれば(違





『押入れで寝る 3間』



うぁ。過去の傷が_| ̄|○ウググ


そんな話題も出たけどさぁ(つ∀`)




『神様 ご飯 奢る』




確かにご飯奢ってくれる人は神様みたいですが(*´∀`)=3


でも、何の為に検索したかが良くワカラン(´∀`;)





『シブがき隊 アダルト』




見たいんかよっ!
アダルト系のやつ!!((((;゚Д゚)))))













まぁ、4月はこんな感じで(ノ´∀`*)



今回も豊作ですなぁ( ´_ゝ`)プ






でもって。


今回の一番のお気に入り


































『快楽!
亀頭責め!』





ブハッ!(*´∀`)=3
ブログのタイトル変えようかとか思ってしまったwwww
AD
えーと(´∀`;)
お知らせになるのかな??ww



ちょっと深夜からイキナリぐだぐだ書き始めちゃったんですがw
まぁたまにはご愛嬌と言うコトで。



ちょっと煮詰まってたんですわ。
そこで日記書き始めちゃったりなんかして。
何か書いてると落ち着くかなぁと(ヲイ



しかもアタシ書いててかなりスッキリしておりますwww
もぉ溜めてたモン出し切ったって感じ(*´m`)
だからグダグダ書いておきながら、終わった今はスゲー元気でやんの(マテ



そんな訳で、エロも笑いもオチすらないんで、
そっちメインで読まれてる方はスルーの方向でプリーズ(つ∀`)
あくまでココロの整理、ヒトリゴトって形でww



M性感嬢の苦悩 その3

テーマ:
その①
その②




たとえ仕事でも。
風俗でも。
同じするなら楽しいコトがしたい。



愛のある行為。
相手を大事にする行為。
蔑んでも苛めても、そこには愛と快楽を同時に存在させたくて。




そして今それを失ったアタシは、本当の形で仕事と向き合うコトになった。
これまで以上に仕事に集中し、より高みを目指して。
満足いくプレイが出来るように。



そこに愛が存在しなくても。




理想論に捕らわれすぎてる馬鹿なアタシ。
愛なんてソコには存在しない。
だけどそれがアタシを支えるものだった。








勿論、風俗で働くオンナは大抵が訳アリ。
アタシだってその類だ。
今は辞める訳には・・・・・いかない。



だからこそ芽生えた矛盾。
板挟みの感情の中で、必死にもがいて見つけた答え。






今までの自分を無駄にせず、
これから先の自分を誤魔化さず、
新しい自分の仕事の形をつくっていくコト。






今更ソコに気がついてしまう自分の鈍さには笑ってしまうけど。
この感情が産まれたコトは逆に良かったのかもしれない。
不思議だけど素直にそう思える。




アタシの中で欠落していた場所をようやく埋められたのだ。





彼が大事にしてくれているアタシ。
そのアタシの身体を、心を、アタシ自身が大切に扱うコト。
アタシが彼を大切に思うように、彼もそう思ってくれてるコトを自覚しよう、と。


本来なら、誰かを愛したり愛されたりする過程の中で
自然と培われていくだろう感情を、今、アタシはやっと理解するコトが出来た。














暫くはもがき続けるだろう。
これまでの自分から違う自分になるのだから。




ここまでこんな風に書き綴っておきながら、彼に伝えたい為だったのか
自分の気持ちを整理したかったのか、誰かに聞いて欲しかったのか・・・
それすら今は判ってはいない。


オチも笑いも何もない、ありのままの情けない姿。
それをどこかに残しておきたかったのか。



自分がようやく人並みに『愛される』と言うコトを知り、それを自覚したコトを
誰かに話してみたかったのかもしれない。





ただ、一つ言えるのは。
アタシは前を向いて歩いている、と、心から今そう思えてるコト。





【 続き(?)を読む 】  

M性感嬢の苦悩 その2

テーマ:
その①




『今の仕事を辞めたいんだ。』




散々彼氏に夜中電話で愚痴ともぼやきとも取れるような
その苦悩を話し込んで、どんどんグダグダになって来たときに、
最後の最後に脳裏に浮かんだ言葉。






SMには興味がある。
けれど、アタシの中のSMはそこに愛があってこそで。
誰か一人の人と愛し愛されたい欲求の上に成り立ってて。



そして、それはM性感のプレイでも同じであると。
つまりはこれまで仕事を通じて相手の性癖や身体を受け止めて
愛する事が出来たのは、結局今の彼が居なかったから出来たコトで。






そう。
プレイは楽しい。
いやらしいコトも大好き。
身体も心も愛してあげる。



そんな風に思いながらオシゴトしてこれたのは、
アタシ自身のそんな性癖を受け止めてくれる相手が居なかったから。



そして、その相手が出来た今。
一番楽しくて気持ち良いコトをするのは彼じゃなきゃダメになった。
これまで誰を好きでもこの部分はオシゴトで楽しむのが一番と思ってた。
だって、やっぱり性癖は性癖だもの、と。



子犬クンの時には、こんな事実に気づかなかったのに・・・・。















情けない話。



結局はSMで追求したがってるのはただの技術。
技術を追求していくコトで、M性感嬢としてのレベルを上げるコトで、
オシゴトに対する愛が減ってしまってもこの仕事を今のまま
続けていくコトが出来るようにしたかっただけの話。



『風俗なんてただ単に性欲処理の場であって。
 身体をお金に変える場所』



そんな割り切った考え方だってちゃんと持ってたハズだった。
一応それなりにオトナなつもり。




だけどそれだけじゃ悲しくて。
せめてその決められた時間の中にどんな形でもいいから、
少しでも愛があって欲しいと。
そういう風に自分を誤魔化して。



まるで恋人同士のように。
愛する人を愛しむかのように。


代償行為で自分を正当化したかった。
そこにも身体以外の何かがあるモノなのだと思いたかった。
例えお金で買われたひとときの時間だとしても。




そうやって、この仕事をしている自分とそれを楽しむ自分の性癖を
何とかして誤魔化していたかったんだと・・・・






そして代償行為が必要無くなった今。
心も身体も愛で満たされて、アタシは変わった。
プレイすらも変わってしまった。







【 続きを読む 】

M性感嬢の苦悩

テーマ:
イロイロ考え込むのが性分なアタシ。
仕事に関してもそれは同じコトで。


良く言えば生真面目。
悪く言えば不器用。


一度スイッチが切り替わってしまうと、
トコトン考え抜かないと気がすまないと言う困った奴なんですわ_| ̄|○





そして今度の矛先はSM(ヲイ


オチャラケ女王様モードは出来ても風格のカケラも無いアタシ。
痴女プレイは得意でも、女王様プレイはヘタレと言う(つ∀`)
相性合えばそうでもないんだけどさぁ。




そうなってくると意地になる。
突き詰めて追求して、ナゾを解き明かしたくなったりして。
つまんないプレイなんぞしたくないのさ、アタシは(゚Д゚)クワッ





・・・・・・と。
意気込んではみますがね(´∀`;)
問題点は実は別のトコロにもあった訳さ。



M性感に精通する我が愛しのマイダーリン。
オールラウンドプレイヤーにも沢山遭遇してるハズ、と。
ふとそれに気がついた瞬間に更に火が着いちゃったんですわ。

そう・・・・






アタシ大したコトないじゃん!!((((;゚Д゚)))))




あぁ、悔しい。
すんげぇ悔しい。
別に女王様プレイを求めてない人だから関係ないコトなんだけど。
中途半端な仕事っぷりが悔しい通り越して恥ずかしくなってきた・゚・(ノД`)ヽ





そこまで考えが行き着いたと。





基本的には職人気質のアタシとしては、
何としても極めたい!( ゚д゚)ノ
普段ならそう思うんですよ。




ん?
普段なら??




そう。
普段と考える方向性が違う。


SMは突き詰めていきたいけど、
M性感嬢としてレベルアップしたいけど、
何か、何か違うんですよ( ´・ω・)






それが判らないまま彼氏にグダグタその手の話をし、
ようやく一番の理由に気づいた訳ですね。












あ。
M性感嬢辞めたいんだ、と。






【 続きを読む 】

必要なコト

テーマ:

上手く言葉が綴れなくて


頭の中をフル稼働させて


精一杯の気持ちを言葉にのせて





貴方に愛が伝わるように


思いの全てが伝わるように






ホントは「好き」の一言だけで


それは済んでしまうコトかもしれないけれど


その一言じゃ足りなくて






いつも余計に言葉を重ねるアタシ







そんなコト言わなくても判っているよと貴方は笑うだろうけど


口にしないときっと思いが溢れて溺れちゃう

オヒサシブリ( ゚д゚)ノ

テーマ:

オヒサシブリ!!( ゚д゚)ノ
すっかりご無沙汰しておりました。






いやぁ。

連休中ずっとラブラブモードでさぁ~・・・・・





























ゴメン。嘘です_| ̄|○

お互い忙しくてすれ違っておりました。







ん?じゃあ何で更新してなかったかって?(´∀`*)


ネタになるお客さんにナカナカ遭遇出来なくてねぇ。

しかも彼氏と会えない日々とかなっちゃうと、書く事決まってくるじゃない?













え?何が決まってるかって??(´∀`*)






































欲求不満大爆発な内容てんこ盛りでしょ_| ̄|○






いくらエロ魔人なアタシでも、流石に人としての道を踏み外す訳には(ヲイ
そんなこんなで更新滞っておりました(´∀`;)





まぁそんな思春期のオトコノコみたいな欲求不満も解消されたんで、

無事ブログ更新なんですがねw

とかいかにも昨日やりましたと言わんばかりやね_| ̄|○






さて。

そんな暴露話はおいといて仕事の話w






M性感には必須科目ともなる亀頭責め(マジデ?




未だにこのブログの検索訪問率がトップクラスのキーワードであります(´∀`*)

最近はあまりネタにしてなかったけど。






一撃必殺となるこの技。

コワモテな彼氏も一瞬にしてオンナノコのような可愛らしい声をあげて

身体をくねらせる禁断の秘術(マテ







寸止めとの併用技は地獄の快楽ときたもんだw






そんな亀頭責め。

やっぱりケッコー仕事で活用してる訳ですね(´∀`*)






今回のお客さんも「一度経験してみたくって・・・」とのコト。

まぁ中には気持ちいいよりも苦痛の方が強いお客さんもいるからと

最初はソフトに責めるんですが。








「ほら、ここ・・・・敏感なんでしょ・・・・?」







クリッっとな。

責めた訳ですよ、手のひらでかるぅく。










「んっ・・」







甘い声で身をよじる彼。

感度は良好じゃないですか(´∀`*)








「ふふ。気持ちいいの?腰が浮いちゃってるじゃない。」






調子に乗って更にクリクリと。

ローションぬりたくりーのでこねくり回した訳ですわ。









そしたらば。








「ふぁ・・・・・っ










































はははははっははっはっ!!!!」
















ナニナニ?!((((;゚Д゚)))))



何いきなり笑い出してんの??!!

と手を休めて理由を聞くとくすぐったいとのコト。

ウン。まぁそーゆーコトもあるわな。



もうね。

手足バタバタさせながら子供みたいに暴れちゃうんだわ。

恐れ入っちゃう位の暴れっぷりですよw







でも、そーゆー時って逆に燃えちゃったりするんだよね・・・・

いやぁ・・・・なんていうか・・・・・



サド心に火が着くって言うか(ノ∀`*)















そして。




























お漏らしまでして息も絶え絶え、更に不発で終わってしまった彼と

やりすぎで後悔に明け暮れるアタシが最後に残ったと_| ̄|○







風俗で不発でどうするよ_| ̄|○トホホ ←趣味に走りすぎた








教訓。

くすぐり責めはホドホドに。




おっかしいなぁ。

亀頭責めだったはずなんだけどなぁ_| ̄|○