勘違い野郎様(ノ∀`*)

M性感とは。
オンナノコがお客さんを苛めたりイタズラしたりして
気持ちよくなるトコロ。




アタシはドSじゃないけれど、
いじめて弄んでるのははっきりいって楽しい(ノ∀`*)
イカせてくれと涙目で訴えられるとゾクゾクします(ヲイ)







だからこの仕事は好き。







でも所詮は接客業。
ましてや風俗嬢。


例えヘルスと勘違いして来てようが、
ちょっとオイタが過ぎるお客さんだろうが、
サービスの範囲内で楽しませる努力は惜しみませんよ。










えぇ惜しみません( ゚д゚)ノドントコイ











だけど。
今日のはちょっと違った。








見た目はフツーで特にヤバそうな感じは受けない。
『ちょっとMっ気ある位で・・・・』とか言ってるし
初対面だし、初M性感だしで痴女系プレイで
初めた訳ですよ(ノ∀`)ノシ




「乳首弱いって言ってたわよね。
 ほら、たっぷり舐めてあげる・・・・」


「あぁん!そこ感じる!」



まぁ反応は大げさだけど感度はソコソコ
責めるトコロが乳首とティンコだけで他の場所は
くすぐったいからNGてのが物足りないけど仕方ないか。



とか考えながら乳首舐めてたんですわ(ノ∀`*)アヘアヘ




そんな姿を拘束されたまま(*´д`*)ハァハァ見ていた彼の
口からこんな言葉が飛び出した。




「うわぁ、やーらしぃ(*´д`*)こんな明るいうちから
 恥ずかしい事しちゃって」






・・・・・・・・






( ゚д゚)ハァ?






まぁ、その時点では気にも留めず
そのままティンコ軽くしごきながら言葉で
辱めつつ乳首舐め。



「自分だってこんな格好で恥ずかしい事されてる
 じゃない。舐められただけでこんなに感じて
 恥ずかしくないの?」




うんうん。
ピクピク感じてるね!(*´m`)
こう切り出せば恥ずかしがって「そんな事・・・」
とか言い出すだろう。




「やぁらしい(*´д`*)やーらしい。いやらしい下着
 つけて男弄んで。やらしいオンナ」








・・・・・





( ゚д゚)ホエ?








いや・・・・
やらしいオンナなのは認める。
でも何かが違う気がする( ̄□ ̄;)

まぁ気にしても仕方ないから
ティンコでも舐めとくかw
ああ、やりづらいったら。





「うわぁ、いやらしい咥え方(*´д`*)
 今まで何本咥えこんできたんだよ。
 ホントやらしいオンナだな。」










・・・・・( ゚д゚)・・・・・







チョットマテ。
少し混乱してきた_| ̄|○
今の現状をよーっく整理してみよう。



彼→拘束されてなすがまま
アタシ→拘束して弄んでる





・・・・・・・・








・・・・・・・・







なのになんでアタシが言葉責めされてるん?( ゚д゚)ホワーイ?





混乱気味なアタシを放置したまま
彼は延々と言葉を続ける。




「一体誰に教えてもらったんだよ、そんな舐め方。
 散々男弄んできたんだろうなぁ(*´д`*)
 いやらしい匂いプンプンさせてるよ。
 あー、やぁらしい。」



「真昼間からこんな恥ずかしい格好で
 男歓ばせて・・・・ホントいやらしいオンナだよ。
 ホントに好きモノだな(*´д`*)」











































 
 

(#゚д゚)

          地獄見せてイイデスカ?                                                  ↑かなりブチ切れそう













そんな言葉が脳裏をかすめる_| ̄|○ヲヲゥ






チクショウ!(つ∀`)
こんな時は亀頭責めして鬱憤晴らしてやる!
後で後悔しても遅いぞ!ガッデム!(゚Д゚)




と亀頭に手をかけて滑らすと





「ちょっっ!!((((;゚Д゚)))))止めてよ!
 くすぐったいから!!」



拘束した手と足で死ぬほど抵抗。
完璧だよ!完璧なディフェンスだよ、アンタ!・゚・(ノД`)ヽ
もう打つ手がないよママン_| ̄|○






必死の攻防戦に泣く泣く諦めそれまでのプレイに
戻すアタシ(つ∀`)
悔しまぎれに焦らしと寸止めを繰り返すも
それすら彼の言葉責めのネタになる。

こっちがナニを言ってもスルー。
相手は延々と言葉責めしまくり。











もうね。
あまりの腹立たしさでね。



















顔面騎乗で息の根止めてやりそうでした_| ̄|○イヤマジデ





ホント、スタッフ呼んで返金して帰ってもらおうか
とかも考えたのですが、それじゃココまで努力した
アタシの苦労が報われない・゚・(ノД`)ヽ

何とか持ちこたえてプレイ終らせよう_| ̄|○


今までだって色んな事があったじゃないか( ゚д゚)ノ
今回だって後になれば笑い話になるさ。
ガンガレアタシ!終了までもうすぐさっ!ヽ(´ー`)ノ




もう頭の中は自分を励ます言葉ばかりw




そうだ!アホな事考えたら気が紛れるかも!(・∀・)
怒る気も失せるようなコト考えよう!
何か!ヤツすら忘れ去る何か!















そして頭の中にナニかが閃いた!( ゚д゚)ノ







































「あぁ、やらしいオンナだ」






a_16.jpg

じゃんかじゃんかじゃかじゃ~ん♪

 ↑閃いたモノ







「やらしい舐め方(*´д`*)うわぁやらしい」





a_16.jpg
じゃんかじゃんかじゃかじゃ~ん♪

 ↑必死の抵抗






「こんな」




a_16.jpg
じゃんかじゃんかじゃかじゃ~ん♪

 ↑もう条件反射


















アンガールズのお二人に救われました_| ̄|○
アリガトウ!アンガールズ!
今君たちは人一人の命を救った!(違)









あの独特な脱力フレーズに21回救われました(ヲイ)
いや、マジで(つ∀`)
特別ファンでもないのですがヽ(´ー`)ノ













とりあえず彼に一言。

アンガールズに救われた命を大事にして
もう二度と来ないで下さい_| ̄|○グッタリ



AD

タイミングがビミョーなアタシ

テーマ:
今日こそエロパワー全開で更新
してやるぁ!( ゚д゚)ノ



て更新始めたら定期メンテ_| ̄|○
木曜の朝なんですね?
今更ですが肝にめいじておきますよ。


また来週も同じ事で泣きそうですが(ノ∀`*)アヘアヘ
スコーンっと頭から抜け出ちゃうのよね(ヲイ)





更新始めた頃に芽生えたエロパワー。
そのまま放置してもなんなので、しましたよ。

























































自慰













(ノ∀`)ノシ アッハハー





いやね。
喰ってくれる相手もいないなら
せめて自分で慰めてみようかと(ヲイ)



可哀相じゃん、ティンコいじりばっかりでさぁ(つ∀`)
たまにはいじられてみろよと言いたい。
ぱっくり食べられるコトはもうないんかいと問いたい。
ぐっちゃんぐっちゃんにかき回されながら、
がっつり腰振ってこいよ、たまには。





そんなボヤキも出てきそうな今日この頃。





そんな現状をまずは自分の手で改革すべし(゚Д゚)クワッ 
そう思った訳ですわ。






そして。

ネット駆けずり回ってネタ収集して、
いざ尋常に(違)













・・・・・・






・・・・・・・・










































全然濡れへんし_| ̄|○ヲヲゥ





でもっ!
今日のアタシはそんな事じゃへこたれない!(*´∀`)=3
しっかりきっちり抜かせていただきます!(違)



















そして5分後。











































すでに挫折_| ̄|○シクシク
乾燥アワビはかなり手ごわいらしいです。
えぇ、自分にすら愛を与えるコト出来ません。
腐臭漂ってますよ、きっと(ヲイ)








いいよ、もうティンコいじりだけで人生終える(つ∀`)

**************************************************************************

自分のマソコいじりだけで体力使い切ったので
また明日(;´д`)ノシ
夢で逝きまつ(ヲイ)
AD

こんなのアタシじゃねぇぇぇぇっ!!ヽ(`Д´)ノ

テーマ:
すっかりスランプ気味でございまつ_| ̄|○


何だかすっかりエロが身体から抜け出てるのは
何故??why??((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル






隠居ババァになりつつあるちぃでつ(つ∀`)
どうした!?アタシ!?ヽ(`Д´)ノ


もう最近じゃオナニーして寝るような元気さもなく
フツーに眠れる身体に(いや、それがフツーだろ)











目指せ!
自分で抜けるエロ小説!!(゚Д゚)
(違)









助けてドラえもーんっ_| ̄|○ヲヲゥ ←壊れ気味

まぁ地道にシコシコと(ヲイ)
AD

未だ巡回中(*´m`)

テーマ:
あぁもぉ一回夢中になるとこれだから(*´m`)

今日はホント心底楽しんでおりますよ。
暫く訪問してなかったトコばっかだから、
結構過去記事から読み返したりしてさぁ(*´∀`)ノ



ああっ!これTBして記事書きたかった!・゚・(ノД`)ヽ


とか考えながら気がつけば4時。




え?



4時!?(* ∀ )゚ ゚








5時間ずっとブログ巡りしてたんだぁ_| ̄|○
ホントこの集中力別の事に使えればなぁ。

でもいいんだ!
神様!直してくれてありがとう!ヒャッホウ!!(ノ´∀`)ノ
(直してくれたのはOくん)

こんな素晴らしい時間の使い方他に無いよ!(*´∀`)=3
かなり満足気味なアタシ。





なのですが。








まだ時間が足りないよ!ママン(つ∀`)
24時間なんて中途半端なコト言わずに
一日50時間位にしてくれよ。













て。










そしたら働く時間も増えるジャン_| ̄|○
それはどうかと。






直った!!ヒャッホウ!!(ノ´∀`)ノ

テーマ:
パソコン直りましたよ!ヒャッホウ!!(ノ´∀`)ノ





これで携帯で訳判らないまま更新しなくても
イイんですね?神様!(ノ´∀`)ノ

いっその事漫画喫茶に住んでしまった方が
イイのかとか考えてましたよ、マジで(つ∀`)





わが友よ!アリガトン!!(つ∀`)




まぁ結構昔からパソコン弄ってた割には
全然進歩しないアタシですが。

その分、友人関係はしっかり詳しい人達が
揃っております(ノ∀`*)


何か起こると大抵誰か呼び出して
おかしくなったとこ調べてもらっております。
持つべきものは友(違)





今回もそういう流れで仕事が終った後に
O君に来てもらったのですが。






「とりあえずこれで大丈夫だと思う。」



「アリガトー(*´∀`)ノ 仕事終わった後にわざわざ
 来て貰ってゴメンネ。ご飯奢るから食べに行く?」



「おう。後は確認する為にちょっとネットに
 繋いでみるから」



「了解(*´∀`)ノ たのんます」




そんな会話のやり取りが。



って。
アレ???

何か忘れてるような・・・・。


ネットに繋げないと困るんだけど、
ナニかひっかかる。





「で、ブラウザ起動、と。」


























M性感嬢のたわごと







!?(* ∀ )゚ ゚ O君
!!(* ∀ )゚ ゚ ←アタシ





しまった、ブラウザ起動したら最初に出てくる
ページをブログにしたままだった_| ̄|○



「オマエのブログ?」←風俗してるの知ってる


「・・・・(つ∀`)ハイ」




ばれちゃったよママン_| ̄|○
こないだそんな話になった時も



「そんな面倒な事アタシやらなぁい(ノ∀`)ノシ アッハハー」



とか嘘ぶっこいてたのに。
ばれると面倒だし。



「楽しそうだけどねー(ノ∀`*)時間ないしぃ」


いやホントはブログ三昧で_| ̄|○
ブログなしでは生きてイケナイ位に_| ̄|○




その時のメンバーにもしっかり居たO君。
すっかり立場の弱いアタシ・゚・(ノД`)ヽ



「へぇ・・・・・ちょっと見てイイ?」


「ウゥ・・・(つ∀`)いいよ」






結局しっかり読まれちゃったので、
ご飯は後日口止め料として(つ∀`)



イイヨ!もう何でも奢っちゃうわよ!!(ノ´∀`)ノヒャッホウ!






だから。
だからね?













他の人には言わないで_| ̄|○
あぁん、もぉ絶対パソコン詳しくなってやるーっw





まぁいいさ(*´д`*)
今日はこれでブログ巡り出来るし(*´m`)
更新はあとあと!(ヲイ)

久々ににオトコ家に上げますわよ(ノ∀`*)

テーマ:
あぁ、ホントに久々なんですが。


日照りひからびてそうですがヤバイ?(ノ∀`*)


でも!

干しアワビは旨い言うし!

女のアワビもそう言う事で!(違)


やり方忘れてもぉたがなぁ…


あぁ、ハウツー本でも用意しますかね(ノ∀`*)



意外と純情なアタシ…






て。









パソコンの調子見にきてくれるだけですわorz

オチ見えてましたねorz


早く直れパソコンやぁい(ノ∀`*)
久しぶりにこのネタ(ノ∀`*)




来ましたよ、彼が。
若くて敏感でクソ生意気で意外と
テクニシャンだったりする彼が(ヲイ)




前回予想外にイカされてしまったアタシは
雪辱に燃えてました。



今回はそうはいかない(゚Д゚)クワッ 







そう。
何事にも先手必勝(違)
会った早々から攻撃開始♪
まぁエロ小説風味なのはご愛嬌(ノ∀`*)アヘアヘ









では再現フィルム(?)スタート!( ゚д゚)ノ
























ベッドに並んで腰掛け、他愛も無い話をしつつ
服の上からそっと触れる。
それだけで落ち着きが無くなる彼の様子を
楽しみながら悪戯を始める。




「どうしたの?もう感じてきちゃった?」

「ん・・・・別に。全然平気。」





目線を逸らし答える彼の言葉とは裏腹に
身体は敏感に反応を始める。
シャツの裾から忍ばせた手で背中をそっとなぞり、
抱き寄せながら首筋に舌を這わせる。




「いっぱい汗かいてるね・・・しょっぱい味がする」




ぴくん。
舌が舐め上げる感覚に身体が思わず反応。




「全部舐め取ってあげようか?身体中・・・・
 想像するだけでゾクゾクこない?」

「き・・・たない、よ・・・・」

「洗ってないのが気になるだけで、されるのは
 イヤじゃないんだ?じゃあシャワー浴びたら
 してあげようか?」



洗わないままの身体を舐められる事が恥ずかしくて
余計に興奮が増してしまった様子。
抵抗もせず、ただ与えられる感覚に神経を
集中させている。



それに気分を良くしたアタシは背中を撫でる手を
前に持っていき、胸の突起部分を手のひらでころがす。
汗の混じった唾液が首筋でたてられるピチャピチャ
という音だけが静かな部屋の中に響いていく。






「ヤ、じゃ・・・・ない、けど・・・・」

「ならイイじゃない。このままで。」




本当はシャワー浴びさせるつもり。
でも・・・もう少し困った顔を見てみたい気もする。


シャツをはだけさせ、その胸元に唇をそっと寄せる。
硬くなった突起に舌が触れないように、周辺を
じわじわと嘗め回す。





「今日暑かったものね・・・・でも、汗と混じって
 いやらしい味してる。気持ち良くなってきた?」



すでに反応し始めている身体は、舌と指先がもたらす
刺激を歓迎するかのようにぴくんぴくんと跳ね上がる。
それに必死で抵抗する彼の理性。




「そんな事、ない・・・よ。まだ大丈夫」




そう。
まだ抵抗するんだ?
素直じゃない子はお仕置きしなくちゃね。


それまで周辺を弄ぶだけだった舌は狙いを定め、
敏感な突起部分を捕まえる。
そこから舌は動かないまま、右手はベルトを緩ませ
ファスナーを開いていく。




ほら、もうこんなになってるじゃない。



その硬さを確認し終えると、下着の上からでも
わかる位に硬くなったソレをやんわりと握り、
同時に突起に舌を絡ませ吸い上げる。




「あぁっ!」




思わず漏れた声。

悔しさと恥ずかしさで目を硬く閉じ、それ以上
いやらしい声を上げる事を必死に堪えようとする。





「これでもまだ感じてないって言うんだ?」





不適な笑みを浮かべながら、下着の上からゆっくりと
熱く高ぶったモノをしごいていく。
強弱をつけながら、手のひらで包み込んだモノを
更に快楽へと導くように。




「直接触って欲しいんでしょ?
 まだ素直になれないのかしら、このお口は」




空いた片方の手の指は彼の唇をゆっくりとなぞり、
唇を徐々に開かせていく。
だらしなく開かれた唇から舌を差しだし、
指を味わうかのように含み吸い付いてくる。



お互いの口から発せられるクチュクチュという音。
そして敏感な部分に与えられる快楽で、
彼の中に残る恥じらいが徐々に打ち消されていく。






もっと欲しい。
気持ちよくなりたい。




アタマのナカを支配していく快楽。



もっと貪欲になりなさい。
他の事が考えられない位に。
全てをアタシでいっぱいにして。
身体全部で求めなさい。







そうしたら、もっと気持ちよくしてあげるから。








そんな思いに答えるかのように
アタシの望んだ言葉を彼は呟く。




「触って・・・・・もっと気持ちよくして・・・・」




喘ぎと共に彼の口から漏れた言葉。
やっと出てきた素直な台詞。
待ってましたとばかりに愛撫の手を止め、身体を離す。





「そう。それじゃシャワー行こうか。」





求めた瞬間止められた愛撫に戸惑う彼に
間髪入れずにそう告げる。
少し焦らした方が楽しくなるでしょう?






「え・・・・?」

「ほら、準備して。シャワーいかないとね。」

「・・・・・・・・・」







ようやく事態を飲み込め彼は羞恥心で
何とも言えない顔をする。

簡単に高められてしまった感覚。
恥ずかしさで早くこの場から逃げ出したいとでも
いうように愛撫の名残りを振り切り服を脱いでいく。







ちょっと意地悪しすぎたかしらね。
少し反省しつつも、その姿を見ていると
悪戯したくてたまらなくなってしまう。







「ほら、手伝ってあげるから」






そういって後から抱きしめる形になり
ズボンを脱ぐ最中の彼の下着の中に手を滑り込ませる。





「えっ?あっ!」






さんざん弄られたせいで先端からはヌルヌルと
透明な液体があふれ出していた。

それを指で掬い取り、口に含んで味わう。
そして耳元でそっと囁く。







「こんなにヌルヌルにして・・・・
 いやらしい匂いがプンプンさせてるわよ。」


「あぁ・・・・・」







甘い吐息が漏れる。

折角一度落ち着かせたのにごめんね?
でも、焦らして昂ぶらせて、そうして乱れる
姿が見たくてたまらないの。
なんて思いつつ頬を寄せて優しく呟いた。




「続きはシャワー浴びてからね?」



























そしてシャワーののち、プレイ突入っと(ノ∀`)ノシ アッハハー
長くなるから続きはまたww