鳩山由紀夫首相は23日午前、沖縄県入りし、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題をめぐり県庁で仲井真弘多知事と会談した。首相は、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に滑走路を建設し、基地機能の県外への分散移転を検討するなどとした日米実務者での合意内容を説明し、理解を求めるとみられる。知事は「頭越し」の合意に抗議し、受け入れは困難との考えを伝える見通しだ。
 首相の沖縄訪問は4日に次いで2度目。知事に続き、名護市の稲嶺進市長を含む北部12市町村長とも会談する。移設問題のほか、北部振興策についても意見交換するとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~シュワブ沿岸部移設で日米大筋合意~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)
タクシー運転手殺害 メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)
<気象庁>市区町村単位の気象警報 細かすぎて速報見送り(毎日新聞)
口蹄疫 大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
H2A 打ち上げ準備の最終段階 21日早朝打ち上げへ(毎日新聞)
AD