「伊賀流忍者の里」で知られる三重県伊賀市で1日、新職員26人への辞令交付式があり、内保博仁市長ら幹部が黒の忍者衣装で出席。スーツ姿の新職員に辞令を手渡した。

 同市でこの日開幕した「伊賀上野NINJAフェスタ」のPRの一つ。5月5日までの期間中、忍者気分を満喫できるアトラクションなどが市内の上野公園を中心に繰り広げられる。

 新職員を前に内保市長は「市民に対する情けが大事」と激励。忍者に情けは無用だが、財政難の折、新職員は「市民のための(耐え)忍び」をスタートさせた。【関谷徳】

【関連ニュース】
フィギュアスケート:村主章枝がサニーサイドアップ入社
新入社員:目指す役職は?…「興味なし」が男性で初の首位
セブン&アイ:挑戦の年に…一足早い入社式
トヨタ:1250人が入社 昨年からほぼ半減
日本航空:「再生への最後のチャンス」 入社式で稲盛会長

フリー記者参加ブロックする 記者クラブ幹事社という存在(J-CASTニュース)
与謝野・平沼新党、8日にも結成…まず5議員で(読売新聞)
<スーツケース遺体>出頭の男逮捕、女性遺棄容疑で 金沢(毎日新聞)
車内ライター、簡単着火の電子式か…4児焼死(読売新聞)
小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)
AD