1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月28日

決勝戦対戦カード決まる!!

テーマ:京都高校バスケット

2017インターハイ京都府予選決勝戦は

 

男子 東山 - 洛南

 

女子 京都精華学園 - 紫野

 

に決定した。

 

第3,4シードゾーンのチームにとっては

前日の準々決勝が一つの山場であっただけに

翌日、第1,2シードのチームとの対戦は

対策もできず、少し厳しかった。

 

とはいえ、

男子、山城、福知山成美

女子、福知山成美、京都すばるの

4チームも自分たちのバスケットが

通じた時間帯もあったので、

まずは近畿に向けて精度を上げて欲しい。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年05月28日

Kyoto Basketball Times 記事更新

テーマ:ブログにつきまして

Kyoto Basketball Times の掲載対象チームは広く募集させて頂いておりますので、

チームの事を取り上げて欲しいというご希望がございましたら

お気軽ご連絡下さい。

(自薦他薦問いません)

 

Contact 

 

5/28 Kyoto Basketball Times 記事更新

 

今回はスコア紹介。

 

【注目の1戦】

 

100点ゲームで勝ち上がった第2シードの紫野、

明徳を1点差で破り、昨日は第3シードの両洋に勝利した京都すばる。

 

トーナメントは1戦1戦チーム力が変化する。

 

エンジン全開のすばるに対して、

ギアを上げている途中の紫野。

 

現在のチーム状況ではすばるに勢いがあるので、

紫野の試合の入り方に注目である。

 

逆に疲労面では紫野有利であるので

すばるの選手交代のタイミング

(点差、状況、残分)等を注目したい。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月27日

2017インターハイ京都府予選 ベスト4!!

テーマ:ブログにつきまして

男子

東山

山城

福知山成美

洛南

 

女子

京都精華学園

福知山成美

京都すばる

紫野

 

 

敗れてしまったチームの選手にとっては

この日までは本当に長くて苦しい道のりだったと思うが、

自分が思っていた以上に、試合は短かったのではないか。

 

勝利したチームの選手は

喜びもつかの間、

明日、決勝進出をかけて

また気持ちを新たに挑まなくてはいけない。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月26日

Kyoto Basketball Times 記事更新

テーマ:ブログにつきまして

競技人口の割りにメディアの取扱いが少ない。

 

バスケットに携わっている方なら誰もが一度は感じた事ではないでしょうか?

 

無いのだったら、自分でつくればいい

 

と思い、Kyoto Basketball Times という

京都のバスケットボールの話題を取り上げる

フリーペーパー的なものを2016年12月に発行した。

創刊号については満足のいくものだったが、

一つの疑問が自分の中で浮かび上がってきた。

 

府大会出場全チームの集合写真をのせ、

ベスト8チームにはプラス個人写真と

コメントを入れたが

 

専門雑記 『 全国版 』

Kyoto Basketball Times 『 京都版 』 

 

と、

地域が異なるだけでやっていることは専門雑誌と

大差がないのではないかという事だ。

 

もっと独自の視点で、対象を選んで書いてこそ

価値があるのではないか。

 

そう思ったとき、

紙面第2号の発行に取りかかる前に、

ウェブ媒体への移行に踏み切った。

 

Kyoto Basketball Times Web

 

今回は高校に入学して間もない1年生に注目した。

 

 

 

【Kyoto Basketball Times の取材対象につきまして】

バスケットボールのニュースをできるだけ多く

取扱いと考えておりますので、

 

1、常に募集させて頂いております。

コンタクト からご連絡をお願い致します。

 

2、普段の活動の中で入ってくる情報を元に取材依頼をさせて頂いております。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月23日

オアシス運動

テーマ:バスケット話 いろいろ

この前、ふと気がついた。

 

バスケットの大会というのは

地区予選1回戦〜どんどん進んでいき、

ゴールは決勝戦というわけであるが、

回戦が上がれば上がる程、挨拶してくれる選手が多い。

 

日程が進む程、顔なじみの選手と会う確率が

増えるということも確かにあるが、

それを差し引いても、

挨拶してくれる選手の割合は増える。

 

近畿大会では、

フロアレベルではなく、

一般通路ですれ違うだけで

挨拶してくれるチームがあった。

 

そういうチームが

勝ち上がるんだと感じた。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。