NEWS ポストセブン 1月31日(木)5時5分配信

 元AKB48・前田敦子のものまねでブレイク中のキンタロー。(31才)だが、ここに至るまでには壮絶な半生が隠されていた…。

 キンタロー。は、愛知県生まれ。父親はある駅前の繁華街にある雑居ビルを所有し、自宅以外の部屋をテナントとして貸し出し、生計を立てていた。母親は専業主婦で、キンタロー。は5才年下の妹とともに、「超お嬢様」として何不自由なく育てられた。

 地元の高校を卒業後、キンタロー。は、海外留学で身につけた語学力を生かし、大阪の関西外国語大学に進学。ダンス部に所属し、社交ダンスを始めた。

 もともと努力家だったこともあって、みるみるうちに上達していったという彼女。在学中に、全国大会で4位に輝くまでになった。その活躍を誰よりも喜んだのが、母親だった。

「“ダンスの大会に応援に行くんだ”と、とても嬉しそうに話していたのを覚えています。衣装代とかもかかるので、月に20万円も仕送りをしていたそうです」(近所住民)

 大学卒業後もキンタロー。は大阪に住み続け、社交ダンスの講師となった。社会人としての第一歩を歩み始めたが、このころから“天国”のような彼女の人生が“地獄”へと転落していく…。

「折からの不景気で、ご両親の所有するビルに全くテナントが入らなくなっていったんです。それで経営がうまくいかなくなったそうです。借金も増えていったと聞いています」(前出・近所住民)

 当然、それまでのような裕福な暮らしはできなくなった。次第に母親は塞ぎ込むことが多くなり、周囲に「死にたい…」とつぶやくようになっていったという。

 そして、今から6年前の2007年2月16日夕方、近所の鮮魚店で買い物を終えた母親は、ビルの屋上から飛び降り、自ら命を絶った。

「近所の人が救急車を呼んだり、人工呼吸したりしたんですが、即死状態でした…」(前出・近所住民)

 この悲報を聞いたキンタロー。は、すぐさま実家へ戻った。

「ただただ、姉妹で泣いてました。手紙も何もなくて、本当に突然だったので…。これからどうしたらいいのかわからなくて。本当、何もかも全部お母さんがしてくれていたので。食事ものどを通りませんでした…」(実妹)

 母親の自殺に父親もショックを受けて、病気を患い、いまでは名古屋市内の特別養護老人ホームで暮らしている。病気になった父、悲しみに打ちひしがれる妹。そんな家族を見て、キンタロー。は、ある決意をする。

「“お母さんは、私のものまねが好きだった。天国にいるお母さんのために、頑張っている姿を見せたい。そうすることで、お母さんも笑ってくれるし、家族も元気になるに違いない”と強く思うようになったそうです。それで、小さいころの夢だった“お笑い”の道に進むことに決めたんです」(キンタロー。の知人)

 キンタロー。は2008年、実家を離れ、名古屋市に引っ越して芸能スクールに通い始めた。そして今に至る。

※女性セブン2013年2月14日号

AD


ヤクザにお願いして当選する政治家も!? 暴対法強化でも絶てない裏社会との関係

サイゾー 1月30日(水)23時46分配信


――政治家が反社会的勢力との交際を暴露されれば、一大スキャンダルとなり、閣僚が辞任に追いこまれたり、有力な議員が失脚する例は多い。一方で、これだけスキャンダルになるのだから、珍しいことなのか? と思われるが、どっこい彼らは日常的に“お付き合い”があるようだ。新政権に変わったことで、こうした不適切な関係に変化はあるのだろうか?

「週刊新潮」(新潮社)10月18日号では、田中慶秋元法務大臣が、指定暴力団稲川会系の組長が参加する宴席であいさつしていたという証言を写真付きで紹介。続いて、「週刊文春」(文藝春秋)10月25日号では、城島光力元財務相が09年の衆院選挙の際に、稲川会系暴力団のフロント企業から応援を受けていたと報じている。

 田中元法相の件に関しては、30年も前の話がなぜ今? とも思えるが、「田中氏に近い裏社会関係者が、なんらかの揺さぶりをかけるためにリークした。『こちらにはまだ手はあるぞ』という脅しでしょう」(某誌政治記者)という。

 結局、田中元法相は辞任したが、政治家と裏社会の交際に関する疑惑はこれに限ったことではない。

 例えば新政権の首相、安倍晋三氏に関しても、「週刊ポスト」(小学館)が10月26日号で、“山口組の金庫番”と呼ばれる人物との交際を報じている。

 暴対法や、暴力団排除条例などもあり、その交際が指摘されるだけでスキャンダルとなる今、政治家が裏社会とつながることには、デメリットのほうが大きいだろう。だが、利権と複雑な人間関係が絡み合うのが政治の世界。そこで政治家と裏社会は、世間からは隠れつつも、関係を持ち続けてきた。

■日本社会に根付く裏社会組織の歴史

 歴史を見れば両者のつながりは60年代頃まで、ヤクザの葬式に政治家が花を出すなど、ある程度は公然と行われていた。

 例えば、戦前の二大政党制の中では、「院外団」という裏社会とつながったフィクサー集団があり、野党議員の法案成立妨害を潰すなどしていた。もちろん戦後でも、安保などの左翼闘争の中では、右翼やそれに連なる裏社会組織が、運動を抑える役を担っていた。

 日本社会や経済には、歴史的にヤクザや右翼、一部の同和、在日系反社組織など裏社会が根付いている。大物フィクサー許永中を追いかけた『許永中 日本の闇を背負い続けた男』(講談社)の著者でジャーナリストの森功氏は語る。

「山口組がなぜ大きくなったかといえば、港湾荷役をさばいていた荒くれ者を使いこなしたからです。地方行政は、彼らの”力”で、港湾荷役事業を統率していた」

 現在でも裏社会は、公共事業の入札で行われるという談合の仕切り役を果たしているという。

 また「ジバン(地盤)、カンバン(看板)、カバン(鞄)」と呼ばれる三バンの影響もある。
「地方行政の議員などは、不動産所有者や地域企業の社長など、その土地の有力者の場合が多い。彼らが計画した土地開発が、住民の反対運動が盛んになって、開発が進まないこともある。そこで裏社会に頼り、スムーズに進めてきたんです。彼らを使い利益を共にしてきた政治家は、暴対法が厳しくなっても、そうしたつながりをなかなか絶てないでしょう」(森氏)

 また、政治家が裏社会と付き合う際に間に立つのが、児玉誉士夫や笹川良一、そして許永中など、フィクサーと呼ばれるつなぎ役。彼らは、政治家と裏社会との関係を駆使して暗躍してきた。また、こうしたパイプ役を政治家の秘書が担っている場合も多い。

「裏社会の人間は、自身の息がかかった企業や関係者を政治家の秘書として送ることも多い。政治家も、彼らの支援が欲しいので、なかなか断ることができないんです。亀井静香の秘書は、裏社会人脈と日常的に渡りあうために髪形をパンチパーマにしたり、彼らと飲み歩く姿を目撃したこともある。しかし、大物の政治家ほど、こうした人物が間に幾人も入っているので、裏社会と政治家のつながりが直接見えにくいことも多く、追及しづらい面もある」(前出記者)

■政権を離れた民主党のヤクザ交際疑惑を暴露!?

 また、選挙においてもさまざまな場面で政治家は、裏社会の“お世話”になることがある。

「選挙期間中に事務局運営のボランティアを出すこともありますが、やはり大きいのは“票”でしょう。極端な話、山口組の六代目司忍組長に頭を下げれば、構成員・準構成員だけで、それなりの票が集まるわけです。市議や県議レベルならその支援で当選できるでしょう。もちろん傘下組織をすべて動かすことはめったにないだろうけど、選挙の中で、どうしても票が足りないって時には、お願いすることもある」(同)

 同記者は、今回の衆院選挙でも「20軒以上の選挙事務所を回りましたが、すべてに裏社会の人物はいた。彼らは、選挙で恩を売るために入り込んでいるんです」と証言する。

 では、安倍政権になって、彼らはどのような見返りを受けるのだろうか? 今回取材した人々は口を揃えて「基本的には、裏社会は政治家個人とのつながりだから、政権が変わったからといって利権が増えるというわけではない」という。

 その中で森氏は「東日本大震災の復興事業は大きな利権となる可能性がある。95年の阪神淡路大震災の時にも、ヤクザを使い早急に復興を進め、結果、山口組がその利権を得た。自民党なら地方ヤクザの使い方もわかっているでしょう」と観測する。

 また、安倍首相に関しては、間に複数人を介して住吉会とのつながりが噂されている。その一方、安倍氏が総理を務め大敗した07年の参議院議員選挙の際に、山口組が小沢一郎氏の支持に回ったため、安倍氏との仲は良好ではない。これを見て「住吉会の勢いが増すのでは?」という推測もあるようだ。

 さらに、前出の政治記者は 「政権与党から離れたので、民主党議員の交際がさらに暴露される可能性もある。例えば、かねてから総会屋や地元裏社会との関係が指摘される仙谷由人民主党副代表ですが、支持を受けている全国建設労働組合総連合の関連で、裏社会との交際が明るみに出るかもしれません」とも話していた。

 政治と裏社会の切っても切れない関係は、自民党に与党が移ってもまだ変わることはなさそうだ。

 最後に森氏は、こう指摘する。

「裏社会は、違法行為を行っているからアウトロー。法律外の世界で動いており、法治国家としては認めてはいけない存在です。日本の成り立ちの中で、一定の役割を果たしてきたことは事実ですが、社会が成熟していく中で、排除されるべきもの。一方で、社会にゆがみがある状態では、裏社会に身を置く者はゼロにはならない。厳しく締め付けるのではなく、もっと彼らをどう扱っていくかの議論を進めていくべきでしょう」

 政治家にとって裏社会は“必要悪”なのかもしれないが、安倍政権には、しがらみを絶ち切り、社会のゆがみを正してほしいが……。

(構成/黒崎さとし)

五輪のメダリストが輩出している京都府立網野高校(同府京丹後市)レスリング部で、顧問が体罰的な指導をした疑いが浮上し、この顧問が1月下旬から指導を自粛していることが同校や府教委への取材でわかった。同校が調査を進めている。

 同校の関係者によると、この顧問について、複数の部員から「体罰的な厳しい指導があった」との声が寄せられたという。レスリング部については現在、別の教員が指導している。

 府教委幹部は「体罰が疑われる申告があったので、学校側に調査を求めている。体罰があったかどうかは現時点では断定できていない」としている。

 同校レスリング部は、選手が全国大会で何度も入賞経験がある強豪。卒業生に、アテネと北京両五輪で連続銀メダルを獲得した伊調(いちょう)千春さんや、アテネ五輪銅メダルの井上謙二さん、世界選手権の優勝者もいる。昨年10月の国体でも少年男子フリースタイルの部で在校生が優勝している。



 五輪レスリングでメダリストが輩出し、強豪校として知られる京都府立網野高レスリング部(京丹後市網野町)で、顧問を務める40代の男性教諭が体罰をした疑いがあり、指導を自粛していることが31日、分かった。
 同高によると、レスリング部の保護者から訴えがあり、昨年11月に調査を始めた。部員や顧問に聞き取りを進めた上で、体罰を受けたり見聞きした経験について全生徒のアンケートを1月25日に行い、回答から体罰的な指導があったと判断した。同日から、この教諭は指導を自粛した。
 レスリング部には男子10人が在籍し、現在は他の顧問2人が指導している。高橋弘校長は「レスリングの指導は体に触れることがあり、どこからが体罰となるか判別は難しいが、体罰はあってはならない。徹底的に調査して府教育委員会に報告する」と話している。
 網野高レスリング部は1987年の創部。アテネと北京の両五輪で連続して銀メダルをとった伊調千春さん、アテネ五輪で銅の井上謙二さん、ロンドン五輪出場の高谷惣亮さんの3人が輩出した。在校生では60キロ級と66キロ級の2人が昨年の北信越インターハイと岐阜国体ともに優勝した。



 レスリング五輪メダリストの伊調千春選手らが育った京都府立網野高(京丹後市)のレスリング部で、男性顧問(41)が指導中に部員に体罰を加えた疑いがあるとして、学校側が顧問に指導を自粛するよう命じていたことがわかった。

 同校が事実関係の調査を進めている。

 同校の高橋弘校長によると、昨年11月中旬に学校側が「顧問が部員に体罰を加えている」との情報を得て調査を開始。今年1月に入って複数のレスリング部員や同部と同じ体育館で練習している体操部員らから「平手打ちをしたのを見た」などの目撃証言を得たことから、今月25日に指導自粛を命じた。

 高橋校長は「組み技や投げ技などの激しい指導が日常的にある部活動なので、証言の内容が体罰にあたるのか詳しく調べる必要がある。全校生徒にアンケートをし、顧問からも事情を聞いている。府教委には15日に報告した」と話している。

 レスリング部には監督と男女の顧問がおり、現在は残る2人で指導中。男性顧問は保健体育の授業は続けているという。




 五輪メダリストを輩出するなど強豪として知られる京都府立網野高校(同府京丹後市)レスリング部で、男性顧問が体罰を行った疑いがあることが31日、同校への取材で分かった。この顧問については、今月25日から同部の指導を自粛させている。

 同校によると昨年11月、部員の保護者から「体罰のような行きすぎた指導が行われている」との情報が寄せられ、調査を開始。部員への聞き取りやアンケートなどで、体罰が疑われる指導があったとする情報が確認されたことから、校長の判断で、今月25日から男性顧問に指導を自粛させた。

 同校レスリング部はアテネ、北京五輪で銀メダルを獲得した伊調千春さんらメダリストを輩出した名門で、約10人の部員が在籍。現在は別の顧問2人が指導を担当している。




 京都府立網野高(同府京丹後市)レスリング部の顧問が体罰的な指導をしていた可能性が高いとして、同校が1月25日から顧問に指導を自粛させていることが分かった。全校生徒と教職員にアンケートを実施し、調査を進めている。

 高橋弘校長によると、試合中にけがをした部員の保護者らと対応を協議した際に、顧問による体罰があった可能性が浮上。昨年11月中旬の練習中に「複数の行き過ぎた指導があった可能性が高い」と判断した。具体的な内容は公表できないという。

 高橋校長は「レスリングは格闘技で、普段から厳しい指導が行われている。どこからが行き過ぎた指導かの判断が非常に難しい」と説明。府教委は「体罰的な指導があったかどうか、現時点では判断できない。早急に調査を進め、事実関係を明らかにしたい」と話している。

 同校のレスリング部は、アテネ、北京両五輪で銀メダルを獲得した伊調(いちょう)千春さんやアテネ五輪銅メダルの井上謙二さんらを輩出している強豪校。【塩田敏夫、榊原雅晴】




「おめでとうレスリング部 2階級全国制覇!! 国体出場決定!!」──学校の校門脇には、こんな横断幕がかかっていた。

 京都駅から電車を乗り継いで3時間。京丹後市の北端、日本海に面したのどかな漁村に京都府立網野高校はある。

 同校レスリング部は、ロンドン五輪金メダリストの伊調馨(28才)の姉で、アテネ及び北京五輪ともに銀メダリストの伊調千春(31才)や2006、2008年の世界選手権金メダリストの正田絢子(31才)、アテネ五輪銅メダリストの井上謙二(36才)ら数多くのメダリストを輩出している。そんな超名門校が、体罰問題で揺れている。ある在校生の母親がこう話す。

「問題なのは、レスリング部顧問のA先生(41才)です。彼の部員への体罰があまりにひどく、府の教育委員会が調査に乗り出したんです」

 取材を進めると、A先生の体罰について、次々と証言が出てきた。

「(A先生は)スパルタ教師で、“めっちゃ怖い”と生徒はみんな恐れています。練習をサボった罰で、丸坊主にさせられた生徒もいます。A先生は練習中に部員がミスしたり、集中していないと怒鳴りちらすうえ、すぐ手が出るんです。部員に対して、顔面を平手打ちするのは当たり前ですよ」(在校生のひとり)

 そして府教委が調査に入るきっかけとなったのは、昨年6月の出来事だったという。

「3年生の男子部員Bくんが練習中に肩を脱臼したんです。それでもA先生は病院にも連れて行かず、そのまま練習を続けさせたそうです。ケガが悪化したBくんは入院を余儀なくされました。これに怒ったBくんの両親が、教育委員会に訴え出たんです」(前出・在校生の母親)

 関東の実家から1人、レスリング留学していたBくんは、トラブルが起こるまでA先生の自宅で下宿生活をしていたという。しかし今は先生の家からも出て、部活にも参加していないそうだ。

 Bくんの父親に話を聞くと、「何もお話しできません」と固く口を閉ざしたままだった。しかし、前出の在校生の母親がこう話す。

「現在、Bくんのご両親は弁護士を立て、学校の告訴を含めた法的措置も考えているそうです」

 A先生は2003年に前任者の転任に伴い網野高校に異動、レスリング部の顧問となった。全国から有望な人材を集め、熱心な指導で、同校を強豪校へと育てあげた。遠方からの生徒は自宅で下宿生活をさせながら公私にわたって面倒をみている。

 全国大会常連の同校レスリング部の地元における注目度は高く、1月18日夜に放送されたNHK関西ローカルの番組では、網野高校のレスリング部が特集されている。番組にはA先生も出演し、「休みは1年に10日しかない」と熱血指導ぶりをアピールしていた。

 体罰を訴える生徒がいる一方で、A先生を慕う生徒がいることも事実だ。レスリング部の現役部員の一人がこう話す。

「A先生は熱心だから部員の気合が足りないと怒鳴ることもあるけど、それは生徒を本気で思ってくれているからです。熱血で、本当にいい先生です」

 現役部員の父親もA先生をこう擁護する。

「確かに厳しい指導で、練習中に生徒がケガすることもありますが、レスリングは格闘技ですよ。ぶつかり合ってなんぼでしょう。生徒も先生もいつも本気。それでいいんです」

 網野高校の副校長は、府教委の調査が入っていることを認めた上でこうコメントする。

「部員のケガについては真摯に対応を進めています。徹底した調査をして“体罰は許さない”という姿勢で対応を進めています。大阪の事件もあったので、速やかに対応するつもりです」

 京都府教育委員会も、「網野高校の体罰疑惑は現在調査中で、まだ結論は出ていない」と話している。

※女性セブン2013年2月14日号