与野党議員の主な発言=小沢氏強制起訴
 小沢一郎民主党元代表の強制起訴をめぐる31日の与野党議員の主な発言は次の通り。
 【与党】
 菅直人首相 大変残念だ。(処分は)岡田幹事長を中心に役員会等で協議することになると考えている。(小沢氏は)国会で説明する必要はあるだろう。
 岡田克也民主党幹事長 対応は小沢氏自ら判断すべきだ。小沢氏の判断を前提に、党内で(処分について)議論したい。
 枝野幸男官房長官 出処進退はまず政治家自らが判断するのが原則だ。強制起訴とは別次元で国民に分かりやすく説明することは重要だ。
 海江田万里経済産業相 裁判を粛々とやって無実を証明していただきたい。
 鳩山由紀夫前首相 小沢氏の今の気持ちなどを斟酌(しんしゃく)しながら、冷静に見守ることが正しい判断だ。衆院政治倫理審査会(での説明)が望ましい。
 生方幸夫民主党選対委員長代理 自主的に党籍を離れて無罪を勝ち取る戦いをしてほしい。疑惑を晴らすには証人喚問の方がいい。
 牧野聖修民主党衆院議員 小沢氏が離党も辞職もしないなら、執行部は毅然(きぜん)と離党勧告か、除名処分にすべきだ。それでも責任を回避するなら議員辞職勧告も仕方がない。
 鈴木克昌総務副大臣(小沢グループ) 国会では予算、法律を粛々と熟議し、小沢氏の問題は別のところで議論するのがいい。
 松木謙公農林水産政務官(同) 一致団結が何よりも大事だ。執行部も一致団結できる方策を取ってくれるとありがたい。
 森裕子民主党参院議員(同) 百パーセント無罪だと思う。
 下地幹郎国民新党幹事長 (衆院での)3分の2の再可決に影響があるような判断は困る。証人喚問には賛成できない。
 【野党】
 石原伸晃自民党幹事長 証人喚問を求めていく。菅直人首相に決断を迫っていく。リーダーの資質が問われている。
 山口那津男公明党代表 政治とカネで大きな疑惑を持たれた以上、出処進退は自らが決断すべきだ。証人喚問という形で(国会での説明を)求める。
 市田忠義共産党書記局長 国会での説明責任を免れることはできない。離党や議員辞職は別の問題で、それで幕引きという考えは論外だ。
 福島瑞穂社民党党首 政倫審で説明すべきだ。推定無罪(の原則)がある。今の段階で議員辞職、離党すべきだと思わない。
 渡辺喜美みんなの党代表 証人喚問にきちんと応じるべきだということは、依然として言える。
 園田博之たちあがれ日本幹事長 (小沢氏が)国会議員を続けることが妥当か、裁判を待たず問わなければならない。(2011/01/31-21:37)
AD

榎田、魔球解禁!無回転フォーク!!

デイリースポーツ 1月31日(月)9時28分配信

 
拡大写真
 魔球フォークを立て続けに投げた榎田(撮影・山崎 竜)
 阪神のドラフト1位・榎田大樹投手(24)=東京ガス=が30日、沖縄・宜野座村野球場のブルペンで、初めて捕手を座らせて投球練習を行った。全29球の中で際立ったのがフォークだ。守備に定評のある小宮山慎二捕手(25)が続けて落球するほどの鋭い変化。手応えを感じたルーキー左腕は、ローテ奪取の武器として魔球解禁を決断した。
  ◇  ◇
 緊迫したブルペンが次の瞬間、一気にざわつき始めた。捕手のミットから転々と転がる白球。目撃者となった小宮山が「ごっついな。捕れないわ…」と驚きの表情を浮かべる。榎田がプロ入り後初めて、捕手を座らせての投球練習。ついに“魔球”がベールを脱いだ。
 「次、フォークいきます!」。捕手を座らせて14球目だった。発声と同時に足を上げると、指から離れた白球が独特の軌道を描く。縫い目のあるボールは回転することなく、空気を裂きながらベースの手前でストンと落ちた。捕球できなかった小宮山は、続けて投げた2球目のフォークも落球。「縫い目が動かないので目の錯覚というか。どこで落ちるか分からない」と困惑しきりだった。
 榎田が大学3年時に覚えたフォークは縫い目に指をかけず、人さし指と中指に挟む一般的な握りだった。27日のブルペンでも、立ち投げで2球試投。清水が捕球できなかったがこの日、捕手を座らせたことで威力はさらに増した。小宮山も「初めて見たボールで、すごかった。もっと受けたいですね」と興奮を隠せない様子だった。
 アマチュア時代は1試合で、フォークは1、2球投げる程度。理由は捕手が捕球できなかったからだ。「自分でもどこにいくか分からないし、捕手も捕れなかった。リスクを背負うくらいなら、横の変化を使おうと」。プロ入り後も見せ球程度に考えていたが、2人の捕手の反応に意識も変わってきた。ボールが滑りやすいといわれる統一球も、榎田には追い風だった。封印していた魔球を解禁することで、投球の幅を広げるつもりだ。
 「捕手が捕りにくいなら、打者も打ちにくいはず。こんなに驚かれるとは思わなかったですけど、もう少しコントロールできたら、使えるボールになる。社会人時代より多めに投げていきたい」
 フォーク以外にもカーブ、スライダー、カットボール、スクリューと変化球は多彩。直球はクロス気味に胸元を突くだけでなく、腕が遅れて出ることで打者からは見づらい。「多少ボールは高かったですけど、最初にしては良かったです。フォークをコースに投げ分けられるようにしたい」と榎田。ベールを脱いだルーキーの魔球が、ローテ入りへの必殺球になるはずだ。

パイロット候補6人の内定、一方的に取り消し 日航子会社

産経新聞 1月31日(月)15時46分配信

 
拡大写真
ジャルエクスプレスが昨年12月27日付で、内定辞退の合意が得られていない内定者に対し発送した「内定解約通知書」のコピー(写真:産経新聞)
 会社更生手続き中の日本航空グループで近距離運航を行う子会社ジャルエクスプレス(大阪府池田市、JEX)が、今年度中に採用する予定だった自社養成パイロット候補のうち6人程度の内定を一方的に取り消したことが31日、分かった。内定者は計26人で残り約20人はJEXの要請を受け、内定を辞退した。

[フォト] 「内定解約通知書」その内容は…

 26人は2009年9月に内定通知を受け、当初は入社が22年8月以降になるとの説明を受けた。日航は昨年1月に会社更生法の適用を申請したが、26人は4月1日に開かれた日航グループ入社式に出席した。

 しかし、その後、路線や人員規模を今年度中に3分の2まで削減することを決定。グループ内のパイロットの自社養成も凍結した。

 これを受け、会社側は7、8月にかけて説明会を開き、「パイロット訓練生として採用できるか不透明になってきた」として、内地上職での採用を検討していると説明。10月には(1)グループ内での就業(2)一時金90万円と支援金10万円(3)一時金90万円と転職支援プログラムの受講-の3つの選択肢を示した。

 さらに会社側は昨年12月27日に未回答の内定者に対し、今月末付での内定解約通知を通知した。関係者によると、合意に至らなかった6人程度が一方的に内定を取り消された。会社側はこの6人程度に対しても、辞退者と同様の条件で一時金を支払う方針。

 内定を取り消された男性(25)は「会社が厳しい状況であることは分かっている。内定者にはコストがかからないので、入社時期が遅れても、パイロットになって空の安全に一生を捧げたいという気持ちが強かった」と話す。別の男性(26)は「短期間で、一方的に選択肢を選ぶことを迫られるのは納得できなかった」と訴えている。

 26人のうちほとんどは昨年3月に大学を卒業し他の企業からの内定を辞退して、パイロットになる日を夢見ていたという。


}" alt="“大阪小売大戦争”第一幕! 5月開業「ルクア」の戦略とは" src="http://amd.c.yimg.jp/im_siggHnxL1C9CPawx0kjyp_SOHA---x200-y133-q90/amd/20110131-00000002-trendy-000-1-thumb.jpg" complete="true" /> JR大阪駅北側に2011年5月4日開業するファッションビル「ルクア」の概要が発表された。はたしてその戦略とは?
 JR大阪駅北側に2011年5月4日開業するファッションビル「ルクア」の概要とテナントが発表された。ルクアはJR大阪三越伊勢丹などが入居する「ノースゲートビルディング」の地下1~10階にオープンし、店舗面積は2万平方メートル。20~30代のトレンドに敏感な働く女性をメインターゲットとし、梅田地区最多の198店舗が集結する。

【詳細画像または表】

 第一次商圏は大阪府高槻市から兵庫県芦屋市までと北摂から難波までのエリアに設定。そのうちの約248万人の男女をターゲットに「手の届く贅沢、高感度で洗練されたライフスタイル」を提案する。また、「ここにしかない価値を提供する梅田地区でナンバーワンのファッションビル」をめざす。

 初年度売り上げ目標は250億円、入店客数は1900万人を想定。日本有数の激戦区となる梅田に新規開業することについて、同ビルを運営するJR西日本SC開発の中山健俊社長は「ルクアはまったくゼロからのスタート。北ヤードの開発が2年遅れたことも大変な痛手になった。2年後は大阪駅北地区の中心になり、追い風が吹くと思うが、それまでどう戦っていくか。危機感を持って取り組んでいる」と語った。

 北ヤードを中心に再開発が進む大阪梅田地区では、今春から来春にかけて百貨店の改装、新規開業が続く。2011年3月にはJR大阪駅南側の「サウスゲートビルディング」に大丸梅田店が増築オープン。ルクアの西側にはJR大阪三越伊勢丹も同時開業する。さらに2012年春は阪急百貨店梅田本店が日本最大級の百貨店としてグランドオープン。既存のファッションビルや商業施設を巻き込み、小売りの大激戦区になるのは必至だ。

 そんななかでルクアは、これまでのファッションビルとは一線を画す戦略で生き残りをかける。「社員自らが市場調査し、計画して実行する。これを愚直に続けてきた」(中山社長)。加えて、他店との同質化が避けられない商品よりも、販売サービス、運営などソフト面に力を入れ、他店と差異化を図る考えだ。

社員自ら市場調査からテナント誘致、教育まで手がける

 「梅田にある数多くの小売りのなかから一番に選んでもらえるファッションビルを作りたい」(中山社長)。ルクアの店舗づくりはこの思いからスタートした。思いを実現するために、従来のファッションビルとは異なる取組みを行っている。

 通常、商業施設の開発は外部のコンサルタントや調査会社などに依頼することが多い。しかし、ルクアでは社員自身が市場調査から基本コンセプトづくり、商圏設定、ゾーニング、テナント誘致までの大部分を行った。またターゲットと同世代の女性社員8人の意見を取り入れるなど、外部に依存しない施設づくりをめざしている。

 運営体制においても同様だ。多くのファッションビルではシーズンやオケージョン(購買機会)などの打ち出しが店舗ごとに行われているが、ルクアでは全館で統一して訴求することにより集客力を高めていく。

 さらに専任のフロアマネージャー11名を各階に配置。顧客の要望や不満を把握し、店舗とのコミュニケーションを図る窓口としての役割を担う。接客サービスやVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の教育担当も専任4名を配置し、サービスレベルの向上を図っていく。社員研修も充実させ、社員自身が365日店舗にアドバイスができるような体制をめざしている。

注目は「レディス・メンズの複合ショップ」新業態24店舗、関西初出店118店舗を導入

 「社員自ら調査し、分析した結果、梅田地区の顧客はトレンド志向、カジュアル志向が強く、カップルでの来店やついで買いが多い。一方で、新たな発見や店舗、街感が欠如しているという声も多かった」と語るのは、同社開発部の藤岡秀樹部長。この結果に基づき、梅田地区に足りないものを検証したうえでMDを設定したという。

 まず、ファッションビルとしての強みを発揮するため、全館の約6割をファッション系店舗で構成。1~5階がメインターゲットのレディス・メンズのフロア、6階は戦略ターゲットと設定したヤングレディスのフロア、7階はサブターゲットのメンズフロアとなっている。

 なかでも注目なのがレディス・メンズの複合ショップの集積だ。カップル客のニーズに対応し、大手セレクトショップの旗艦店や海外ストリート系ブランドの大型店を集積。約4300平方メートルという梅田地区最大規模で展開する。

 全198店舗のうち梅田初出店は118店舗。全国初出店24店舗を含め、関西旗艦店や新業態など、話題性と集客性のある店舗を多数導入しているのも大きな特徴だ。

 全国初ではアッシュ・ペー・フランスがプロデュースする新ブランド「ear」や「SWATi」が手がける雑貨のセレクトショップ「ラ ブッシュリー ドゥ スワティー」、関西初ではロンドン発のハイストリートブランド「トップショップ/トップマン」、東京コレクションで話題の「ファー ファー」などが注目される。また「ビームス」「ジャーナル スタンダード」など人気セレクトショップが関西旗艦店としてオープンしている点も見逃せない。

●レディス&メンズ大型店アーバンリサーチ(梅田初)、トップショップ/トップマン(関西初)、ディーゼル(関西旗艦店)、トゥモローランド(関西旗艦店)、ル ドーム エディフィス エ イエナ(関西旗艦店)、ビームス(関西旗艦店)、ジャーナル スタンダード(関西旗艦店)、アメリカンラグ シー

 靴、コスメ、生活雑貨のゾーンは比較購買のニーズに対応し、アイテムごとに集積した。このゾーンは本来、ファッションビルが苦手なジャンルとされているが、4階に靴、地下1階と8階にコスメ、8、9階に生活雑貨といった具合に各フロアに集積。「いろんなブランドを見てから買いたい」というターゲット層のニーズに応えていく。

●注目ブランド靴:オデット エ オディール ユナイテッド アローズ、グラップ バニスター、ダイアナコスメ:H&Bプレイス、テラクオーレ コレッツィオーネ生活雑貨:無印良品、フランフラン、ダブルティー、ロフトスイーツ・フード:クリスピー・クリーム・ドーナツ、グロム、ドミニク・サブロン マルシェ・エ・カフェ

 「梅田にはターゲット層が行きたいと思う飲食店が少ない」ことから、10階のレストランフロアには、女性利用を意識した人気店16店舗が出店する。大阪のイタリアンの名店が新たに展開する「エキ ポンテ ベッキオ ア オオサカ」のほか、有名焼肉店「叙々苑」が関西初出店。また、落合務シェフ監修のパスタ店「ヴィ ヴィ ヴェルデ」も全国初店舗となる。レストランフロアはJR大阪三越伊勢丹と直結しており、案内パンフレットは共同制作した。

 他には、9階に三省堂書店とスターバックスコーヒーが初めてコラボレートする「ブックス&カフェ」が登場。7階には男性客のためのグルーミングサロン「ヘアーズゼノン」が全国初出店するなど、従来のファッションビルにはなかった新業態もお目見えするのでぜひチェックしておきたい。