NE-YO LYRICS

テーマ:
NE-YO

"Sexy Love"

My sexy love... (so sexy...)

[Verse 1]
She makes the hairs on the back of my neck stand up
Just one touch
And I errupt like a volcano and cover her with my love
Babygirl you make me say (Ohh ohhh ohhhh)
And I just can't think (of anything else I'd rather do)
Than to hear you sing (sing my name the way you do)
When we do our thing (when we do the things we do)
Babygirl you make me say (Ohh ohhh ohhhh)

[Chorus]
Sexy love girl the things you do
(Oh baby baby) Keep me sprung, keep running back to you
Oh I love making love to you
Babygirl you know you're my (sexy love...)

[Verse 2]
I'm so addicted to her she's the sweetest drug
Just enough
Still too much say that I'm simp and I'm sprung all of the above
I can't help she makes me say (Ohh ohhh ohhhh)
And I just can't think (of anything else I'd rather do)
Than to hear you sing (sing my name the way you do)
When we do our thing (when we do the things we do)
Oh, babygirl you make me say (Ohh ohhh ohhhh)

[Chorus]
Sexy love girl the things you do
(Oh baby baby) Keep me sprung, keep running back to you
Oh I love making love to you
Say babygirl you know you're my (sexy love...)

[Verse 3]
Oh baby what we do it makes the sun come up
Keep on lovin' 'til it goes back down
And I don't know what I'd do if I would lose your touch
That's why I'm always keepin' you around... my sexy love

[Chorus:]
Sexy love girl the things you do (things you do baby)
(Oh baby baby) Keep me sprung, keep running back to you (keep me runnin' back to you)
Oh I love (I love) making love to you
Say babygirl you know you're my (sexy love...)

[Chorus:]
Sexy love girl the things you do (sexy love)
Keep me sprung, keep running back to you (runnin' back to you)
Oh I love making love to you
Say babygirl you know you're my (sexy love...)

She makes the hairs on the back of my neck stand up
Just one touch...


AD
■優秀な社員ほどコピーに手をつける

 最近は、大手企業からのコスト削減のコンサルティング依頼が増えています。こうした企業は必ずといっていいほど、若手の優秀な社員を集めて社長の特命チームをつくります。彼らが最初に手をつけるのが「コピー用紙」です。裏紙にもコピーするようにしたり、できるだけ小さい紙にコピーするようにしたりという取り組みを始めます。
 もちろん、コピー用紙の削減は環境のためにいいことです。しかし、本当にコスト削減につながっているのでしょうか?

 そもそもコピー用紙は1枚数10銭程度。コピー機のカウンター料金のほうが格段に高いため、紙の使用量が減ってもコピー機の使用が減らないと効果がないのです。
 成果の出ないことに手間をかけても意味はありません。それどころか、裏紙を使うことで安心し、本来もっと効果が大きいはずの分野に目がいかないことが大半です。

 コスト削減には、ほかにもさまざまな誤解があります。天井の蛍光灯がところどころ「間引き」されているオフィスをよく見かけますが、多くの機種では間引いたところにも電気が流れるため、大きな電気代の削減にはなりません。
 事務用品のカタログ一括注文も、単価が安いうえ、すぐにオフィスまで配達してくれるので、一見コスト削減につながりそうです。落とし穴は、一定金額以上発注しないと送料がかかること。不要なものまで注文し、オフィス用品の在庫を過剰に抱えることになりがちです。

 このように、目についたところに飛びつきがちですが、それでは効果は上がりません。正しい手順を踏むことが肝要です。
 まずはコストの全体像を把握することから始めましょう。決算書では、多くの重要な経費項目が「水道光熱費」や「一般管理費」としてまとめられてしまっています。手間はかかりますが、電気代や通信費など詳細な項目ごとに、最低でも過去1年間の使用量と金額のデータを集めます。
 次に、それぞれのコストを三つに分類します。一つ目は電気代やガス代、上下水道代などの「エネルギーコスト」です。「販管費」に隠れて見逃されがちですが、金額はかなり大きなものです。次が、通信費やコピー代、家賃などの「オフィスコスト」。三つ目が人件費や物流費などの「オペレーションコスト」です。

 コストを3分類したら、単位ごとの費用(「原単位」という)を算出して、優先順位を決めます。たとえば「顧客一人あたりの水道光熱費」「売り1上げに占める、店舗ごとの電気代の割合の年間推移」などです。工場や営業所、部門別に単位ごとの費用を算出し、業界標準や社内の平均と比較します。平均値からかけ離れているものを見つけ、優先的に着手しましょう。
 これは「原単位管理」と呼ばれる方法で、工場などでは「製品一つの製造原価のうち、投下された電気代はいくらか」などのコスト管理に使われています。こういった手法を、製造現場だけでなく会社全体に広げるのです。

 ここまできて初めて、実際のコスト削減に着手します。手法には大きく分けて3種類あり、費用対効果の高さから次の順序で取り組みます。
 最初は、おおもとの契約を見直す「調達改善」です。効果が大きく、かつすぐに出るのにこれを怠っている企業が目立ちます。単価を引き下げる交渉をしたり、相見積もりを取って品質と金額を競ってもらいましょう。
 次が、無駄を見つけて使用量を最適化する「運用改善」。会議で使う資料の枚数を制限してコピー代を削減したり、人がいない部屋の電気をこまめに消して電気料金を節約したりします。
 最後に取り組むべきなのが、設備を新たに投入することによってコストを削減する「設備改善」です。省エネシステムやIP電話の導入などがありますが、短期間で投資が回収できるかがポイントです。

 経費の中でも電気料金を中心としたエネルギーコストの削減は、企業が一番手をつけていない分野といえます。
「公共料金は単価が決まっていて下がらない」と誤解されていることが多いのですが、交渉や契約の変更で10%をはるかに超える削減効果が出る場合があります。
 電気を例にあげると、大口契約をしていれば「長期契約割引」を検討しましょう。3年契約で3~4%、5年契約で5%の割引が可能なこともあります。一施設では大口とならなくても、一企業や一企業グループで見ると同じ電力会社の管内に多くの施設があれば、協議によって対象となるかもしれません。
 このほか、時間帯や季節、曜日によって使用量にばらつきがある場合は、最適な契約プランへの変更で安くなる可能性があります。電気代に占める基本料金の割合が40%を超えている、基本料金が電気使用料金を上回る月がある場合などは、基本料金の引き下げ交渉をしてみてください。

 コピー費についても、まず行うべきは「調達改善」です。カラーコピーなら1枚あたり15~40円、モノクロなら2~6円のカウンター料金がかかります。数10銭程度の紙代とは比較になりません。コピー機の販売会社と単価の引き下げ交渉を行いましょう。
 その後に「運用改善」です。どのコピー機が使われているか、どんな用途が多いかを調べ、その情報をもとにコピーそのものの枚数を減らします。コピーより、パソコンからプリンターに出力したほうが安い場合もあるのです。


■削減分はそのまま純利益となる

 実はコスト削減プロジェクトで重要なのは、削減目標と期限を明確にし、「達成することの価値」を従業員にはっきり示すことです。
 目標を定めるからには、取り組み前の数値はもちろん、進行中の数値の変化も「見える化」する必要があります。継続的に現状がモニターできないと、成果が見えずモチベーションが続きません。
 そして、達成したらどんないいことがあるかを、経営者の強い意志とともに従業員に伝えましょう。コスト削減というと、「不便を強いられる」とネガティブな印象を持つ人が多いものです。
 従業員に対して、経営者が「削減できた金額の3分の1を還元しよう」「浮いたお金で従業員を増やし、顧客サービスを充実させよう」と伝え、大幅なコスト削減に成功した例もあります。

 モノが売れない時代、売り上げを伸ばすのは大変です。そんな中、コスト削減は売り上げと違ってまずは社内だけの取り組みで実現できます。しかも削減額は「純利益」となるのです。
「100万円のコスト削減」というと一見少ないように思えるかもしれませんが、売上高が1億円の企業なら利益率1%のアップに相当すると考えてみれば、効果の大きさを実感するのではないでしょうか。


-----------------------------------------------------

環境経営戦略総研社長
村井哲之
●1957年、山口県生まれ。リクルート、第二電電等を経て現職。著書に『コピー用紙の裏は使うな!』など。

大井明子=構成

「若者の就職口は減り続けている」は大間違い! [20代の就職難]はウソだった!!

週刊SPA! 6月15日(火) 12時20分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合
'10年3月卒の大学生の就職内定率は91.8%と、過去最悪の'99年度の91.1%に次ぐ低さに。しかし、それをもって就職氷河期と言い切れるのか? 雇用のカリスマ・海老原嗣生(えびはらつぐお)氏が、巷に流れる“就職難の俗説”のウソを明らかにする――。


◆「'80年代後半と比べて企業の新卒採用数は激減している」はウソ

「学校基本調査」(文科省)によると、4年制大学・新規卒業者の正社員就職数は、'80年代後半が平均29・4万人なのに対し、就職氷河期('99年~)のほうが2割近く多くなっている。

 じゃあ、なぜ内定率が下がっているかというと、「大学の乱立」と「学生の増えすぎ」のせいだ。'85年は大学数が460校で、学生総数は185万人だったが、'09年には、773校、285万人に膨れ上がったためである。


◆「大手、中小を問わず若者の就職口は減り続けている」はウソ

 経済成長の鈍化を受け、近年、主要大手企業は採用を控えているか? 答えは否。主要企業の大学新規卒業者採用予定数は、景気変動により上下動こそするが、減少はしていない('80年代後半を下回ったのは、'00年の一度きり)。少子高齢化により、1学年当たりの出生数は第二次ベビーブーマー世代と比べて、現在の20代は4割近く減っている。にもかかわらず、大手企業の採用数は減っていないということを考えれば、「大手に入れる」確率はむしろ高くなったといえよう。

 さらには、中小企業にいたっては、就職口は山ほどある。大学新規卒業生と社会人の求人倍率を、大手企業(従業員数1000人以上)と1000人未満の企業で比較してみたところ、大手に絞るとお寒い状況だが、このご時世に後者は3.63倍と、とてつもない数字になる。加えて、従業員数100人未満の中小企業では、'08年3月の高卒求人数17.8万人に対し、高卒新卒者数は6.0万人で、充足率はわずか34%(厚労省「新規学卒者の職業紹介状況」)。ここには新卒でなくとも、入れる余地があるだろう。不況下に、採用を実施できる伸び盛りの中堅・中小企業は今も人手不足なため、中途でも十分に狙い目なのだ。


◆「今や働く若者(15~24歳)の2人に1人は非正規社員」はウソ!

「労働力調査」('08年・総務省)を見ると、15~24歳の雇用者は534万人で、そのうち249万人が非正社員(46.6%)という数字になっており、表面上はウソではない。

 しかし、この249万人のうち、118万人は在学生、つまりは学生バイトなのだ。ちなみに、この在学生を除いて正規・非正規比率を出すと、68.5%対31.5%で俗説とだいぶ異なってくるのだ。

※続きはWebSPA!にて公開中
永井:私は家計経済研究所のプロジェクトに参加して、首都圏の核家族調査というのを10年ごとに継続的に続けてるんです。この調査対象を集める段階で、「今までに起こらなかったような変化が、この10年で劇的に起こっている」と実感したんですよね。

 その前の1999年、1989年の調査では、家族の形にさほど大きな変化はなかった。ところが、1999年から2008年の間で、首都圏の核家族の形はがらっと変わってしまったんです。

――どんな風に変わっちゃったんでしょう。

永井:一番顕著なのは、やはり少子化です。

 調査対象は、首都圏在住の核家族で、妻が35~44歳。長子が小学校4年生から高校生までという条件なんですよ。この条件でサンプルを集めるため、35~44歳の女性の子供の年齢を調べると、それ以前の調査では未就学児から小・中・高校生まで平均的に分散した。

 ところが、今回はほとんどが未就学児になってしまうんです。対象となるサンプルが集まらないのです。仕方がないので妻の年齢を49歳まで引き上げたんですが、それでも子どもの年齢は下に集中してしまい、とにかく集まらない。未婚化・晩婚化が顕著に進んで、ライスステージが劇的に変わっているのだと思います。

 そして、10年の間に変化したと思うもう一つのポイントは、「未婚化」ですね。

変わる結婚のかたち

――私が結婚した頃は、25歳の未婚女性は売れ残りのクリスマスケーキと呼ばれていました。つまり、24日を過ぎたら一気に商品価値がなくなる。今思えばひどい言い方ですよね。その後10年ぐらいで、30歳を過ぎてからの結婚も40歳過ぎの出産も普通になってきました。こうした晩婚化からさらに、未婚・非婚の時代に突入しているということでしょうか。

永井:さまざまな場面でパートナーの存在を必要とする欧米と違って、日本にはカップル文化が存在しないですよね。パートナーがいなくても困らないのだから、別に結婚なんてしない。今、結婚はそうした「個人の問題」となってきています。逆に言うと、カップル文化の浸透していない日本では、子どもができることくらいしか明確な結婚の理由がないという面もありますね。

 とにかく男性の3分の1、女性の4分の1は結婚しない、結婚できないという時代なんですよ!

―― えー! そんなに?

永井:国立社会保障・人口問題研究所で行っている2055年の日本の将来推計人口では、ライフコースに当たり前のように結婚・出産を想定していても、女性の4人に1人、男性の3人に1人は一生独身ということになっちゃう。

―― 改めて聞くと、かなりショッキングですね。結婚しないということは、子供も持たないということ?

永井:今ね、20代では6割が「できちゃった婚」という話があります。これまでのように、結婚したから子供を持つというのではなくて、妊娠しないと、結婚そのものへのふんぎりがつかない。それだけ、結婚という意味が変わってしまっているということです。

 最近は、育児をする男性が増えているように見えますよね。これは、逆を返せば「子どもが欲しい、育児をしたいと思う人しか結婚していない」という現実もあるような気がするんです。

 ただし、量的なデータをとってみると、男性の家事育児参加はそれほど増えているわけじゃない。両極化を起こしているのだと思います。関わる人はとてもよく関わる。でも、しない人はしない。「もとからその土台があった人だけがやっている」ということですよね。関わりたくても関われない父親もいるということも含みますが。

 いずれにしても、未婚・非婚化はこの10年で起きた大きな変化のひとつですね。

―― 私たちが日常で実感しているのとはまったく違う速度で、社会は変化しているということですね。従来の考え方では、ライスステージがうまく描けないということにもなりそうですね。

女子大生に強い、専業主婦願望

―― 先生は女子大で教えていらっしゃるわけですが、最近の若い女性はどんな考え方を持っている人が多いですか。

永井:うちはものすごく「家族好き」な子が多いんですよー。

―― え! 家族好き?

永井:そうなんです。みんな当たり前のように結婚して出産して、仕事を辞めて、子どもが6歳ぐらいになったら再就職して、なんて考えている。

 「お母さんの時代はそれでよかったけど、今は4分の1の女性は結婚しないし、離婚率も高いのよ、どうするの? あなた、子どもが3人欲しいって言うけど、3人目が6歳になったら何年仕事休んでることになるの。15年たてば世の中変わるのよ、そんなに休んだ人を雇ってくれる会社なんてないわよ」、なんて話すと「先生、こわーい」と言われる(笑)。

―― そんなM字型就業みたいなことを考えているんですか、まだ! そういのはいったい、どこで作られる価値観なんでしょう。

永井:親の世代の価値観ですよね。学生に共働きのイメージを聞いてみると「子どもに無理をさせて、子どもがかわいそう」という意見が多い。このあたりは70年代、主婦のパート就業が始まるころの価値観をそのまま引き継いでいる感じ。前の世代の価値観ですよね。

―― そういえば、先日読んだ香山リカさんの「母親はなぜ生きづらいか」(講談社現代新書)の中に、「男性が心の中に持っている母親幻想のようなものから自由にならない限り、女性はラクにはなれない」というくだりがあって印象深かったんですが、その手の、ある種の幻想のようなものが女子学生の中にもあるってことでしょうか。考えてみたら、そのあたりの現実ってどこでも教えてもらったことがないですよね。

永井:だから学生たちには言うんですよ。仕事と家庭なんていうゼロイチの発想にならなくていい。子どもが小さいときは短時間勤務にして賃金が20%カットになったとしても、辞めずに働き続けていれば社会の状況が分かるし、収入も確保できる。12年休んでしまったら、面接に行くときもものすごく怖いよ、ってね。

 だから、続けられる仕事を選ぶことも必要だし、そもそも結婚しないこと、子どもが生まれないこともあるってことも想定しておく必要もあるんですよね。

 親から十分な愛情を受けて、親の世代を見てきた子は、自分も同じようにしたいと考えるんだけど、今はそれでは立ち行かないから。

義務教育で「ライフコースの教育」を

―― 以前先生がある会で、「女子学生に、『世界にはこんな働き方をしている人がいる、こんな仕事もある』といった話をすると、『それなら私にもできるかも』と考え方が変わる」とお話されていましたね。そういう風に“生き方の引き出し”をたくさん知ることも、大事なんじゃないでしょうか。

永井:もうひとつ大事なのはセルフエスティーム、自己評価ですね。どんなに引き出しがたくさん見えていても、自己評価が低いと「そこは私が開ける場所じゃない」と思ってしまう。だから自分をたくさんほめることも大事。

―― なるほど。本当に必要なのは、高校や大学という出口の先を、仕事だけではなく、結婚や出産の可能性をを含めてどう生きていくか考えることなんですね。急速に社会も家族も変化しているんだから。

永井:私はそれを、ぜひ義務教育の時点でやるべきだって思ってるんです。家計管理の部分も含めて、ライフコースをどう考えるかということは、中学生ぐらいの頃にきちんと取り組むみ必要があると思うのね。

 例えばスウェーデンの中学の教科書には、両親が別れたときどうしたらいいか、児童手当はどうやってもらうか、虐待を受けたら、といった内容が盛り込まれているんです。日本もこのあたりは他人事ではないことになっていますし。

―― 職業体験みたいなものは中学のカリキュラムに入りましたが、職業だけじゃなくて、結婚を含めた生き方やワークライフバランスの問題は、これから教育現場に絶対に必要なことですね!

◆対談を終えて~「男が仕事をしないと女性はラクになる」?

 「この10年で世の中が今までにない速度で急速に変わった」――。確かにそうです。私が子どもを産んだ頃の常識も、今では通用しないほど世の中は変化しています。ここを、親の世代の価値観をなぞる形で生き抜くことは、もはや無理。進学や就職、キャリアプランを考えて選択していくことを、個人や家庭の中で完結させるだけでは、うまくいかないのではないか。急激な変化を見据えた若い世代へのサポートが、必要とされていると痛感しました。

 また、「“働くお母さん“に対するさまざまな制度はこの10年で確かに充実し、仕事が続けやすくなったという側面がある一方で、アメリカでいうところの“マミートラック”のような現象が日本でも起きている」との指摘もありました。マミートラックというのは、出産した女性社員が、その企業の出世コースから外れて就くキャリアのことです。最終的には「極端に言えば、男性が仕事をしないようにしないと、女性はラクになれない」という意見も飛び出しました。
*詳しくは「ecomom」のページをご覧ください⇒ 「楽になるための家族観・働き方とは」

 永井先生、本当にありがとうございました。

<プロフィル>
ももせ いづみ
生活コラムニスト。デザイン事務所勤務ののち、メーカーでの文化事業の企画として10年の正社員生活を続け、その後フリーで独立。現在は生活コラムニストとして新聞・雑誌で活躍。暮らしに根ざしたコラム、家事改革への新発想は、男女問わず幅広い世代から支持を集めている。今年は、「女性をラクにする」ための「はた楽プロジェクト」活動を展開中。サイトはこちら⇒ http://www.izoomi-m.com/

「谷亮子氏はほかの候補に失礼」三原氏が批判

6月24日16時55分配信 産経新聞

 参院選で自民党比例代表から立候補した女優の三原じゅん子氏(45)は24日午後、東京・池袋のJR池袋駅前で第一声を上げた。2年前に子宮頸(けい)がんを患ったことに触れ、「女性の健康と命を守るために待っていられなかった。体験者の私にしかできないことをやり遂げたい」と訴えた。

 自民党の“看板”といえる三原氏は午前中、東京選挙区から出馬した別の2人の候補の応援演説を優先させた。ショッキングピンクのTシャツに白いパンツ姿で第一声に立った三原氏は、子宮頸がんの予防ワチン普及と自ら介護施設を運営する経験から介護ヘルパーの職場環境充実を掲げた上で「がん体験者と介護の現場の生の声を国政に届けさせていただきたい」と支援を呼び掛けた。

 聴衆からは「じゅん子頑張れー」との声援も飛び、駅前で有権者に握手を始めると、あっという間に携帯電話のカメラで撮影しようとする人たちに取り囲まれた。演説を聞いた埼玉県川越市の会社員女性(38)は「タレントというイメージを持っていたが、実際、話を聞くと感じが違う。私も子宮の病気を患ったので、女性として心強い」と期待を込めた。

 三原氏はあいさつの中でも「私は自民党から声を掛けられたわけではなく、『女優を辞め、すべてをかけ働かせていただきます』と自ら申し出た」と単なるタレント候補ではないと強調。次期五輪への出場を目指すと宣言した民主党比例代表候補の谷亮子氏(34)について記者から聞かれると、「死ぬ気でやっているほかの候補に失礼だ」と痛烈に批判。「私は残りの命をかけてやっている。既に芸能活動もやっていない」と語気を強めた。
Chris Daughtry
Home
I'm staring out into the night,
Trying to hide the pain.
I'm going to the place where love
And feeling good don't ever cost a thing.
And the pain you feel's a different kind of pain.

I'm going home,
Back to the place where I belong,
And where your love has always been enough for me.
I'm not running from.
No, I think you got me all wrong.
I don't regret this life I chose for me.
But these places and these faces are getting old
So I'm going home.
Well I'm going home.

The miles are getting longer, it seems,
The closer I get to you.
I've not always been the best man or friend for you.
But your love, remains true.
And I don't know why.
You always seem to give me another try.

So I'm going home,
Back to the place where I belong,
[Home lyrics on http://www.metrolyrics.com]

And where your love has always been enough for me.
I'm not running from.
No, I think you got me all wrong.
I don't regret this life I chose for me.
But these places and these faces are getting old.

Be careful what you wish for,
'Cause you just might get it all.
You just might get it all,
And then some you don't want.
Be careful what you wish for,
'Cause you just might get it all.
You just might get it all, yeah.

Oh, well I'm going home,
Back to the place where I belong,
And where your love has always been enough for me.
I'm not running from.
No, I think you got me all wrong.
I don't regret this life I chose for me.
But these places and these faces are getting old.
I said these places and these faces are getting old.
So I'm going home.
I'm going home.

God knows

テーマ:

God knows

乾いた心で駆け抜ける ごめんね何もできなくて
痛みを分かち合うことさえあなたは許してくれない

無垢に生きるため振り向かず
背中向けて去ってしまうんだ LonlyWay

私、ついていくよどんなつらい世界の闇の中でさえ
きっとあなたは輝いて越える未来の果て
弱さゆえに魂壊されぬように MyWay
重なるよ今、二人にGodBreath

貴方がいて、私がいて、他の人は消えてしまった
淡い夢の美しさを描きながら 傷跡なぞる

だから、わたし

ついていくよどんなつらい世界の闇の中でさえ
きっとあなたは輝いて越える未来の果て
弱さゆえに魂壊されぬように MyWay
重なるよ今 二人にGodBreath

『SBIオートサポート株式会社設立について』 2008年07月03日

当社は平成20年3月に株式会社ジェイ・エー・エー(以下「JAA」)と締結した基本合意書にもとづき、自動車関連金融サービスの提供を支援する合弁会社、「SBIオートサポート株式会社」(以下「SBIオートサポート」)を7月1日に設立しました(新会社「SBIオートサポート株式会社」の設立について )。当社はオークション会場運営会社大手であるJAA(会員企業数:14,000社以上)のノウハウを最大限活用する等、当合弁会社(出資比率:当社70%、JAA30%)を通じて自動車保険、オートローン、オートリース等の金融サービスを徹底的に強化したいと考えています。

当社は金融事業、とりわけネット銀行、ネット損保、ネット生保を支えていく一つの仕組みとして、これまでもそれら三大新事業と大きなシナジーが見込める様々な会社と資本関係を強化し、グループ中核事業の早期事業基盤確立に向け、着々と体制を整備してきました。

具体的にはSBIオートファイナンス株式会社(事業内容:自動車オークション会場会員向けの仕入れ資金の短期融資の保証及び決済事務代行、会員販売事業者数:345社、提携中古車オークション会場:35会場)に87.5%、オートックワン株式会社(旧オートバイテル・ジャパン株式会社。事業内容:インターネット自動車購入支援サービス、加盟自動車販売会社数:849社(2008年3月末現在)、新車見積仲介サービス利用者:212万人(2008年3月末現在))に53.4%、株式会社オートサーバー(事業内容:インターネットを利用した中古車オークション落札代行サービス、加盟企業社:3万2000社、年間落札台数:12万4000台(2007年度実績)、出品台数:全オークション市場の約77%をカバー)には当社運営ファンドを通じて50.57%、株式会社IKEオートビュース(事業内容:各種自動車の小売卸売り販売、車両残価保証業務)には当社運営ファンドを通じて35.58%、株式会社フィナンシャル・エージェンシー(事業内容:「ダイレクト・テレマーケティング」という独自の営業手法による顧客開拓に強みを持つコールセンターを運営)に19.9%、そして、株式会社アイリックコーポレーション(事業内容:来店型店舗「保険クリニック」を全国97店舗で運営(2008年6月末現在)、保険代理業を展開)に3.97%と、自動車業界の中でシナジー効果が見込めそうな様々な企業に投資をしてきました。

従って、例えば212万もの人がオートックワンで新車見積仲介サービスを利用しておりますが、このサービスにネット損保であるSBI損保の情報を配信していく等、今後は三大新事業とのシナジーを追及していくことで、私どもの金融事業に多様な収益源が備わってくると思います。

これまでの日本の歴史において、金融事業を発展させるために、異なる産業に対して次々と投資をしたり、提携関係を構築することは、戦略上あまりなかったと思います。しかし、私どもはそれをあえて行うことを一つの重要な戦略と位置づけております。成功するか否かは分かりませんが、20世紀の中核的な産業であり、そして未だもって日本でも一番大きな産業である自動車に関連する金融サービスを、幅広く展開していくという一つの試みであるということです。私どもはこの仕組みについて、非常に期待をしており、必ずや大いなる成果を導くものと考えています。