結婚詐欺容疑などで埼玉県警に逮捕された無職女(34)=東京都豊島区=の周囲で
6人の男性が不審死している事件で、女の食に対する異常な執着心がクローズアップされている。
料理サイトで食生活などをつづっていたブログは事件発覚前から話題沸騰。
赤飯へのこだわりや食欲が注目され、一部ネットユーザーからひそかに
「お赤はん」「小豆婆」などとからかわれていた。

 めでたい席や女性が初潮を迎えたときなどに食べる赤飯は、もち米に小豆やささげなどを混ぜて炊き上げる。
女の地元・北海道では特産の小豆を使うことが多いようだが、地域によってバラつきがある。
グルメを気取る女は、そうした赤飯へのこだわりを猛アピール。ネット上で“集中砲火”を浴びていた。

 巨大掲示板2ちゃんねるの批判系レシピ板の書き込みをきっかけに、
女について「あまりの人気ぶりに独立した」として専用スレッドが立ったのは6月の終わり。
タイトルは「【小豆にこの身】お赤はん【ささげます】」と完全に茶化すものだった。

 ブログの記述を転載した批判のまあねちっこいこと。
赤飯どうこうよりも、ひとり暮らしとは思えない女の食欲と、
その高飛車な物言いに対する不快感をただただ書き連ねている。

 たとえば「冷蔵庫にも冷凍庫もお赤飯だらけになってきたので、しばらくお赤飯作りは休み」の記述には、
「どんだけ赤飯好きなんだよ」とツッコミ。

 「1個200~300円もするケーキ屋さんの高級プリンよりも、グリコのプッチンプリンのほうが好き。
HAPPYプッチンプリン(通常の3.8倍400グラム)も一人で完食デキちゃうほど好き」との記述には、「さすが」とホメ殺し。

 さらに女は「お店で手羽先唐揚げをたらふく食べた後、お夜食にオウチで食べるためにテイクアウトもします」
「手羽先の骨を入れる壺がいっぱいになって、店員さんを呼んで、壺を交換してくださ~い!って
お願いするほどいっぱい食べます」などと告白、きっちり叩かれている。

 愛車ベンツE360のボディーカラーがワインレッドとも明かしていたため、
「小豆色ワラタ(笑った)。どんだけ赤飯の虜なんだか」と冷笑するユーザーもいた。

 これら書き込みは7月中旬まで続いたが、事件発覚前にもかかわらず、
「小豆の謎なところは叶姉妹ばりに金の出どころかも」などと鋭い指摘もあった。
同スレッドでは、女がネットオークションで「叶姉妹の切り抜き」「ブランド紙袋」などを落札していたことも
嘲笑ぎみに暴露している。

・結婚詐欺容疑で逮捕された「かなえキッチン」木嶋(木島)佳苗容疑者と思われる「2ちゃんねる」の記事(スレッド)。

結婚詐欺常習者、転じて、サスペンス・ドラマのような展開・・・。



人気料理サイト「クックパッド」内に「かなえキッチン」と称したブログを運営していた木嶋(木島)佳苗容疑者、34歳独身女性。

別名、練炭女・・・。


木嶋(木島)容疑者は、28歳の時に、インターネット・オークション詐欺で逮捕されています。

今回、さまざまな報道がなされている男性は、インターネットの結婚相手の紹介サイトで知り合った方が多かったようです。

ネットのブログもマメに毎日更新。

さらには「2ちゃんねる」にも自らスレッドを立てて投稿していたようです。

結婚詐欺容疑で今年2009年の9月に逮捕される9月9日を持って。

ブログへの記事投稿を終了。

逮捕される2週間の間に膨大な量の記事を削除したようです。

しかし、多少、ブログなどの記事の「キャッシュ」は残っていたようです。

「キャッシュ」もいずれは、ネット上から消滅します。

閲覧するなら、お早めに。

「2ちゃんねる」に残された木嶋(木島)容疑者が立ち上げたと思われるスレッド。

■水商売歴35年◇自称ピアノ講師34歳独身■



推定54歳(妄想では、34歳)
夫の消息は不明(妄想では、嫁入り準備中)
子は一男二女(妄想では、弟一人と妹が二人)
長女の子つまり孫は二名(妄想では、妹の子が二名)
北海道に80歳の母親が健在(妄想では、祖母80歳が健在)
父の消息も不明(妄想では、2005年に他界し墓所は西浅草の寺)

・・・自分の簡単なプロフィールみたいです・・・。

悪徳商法には要注意。
先祖から引き継いだ地所を、ビルごと騙し取られかるかも。
銀行員時代の貯金(老後の蓄え)の管理もしっかりしてね。
怖いのは、利用している食料品店や日帰り温泉施設等、
他人ブログで情報を入手し、自分の日記内では、
昔から利用していると臆面も無く書くこと。

つまり、「クックパッド」に投稿していた「かなえキッチン」の記事は、パクリだと言うことなんでしょうか?

部屋に大家(管理人)が入る時に備えて、
ヤマハ音楽教室のグッズを落札しているのは、ホントにごくろーさん。
あと、自宅を悪徳商法の会場にしているみたいだから、
客にも「自分はピアノ講師だ」って嘘ついているみたい。

ほとんど、自分のプライベートを語っているようです。

つまり、自分は、「悪徳商法」家だという自覚があったようですね。

これが複数の男性から総額9000万円巻き上げた結婚詐欺常習者で。

その後、数人の男性をあやめた女の書いた文章にしては、他愛も無ような・・・。

「かなえキッチン」(クックパッド:COOKPAD内)の木嶋(木島)佳苗容疑者。結婚詐欺の手口。ネットオークション詐欺。「2ちゃんねる」では小豆婆。

http://ee-news.seesaa.net/article/131684220.html

木嶋(木島)容疑者の結婚詐欺の手口は、インターネットの出会い系サイト(「Yahoo!パートナー」か?)など、複数の大手の結婚見合い系サイトを使用。
ハンドルネームは、自らのブログ名と同じ「かなえキッチン」のほか、複数を使い分けていた。

それらサイトを使い知り合った複数の男性に「専門学校生で学費が必要」などと持ちかけ親しくなる。
やがて、「あなたと結婚する」「卒業したら尽くします」などと、色じかけを交えて懇願。
また、高齢者には、「介護ヘルパー」と称して接近。
(> 数年前ホームヘルパーの3級を取得し、現在2級の研修を受けている最中です。08.11.2付けの本人ブログの記事より。)
「学生なんですけれど、お金が無い・・・。」
そうして、言葉巧みにカネをだまし取るという。
ネットのサイトを介さなければ、ムカシからある古典的とも云える結婚詐欺の手口・・・(*^-^*) 。

木嶋(木島)容疑者は、これらのサイトを通じて知り合った数十人の男性とメールで連絡を取り合い。
その後、数十人の男性と「交際」を始めていたことが、わかった。
やがて、学費名目などで金を要求後、自分名義の口座に金が払い込まれると、電話やメールで「もうあなたは嫌だ!!」(^^;)
などと突然別れを告げていたという・・・(゚▽゚*)


また、木嶋(木島)容疑者28歳の2003年3月にもインターネットオークション詐欺で逮捕されている。
これまた、オーソドックスな詐欺の手口。
偽名を使って大手ネットオークションの掲示板に「パソコンを売る」と掲載。
申し込み者はお金を振り込むが、後は、ナシのつぶて・・・ (・∀・)
その手口で、9人から、計120万円をだまし取った。(☆゚∇゚)☆ニャハハ
やがて、逮捕、起訴され、実刑2年6ヶ月、執行猶予5年の判決を受けている(TДT)。

そんなこんな、バブリーな生活を謳歌しながら木嶋(木島)容疑者は・・・。
不審死した複数の男性と二股、三股をかけながら接触を繰り返していた・・・。

男に、言葉巧みに近寄り、「お金」をたんまり騙し取り。
そうして、睡眠導入剤を手料理に混ぜて飲ませ。
眠りについた傍ら(かたわら)で、「練炭」を焚いて、逃んズラ・・・。
練炭による一酸化炭素中毒で自殺したように見せかけるワケです・・・。
日本人の自殺方法で、一般的な方法となった感のある「練炭を使った一酸化炭素中毒自殺」・・・。

木嶋(木島)容疑者は、被害者に、直接「手」を下しているワケでは無いので、「立件」が難しい殺人事件なのです。
情況証拠だけ、ですから・・・。

結婚詐欺」と言っても、大金を巻き上げた当の男性は、死んでいるわけですから・・・。
木嶋(木島)容疑者が「詐欺では無い!」と、主張。
つまり、これからの結婚生活のための「支援・贈与」なんだ、と主張する、と。(援助交際とか言うやつ)
相手が、この世に居ない以上、「詐欺罪」の立件すら難しい・・・。

贈与なら、贈与税がかかるわけですから、せいぜいその税金を支払っていない「脱税」程度の犯罪にしかならない・・・(^-^ )♪

まるで、サスペンス・ドラマのようです。ヽ(゚Д゚≡゚Д゚)/

木嶋(木島)容疑者は、報道などによると6人の男をあやめているらしい・・・。
戦後、女性が犯した殺人事件では・・・。

14人を殺害(13人殺人と1人傷害致死)した、1970年代前半に日本列島を震撼させた連合赤軍事件の主犯格である永田洋子死刑囚(1993年最高裁判所で死刑が確定したが、未執行)に次ぐ、人数の多さである。
そして、あの和歌山砒素入りカレー事件の林眞須美死刑囚(4人殺害・死刑確定)より、2人も多い・・・ ( ゚д゚):

永田死刑囚は、一人の犯行では無く連合赤軍という集団のリーダーであり、指示する立場であった。(リンチには加わっているが。)
林死刑囚の殺人動機は、「ムカついた」とか、「カッ!」となって殺った類。
一人、一人、男性から「お金」を巻き上げた後
挙句に、男性をあやめるための計画を立てて、そして着実に実行に移す・・・。
女性が単独で行った殺人では、日本の犯罪史上、もっとも多い数の「男」をあやめた・・・サスペンス・ドラマより恐ろしい。

結婚詐欺常習者、 (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ- お、恐ろしい・・・。

「2ちゃんねる」では、木嶋(木島)容疑者は「p_sakuraことクックパッドの小豆婆」(もしくは、「赤飯婆」、「桜」さん)と、言われている。(゚´Д`゚)
木嶋(木島)容疑者のブログでは、頻繁に「赤飯」作っている記事が掲載されるから・・・(^∇^)赤飯ダイスキ・・・
「p_sakura」とは、木島容疑者の「クックパッド」のIDです。
(正確には、「p_sakura_2000 」)。

木嶋(木島)容疑者は、ものスゴイ見栄っ張り。虚栄心の塊り。
「2ちゃんねる」でも、ケッコウな話題となっていたようです。
木嶋(木島)容疑者を「語る」単独の「スレ(スレッド=記事のテーマ)」も複数立っていました(探して見てください)。

木嶋(木島)容疑者は、「ヤフオク」で落札したブランド品を男性から貰ったと、自慢げに「クックパッド」内の自分のブログ「かなえキッチン」で、さらしまくっていたヽ(・ω・´) わぁい♪

「かなえキッチン」(クックパッド:COOKPAD内)木嶋(木島)佳苗のブログのキャッシュ。「リッツカールトン東京」で、「エルメス(HERMES)」3つももらって、気絶しそう(≧▽≦) 。

木嶋(木島)容疑者は、「ヤフオク」でも有名だったみたいです。
どう言うワケだか、木嶋(木島)容疑者は、「ヤフオク」も、「クックパッド」と同じIDを使っていたから・・・。

木嶋(木島)容疑者の言葉の言い回しが、「ナニナニ、無いの~?」。
近くに美味しいケーキ屋さんないの?・・・\(^o^)/
「ナニナニ、あるぅ~?」とは、聞かない。
「無い」と、落ち着かない、気が澄まないタイプ。

これは、買い物依存症などの人に良く見受けられる言い回し方です。
別名、欲望無限肥大症・・・。

木嶋(木島)容疑者の妹の一人はすでに結婚していて、木嶋(木島)容疑者は妹の子供、すなわち姪をとっても可愛がっていたが。
妹夫婦が近所に手作りクッキーを配るを眺めながら
妹の家庭は貧乏人だと、ブログにつづっている・・・。

だんだんと、嫉妬心と虚栄心が、肥大。
見栄っ張りの妄想壁は、膨らむばかりーーーーー(((( ;゚Д゚)))

尚、木嶋(木島)容疑者自身が(と、思われる)「2ちゃんねる」に立てたスレッドについては、以下。
結婚詐欺容疑で逮捕された「かなえキッチン」木嶋(木島)佳苗容疑者と思われる「2ちゃんねる」の記事(スレッド)。

ホテルののコーヒー&紅茶

2008年12月28日 (日)
写真
ホテルのお部屋から45階のロビーにおりるとエレベーターを出たところに写真のようなティーセットが置かれていました

のコーヒーと紅茶をどうぞ、と書かれてありました。

こういう小さな心遣いが嬉しいですね。


日本料理「ひのきざか」

2008年12月27日 (土)
写真
リッツカールトン東京45階、日本料理「ひのきざか」でディナー。

四季折々の素材の持ち味を大切にし、歴史と伝統に培われた日本料理の真髄を堪能できます。

45階からの素敵な景色とともに、会席料理のほか、お寿司、鉄板焼き、天麩羅などのカウンター席もあります。
200年前の茶室を移築した個室もあり、プライベートな会食にも利用できるそう。

リッツカールトンのレストランのドレスコードはどこも ...
続きを読む»

オレンジ色の贈り物

2008年12月27日 (土)
写真
リッツカールトン東京のお部屋で、綺麗な夜景を眺めながら、私の大好きなオレンジ色の箱を3個もプレゼントしてくださり、気絶しそうになりました。絶句です。

本当に大きな喜怒哀楽の感情って言葉がでないものですよねぇ。

幸せな年末、素敵な記念日になりました。

リッツカールトン東京のウェルカムケーキ

2008年12月27日 (土)
写真
今年食べた苺のショートケーキの中で一番美味しかったケーキです。

ハートのチョコレートには、金色でリッツカールトンのプリントがされていて素敵☆

高速無線LANでインターネット無料接続できるので、便利です。
写真は携帯で撮影。

ウェルカムシャンパン&ケーキ

2008年12月27日 (土)
写真
ついに来ました。リッツカールトン東京。

到着早々、ウェルカムシャンパンで乾杯です♪

ウェルカムティーやウェルカムフルーツはよくありますが、ウェルカムシャンパンにケーキとは、さすがリッツカールトン。素敵です☆

最高のロケーションと至高の眺望のもと、最上の贅沢と心温まるおもてなしでお迎えしていただけます。
噂通り、最高のホスピタリティ。

近年東京には質の高いホスピタリティのシテ ...
続きを読む»

極上煎茶

2008年12月27日 (土)
写真
年末年始は、普段飲んでいるお茶より少し上質な茶葉やコーヒー豆を選びます。

こちらは京都和東町・中井製茶場の極みの煎茶。

普段飲む緑茶は、100グラム1500~2千円くらい。
年末に飲むお茶は3~4千円くらい。お正月に飲むお茶は5千円くらいを目安としています。

このお茶は年末用です。

日当たりがよく風の通りも良く霧が立ち込める山間の茶園、中井製茶場の中でも特に良質のお茶がとれ ...
続きを読む»

長岡京小倉山荘の「をぐら山春秋」

2008年12月27日 (土)
写真
あられの詰め合わせで一番好きな物がこちらの「をぐら山春秋」。

四季があるからこそ、美しい日本の風景。
ひと袋に8つの小さなあられをあしらった「をぐら山春秋」は、日本の四季をあられで表現したひと品です。

あられ一枚でも、こだわってゆくといろいろな味わいや歯ごたえの変化があるもの。
甘さ、辛さ、やわらかさ、堅さ。
8粒それぞれがメリハリのある味になるよう、生地はうるち米ともち ...
続きを読む»

グラン フェルマージュの絶品バター2種

2008年12月27日 (土)
写真
以前紹介したグラン フェルマージュのA.O.C.セル・ドゥ・メール(右側青いパッケージ)。
粗塩入り。

「あのバター美味しかったけど、塩のジャリジャリが余計だなと思ってたらクリーミーバージョンもあったから買ってみたよ」と
A.O.C.ドゥミ・セルを頂きました。しかも、セル・ドゥ・メールとセットで。

いやぁ~、エシレを頂いたばかりで、グランフェルマージュまで頂いちゃって、年末は ...
続きを読む»

巣蜜

2008年12月27日 (土)
写真
生ローヤルゼリーとプリポリスと一緒に頂いた、私の大好物「巣蜜・コムハニー」。

こんな三点セットを贈ってくださるなんてシャレてます。介護ボランティアをしている80歳になるおじいさまからのプレゼント。

欧米では古くから、巣のままのはちみつが好まれてきました。

蜂の巣は、はちみつと花粉だけが原料となって対内でつくりだされたものなので、蜂蜜同様多くの貴重な栄養分を含んでいます。

...
続きを読む»

水谷養蜂園の生ローヤルゼリーとプロポリス

2008年12月26日 (金)
写真
左は、ブラジル原材料100%のプロポリスエキス35ml。

右は生ローヤルゼリ100g。

ノドが弱い私へと、プレゼントしてくださいました。

ローヤルゼリーは、女王蜂が一生食べ続ける特別食です。若い働き蜂が女王蜂のために、唯一の栄養源として咽頭腺から分泌する乳白色したゼリー状の物質です。

ローヤルゼリーだけを食べる女王蜂は、働き蜂の2倍以上の体長と40倍以上の寿命を持ち、 ...
続きを読む»

ホテルののコーヒー&紅茶

2008年12月28日 (日)
写真
ホテルのお部屋から45階のロビーにおりるとエレベーターを出たところに写真のようなティーセットが置かれていました

のコーヒーと紅茶をどうぞ、と書かれてありました。

こういう小さな心遣いが嬉しいですね。


日本料理「ひのきざか」

2008年12月27日 (土)
写真
リッツカールトン東京45階、日本料理「ひのきざか」でディナー。

四季折々の素材の持ち味を大切にし、歴史と伝統に培われた日本料理の真髄を堪能できます。

45階からの素敵な景色とともに、会席料理のほか、お寿司、鉄板焼き、天麩羅などのカウンター席もあります。
200年前の茶室を移築した個室もあり、プライベートな会食にも利用できるそう。

リッツカールトンのレストランのドレスコードはどこも ...
続きを読む»

オレンジ色の贈り物

2008年12月27日 (土)
写真
リッツカールトン東京のお部屋で、綺麗な夜景を眺めながら、私の大好きなオレンジ色の箱を3個もプレゼントしてくださり、気絶しそうになりました。絶句です。

本当に大きな喜怒哀楽の感情って言葉がでないものですよねぇ。

幸せな年末、素敵な記念日になりました。

リッツカールトン東京のウェルカムケーキ

2008年12月27日 (土)
写真
今年食べた苺のショートケーキの中で一番美味しかったケーキです。

ハートのチョコレートには、金色でリッツカールトンのプリントがされていて素敵☆

高速無線LANでインターネット無料接続できるので、便利です。
写真は携帯で撮影。

ウェルカムシャンパン&ケーキ

2008年12月27日 (土)
写真
ついに来ました。リッツカールトン東京。

到着早々、ウェルカムシャンパンで乾杯です♪

ウェルカムティーやウェルカムフルーツはよくありますが、ウェルカムシャンパンにケーキとは、さすがリッツカールトン。素敵です☆

最高のロケーションと至高の眺望のもと、最上の贅沢と心温まるおもてなしでお迎えしていただけます。
噂通り、最高のホスピタリティ。

近年東京には質の高いホスピタリティのシテ ...
続きを読む»

極上煎茶

2008年12月27日 (土)
写真
年末年始は、普段飲んでいるお茶より少し上質な茶葉やコーヒー豆を選びます。

こちらは京都和東町・中井製茶場の極みの煎茶。

普段飲む緑茶は、100グラム1500~2千円くらい。
年末に飲むお茶は3~4千円くらい。お正月に飲むお茶は5千円くらいを目安としています。

このお茶は年末用です。

日当たりがよく風の通りも良く霧が立ち込める山間の茶園、中井製茶場の中でも特に良質のお茶がとれ ...
続きを読む»

長岡京小倉山荘の「をぐら山春秋」

2008年12月27日 (土)
写真
あられの詰め合わせで一番好きな物がこちらの「をぐら山春秋」。

四季があるからこそ、美しい日本の風景。
ひと袋に8つの小さなあられをあしらった「をぐら山春秋」は、日本の四季をあられで表現したひと品です。

あられ一枚でも、こだわってゆくといろいろな味わいや歯ごたえの変化があるもの。
甘さ、辛さ、やわらかさ、堅さ。
8粒それぞれがメリハリのある味になるよう、生地はうるち米ともち ...
続きを読む»

グラン フェルマージュの絶品バター2種

2008年12月27日 (土)
写真
以前紹介したグラン フェルマージュのA.O.C.セル・ドゥ・メール(右側青いパッケージ)。
粗塩入り。

「あのバター美味しかったけど、塩のジャリジャリが余計だなと思ってたらクリーミーバージョンもあったから買ってみたよ」と
A.O.C.ドゥミ・セルを頂きました。しかも、セル・ドゥ・メールとセットで。

いやぁ~、エシレを頂いたばかりで、グランフェルマージュまで頂いちゃって、年末は ...
続きを読む»

巣蜜

2008年12月27日 (土)
写真
生ローヤルゼリーとプリポリスと一緒に頂いた、私の大好物「巣蜜・コムハニー」。

こんな三点セットを贈ってくださるなんてシャレてます。介護ボランティアをしている80歳になるおじいさまからのプレゼント。

欧米では古くから、巣のままのはちみつが好まれてきました。

蜂の巣は、はちみつと花粉だけが原料となって対内でつくりだされたものなので、蜂蜜同様多くの貴重な栄養分を含んでいます。

...
続きを読む»

水谷養蜂園の生ローヤルゼリーとプロポリス

2008年12月26日 (金)
写真
左は、ブラジル原材料100%のプロポリスエキス35ml。

右は生ローヤルゼリ100g。

ノドが弱い私へと、プレゼントしてくださいました。

ローヤルゼリーは、女王蜂が一生食べ続ける特別食です。若い働き蜂が女王蜂のために、唯一の栄養源として咽頭腺から分泌する乳白色したゼリー状の物質です。

ローヤルゼリーだけを食べる女王蜂は、働き蜂の2倍以上の体長と40倍以上の寿命を持ち、 ...
続きを読む»

日本料理「ひのきざか」

2008年12月27日 (土)
写真
リッツカールトン東京45階、日本料理「ひのきざか」でディナー。

四季折々の素材の持ち味を大切にし、歴史と伝統に培われた日本料理の真髄を堪能できます。

45階からの素敵な景色とともに、会席料理のほか、お寿司、鉄板焼き、天麩羅などのカウンター席もあります。
200年前の茶室を移築した個室もあり、プライベートな会食にも利用できるそう。

名古屋産業大・一丸、燕・由規の活躍が刺激


“由規の女房”も飛躍するぞ! 仙台育英(宮城)出身の名古屋産業大・一丸翔巨捕手(19)=2年=が、愛知大学野球リーグで奮闘中だ。

 高校時代にヤクルト・由規投手(19)とバッテリーを組んで夏の甲子園に出場し、現在は名古屋産業大の正捕手。杜の都・仙台から愛知県瀬戸市に移り住み、プロの世界で活躍している同級生に負けじと、リーグ3部の名古屋産業大の1部昇格を目指している。
ヤクルトで150キロ超の快速球を投げ続ける同級生に、強い刺激を受けた。“由規の女房”一丸も上昇気流に乗ろうと躍起だ。

 「今まで一緒にやってきた仲間として、すごいなぁと。自分もやらなきゃいけませんね」

 仙台育英で由規とバッテリーを組んだ元甲子園球児は、名古屋産業大に進学して硬式野球を続けている。昨年4月の入学と同時に正捕手となり、愛知大学野球春季3部リーグ戦に出場した。

 1年春は6試合出場で28打数8安打6打点、打率・285。昨年6月に行われた日本福祉大との入れ替え戦で左越え本塁打を放つなど、2部昇格に大きく貢献した。

 だが、8月のオープン戦で右肩を痛め、秋季2部リーグ戦は指名打者で臨んだ。9試合出場で28打数5安打0打点、打率・178。入れ替え戦で日本福祉大に敗れ、再び3部に降格した。打順は高校時代と同じく、主に8番を打っている。

 杜の都を離れて1年。平日は名古屋市と隣接する尾張旭市内のキャンパスで講義を受け、午後に練習を行う。住まいは尾張旭市の隣にある瀬戸市内のアパートだ。

 由規とは「よく電話します。“何してんの”と聞いたら“ラーメン食ってた”とか」(一丸)。昨年9月下旬には、中日戦で名古屋入りした由規と再会し、仙台育英から一緒に進学した鹿間哲平マネジャー(19)=2年=と3人で、焼き肉を食べて旧交を温めた。

 双子の兄・昴司(19)は茨城県水戸市内の常磐大でプレー。2年生になった今春からエースとなり、「145キロ(の直球)を投げたと(昴司から)自慢されました」と由規とともに兄の活躍も発奮材料になっている。

 目標は1部昇格。右肩はほぼ完治した。4月11日開幕の春季3部リーグ戦では、第1節の名古屋工大2連戦で計8打数3安打(4の2、4の1)と2試合連続安打。一丸は東北球界で培った“みちのく魂”を胸に秘め、愛知大学リーグで野球に取り組んでいる。

一丸 翔巨(いちまる・しょうご)
1989(平成元)年5月1日、横浜市生まれの19歳。捕手。幼少時に仙台へ移り、仙台市東四郎丸小1年の時、仙台南クラブで野球を始める。袋原中を経て仙台育英に進学。3年春に控え選手、3年夏にレギュラーで甲子園出場。名古屋産業大では1年春からレギュラー。双子の兄・昴司は常盤大の投手。右投げ右打ち。1メートル80、76キロ。家族は両親と兄。
★まじめな性格…主将候補

 名古屋産業大の浅井敬由監督は一丸について「まじめな性格で、野球に対して真剣に取り組んでいます」と4年時の主将候補に挙げている。同監督は東邦(愛知)出身で、仙台育英の佐々木順一朗監督と早大野球部で同期。2000(平成12)年から3年間、仙台育英野球部のコーチを務めた。名古屋産業大にはマネジャーを含め、東北地方の高校出身者が6人在籍している。

★甲子園に春夏出場

 一丸翔巨は、控え捕手で3年春の甲子園にベンチ入り。6月に正捕手が負傷したため、背番号19で3年夏の宮城大会全6試合にスタメン出場。6試合すべてに完投した由規とバッテリーを組んだ。8番打者としては23打数9安打3打点、打率・391。夏の甲子園では背番号2をつけ、2試合とも3打数1安打だった。

 ヤクルトで150キロ超の快速球を投げ続ける同級生に、強い刺激を受けた。“由規の女房”一丸も上昇気流に乗ろうと躍起だ。

冷静なリード17K導く 一丸翔巨捕手 2007年08月10日  エース佐藤由規君(3年)の球を受けた捕手の一丸翔巨君(同)は序盤、「相手打線は由規の球に押されている」と感じていた。相手を威圧する150キロ超の速球を見せ球に、カーブ、スライダー、フォークを織り交ぜて要求し、5回までに9奪三振。 3回表智弁和歌山1死一、二塁、ピンチを迎え、マウンドの佐藤由に声をかける捕手一丸翔=阪神甲子園球場で  だが、「相手が変化球を狙っていたようなので、直球を増やした」という6回、カウントを取ろうと、真ん中に入ったカーブをレフトスタンドへ運ばれた。  しかし、一丸君はここで「由規に気合が入った」とみた。「ピンチの時には、自信のある球を投げさせる」と冷静にリードを続けた。8回には二死満塁の危機を迎えたが、変化球で三塁ゴロに打ちとった。9回は直球で押しまくり、三者三振で締めた。  正捕手の故障で出番が回ってきた宮城大会では背番号「19」。「投げたい球を気持ちよく投げさせたいと決めていた」。元控え捕手の好リードが宮城大会でもなかった17奪三振を導いた。
名古屋産業大の浅井敬由監督は一丸について「まじめな性格で、野球に対して真剣に取り組んでいます」と4年時の主将候補に挙げている。同監督は東邦(愛知)出身で、仙台育英の佐々木順一朗監督と早大野球部で同期。2000(平成12)年から3年間、仙台育英野球部のコーチを務めた。名古屋産業大にはマネジャーを含め、東北地方の高校出身者が6人在籍している。 ★甲子園に春夏出場  名古屋産業大の浅井敬由監督は一丸について「まじめな性格で、野球に対して真剣に取り組んでいます」と4年時の主将候補に挙げている。同監督は東邦(愛知)出身で、仙台育英の佐々木順一朗監督と早大野球部で同期。2000(平成12)年から3年間、仙台育英野球部のコーチを務めた。名古屋産業大にはマネジャーを含め、東北地方の高校出身者が6人在籍している。 ★甲子園に春夏出場  一丸翔巨は、控え捕手で3年春の甲子園にベンチ入り。6月に正捕手が負傷したため、背番号19で3年夏の宮城大会全6試合にスタメン出場。6試合すべてに完投した由規とバッテリーを組んだ。8番打者としては23打数9安打3打点、打率・391。夏の甲子園では背番号2をつけ、2試合とも3打数1安打だった。  ヤクルトで150キロ超の快速球を投げ続ける同級生に、強い刺激を受けた。“由規の女房”一丸も上昇気流に乗ろうと躍起だ。 は、控え捕手で3年春の甲子園にベンチ入り。6月に正捕手が負傷したため、背番号19で3年夏の宮城大会全6試合にスタメン出場。6試合すべてに完投した由規とバッテリーを組んだ。8番打者としては23打数9安打3打点、打率・391。夏の甲子園では背番号2をつけ、2試合とも3打数1安打だった。  ヤクルトで150キロ超の快速球を投げ続ける同級生に、強い刺激を受けた。“由規の女房”一丸も上昇気流に乗ろうと躍起だ。