<魔法のシューズ>マラソン野口、イチロー 特注シューズ制作の職人がアシックス退職

3月31日17時29分配信 毎日新聞


<魔法のシューズ>マラソン野口、イチロー 特注シューズ制作の職人がアシックス退職

三村仁司さん=2008年12月22日、成島頼一撮影

 女子マラソンの野口みずき選手ら世界のトップアスリートのシューズ作りを手掛けてきた「アシックス」(神戸市中央区)のグランドマイスター、三村仁司さん(60)が31日、同社を定年退職する。正確な技術で、選手一人一人の足の形に合うように作られたシューズは「魔法のシューズ」と呼ばれた。今後は地元の兵庫県加古川市でシューズ工房を開き、靴作りを続けるという。

 同社によると、三村さんは67年に同社前身のオニツカ入社。高校時代に陸上長距離選手だった経験を生かし74年から特注シューズ製作を担当。マラソンの高橋尚子選手や米大リーグのイチロー選手らアスリートの特注シューズを製作した。04年には厚生労働省の「現代の名工」に選ばれ、06年には黄綬褒章を受章。三村さんは同社を通じて「今後は夢であるオリジナルの工房を開き、その人に合ったシューズを作っていきたい」とのコメントを発表した。【藤原崇志】
AD
叶恭子に、杉本彩など芸能人プロデュースのコスメ&
ビューティ業界のプチなニュースを7本お届け!(1)

 
今月の「ビューティ業界のプチなニュース」は、杉本彩や叶恭子などの芸能人がプロデュースしたコスメや、現役占い師プロデュースの恋愛運アップ香水など、ビューティにまつわる“旬なネタ”や“くすりと笑える情報”を集めて、7本お届けします!
 

PRPDUCED BY

芸能人プロデュースコスメ大集合!
お姉サマが作りました「アナタも使いなさいよ♪」

お気に入りの芸能人に関連する製品は、ついつい買いたくなる。弊紙記者も昔、俳優の柴田恭兵が着ていたジャケットがどうしても欲しくなり、DC ブランドショップを探して回った記憶がある。また、タレントの松本伊代が書いた(とされる)エッセイを買ったものの、TV 番組で彼女が著書の内容について聞かれても、全く答えられなかったのを見て、大人はウソつきだと知った記憶もある。そんなことはさて置き、ここでは芸能人がプロデュースしたコスメを紹介する。特に意図したわけではないのだが、製品を集めてみると、プロデューサーの多くがいわゆる“お姉サマ”。水ものの製品には思わず“エキス” という言葉を使いたくなる。お姉サマの美を凝縮させたアイテムを、とくとご覧あれ♪
 

杉本彩

女優の杉本彩が、自らの経験をもとに企画開発したアイテム。映画「花と蛇」で披露した見事な肉体の秘訣は、ここにあったとも言える。ちなみに弊紙記者は、

民主抵抗なら解散も=補正提出表明、成立に全力-11年度健全化は困難・麻生首相

3月31日18時3分配信 時事通信


 麻生太郎首相は31日午後、2009年度予算成立を受け首相官邸で記者会見した。首相は経済再生に向け、09年度補正予算案と関連法案を今国会に提出し成立を図る方針を正式に表明。その上で、衆院解散の時期に関し「補正予算(と関連法案)に反対というなら60日間を要してでもやるのか、打ち切ってこれがわれわれの案として選挙をするべきか、そのときの状況で判断する」と述べ、民主党など野党が参院で審議を引き延ばした場合には解散で対抗することもあり得るとの考えを明らかにした。
 政府・与党は補正予算と関連法案を5月の連休前後に提出する方針。関連法案の成立を確実にするには、憲法の「60日ルール」規定を適用した衆院での再可決を想定する必要があるが、6月3日までの会期の大幅延長を迫られる。首相が補正成立前の解散の可能性に言及したのは、小沢一郎代表の公設秘書の違法献金事件で動揺が続く民主党を揺さぶる狙いもあるとみられる。
 会見で首相は、政府・与党に指示した追加経済対策の裏付けとなる補正予算案について「出す以上は速やかに成立するように最大限努力したい」と強調。追加対策の一環として、内需拡大のため贈与税の減免を積極的に検討する姿勢を重ねて示した。
 また、補正の財源として赤字国債の追加発行を検討することを踏まえ、11年度にプライマリーバランス(基礎的財政収支)を黒字化する財政健全化目標について「極めて厳しい状況になっているのは否めない事実だ」と指摘した。このほか、海賊対処法案や消費者庁設置法案などの重要法案の成立にも強い意欲を示した。 

新年度相場の見方:不景気の株高演出の可能性=フォルティスAM・山本社長

2009年 3月31日(火) 16時50分

 フォルティス・アセットマネジメント 山本平社長――クレジットクランチはかなり収まっており、グローバル金融市場にお金が戻ってきた。いまは株式市場ではなく商品市場などにお金が流れているが、いずれはポートフォリオ上、株式にも資金が流れる。低金利で金余りの状況でもあり、09年度は意外に不景気の株高を演出する可能性もありそうだ。

 ただ、生損保などは日経平均株価で8000円を維持しなければ損失が出てしまうこともあり、3月の上昇は相当PKO(株価維持政策)的な資金が入ったとみる。無理やり株価を押し上げた面があり、反動から新年度入り早々、大きく下げることもあるので注意したい。米自動車大手の動向が不透明なことも拍車をかけそう。売りが一巡し自動車問題がひとまず片付けば、金余りの状況も手伝い、6月から7月に1万円を試すことはあり得る。年度後半は米国の景気次第。底打ちを確認できれば、輸出中心の日本株は機関投資家の選好対象になる。

 それと今後数年、機関投資家の指向は成長株ではなく、割安感のある大型株になるのではないか。ヘッジファンドなどは従来、短期的な業績に走りがちだった。結果として大きな損失を出したため、その反省から中長期的な視点に移りつつある。しばらくは企業業績の安定した割安株、かつ流動性のある大型銘柄が中心となるだろう。

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社

早帰りしてパチンコ、京都市職員を懲戒免…同僚も停職処分

3月31日18時16分配信 読売新聞


 京都市は30日、無断欠勤や終業時間前の帰宅を繰り返していたとして、桂川緑地久我橋東詰公園(南区)所属の北川満係員(54)を懲戒免職とした。

 同じ職場の係長と係員計4人も中抜けしたり、終業より30分~5分早い退庁を繰り返していたりしたとして停職1か月の処分とした。3年前の不祥事続発以降、市は「不祥事根絶」をスローガンに取り組みを進めてきたが、依然、職務怠慢の土壌があり、組織としてのチェック機能も十分果たされていなかったことが浮き彫りになった。

 市によると、昨年の定期調査で同公園(所属5人)でグラウンド整備を担当する職員が早帰りしている疑いが浮上したため、1月に集中調査を実施。その結果、北川係員は1か月間に4日間は無断欠勤し、それ以外にも3日間は午後から勝手に帰宅、2日間は午後になってから出勤していたことが確認できたという。

 北川係員は無断欠勤は否定しているものの、早帰りについては「パチンコに行くなどした。認識が甘かった」と謝罪しているという。北川係員以外の4人は同月、係長が昼食のため30分間、中抜けした日があり、他の3人は午後から半日休を取った際に繰り返し勝手に昼休みを30分~5分程度前倒しするなどしていたという。市の説明では、公園外の職場から北川係員らを監督する立場にあったスポーツ企画課の担当課長は、出勤確認について公園に電話を入れる程度で、所在の把握が不十分だったという。

 明石隆夫服務監は「このような職員がいまだにいたことは大変申し訳ない」とコメントを出し、松本和加子監察課長は「組織として出勤・欠勤を確認する方法に甘さがあった。担当課長のチェックも不足していた」としている。

四国電力、来年2月プルサーマル開始

2009年 3月31日(火) 19時15分

*四国電力<9507 >は31日の記者会見で、伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)で予定しているプルサーマル発電の開始時期が、来年2月になると発表した。今年10月下旬に開始するとしている九州電力<9508 >に続き国内2例目となる見通し。 

年度末株価、6年ぶり安値=前年比35%下落の8109円

2009年 3月31日(火) 18時28分

 多くの企業の決算期末となる2008年度末31日の日経平均株価の終値は、景気の先行きが依然不透明なことから、前日比126円55銭安の8109円53銭と3日続落し、02年度末以来6年ぶりの安値となった。07年度末からの下落率は35.3%と、8年ぶりの大きさ。米国発の金融危機が世界を覆い、東京株式市場でも銀行株を中心に幅広い銘柄が値下がりした。保有株の評価損で09年3月期の業績が圧迫される企業が相次ぐ可能性がある。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は07年度末比36.2%安い773.66。時価総額は251兆6730億円と、1年間で137兆円強が吹き飛んだ。 

ダイハツ 本社工場と京都工場で4月も3日間稼動休止

3月31日20時10分配信 毎日新聞


ダイハツ 本社工場と京都工場で4月も3日間稼動休止

ダイハツの本社工場=大阪府池田市で2009年1月30日、大西岳彦撮影

 ダイハツ工業は31日、トヨタ自動車から受託生産する本社工場(大阪府池田市)と京都工場(京都府大山崎町)で、4月の稼働を3日間休止すると発表した。うち2日は生産ラインのメンテナンスに充てるが、従業員に有給休暇の取得を促す。1日は休業日とし賃金を削減する。トヨタと連動した措置で、両工場は2月に5日間、3月に4日間操業を止めていた。ダイハツは「今のところ、従業員削減の追加や減産の拡大は予定していない」としている。【新宮達】

「神戸ビーフ」は2割だけ=有名焼き肉店の運営会社-公取委が排除命令

3月31日17時53分配信 時事通信


 東京都内で有名焼き肉店を運営するフーディーズ(東京)が神戸ビーフと但馬牛だけを提供しているかのようにうたいながら、実際には大半が別の産地の牛肉だったのは、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、公正取引委員会は31日、再発防止を求める排除命令を出した。
 公取委によると、同社は2007年6月から昨年9月にかけ、ホームページ上で「ワイの店でお出ししているのは但馬牛1本」「『格付等級A5』以上の神戸ビーフを使こてる」などと表示。正肉はすべて但馬牛の一種である神戸ビーフで、内臓は但馬牛であるかのようにうたった。
 しかし実際には、正肉のうち神戸牛は2割のみで、8割はほかの産地の国産牛。内臓のほとんどは但馬牛ではなく、豪州産などだったという。
 同社は都内で「焼肉酒家傳々」など3店を経営。全農兵庫県本部が事務局を務める「神戸肉流通推進協議会」から、神戸ビーフを出す店として認定されていた。
 フーディーズの話 命令を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努める。 

R25世代と桜ウォッチャーの意見から探る一風変わったお花見の楽しみ方とは?

R25 3月30日(月) 12時 0分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合
今年もやってきましたお花見の季節。今年の開花は平年よりもかなり早く、今週から来週にかけて西日本、東日本の多くの地域でお花見を楽しめそう。桜の下でシートを広げ、お酒片手に春の訪れを満喫…なんてこの時期ならではの贅沢なひとときですよね。

そんなお花見の起源は平安時代以前にもさかのぼり、当時は貴族たちが野生の山桜を鑑賞していたのだとか。その後、平安時代に入り嵯峨天皇が催したことによってお花見の宴というのが始まったとのこと。

いやはや、そんなに古くからお花見が行われていたとは…。日本人と桜の深いかかわり合いを改めて感じさせられますね。

とはいえ、毎年繰り広げられるお花見の宴に、飽きてきちゃってる人も多いのでは?  マンネリ化しつつあるいつものお花見にちょっとしたスパイスを加える手はないのかと、周囲のR25世代に一風変わったお花見経験のアンケートを実施!

「立ち飲み。場所取りに失敗したのが理由だけど、酔い過ぎないし、地べたに座るより寒くない。むしろ、場所取りしなくて花見が楽しめるから意外とオススメ」(28歳)

「もらい酒。特に夕方など、人が引き上げるときにはお裾分けの嵐」(25歳)

「公園内にピザのデリバリーを届けてもらったことがある」(25歳)

「隣のグループと物々交換」(34歳)

「花見ならず人見。花見の人間模様が、花よりもおもしろい」(28歳)

「通勤中に電車で花見。酒は飲まないけど春を感じられる」(26歳)

などといった意見が。お花見というと、場所取りやら買い出しやら、事前の準備に気を取られてしまうことが多いけど、“立ち飲み”や“もらい酒”、“デリバリー”、“通勤電車”など、意外と身軽に楽しむこともできる様子。

と、みなさんのお花見事情を教えていただいたところで、ここはひとつ、プロからもアドバイスをいただきたい! そこで、10年以上も桜を見続けているという桜ウォッチャーの中西一登さんに、より一層お花見を楽しむためのひと工夫を伺ってみた。

「お花見というと、大半の人が開花予報にあわせて出かけますよね。でも、この開花予報というのはソメイヨシノにあわせたもので(沖縄と北海道の一部を除く)、実はその直前・直後にもお花見は楽しめるんです。ソメイヨシノが咲く前には寒緋桜(カンヒザクラ)やしだれ桜などの早咲きの桜が、ソメイヨシノが散った後には八重桜が見ごろを迎えます。なので、時期をずらしてお花見に出かければ、ひどい混雑にも遭わずゆっくりと楽しめるはずですよ」

なるほど。あえて時期をずらす、という策もあるわけですね。ちなみに、桜の鑑賞を楽しむにはどんなスポットがおすすめなのでしょうか?

「花付きがよく、枝を思い切り広げた“元気な桜”が咲いているところを探してください。元気に堂々と咲く桜の方が見応えがありますし、見ているこっちも桜から元気をもらえます。比較的に、国や市が管理している公園は、手入れが行き届いているところが多いのでおすすめですよ。年度の始まりと見ごろの時期が重なる桜は、本年度のスタートを盛大にお祝いしてくれるものでもあります。なので今年は、桜の美しさをゆっくりと鑑賞しつつ、桜から元気をもらってみてはいかがですか」

会社のお花見なんかでは、桜の美しさに浸るのは難しいかもしれないけど、プライベートで出かける際には、“桜を鑑賞する”ということにフォーカスを絞り、桜から元気をもらうってのもいいかも。しかも、R25世代から寄せられた、身軽なお花見というスタイルを実行すれば、準備や場所取り、後片付けなどがなく、より桜に意識を向けられそう。今年のお花見は、身ひとつで出かけてみるのもアリ!?

(R25編集部)