「平成の水原勇気」が誕生する。来年4月に発足する関西独立リーグの合同トライアウト最終日が4日、神戸サブ球場で行われ、2次審査を通過の81人が参加。女子高生プロ野球選手を目指す吉田えりさん(16)=川崎北高=が、シート打撃に登板し、1回を無安打無失点の快投を披露。神戸、大阪の両球団が16日のドラフトでの指名方針を固めた。

 アンダースローから投じた球は、ホップして揺れながら落ちた。先頭打者を得意のナックルで空振り三振に仕留めると、スタンドから拍手が起きた。「プロ野球選手になるのが夢。あこがれの舞台に近づけると、自分の力を信じて投げました」2人目は四球を許したが、3人目は首を振って裏をかく100キロ台のストレートで二ゴロ。4人目の打者もストレートで詰まらせ、遊飛に打ち取った。

 神戸9クルーズ・中田良弘監督(49)=元阪神=は「男でもあれだけ揺れる球は投げられない」とほれ込むと、大阪ゴールドビリケーンズ・石毛博史投手コーチ(38)=元巨人=も「ナックルとストレートが同じフォームなのがいい」と高い評価。特に神戸が獲得に本腰で、女性の球団トップ、広田和代代表取締役が、ドラフト指名にGOサインを出した。

 現在、横浜市内に住む現役女子高生だが、観戦した父・勇さん(45)=自営業=も「本人がやりたければ、やらせてあげたい」と関西でのプロ入りを後押し。「漫画で読んだ水原勇気みたいになりたい」と、目を輝かせた少女の夢は現実になりつつある。

 ◆吉田 えり(よしだ・えり)1992年1月17日、川崎市生まれ。16歳。小学2年から野球を始め、中川西中では野球部で正一塁手。川崎北高に進学後は、硬式野球のクラブチーム、千葉熱血MAKING、西多摩倶楽部と渡り歩き、今年9月から女性クラブチームの朝日トラストに所属。155センチ、50キロ。右投右打。家族は兄と両親。

 ◆水原 勇気 水島新司作の野球漫画「野球狂の詩」に登場するヒロイン。女子高の野球部に所属する左のアンダースロー投手が、東京メッツのドラフト1位で入団。「揺れながら落ちる」魔球のドリームボールを駆使して活躍するストーリー。1972年から76年まで週刊少年マガジンで掲載された。77年には映画化、85年にはテレビドラマ化された。
AD

タイ・空港占拠から1週間、収拾のめど立たず…観光に打撃

11月30日22時30分配信 読売新聞


 【バンコク=田原徳容】タイの空の玄関スワンナプーム国際空港占拠事件は1日で1週間を迎えるが、収拾のめどは立たず、ソムチャイ政権の機能不全を世界に露呈した。

 膠着(こうちゃく)状態が続く中、11月29~30日にかけ、首相府と首都郊外のドンムアン旧国際空港で爆弾が爆発し、50人が負傷。政情混乱は基幹産業の観光に加え、経済全体に打撃を与え始めた。

 ソムチャイ首相は11月27日、「市民民主化同盟(PAD)」が占拠するスワンナプーム、ドンムアンの2空港を対象に非常事態宣言を発令した。だが、治安維持の要である軍が「中立」を理由に非協力を表明、排除の任を命じられた警察は及び腰だ。

 軍はソムチャイ政権の後ろ盾のタクシン元首相を2006年のクーデターで放逐し、以後もタクシン派と対立関係にある。PADは元首相の復権阻止を掲げ、タクシン派政権の倒壊を目指す。軍はPADの8月下旬の首相府占拠に始まる数々の違法行為を「容認」。空港占拠に至った。

阪神方針転換…新ターゲット「憲伸」

2008年11月30日(日) 9時41分 デイリースポーツ

 阪神がFAで獲得を目指していた三浦大輔投手(34)から29日、入団を断る電話が入り、三浦の横浜残留が決まった。今オフ補強の目玉として獲得に全力を挙げてきたが、今後は同じくFA宣言をしている川上憲伸投手(33)や新たな外国人投手の獲得など、先発投手補強策を再検討することになる。
  ◇  ◇
 衝撃の一報はOB総会へと向かうタクシーの車内に飛び込んできた。黒田編成部長の携帯が鳴った。三浦からだ。
 三浦「明日会ってお話がしたいのですが」
 黒田部長「いい話か?」
 三浦「いい話では…」
 電話を代わった沼沢球団本部長は「せっかくいい話をいただきながらすみません」と断りの旨を伝えられた。30日に出向いてくる意向も伝えられたが、阪神側は「気持ちは十分、伝わった」として“直接会談”も消滅。OB総会会場で合流した南球団社長、真弓監督にも残留が伝えられ、20日の交渉解禁から続いた三浦獲得作戦は、あっけなくピリオドが打たれた。
 真弓新政権の補強第一弾として全精力を傾けた三浦獲得を逃したことで、阪神の補強プランは大きく方向転換を強いられる。真弓監督が就任以来、先発補強を訴えていたこともあり、フロントとしては、新たな補強策を練り直す必要に迫られた。沼沢本部長は「これからいろいろ話をしていかないと。考えられる補強策は再検討します」と話した。
 最初に挙がるのはFA市場に残る川上の存在だ。沼沢本部長は「今すぐに考えられませんが、それも1つの補強策です」と検討の余地があることを認めると、真弓監督も「考えます」と話した。
 FA交渉解禁以降は、メジャー志向が強いとされる川上ではなく、三浦に絞って交渉を進めてきたが、中日のエースとして長年、投手王国を支えてきた実績は申し分ない。指揮官の求める完投能力も十分に備えている。獲得となれば今季の年俸3億4000万から考えても4年20億円前後が必要となるが、これについては坂井オーナーからフロントに対し「投手補強について思い切っていけ」と獲得可能ならば、金に糸目は付けないとのお墨付きをもらっている。
 今後はメジャー球団の動きをにらみながら、作業を進めていく。獲得に動くとなれば、中日入団時の監督でもあり、明大の先輩でもある星野SDを切り札に起用することも可能だ。星野SDには三浦残留の情報も即刻伝えられている。
 新たな外国人投手獲得の検討と併せ、真弓政権の先発補強はまだ終わらない。

<事故>駐車場で1歳児はねられ死亡 宇都宮動物園

11月30日19時23分配信 毎日新聞


 30日午前10時45分ごろ、宇都宮市上金井町の宇都宮動物園駐車場で、埼玉県羽生市北3、会社員、荒川利夫さん(29)の次男将人ちゃん(1)が、栃木県大田原市美原2、会社員、福田一利容疑者(37)の乗用車にはねられた。将人ちゃんは頭を打って病院に運ばれたが約1時間半後に死亡した。宇都宮中央署は、福田容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕し、同致死に切り替えて調べている。

 調べでは、福田容疑者は車を前進させた際、右前にいた将人ちゃんに気付かず接触転倒させ、さらに後退してひいたとみられる。将人ちゃんは家族5人で動物園に来ており、事故時、荒川さんらは福田容疑者の左隣に止めていた車の中で、長女(5カ月)のおむつを交換していたという。【吉村周平】

浦和けんか終戦「おめえのはサッカーになってねェ」

11月30日8時1分配信 サンケイスポーツ


浦和けんか終戦「おめえのはサッカーになってねェ」

(写真:サンケイスポーツ)

 第33節第1日(29日、万博ほか)どん底の状態を象徴するような、浦和の終戦だった。G大阪に敗戦し、1試合を残してタイトルの可能性が消滅した直後、敵地へ駆けつけたサポーターの目の前で、GK都築がMFエスクデロに「おめえのはサッカーになってねーんだ」と吐き捨て、激しい口論に。DF坪井らが必死に2人を分けたが、あいさつの整列もできない姿が、チームのすべてを物語っていた。

【プレイバック】口論するGK都築とMFエスクデロ

 先月のACL準決勝でアジア連覇の望みを断ち切られ、今季対戦1分け2敗といまだ白星なしの宿敵・G大阪戦。前半44分に相手のFW山崎が退場となり、後半はゴールに迫るが得点できない。逆に同20分、FWエジミウソンが一発退場し、抗議のDF闘莉王にもイエローが。冷静に試合を運ぶことができず、最後はMF遠藤に決勝ヘッドを決められた。

 スタンドには、新監督候補のフォルカー・フィンケ氏(60)=ドイツ=が夫人同伴で訪れていた。今季限りの解雇通告を受けているエンゲルス監督は、「いろんな問題ある中で(チームも)サッカーに集中できないけど、いい試合はした」と力なく口にするしかなかった。

 無冠に終わるのは02年以来、6シーズンぶり。昨季のアジア王者は、来季のACL出場権すら手にすることが絶望的となった。「今のレッズに優勝する力はない。もう1度ゼロから」。闘莉王が寂しげにつぶやいた。

ヘッジファンド「負の循環」 19兆7500億円、2カ月で消えた

11月29日8時3分配信 フジサンケイ ビジネスアイ


 投機筋の代表格であるヘッジファンドの総運用資産が金融危機による運用損失などで、今年9、10月の2カ月間で約2074億ドル(約19兆7500億円)減ったことが、金融動向に詳しい調査会社ユーリカヘッジ(シンガポール)の調べで分かった。トヨタ自動車の時価総額のほぼ2倍に当たる資産が消え、市場低迷に大きな影響を与えた。

 株式などの短期売買で高利益を狙うヘッジファンドが、運用悪化に加え、顧客からの解約やファンド閉鎖に伴う資産売却に追い込まれていることが鮮明になった。資産処分が続けば、日本株の一層の下落につながる恐れがある。

 ◆「さらに4割減」

 調査によると、9月中旬に米証券大手リーマン・ブラザーズが破綻(はたん)するなどで、9月からの2カ月で総運用資産の約11.1%が吹き飛んだ。

 その結果、10月末残高は1兆6674億ドル(約158兆円)になった。さらなる処分売りや大手ヘッジファンドの破綻で、「来年半ばまでに、残高はあと4割減る」(外資系金融機関)との指摘もある。

 業界全体の運用成績状況を示すユーリカヘッジの総合指数(1999年12月=100)は、今年9月、10月とも前月比4%を超える落ち込みとなり、過去最長となる5カ月連続で低下した。各国当局の株式空売り規制もヘッジファンドの手を縛り、打撃となった。

 ヘッジファンド業界に詳しい大和ファンド・コンサルティングの俊野雅司上席研究員は「実体経済が正常化するまで、運用の混乱は続きそうだ」とみており、市場悪化が長期にわたる恐れが強まっている。

 ヘッジファンドの資産を現金化する換金売りは、日経平均株価が10月に入り、26年ぶりに一時7000円を割り込む一因となった。「今後も換金売りの波が押し寄せ、株価の大幅下落を招く恐れがある」(日興コーディアル証券の河田剛シニアストラテジスト)といった厳しい見方が広がっている。

 ◆保有株 相次ぎ売却

 ファンドへの投資に見切りをつけて手を引く出資者へ、資金を返還するための保有株式売却が相次ぎ、市場を直撃している。そのため、ファンドの運用成績がさらに落ち込む「負の循環」に入っており、「資金を引き揚げられた多くのファンドが年内に姿を消す」(外資系証券)とみられている。

 国内では、運用に組み込んでいる米国のヘッジファンドが解散するため、投資信託が終了に追い込まれるケースが発生した。ヘッジファンド以外でも、企業再生などを手掛ける投資ファンドの一部で、早期の解散を予定するなど、市況悪化の打撃が波及してきた。

 大半のヘッジファンドは、年末の解約に向けた投資家からの通知期限となる11月15日を過ぎた。このため、換金売りは一巡したとの見方が多い。

 ただ、大手ファンドなども「高利回りを期待する出資者から激しく責められる」(関係者)という厳しい状況に変わりはなく、市場が好転しないままだと一段の資産売却を迫られるのは必至だ。

                  ◇

【用語解説】ヘッジファンド

 デリバティブ(金融派生商品)取引を駆使し、短期の値ざや稼ぎを得意とする投資ファンド。運用対象は株式、債券、通貨、商品など幅広い。個人富裕層や機関投資家の資金を預かるのが中心だが、最近は欧米や日本でも、企業年金や投資信託など個人マネーの運用にかかわっている。今年6月は総資産額が、東京証券取引所の時価総額の約7割に相当する約2兆ドル(約190兆円)に達していた。

ヘッジファンド「負の循環」 19兆7500億円、2カ月で消えた

11月29日8時3分配信 フジサンケイ ビジネスアイ


 投機筋の代表格であるヘッジファンドの総運用資産が金融危機による運用損失などで、今年9、10月の2カ月間で約2074億ドル(約19兆7500億円)減ったことが、金融動向に詳しい調査会社ユーリカヘッジ(シンガポール)の調べで分かった。トヨタ自動車の時価総額のほぼ2倍に当たる資産が消え、市場低迷に大きな影響を与えた。

 株式などの短期売買で高利益を狙うヘッジファンドが、運用悪化に加え、顧客からの解約やファンド閉鎖に伴う資産売却に追い込まれていることが鮮明になった。資産処分が続けば、日本株の一層の下落につながる恐れがある。

 ◆「さらに4割減」

 調査によると、9月中旬に米証券大手リーマン・ブラザーズが破綻(はたん)するなどで、9月からの2カ月で総運用資産の約11.1%が吹き飛んだ。

 その結果、10月末残高は1兆6674億ドル(約158兆円)になった。さらなる処分売りや大手ヘッジファンドの破綻で、「来年半ばまでに、残高はあと4割減る」(外資系金融機関)との指摘もある。

 業界全体の運用成績状況を示すユーリカヘッジの総合指数(1999年12月=100)は、今年9月、10月とも前月比4%を超える落ち込みとなり、過去最長となる5カ月連続で低下した。各国当局の株式空売り規制もヘッジファンドの手を縛り、打撃となった。

 ヘッジファンド業界に詳しい大和ファンド・コンサルティングの俊野雅司上席研究員は「実体経済が正常化するまで、運用の混乱は続きそうだ」とみており、市場悪化が長期にわたる恐れが強まっている。

 ヘッジファンドの資産を現金化する換金売りは、日経平均株価が10月に入り、26年ぶりに一時7000円を割り込む一因となった。「今後も換金売りの波が押し寄せ、株価の大幅下落を招く恐れがある」(日興コーディアル証券の河田剛シニアストラテジスト)といった厳しい見方が広がっている。

 ◆保有株 相次ぎ売却

 ファンドへの投資に見切りをつけて手を引く出資者へ、資金を返還するための保有株式売却が相次ぎ、市場を直撃している。そのため、ファンドの運用成績がさらに落ち込む「負の循環」に入っており、「資金を引き揚げられた多くのファンドが年内に姿を消す」(外資系証券)とみられている。

 国内では、運用に組み込んでいる米国のヘッジファンドが解散するため、投資信託が終了に追い込まれるケースが発生した。ヘッジファンド以外でも、企業再生などを手掛ける投資ファンドの一部で、早期の解散を予定するなど、市況悪化の打撃が波及してきた。

 大半のヘッジファンドは、年末の解約に向けた投資家からの通知期限となる11月15日を過ぎた。このため、換金売りは一巡したとの見方が多い。

 ただ、大手ファンドなども「高利回りを期待する出資者から激しく責められる」(関係者)という厳しい状況に変わりはなく、市場が好転しないままだと一段の資産売却を迫られるのは必至だ。

                  ◇

【用語解説】ヘッジファンド

 デリバティブ(金融派生商品)取引を駆使し、短期の値ざや稼ぎを得意とする投資ファンド。運用対象は株式、債券、通貨、商品など幅広い。個人富裕層や機関投資家の資金を預かるのが中心だが、最近は欧米や日本でも、企業年金や投資信託など個人マネーの運用にかかわっている。今年6月は総資産額が、東京証券取引所の時価総額の約7割に相当する約2兆ドル(約190兆円)に達していた。

麻生首相:高齢者医療費「何もしない人の分なぜ払う」

 麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡り「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが26日公開された議事要旨で分かった。高齢者医療費の増大は患者側に原因があると受け取れる発言で、批判も出そうだ。

 首相は「67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる」と指摘。「こちらの方がはるかに医療費がかかってない。毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている」と述べ、理不尽さを訴えた。

 最後に首相は「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、インセンティブ(動機づけ)がないといけない。予防するとごそっと減る」と語った。

 首相は19日の全国知事会で「(医師は)社会的常識がかなり欠落している人が多い」と発言し、20日に撤回、陳謝していた。その日に不用意な発言を繰り返していたことになる。