名刺交換


 →サニーサイドアップ!すごい株価だがガンバってほしい!まだまだ割高。per10としても、株価1200円が妥当! 特別株式情報!←ここクリック!)



とっても、かわいい社長でした!

しかし、株価・・・・。

なんとかしてくれ~~~。

個人株主がかわいそうだ。

それ相応の説明をしてあげないと・・・・。

かわいいだけじゃダメ!

ナカタだけじゃダメジャン。

「なにもいえね~!」



AD

【Q】CFOに必要な知識はどのようなものか

わが社でもCFOの採用を考えています。できれば社内の人材を生かしたいと思っています。そのために必要なことと、何を学ばせればいいのかを教えてください。


【A】知識やテクニックも大切だが、それ以上に必要なものがある

まずは財務に関する専門的知識を持つこと

CFOは、企業の財務部門の最高責任者です。そのため、当然のことながら財務関連の専門的知識が必要不可欠なものとなります。

CFOに必要な知識は、「財務リスクマネジメント」「財務業務の体系的理解」「金融マーケットの知識」「キャッシュマネジメントシステム」「資本政策」「コーポレートガバナンス」「財務マネジメントシステム」などの領域に関するものが挙げられます。しかし、CFOは経営者であるということを忘れず、単なる知識の収集に偏らないよう注意する必要があります。


経営的なセンスを若いうちから磨かせる

CFOにとって知識やテクニックなどは必要ですが、それだけではいい経営者にはなれません。CFOは経営者の一人であり、経営者に必要なもの、それは「経営者として適正な人格」「的確な判断力と迅速な決断力」「商売人としてのセンス」などです。
これらの能力は、本を読むことでは決して身につきません。日々の業務の中で経験を積み、実践を通して徐々に身につけていく以外にありません。

企業が、社員からCFOを育成させる場合には、20代後半から30代前半というなるべく早いうちから経営に参加するような業務に就かせる必要があります。日々の業務の中で経営というものを経験させ、肌でその感覚を身につけさせましょう。
なかなか身につかなくても焦る必要はありません。自分で、あるいは企業が設定した日々の課題を一つひとつ乗り越えていくうちに、いつの間にか身についていることもあります。大切なのは、「単なる知識」を「知恵」に昇華させる努力をさせること。その試行錯誤の過程の中で、徐々に0から1を生み出す感覚が身についていくことでしょう。


経営コンサルタント 坂本和弘(2006年10月更新)

<山形女高生自殺>遺族が「いじめ」の遺書公表し再調査要請

11月23日22時9分配信 毎日新聞


<山形女高生自殺>遺族が「いじめ」の遺書公表し再調査要請

娘の写真を前に語る渋谷登喜男さん=山形県米沢市で2007年11月23日午後4時4分、湯浅聖一撮影

 山形県高畠町の県立高畠高校(山田陽介校長)で昨年11月、2年生の女子生徒(当時16歳)が自殺した問題で、父親が23日記者会見し、本人の携帯電話に残されていた遺書とみられる書き込みの一部を公表、いじめは確認できなかったとする調査結果を出した県教委に再調査を求めた。遺族はこれまで匿名を条件に取材に答えていたが、匿名では説得力に乏しいとして実名公表に同意した。

 亡くなった渋谷美穂さんの父で会社員の登喜男さん(55)=高畠町=がこの日の一周忌法要後に会見した。

 渋谷さんは携帯電話に残されていた書き込みのうち、美穂さんが心情をつづった部分を抜粋し、紙に書き写して報道陣に配布した。実名で書かれた5人の生徒以外の同級生に対し、「これで満足? もう、ワキガ臭くも、おなら臭くもないもんね。皆が言った暴言、痛かった。いつも泣きたかった」「死は怖いけど、生きているより怖くはないです」「今回のイジメでやっと理解した。うぅん、理解させられた。私は皆に不快な思いしか与えられないんだってこと」などと記されている。

 渋谷さんは「今までは学校側の説明しかなく、このままでは娘を救えなかった負い目が大きくなる」と公表した理由を説明。「学校や県教委の報告書に納得していない。死ぬまで真相究明と再発防止にかかわっていきたい」と話した。また、自殺の5カ月前に美穂さんから「お父さんがいじめにあったらどうする」と聞かれていたことも明らかにし、「なぜあの時に疑問を持たなかったのか」と悔やんだ。

 ◇「遺書は根拠の見えないもの」校長がコメント

 遺族の会見を受け山田校長も記者会見し、「5人以外の生徒を一くくりにしていじめの加害者とするような内容になっているが、そのようなことはないと学校では判断し、この遺書を、根拠の見えないものと考えている」とのコメントを出した。【湯浅聖一】

男が別れを決心するときは
・浮気相手の方が満たしてくれると思えたとき
・楽しい将来を想像できなくなったとき
・うざい、面倒くさいと感じる回数が増えたとき
・新しい魅力に情がまけたとき
・これ以上、自分を成長させてもらえないと感じたとき
とのこと。

おおむね、当たっていると思った。