やっぱ中国だぜ!


中国上場企業の1株利益26%増・06年12月期

 【上海=張勇祥】中国の上場企業の業績が改善に向かっている。上海と深センの両証券取引所に上場する企業の2006年12月期の一株利益は2年ぶりに増加した。経済の2ケタ成長を背景に小売業などが業績を伸ばし、資源高によって鉱業の業績も好調だった。ただ、一株利益の水準は04年を依然下回り、経営効率化に向けたかじ取りが課題に残った。

 30日付の新華社系の証券専門紙、中国証券報や上海証券報が両市場に上場する1470社余りの業績をまとめた。

 上場企業の数が変化しているため、比較できる加重平均の一株利益でみると、06年12月期は0.24元(約3.7円)と前の期に比べ26%増加した。

 売上高は6兆316億元と21%増えた。資源高を背景に中国石油化工の売上高が3割増となるなど、鉱業全体でも29%の増収だった。株価や不動産価格の上昇を受け、金融業や不動産業の売り上げも伸びた。純利益は46%増の3780億元。卸売り・小売業の純利益が2.7倍、サービス業が5割増となるなど、都市部の個人消費の増加が追い風になった。 (20:17)

AD

「バベル」見て吐き気 速い照明点滅で7人

共同通信社

30日14時04分

 名古屋市と三重県四日市市の映画館で、菊地凛子さんが出演する映画「バベル」を見た客7人が吐き気など体調不良を訴えていたことが30日、分かった。症状は軽く、館内で休んだ後に自力で帰宅。名古屋市の「ミッドランドスクエアシネマ」は速い照明点滅を繰り返すシーンを凝視しないよう呼び掛ける文書を配布している。照明が点滅するのは開始から1時間20分後、凛子さん演じる高校生がクラブで踊る場面。

Copyright 2007 Kyodo News. All Rights Reserved.




ん~~~いまいちな映画なのに、なぜ、みんな注目するのかな?

1 :Mr.名無しさん :04/06/01 20:33
一昨日妹が死んだ。
原因は居眠り運転の車にはねられての事だった。
年齢はまだ23歳と若くこれから楽しい人生が待ってたはずなのに。

小さい頃両親が交通事故で無くなり兄妹離れ離れで暮らさなければ成らなかった
生活能力の無い俺達にとってそれはごく当たり前の事だったと思う。
俺はその当時17歳妹は12歳だった・・・・。

俺は父親方の親戚に引き取られ、妹は母親方の親戚に引き取られていった。
2人とも引き取られたのは良いが、やはり他人が家に来ると言う事は
受け入れがたい部分も有ったのだろう、俺はそれ位の事は重々承知している。

ただ12歳と幼かった妹にとっては非常につらかったと思う。
俺は何とか我慢をして生活していく事は出来たが、
ある日俺の親代わりの親戚の父親が妹は親戚を盥回しされているんではないかと
夫婦で話をしているのをふと耳に入れた。



10 :1 :04/06/01 20:47
いてもたってもいられず、その親戚の家に電話をしたらもう他の家に預けたと言う。
俺はその親戚に「何でちゃんと見てくれないのか?」と問いただしたら
大人には大人の事情 がある!その一言でかたずけられてしまった。

そう言われた俺は、ただただ悔しくて悔しくて泣いた。自分の無力さを恨んだ。
両親が交通事故で亡くなり、唯一の肉親がたった一人の妹だった。
そんな妹を毎日毎日「泣いてはいないか?」「元気にしてるのだろうか?」と毎日思っていた。

そして俺が高校を出て21歳に成り就職を機に一人暮らしを始めるとともに妹を
「俺の借りているマンションに一緒に住まないか?」と言ったら、妹はすんなりと受け入れてくれた。
こうして一緒に住むことが決まりその日の夜に、これからとこれまでの生活の事を話し合った。
妹はやはり親戚の家ではあまり良くない扱いを受けていたそうで、俺のこの話を聞いた時
その家で嬉しくて泣いていたと言う。やっとこの生活から開放されるんだと。



31 :1 :04/06/01 22:06
それからの俺の生活は大変だった。
お金が無く公立高校にしか行かせてやれなかったが、普通に高校生として生活させてやりたいと、必死になって働いた。

毎日毎日働いた。
やりたい事もせず、俺の事は置いといて何よりも妹のために頑張って働いた。
こうして妹が高校を卒業 して就職が決まり、その日は2人でささやかなお祝いをした。
あの小さかった妹が、大きくなりこうして俺の前で笑ってる。俺は涙が出そうになった。

その時妹が、小さく小さく聞こえるかどうかの小さな声で、「ありがとう」と言ってたと思う。
本当にそう聞こえたかどうかは分からないが、その時俺はそう聞こえたと思いたい。
そしてある日妹が父の日 だからとネクタイをプレゼントをしてくれた。
俺は、なんで父の日 にプレゼントなんだよ~って笑って聞いてみたら、妹が
「両親が亡くなって代わりにここまで育ててくれたお兄ちゃんがお父さん代わり」なんだと。
俺はそれを聞いて嬉しかった。両親が亡くなり妹のために何も考えず必死に働いてたから・・・
そういった心から嬉しがる事が無かったから非常に嬉しくてトイレで
妹に気付かれないように声を殺してクゥクゥ泣いた。

ネクタイを締めて見せてくれとせがむ妹に恥ずかしいからと必死に断わった事を今更遅いが悔やんでいる。
何故あの時妹に見せてやらなかったんだと。
今でも妹のふくれっつらが目に浮かぶ。



132 :1 :04/06/01 23:21
妹の事故に遭ったと連絡を会社で聞いた時、最初は何がなんだか理解できなかった。

病院に駆けつけた時には既に息を引き取った後だった。
眠るようにベッドに横たわる妹の顔見た時、俺は嘘だと思った。
何でなんだと。両親が亡くなり兄妹離れ離れに暮らすはめになり
挙句の果てに親戚に盥回しにされ、邪魔者扱いを受けて暮らしていた妹。
こんなにも不幸な暮らしを受けて生きてきた妹にやっと見つかったと思う幸せな日々。

妹が「お兄ちゃん、今まで見守ってくれててありがとう。
 私は十分幸せだから今度はお兄ちゃんが幸せになってね」と
言ってくれていた優しい妹に、何でこんな仕打ちが有るんだと!!
俺の幸せなんかお前の後で十分なのに、何でお前が先に逝くんだと・・・・・。
何で両親ならずたった一人の妹までこうなるんだと、俺は病室で妹の顔を見ながらそう思った。
俺の幸せなんかお前の後で十分なのに、何でお前が先に逝くんだと・・・・・。

葬式には俺の友人・妹の友人とその彼氏。あと優しくしてくれた親戚の者だけで静かに行いました。
たらい回しにした親戚も来ていて「残念な子を亡くしたね」っと言った時に俺は怒った!激しく怒った!
小さい頃に邪険に扱っておきながら何を今更と、何であの時優しくせずに今そんな言葉をかけるのかと。
それを言うとその親戚の人達は何も言わずその場から離れた。
今思えば少し言い過ぎたかもしれないけれど、その時優しくしてくれてれば
妹はもっとましな人生を送っていたかもしれないと思うと、俺は悲しかった。



176 :1 :04/06/01 23:47
友人や親戚には言えないのでここで妹の事を少し話したい。

妹は俺が病気のと時に必死で心配してくれていた優しい子だった。
妹はつらくっても中々俺に相談しない繊細な子だった。
妹の高校の卒業 式には両親の遺影と一緒に参加した
妹がご飯食べて帰るなら連絡しろって事を忘れて外で食って帰った時には怒られた。
妹に怒鳴りつけて泣かせた事もあった。
妹の帰りが遅いと怒りその事で喧嘩もした。
妹に彼氏が出来たと聞いて複雑な気持ちになった。
妹が泣いてた時も一生懸命話を聞いてあげた。
妹との色々と書き込めないくらいの思い出が一杯有った。

これからも喧嘩もしながら兄妹仲良く暮らして行きたかったけど妹はもう居ない。
結婚の挨拶に妹の彼氏が来たら追い返そうと思ってたけど、それすらもう出来ない。
それでも俺は当たり前の事だけど、これから妹の居ない生活を生きていかなければならない。
妹の言葉通り精一杯生き、そして幸せになる事が妹への最高のはなむけになると俺は信じている。



188 :1 :04/06/01 23:53
俺は無神論者 だけどこれだけは言わせて欲しい。
この世に神様が居るとしたらあの世で妹が幸せで有る事を切に願う。
来世でも妹に会え、その妹が人並みの幸せな暮らしが出来ることを願う。
今度生まれ変わってもまたあの頃と同じ家族で出会いたいと俺は願う。

最後に俺の家族へのメッセージを言わせてください。

お父さんへ
「こんなに立派になりました。妹の事よろしく」

お母さんへ
「あなたの息子は精一杯生きています。先に逝った妹を可愛がってください。」

妹へ
「いろいろと迷惑かけたけど、安心してください。そちらに逝った時にはまた兄妹として仲良くしよう」

最後になりますが皆さんへのメッセージを大きな声で言わせてください

「ありがとう」
Ever since I can remember, lovingly restored "used" & recycled items have played an important role in my family life. From my Mum's humble first home beginnings in a converted WWII army barracks, to the super cool robins egg blue rocking horse she bartered for her two-year old @ a swap meet in CA. It remains the coolest horse I have ever saddled & conjures those wonderful childhood memories we all treasure.

In my experience, the cornerstone to using repurposed & thrown-out decor lies in the meat of the old adage, "Necessity is the Mother of invention." For example, in 1949, buying an old army barracks was not a ”cool" thing to do, or thought of by my grandparents as merely a "side project". They were young, newly married with a small child and simply in need of a h-o-m-e. Recycling anything, takes openness of mind, a pioneering spirit & the ability to see potential possibilities and the beauty in things abandoned. After all, "One man's trash is another's treasure."

North America is the only country I have ever lived in which we literally discard perfectly good things in the quest for that next something new - perceived as "better". It wasn't always this way - we weren't always this way. As children of the Great Depression, my Grandparents were no strangers to the mass poverty encircling the U.S. In fact, the postwar "boom" of the 1950's was partially a result of one of my favourite U.S. Presidents'. If not for Franklin Roosevelt's social efforts to pull America out of our depths of despair, we would not have the many foundations we so take for granted today.

One such program created was the Civilian Conservation Corps (CCC). As a team, members of the CCC, men throughout the country were given working opportunities with the building of state parks and the clearing / building of roads. Because of these massive social efforts, thousands of unemployed men who were willing and able to work were finally afforded the opportunity to learn very useful carpentry skills and more importantly, were given back their dignity and self-worth. My Grandfather was one of those men. He took the skills learned during his time in the CCC and passed them onto my Mum, who, in turn, passed them to her daughters.

Stemming from the "poor but proud" mentality drilled into me from circumstances of birth, home was my central place of refuge - a respite from the harsh realities of the outside world. It was the most important place of both escape & soul replenishment. Quite literally, it was the safe, loving space that housed my heart, my hopes, my dreams - a place where all of those embarrassing, painful, happy & most memorable childhood "firsts" occurred. Growing up in a single-parent family was my reality, but never one neither I, nor my sister ever thought strange or sad. In fact, it was fun. Without a father around to do the "manly" things I can only imagine fathers doing, we girls were left to figure things out ourselves. We had inherited our Grandfather's tools and knowledge, a strong sense of self-worth, combined with that wonderful childhood inability to recognize that we were actually poor and henceforth, only option "do-it-yourselfers" (DIYers).

Every household "issue" turned into an adventure in creative problem solving - a game we learned to play rather well. I recall the final collective decision that the horrific 1970's split-pea green wall-to-wall carpeting, the terrible dark chintz plywood paneling and the very scary period wall-paper featured throughout our humble tract home had to go. It was on one of our Friday "family nights" sometime in the 1980's featuring our Mum seated at her beloved childhood piano, with my sister and I singing and dancing in our "formal" living room. During a popcorn break, a heretofore unmentioned ambitious kid decided to verbalize her distinct distaste for our helpless decor. It had, after all, not been our decision, but the green was simply nauseating and the cheap paneling looked like a scene from any number of bad porno-films. We all agreed on the tragic need for an update and immediately set about with a grand plan for our re-design.

Being as thrifty and multi-tasking as they come, our Mum laid out the game plan. My sister and I were to go through our possessions and separate items with which we were willing to part for this much needed interior re-design. After passionately cleaning our rooms, garage and attack, we moved onto our grand mum’s shed and attic - desperate for any and all things unwanted. We even managed to gain access into her neighbor's homes for sale donations. All of the booty was then sorted into groupings and pooled into a tidy collection in our garage. After a concerted effort to convince our neighbors that they too needed to clean out their spaces for some cash, we embarked on our annual summer garage sale. However, for the first time, we combined our resources and shared in a collective pooling of advertising costs with our neighbors. And this garage sale also differed because we were not keeping money earned on the sale of our items individually, we were combining our booty to create a decor budget. With a gang of kids on bikes at the ready, we additionally plastered the neighborhood with hand-drawn posters promoting our sensational neighborhood garage sale. In our minds, it held top billing as the hottest event of the summer - a must attend.

We earned a record amount from our efforts & in the process, created a community event that was to be held for years to come by my family with our neighbors. The funds earned allowed for our much needed DIY re-do. Looking back, it was a great exercise in problem-solving, teamwork, fitness, and organization. It was both healthy and productive and about as fine an example of people working together as a community as I can recall. It also taught me very early about finding alternative ways to get something I desired and from idea to execution, how to realize a dream utilizing the things I already possessed - ideas, resolution, determination & finally, trash. Throughout the years, this collective experience has served me well & I even repeated the very same capital raising effort in 1998 when in need of funding to return to Australia. Of course, by this time, I was a seasoned pro with a BA in Journalism - Advertising, Marketing & PR and this time netted over $2000.00.

It is in this same passionate sentimentality that garage / yard sales; thrift stores; second-hand & charity shops; swap meets; church fundraisers; auctions; antique stores; street finds; dumpster-diving and now the worldwide modern equivalent - eBay, have and continue to drive, the main focus of my interior aesthetic. I love homes and spaces and am obsessed with finding and repurposing used and castaway items to create unique environs. Each and every thing I uncover not only has great patina that only many years afford, but more importantly, each has its own story. From the initial discovery, to the repurposing of an item once used as something else and thrown out, only to be rescued and lovingly restored, I am hooked on trash. I have lived internationally and been a student in the study of the discarded - from the U.S., UK, Switzerland, Italy and even Australia and New Zealand. The more places I live, the more I learn my obsession with trash and the repurposing of it is more common than once thought. Rather, it seems to be an inherently human condition and lifestyle led by numerous people throughout the world. Hell, even my cat has been recycled from the gritty streets of New York City - now that's true walking the walk!

It is from Staten Island, NYC - home to both the Arthur Kills dump (one of the largest manmade creations that can be viewed from outer space) - and to the 3000sf loft (a recycled former grain storage warehouse) I share with my creative partner of nearly 20 years, that I write. We have created this TRASH N.Y.C. blog for those of you who are unable to pass curbside castaways without getting that giddy, hopeful feeling in the pit of your tummy because the potential to uncover something wonderful is literally right around each corner. In our case, New York City has been our playground for over seven years and is the place which brings us our inspiration and many discarded treasures. NYC's rubbish is just like its people - diverse and one-of-a-kind. Through this site, it is our hopes that we will be able to entertain, inform and share our lifelong trash passion with you all. Enjoy!

結構つまらん!情報が飛んできすぎ。

(ノ-"-)ノ~┻━┻ とりゃー




もしあなたがまだ「Twitter」を使っていないなら、乗り遅れた気分かもしれない。Twitterはいま最もホットな話題 だが、見方によってはすでにピークを過ぎた とも言える。「South by Southwest 2007」(SXSW)カンファレンスのギークたちの間でやたら騒がれているとか、楽しさをつかみ損ねたTwitter嫌いたちの不満を聞かされたとかいう理由で、手を出すのを先延ばしにしたりしないほうがいい。Twitterは、グループや友人どうしで使うための、おもしろくて実際に役に立つ、リアルタイムのメッセージングシステムだ。ただ、この「クラブ」にどうやったら加われるかはそれほど明確ではない。そこで、この新しいプラットフォームへの初心者向けのガイドをお届けしよう。Twitterの機能すべてを紹介するわけにはいかないが、とりあえずスタートする助けにはなるだろう。

結構つまらん!情報が飛んできすぎ。

(ノ-"-)ノ~┻━┻ とりゃー




もしあなたがまだ「Twitter」を使っていないなら、乗り遅れた気分かもしれない。Twitterはいま最もホットな話題 だが、見方によってはすでにピークを過ぎた とも言える。「South by Southwest 2007」(SXSW)カンファレンスのギークたちの間でやたら騒がれているとか、楽しさをつかみ損ねたTwitter嫌いたちの不満を聞かされたとかいう理由で、手を出すのを先延ばしにしたりしないほうがいい。Twitterは、グループや友人どうしで使うための、おもしろくて実際に役に立つ、リアルタイムのメッセージングシステムだ。ただ、この「クラブ」にどうやったら加われるかはそれほど明確ではない。そこで、この新しいプラットフォームへの初心者向けのガイドをお届けしよう。Twitterの機能すべてを紹介するわけにはいかないが、とりあえずスタートする助けにはなるだろう。

「社外取締役の果たす役割とは?」のご回答

回答者:川口 弘行 │日時2007/02/11 01:00

コーポレートガバナンスの視点から言うと、広告塔ではありません。そういう事例を見かけることもあるかと思いますが、むしろ例外だと考えてください。

社外取締役 とは、取締役会の監督機能強化を目的として設置されるもので、代表取締役等と直接の利害関係のない独立した有識者や経営者などから選任される取締役のことです。

平成14年に商法が改正され、社外取締役 の定義が明確になりました。

会社法においては次のように定義されています。
「株式会社の取締役であって、当該株式会社又はその子会社の業務執行取締役若しくは執行役又は支配人その他使用人でなく、かつ、過去に当該株式会社又はその子会社の業務執行取締役若しくは執行役又は支配人その他の使用人となったことがないもの」(2条15号)

社外取締役 の法的な特徴として次のことが挙げられます。

1.委員会設置会社になる前提として、各委員会の委員の過半数を社外取締役 にしなければならない(400条3項)

2.責任限定契約(427条)を締結することができる。

これらは社外取締役 の立場と責任を明確にするものであり、社外取締役 の目的が「取締役会の監督機能強化」にあることを法的に担保するものなのです。



社外取締役ほど
無意味なものはない。
どこの会社も形骸化!

外資の投資規制拡大 企業買収増加背景に

三角合併にらみ、財界も要望

 経済産業省は26日、外国企業が日本企業に投資する際、政府への事前届け出を義務づける業種や製品の範囲を拡大する方針を正式発表した。炭素繊維や工作機械など軍事転用の可能性がある製品を生産する日本企業への投資を、事前届け出の対象に追加し、海外への技術流出などを防ぐ。技術の進歩で一般向けの汎用(はんよう)品にも軍事転用できる製品が増えたため対象を拡大する。海外投資ファンドによる日本企業買収が相次ぐなど環境が変化したことも、投資規制を強める背景にある。

■制度

 規制の見直し方針は、経産省の研究会が26日、中間報告書案としてまとめた。外国企業を対象とした投資規制の見直しは、1991年以来、16年ぶりとなる。

 届け出制度は、「外国為替及び外国貿易法」(外為法)に基づいている。

 対象は外国企業による投資が行われると、〈1〉国の安全を損なう〈2〉公の秩序の維持を妨げる〈3〉公衆の安全の保護に支障をきたす――などの恐れがある業種だ。現在は、武器、航空機、原子力、宇宙開発、電力・ガスなど20業種が対象だ。

 今回は、これまでのような業種別ではなく、具体的な品目別に対象を決める方針で、炭素繊維や電池、工作機械などが候補となっている。具体的な品目を詰めて7月にも政令を改正し、8月から実施する方針だ。

 対象が上場企業なら株式の10%以上、非上場企業なら1株でも、取得する30日前までに投資の規模や目的などを、財務省や各業種の所管官庁に届け出るよう義務付けている。問題がある場合は、国が投資の変更や中止を勧告、命令できる。

 特に厳格な審査が必要となる航空機、原子力などの業種への外資の投資は、年10件にも満たず、これまで変更や中止の勧告が行われた例はない。対象に汎用品が追加されれば、審査件数は格段に増えそうだ。



■特徴

 今回の見直しは、1991年の前回見直しから、安全保障や投資を取り巻く環境が大きく変化したことに対応したものだ。

 炭素繊維は弾道ミサイルの材料になる。民生用の電池が軍事用の通信機器や潜水艇、戦車に搭載され、光学レンズが偵察衛星に使われる恐れも出てきた。

 また、現在は届け出の対象を規制業種の事業会社に限っているが、親会社や持ち株会社への投資も規制対象に加える。投資ファンドなど複数の外国投資家が、議決権を協調して行使することに合意している場合は、合計して10%以上の株式を取得すれば届け出の義務を負わせる。

 規制強化は、5月の「三角合併」解禁をにらみ、日本経団連が要求していた。外国企業の親会社の株式を、合併の対価として使えるようになり、外資による日本企業の買収がこれまでよりやりやすくなるためだ。

 ただ、経産省は「規制の網を広げただけで、海外からの投資自体を抑制する目的はない」(通商金融・経済協力課)と、外資による買収に対する「防衛策」の意図はないと説明している。

■課題

 新たに規制対象に追加する製品の線引きがあいまいだと、必要以上に外資の投資を抑制する可能性もある。このため経産省は、届け出義務があるのかどうか、業界や企業が事前に調べられる仕組み作りを検討する考えだ。

 また、現在の制度では、変更命令に従わずに罰金や懲役刑を科された投資家なども、株式は保有し続けることができる。罰則を承知で日本の防衛関連産業などに投資してくるケースに対応するため、株式保有をやめさせられる強制措置の導入も今後の検討課題となっている。



2007年4月27日 読売新聞)

中国は外せない。

重要ポイントさ!




中国本土企業が日本初上場



テレビ情報配信 「アジア・メディア」 さらに10社計画


 中国でテレビ番組情報の配信などを手がけるアジア・メディアが26日、東証マザーズに上場した。中国本土の企業が日本の株式市場に上場するのは初めてだ。東証は「アジアの中核市場」を目標に中国企業などを積極的に誘致している。中国企業は約10社が年内上場を目指しており、今年は中国企業の上場ラッシュとなる可能性もある。

 アジア・メディアは、中国のケーブルテレビを通じたテレビ番組情報や海外映画の配信、テレビ広告の販売などを行っている。大株主に伊藤忠商事や電通などが名を連ね、日本企業とのつながりも深い。

 上場の狙いは、日本で資金を呼び込むことにある。同社の崔建平・最高経営責任者は「東証は世界有数の取引所。資金力もある」と話す。26日の終値は752円で、売り出し価格の640円を17・5%上回った。

 一方、東証も世界の証券取引所との競争が激しくなるなか、アジア企業を取り込み、存在感を高めたい考えだ。北京に事務所を設立して「誘致」を積極化させる方針だ。東証の西室泰三社長は「第2、第3のアジア・メディアの登場を切に願っている」と話した。

 一方、市場などでは、外資による東証上場は、5月に解禁される三角合併の布石ではないかと警戒する声もある。外国企業による日本市場での上場の動向は、投資家の関心を集めている。

2007年4月27日 読売新聞)