韓信が言った大将の資格を言った「5才10過」が心に残る。 5才とは、「智」乱れぬこと、「仁」よく人を愛すること、「義」期待を裏切らぬこと、「勇」罪を犯さぬこと、「忠」ふた心を持たぬこと、この5才を 備えて大将になりうる。 10過とは、勇があって死を軽んじる者、急いで心落ち着かぬ者、利を求めてむさぶる者、仁あって人を殺せぬ者、智あって恐れを知らぬ 者、信あって誰も信じてしまう者、清廉にして人を許せぬ者、計あって油断する者、意志強きゆえに何事も自分でことを成す者、怠け者 であるゆえに人に任す者、この10過のうちひとつでもあれば大将の資格はない。 しかし韓信も最期は決断が鈍り、呂公に殺されることになってしまった・・・。
AD
今井メロ - Wikipedia今井 メロ(いまい めろ、本名:今井 夢露(読みは同じ) 1987年10月26日 - )は、 大阪府出身の女性スノーボードハーフパイプ選手である。血液型はO型。父はスノーボードコーチの成田隆史、兄はスノーボード選手の成田童夢(どうむ)、弟は成田緑


ca123


これから、備忘記録アメーバブログで

しばし、ITベンチャー系のお遊び的分析をやってみます。

のんびりね~~。

乞うご期待!!

まずは、8月は、

一押し企業「サイバーエージェント」の分析をします。

(^_-)-☆


<予告編>

*サイバーエージェント(4751)はネット広告に力を100%注いでいたらいいねん!!

初の報復関税発動を決定へ 9月にも米国へ対抗措置

 政府は1日、米国が反ダンピング(不当廉売)課税収入を国内鉄鋼業界などに分配する米バード修正法への対抗措置として、米製品に対して報復関税を9月にも発動する方針を決める。日本が貿易相手国に対し報復関税を発動する初のケースとなる。
 世界貿易機関(WTO)で協定違反が確定した米国のバード修正法について、日本は今年6月に制裁措置を発動する用意があると米国側に通告。しかし対応の鍵を握る米議会では同法の撤廃に向けた動きが鈍く、WTOルールに基づく報復関税発動が不可避と判断。米国が同法を撤廃するまで課税を続ける。
 報復関税の規模が小さく実際の通商面への影響は限定的とみられるが、欧州連合(EU)やカナダに続く日本の対抗措置発動で、「山分け法」とも呼ばれる同法の撤廃に向けた国際的な圧力が一段と強まることになる。
 
(共同通信) - 8月1日6時22分更新

~~~~~~~~~~



日本の意志を評価しよう。