<介護疲れ殺人>74歳女性が夫を絞殺 東京・北区

 31日午前6時50分ごろ、東京都北区堀船2の無職、堺弘さん(79)方から「夫を殺した」と110番があった。警視庁王子署員が駆けつけると、堺さんがベッドで横たわっており、搬送された病院で死亡が確認された。妻ふさ子容疑者(74)が「首を絞めて殺した。一緒に死ぬつもりだった」と供述したことから、同署は殺人容疑で逮捕した。堺さんは寝たきりだったといい、同署は、ふさ子容疑者が介護に疲れて無理心中を図ろうとしたとみている。
 調べでは、ふさ子容疑者は同日午前6時ごろ、寝室のベッドで寝ていた堺さんの首を手ぬぐいで絞めて殺害した疑い。堺さんの死因は窒息とみられる。ふさ子容疑者は直後に風呂場でかみそりを使い左手首を2回切ったが死にきれず、自ら通報したらしい。
 堺さんはふさ子容疑者と2人で年金暮らし。堺さんは8年前に肝臓がんを患い、今年4月から自宅で寝たきりだったが、公的な介護サービスを受けていなかったという。調べに「主人は普段『死にたい』と漏らしていた。自分も主人も死んで楽になりたかった」と供述している。【長谷川豊】
(毎日新聞) - 7月31日21時2分更新
~~~~~~~~~~~~~~~
ヒトを追い込む・・・・。
これは、社会の問題だ。
利権がらみで、
腐った制度しか作れない政府自民党の問題でもある。
悲しい・・・・。
AD

osaka030601

大阪・旭区職員、虚偽の死産届で一時金を詐取

 実在女性の虚偽の死産届を作り、大阪市から出産育児一時金をだまし取ったとして、旭署は13日までに、詐欺容疑などで、同市旭区役所保健福祉センター支援運営課職員の男(53)を逮捕した。

 区の調査の結果、平成15年以降、今回の逮捕容疑を含め、虚偽の疑いのある書類が38件、総額1140万円分見つかっている。調べによると、容疑者は5月、旭区内に居住する実在の女性の名前を使って虚偽の死産証書などを作成、出産育児一時金30万円をだまし取った疑い。 

ZAKZAK 2005/07/13



~~~~~~~~~~~~~


信じられん。

これが人間のすることか・・・・。

杉田かおるの夫鮎川氏、今度はTBS抗議

 女優杉田かおる(40)と離婚騒動の渦中にある投資会社社長鮎川純太氏(44)が、杉田が出演した番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」の内容について、TBSに文書で抗議していたことが30日、分かった。番組は1日に放送され、離婚調停など、2人の関係を再現ドラマ風に仕立てたフィクション。夫側に愛人がいることをほのめかすような内容も含んでおり、鮎川氏は「事実と誤認された」と抗議したという。同局の安住紳一郎アナは29日放送の同番組内で「鮎川氏並びに関係者にご迷惑をおかけしました」と謝罪した。鮎川氏は4日放送のフジテレビ番組「HEY! HEY! HEY」の次週予告映像に対しても、杉田の過激な発言部分を控えるよう抗議。フジ側も受け入れた経緯がある。
(日刊スポーツ) - 7月31日9時57分更新
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アホな女しか出会えなかったあなたも悪い!
もてない男はシゴトもできないもん。
あなたの実力わかります!
鮎川さん!
(^_-)-☆めっ!

osaka030601

「一番の驚きは無責任体質」 大平助役、市議会で批判

2005年06月23日 asahi.com

 「市に入って一番驚いたのは、誰が決定し、誰が責任を負うのかわからないこと」。大阪市の大平光代助役が22日、市議会財政総務委員会で市の「無責任体質」を痛烈に批判した。1年半前に助役に就任後、第三セクターの破綻(はたん)処理や職員厚遇問題への対応を通じ、意思決定の不透明さを肌身で感じたことが発言につながったと見られる。

 この半年間に、市政改革本部や改革委員会などの新組織が庁内に次々と発足したことを踏まえ、公明党市議が「決定機関はどこになるのか」と質問した。

 大平助役は「市長や(市幹部でつくる)都市経営会議で最終決定する」「これまではどこで決まっていたのかわからなかった。今後は制度をつくる上で、誰が、どういう経過で決めたのか名前を明らかにしたい」と答弁した。また、別の自民党市議が公文書の長期保存を求めたのに対し、「重要文書のIT化を図りたい」と述べた。

 大阪市では昨年、第三セクターの破綻原因を有識者委員会が調べたが「資料が保存されておらず確認できない」と結論づけた。ヤミ退職金・年金についても弁護士らが調査中だが「責任の所在がなかなか見えてこない」と言われている。

~~~~~~~~~~~~~


おわってる。

大阪市の連中・・・・。

こいつらバカだ!

証券26社の4-6月期、22社が最終減益・赤字に

 主要証券会社の2005年4―6月期業績がまとまった。投資信託や外国債券などの販売は伸びたが、株式売買が低調で、業績発表した26社のうち、野村ホールディングスや大和証券グループ本社など22社の最終損益は減益・赤字だった。増益は低い手数料で個人投資家の売買を集めたイー・トレード証券など4社にとどまった。

 大手・中堅証券が軒並み減益になったのは東証、大証、名証の三市場の立会時間内の売買金額が前年同期比で14%減と低迷し、売買委託手数料収入が落ち込んだのが大きな要因だ。

 29日に4―6月期業績を発表した大和証券グループ本社は、連結最終利益が116億円と前年同期に比べ19%減少した。株式売買委託手数料が36%減ったほか、株式を中心にトレーディング収入は16%減少。新規公開企業などの引き受け案件が減少し、投資銀行関連手数料もふるわなかった。外国債券で運用する投資信託の販売は伸びたが補えなかった。 (23:48)


~~~~~~~~~~~



システム料を払っていない、ネット系証券が増益って・・・。

やっぱり、あかん!

各証券取引所はきちんと搾取しよっ!

給与指数は107・1 04年度の独立法人職員

 総務省は29日、2004年度の独立行政法人の役職員の給与水準を公表した。事務・技術系職員の平均年収は732万3000円(平均年齢43・2歳)で前年度比3万9000円減。国家公務員の給与を100とした場合のラスパイレス指数(年齢構成の違いを反映させて算出)は107・1で0・3ポイント低下した。
 総務省によると、独立法人の職員は調整手当が支給される都市部の勤務者が多いことや学歴が高いことを加味して試算しても高給与で、前身である特殊法人設立時の給与水準がもともと高めに設定されていたことなどが理由とみられる。
(共同通信) - 7月29日18時44分更新

~~~~~~~~~~~~~~



公務員・・・能力の無いやつほど、利権にしがみつき、暴利をむさぼる。。。

最低な人間たち。

小中高教員 40歳以上3人に2人 20代1割弱、進む高齢化

 平成十六年度の全国の小中高校教員の約三分の二が四十歳以上の「中年」で、二十歳代の「若手」は一割を切ったことが二十八日、文部科学省の学校教員統計調査中間報告で分かった。平均年齢はいずれも過去最高記録を更新し、教員の高齢化が一層進んだ。小学校と高校では五十歳以上が約三割を占めているが、同世代は今後十年以内に定年退職するとみられ「世代交代」が一気に加速しそうだ。
 文科省では、全国の国公私立の小、中、高校、大学などの全教員を対象に三年ごとに調査しており、今回は平成十六年十月一日現在を調べた。
 中間報告によると、教員の平均年齢は小学校が前回比〇・七歳上昇の四四・一歳、中学校は一・一歳上昇の四二・九歳、高校は〇・五歳上昇の四四・三歳となり、過去最高だった前回をいずれも上回った。
 四十歳以上の教員が占める割合は小学校で67・9%、中学校で64・0%、高校で66・7%と約三分の二に達し、五十歳以上は小学校で29・6%、中学校で23・2%、高校で31・4%となった。
 二十歳代は減少傾向にあり、小学校が8・9%、中学校が8・7%、高校が8・6%といずれも一割を割った。中学校は深刻で、六年前の13・9%から5・2ポイントも低下した。
 小学校教員では、離職者数が平成十二年度の九千三百十九人から十五年度の一万三千三百十四人に四割増。今後、「団塊の世代」が退職期を迎えるため、各自治体では社会人や教職経験者を採用する動きが出ている。
 こうした傾向について、高橋史朗明星大学教授は「(世代交代により)教育界は地殻変動が起きており、イデオロギー対立に終止符が打たれる時代に突入する。組合型の発想が終わり、構造改革が迫られる」と話している。
(産経新聞) - 7月29日3時4分更新
~~~~~~~~~~~~~~~~~
役立たず軍団なんかいらないよ。
(^^♪

ca123


昨年・・・。

ITバブルの頃、

低株価(低時価総額)で苦しんでいたサイバーエージェントが、

奇跡ともいえる「株価60万円越え」をしたとき、

オレは、藤田社長の末恐ろしさを感じました。

以来、個人トレーダーとしては、

短期スイングの回転トレードに使わせていただいています。

サンクス、サイバーエージェント!

・・・そういえば、昔、

ビジネスで、藤田社長とNDAを結んだような?

なんとなく、そんな記憶が・・・あれっ?www

8月末には60万円さ!


いけっ!
スーパー藤田!!




まだまだいけます。

サイバー!



・・・先に、東証1部で待ってるぜ!

かも~ん!

サイバーエージェント!




道路公団、天下り禁止を見送りへ 「職業の自由侵す」

2005年07月27日06時04分

 鋼鉄製橋梁(きょうりょう)工事をめぐる談合事件を受けて再発防止策を検討していた日本道路公団は、公団幹部の受注企業への再就職の禁止を見送る方針を固めた。憲法の「職業選択の自由」を侵害するおそれがあるとの理由で、来月9日の談合等不正行為防止策検討委員会(委員長・近藤剛総裁)で結論を出す見通しだ。公団は、天下り自粛宣言など、実質的な禁止効果をもつ代替策を検討する。

 公団は、6月29日の東京高検の家宅捜索を受けて、今月5日に検討委を設置。談合の背景に、受注企業への天下りと、入札契約制度の問題があるとみて対策を話し合ってきた。

 関係者によると、当初、受注企業への幹部の天下り禁止と罰則の設定を検討した。だが、法律に詳しい外部委員らから「法律に基づかない再就職制限は憲法違反の恐れが強い」との慎重な意見が出され、近藤総裁らも受け入れたという。

 離職後2年間は直前5年間の職場と関係の強い企業への再就職が法律で原則禁止されている国家公務員と異なり、公団役職員の天下りには規制がない。橋梁談合事件では、談合2組織の加盟36社に43人が天下りしていた。公団は今月5日、橋梁談合事件に関与した会社などへの再就職について、役職員に自粛を要請したが、強制力はない。

 検討委内では、公団としての天下り自粛表明や、再就職先の情報公開のほか、役職員に天下り自粛の誓約書を提出させる案も出ている。ただし、誓約書などは憲法上の問題をはらむ可能性があり、慎重に審議している。



~~~~~~~~~~~



あまあま!!

あますぎる!!

SHIN

「小児科やめたい」、若手の半数が経験・厚労省調査

 小児科の若手医師の約半数が、一度は「小児科医をやめたい」と思った経験を持つことが23日、厚生労働省研究班の調査で分かった。休日・夜間の呼び出しが多く仕事の負担が重い上、収入が少ないことなどが原因で、約3割は後輩に小児科を勧めたくないと考えていた。医師不足が指摘される小児科医療の深刻な実態が改めて浮き彫りになった。

 調査は昨年11月、大学卒業後3―6年目の30歳以下の全国の若手小児科医約1000人を対象にアンケート形式で実施、約3割から回答を得た。内訳は男性が52%、女性は48%で、平均年齢は28.6歳だった。

 小児科医をやめたいと思ったことがあるかどうか聞いたところ、9.6%が「現在やめたいと思っている」と回答。「過去にやめたいと思ったことがある」も38.7%に上り、合わせて48.3%が一度は小児科医をやめたいと考えていた。

[2005年7月23日/日本経済新聞 夕刊]

~~~~~~~~~~~~~~~~


何を甘えてるんだ???!

って、オレは思うのだ。

「好きで医者になっただろ!眠たいこというな!」

SHIN