「購読しろ」押し売り2時間=朝日新聞販売店員を逮捕-千葉

 新聞購読契約を2時間以上しつこく迫ったとして、千葉県警生活経済課と千葉西署は30日、特定商取引法違反(禁止行為)容疑で、千葉市花見川区幕張町、朝日新聞販売店員鈴木淳容疑者(32)を逮捕した。容疑を認めているという。
 調べによると、鈴木容疑者は5月3日午後8時50分から11時ごろまで、県職員の男性(35)の住むアパートの玄関先で、同新聞を購読するよう強引に契約を迫った疑い。
 男性が「新聞はいいです(要らないです)」と断ると、「ありがとうございます」と応じて揚げ足を取り、「ごみになる」と言うと「ごみとは何だ」と怒鳴っていた。
 契約しなかったのに翌朝、新聞が配達され、男性が交番に相談した。 
(時事通信) - 5月30日19時1分更新
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こわっ!
新聞なんかオレいらないよ。
日経テレコンとネットニュースがあれば充分さ!
AD

二〇〇四年度の不動産証券化の実績が七兆五千百八十三億円と、前年度に比べ九割近く増加したことそうだ。


 証券化の内訳は、不動産投資信託(REIT)が九千億円、REIT以外の私募ファンドなどを通じた分が約五兆五千億円、一度証券化された物件の転売などが約一兆一千億円。

 REITは三二%増、REIT以外は倍増。件数ベースでは六六%増の千二十七件だった。

 証券化の対象となる物件も多様化している。

全体に占める割合(資産額ベース)は七年前には八割を占めたオフィスが〇四年度は三一%まで下がった。住宅が一四%、商業施設が一五%、工場・倉庫・ホテルが三%になったほか、駐車場や研修所などにまで広がっている。


 ポイントは、少子高齢化の進展や減損会計の導入などを受けた不動産市場の構造変化。


 証券化市場の拡大については、ストックの改善や土地取引の活性化、情報開示による透明性の向上などの好影響。


以上、今朝の日経から抜粋。

すっげ~ね。REIT!!

(^_-)-☆

職員採用試験で点数改ざん・消防組合幹部2人を逮捕

 奈良県警捜査二課などは29日、消防職員の採用試験をめぐり試験結果の点数を水増しするなどして虚偽の採用試験合格者名簿を提出したとして、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで中和広域消防組合の消防本部消防長、中村隆之容疑者(62)=同県橿原市=と同組合高市消防署長、井村雅則容疑者(56)=同県葛城市=を逮捕した。

 調べでは、中村容疑者らは昨年10月下旬、同組合消防本部(同県橿原市)が実施した消防職員採用試験で特定の受験者の試験結果を水増ししたり、別の受験者の点数を低くするなど改ざんし、虚偽の合格者名簿を作成し、書類に添付して提出した疑い。2人は容疑を認めている。

 捜査二課などは、当時人事企画課長をしていた井村容疑者に中村容疑者が指示したとみており、同課などは特定の受験者を合格させようとしたとみて追及している。

 採用試験は昨年10月中旬に一次試験、11月下旬に二次試験が実施され、330人の応募者から20数人が合格した。〔共同〕  


~~~~~~~~~~~~~~~


信じられん。

給与所得控除の縮小を提言・政府税調、6月に報告書

 政府税制調査会(首相の諮問機関)が6月にまとめる個人所得課税の見直しに関する報告書の大枠が27日固まった。サラリーマンの必要経費にあたる給与所得控除の縮小などが柱で、増税色の濃い内容。代わりに確定申告で経費の実額を控除できる制度を拡充するほか、自営業者の徴税も強化、税の不公平感を解消も狙う。向こう3―4年での実現をめざすが、納税者の反発は必至だ。消費税増税も絡み、今後の税制改革の大きな論点となる。

 今回の所得課税改革は家族構成や終身雇用制を前提とした賃金体系など社会構造の変化に中期的に対応するのが狙い。石弘光税調会長は27日の記者会見で「所得税をどういう方向に持っていくか広い範囲に目配りしたい」と述べた。  (NIKKEI 07:00)


~~~~~~~~~~~~


ほんとに、バカ。

自民党。

ほんとに、バカ。

まず国会議員や、役人の給与を見直そう。

あと、天下り先とか。

やらなければならないこと、多々あるよ。

森岡政務官「A級戦犯は罪人でない」 靖国参拝正当化強調し波紋

 小泉首相の靖国神社参拝問題をめぐり、森岡厚生労働政務官は26日、自民党の代議士会で「A級戦犯がいかにも中国に気遣いして、悪い存在であるような処理のされ方をされている。この人たち(A級戦犯)は罪人でない」と述べ、A級戦犯が一緒にまつられている靖国神社への参拝は何の問題もないとの認識を示した。

 これに対して細田官房長官は「一代議士として自分の思いを発言したんだろう」と述べ、政府の一員としての発言ではないと火消しに追われた。
[27日1時51分更新]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
空気読めないんだな。
ほんと、バカ。
情けない。
不屈の男、米で映画化 服役→子連れホームレス→証券で成功、億万長者

 【ロサンゼルス=岡田敏一】駐車違反で服役し、子連れのホームレスとして地下鉄の駅などで暮らした黒人男性が、その後、証券業界で成功を収め、億万長者となった波瀾(はらん)万丈の人生ドラマが全米で話題を呼んでいる。テレビが紹介したのがきっかけだが、来年にはハリウッドの大手映画制作会社、コロンビア・ピクチャーズが映画化。主人公は人気俳優、ウィル・スミスが演じる。
 この人物はクリス・ガートナーさん(49)。ルイジアナ州で生まれ、教師をしていた母親に女手ひとつで育てられた。高校卒業後、海軍を経てサンフランシスコで医療関係の仕事に就き、一九七八年には結婚。息子もできた。
 念願だった高給の株式ブローカーへの転職話が舞い込んできたが、経験も人脈もないため結局採用されず失職。妻子にも見捨てられた。そのうえ、路上駐車違反の罰金(千二百ドル=約十二万八千円)未納で刑務所へ。
 十日間服役し、出所後、薄給の株式ブローカーの見習いとして再出発するが、別れた妻が彼に幼い息子を押し付けた。宿泊先の下宿は子供との同居は認めておらず、彼はホームレスに。三十歳の時だった。
 しかし、昼間は見習いとして猛烈に働き、夜は息子と一緒に地下鉄や空港のトイレで寝泊まりした。食事は貧困者用の給食施設で済ませた。こうした奮闘ぶりが大手証券会社のトップの目にとまり、その後、着実にキャリア・アップを重ねた。
 八七年十月にはシカゴで自分の会社、ガートナー・アンド・リッチ証券会社を設立。同社は後にニューヨークとサンフランシスコにもオフィスを構え、これまでに累計約五十億ドル(約五千三百億円)の商いを行った。
 現在のガートナーさんは高級ブランドのスーツと靴、そしてマイルス・デイビスのレコードであふれる豪邸三軒のオーナーだ。
 今年一月、米三大ネットワークのひとつ、ABCがニュース番組で彼の半生を紹介。「私はホームレスだったが、ホープレス(希望がない)ではなかった」「母はいつも私に『あなたが望むなら、百万ドル(約一億円)だって手にすることができる』と説いた」と語り、サクセス・ストーリーが大きな反響を呼んでいる。
(産経新聞) - 5月25日16時4分更新
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
臼田琢美さんとえらい違いだな・・・www(^_-)-☆

kabudotto

http://blog.excite.co.jp/kabulog/

彼、今頃、どんな思いで日々すごしているんだろう。

Yahooファイナンス掲示板で、非難轟々!!

豚美取締役だの、

オタッキー取締役だの、

はめ込み犯罪取締役だの・・・。

・・・上場するっていうことは、そういうこと。

甘えは許されない。

カブドットコム証券(8703)・・・・これから先、どんな責任をとっていくのだろう・・・・。

どう考えても、好材料が見えないのだ。

頑張って欲しい。臼田琢美さん。

臼臼田琢美田臼田琢美美の「かぶろぐ(kabu.log)」


蓮池薫さん、翻訳家デビュー会見

 北朝鮮による拉致被害者、蓮池薫さん(47)が初めて翻訳した韓国の歴史小説「孤将」(新潮社)が27日に発売される。

 25日、都内で記者会見した蓮池さんは「奪われた24年間を取り返すため、何かにチャレンジしたかった」と話し、今後、翻訳家の道を歩む意向を明らかにした。

 「孤将」は、16世紀、文禄・慶長の役で朝鮮に出兵した豊臣秀吉の軍と戦った武将、李舜臣を題材にしたもので、原作は韓国で2001年に発表されベストセラーとなった。

 主人公は日本と戦いながらも朝鮮王からも命を狙われるというストーリーで、蓮池さんは「葛藤(かっとう)の中で運命に負けるのでなく、自分が生きる道を模索するところに共感を持った」という。

 蓮池さんは02年10月の帰国後、新潟県柏崎市の臨時職員となったが昨年12月に退職。現在は中央大学法学部の通信教育を受けているが、「この年齢で法律家になるのは無理。悔しいが、今できることをやっていこう」と、子どもたちが帰国した後の昨年8月に翻訳作業に取りかかったという。

 既に第2作としてドキュメンタリーの翻訳に取り組んでおり、「将来は、日韓の相互理解が深まる作品を手がけたい」と語った。
(読売新聞) - 5月25日23時9分更新

~~~~~~~~~~~~~~~



さっそく、買ってこよう!(^_-)-☆

りそな銀行

テーマ:

ri

りそな銀行のあんまし頭良くない社員さんちに、

2年ぶりに賞与が出るらしい。

黒字になったから、解決!

って、いう問題じゃないよ。

史上最悪の公的資金注入軍団!

りそな銀行!

この間も、ドルを売りに、

りそな堂島の外貨コーナーに行ってきたが、

アタマ悪そうな32歳くらいの独身風のブサイクなおばさんが

出てきて、ドルを偽札だと疑ってかかってきた。

(まぁ、たしかに、ドルを「大量保有」していたので、

そのおばさんなりに、不信には思ったのだろう~)

りそな銀行・・・

申し訳ないが、厳しさを全く感じないのだ。

ダサいよ。

あんたたち!

信用なんて、そんな簡単に回復できるものじゃない。

いい気になってたら、またすぐに、足元すくわれるよ!

ワールドカップ最大の衝撃「北朝鮮がイタリアを破った事実」

Photo
映画『奇蹟のイレブン』より
 
 サッカー・ワールドカップ史上最大の衝撃と言われ、いまでも伝説として語りつがれている1966年、イギリス大会での北朝鮮vsイタリア戦の真実をつづったドキュメンタリー映画が公開される。サッカー後進国アジアの小国、朝鮮民主主義人民共和国がサッカー界に君臨する巨人イタリアを破ってベスト8に進出した当時の模様を北朝鮮の協力も得て製作された貴重な作品だ。

 当時の公式映像やニュース、イギリスサポーターへのインタビューや、なによりも、北朝鮮が保有している記録映像も公開されているところにも驚かされる。

 さらに当時は世界を熱狂させながらその後、すべての情報が途絶えた北朝鮮代表チームの物語と彼らの内に秘めた思いにもスポットをあて北朝鮮の一般市民の日常生活も明らかにしている。

 本作は2002年日韓ワールドカップ直後に 初めてイギリスBBCで放送され、その後北朝鮮と韓国でも公開され、各界に反響を呼び起こし日本でも5月28日より渋谷シネ・ラ・セットにて公開される。サッカー、北朝鮮vs日本戦がひかえたいま、ぜひとも観ておきたい作品だ。

『奇蹟のイレブン』は渋谷シネ・ラ・セットにて5月28日より公開。
チケットなどのお問い合わせ:東急本店前フォンティスビル3F(シネ・アミューズ下) TEL03-5458-9267
(FLiX) - 5月25日17時45分更新
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こんな素敵なドラマがあっただ゙なんて・・・・。
すごい!