<日テレ会長>ライブドア社長の姿勢を評価


日本テレビの氏家斉一郎会長は28日の定例会見で、
ニッポン放送株をめぐる問題について、
「(堀江貴文ライブドア社長は)極めて非常識だと思う」
と批判する一方で、
「どれだけ成功するか分からないが、
既成の権力に立ち向かっていく姿勢は、
日本に一つの活力をもたらすことがあるのかな。
我々も若いころはつっぱっていた。
常識は欠けていてもなかなか面白いことを言う」
と姿勢を評価する発言をした。

また、村上光一フジテレビ社長が民放他局の堀江社長の取り上げ方に
苦言を呈したことについては、
「村上さんがちょっと頭にきて、言い過ぎたのかな。
各社の編成権の問題で、各社の報道の仕方はその範囲内に収まっている」
と話した。

【内藤陽】
(毎日新聞) - 2月28日19時9分更新



~~~~~~~~~~~


よしよし。
それ。そのこと。よく認めた。それでいい。



今日のショックは大和証券。
公開買い付けに応じましたね。


オレの知ってる山っ気のある大和証券なら、
戦ってくれると思ったのだが・・・・。
AD
未婚女性
「結婚しなくても幸せ」73%
…読売世論調査


読売新聞社が行った「結婚観」に関する全国世論調査(面接方式)で、
「結婚しなくても1人で幸福」と思う未婚女性が7割超に上っていることがわかった。

2003年の前回調査より10ポイントも増え、
独身女性の間で、未婚を否定的にとらえない傾向が
強まっていることを示している。

こうした意識が「晩婚化」や「少子化」にも拍車をかけていると言えそうだ。

調査は12、13の両日に実施した。

結婚しなくても、女性は1人で十分に幸福な人生を送れると
思うかどうかに対し、未婚者では「そう思う」は69%で、
既婚者の50%より多かった。

特に、未婚女性では73%に上り、
「そうは思わない」は24%にすぎなかった。

未婚男性は「そう思う」は67%で、
未婚女性の方が“独身願望”がやや強い。

年代別では、「そう思う」が、20歳代では74%、
30歳代66%、40歳代58%と、
若い年代ほど“非婚派”が多く、晩婚化による少子化が一層、
深刻になりそうな傾向がうかがえる。

晩婚化が進んだことが社会的に大きな問題と思うかでは、
「そう思う」が58%で、「そうは思わない」40%を上回った。

晩婚化の背景(複数回答)については、
「女性の社会進出が進んだから」67%が最多。
以下、「適齢期などにこだわらない人が増えたから」52%
――などが続いた。

一方、結婚相手の条件を男女別にみると、
男性では「容姿や外見」59%、
女性では「収入や資産」78%、「職業や勤め先」77%
がそれぞれ目立っている。

トップは、男女ともに「人柄」の98%だった。

(読売新聞) - 2月25日1時34分更新



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



おもしろい記事。
(^_-)-☆


よーするに、
頼もしい男がいない!
っていうことなんだろうか?








結婚相手の条件を男女別にみると、
男性では「容姿や外見」59%、
女性では「収入や資産」78%、「職業や勤め先」77%


↑これは面白い。
結婚しなくても幸せだけど、
「収入や資産」78%、「職業や勤め先」77%
が重視されるんだね~。



やっぱり、
女のヒトって、
かわいいと思うのだ。
(^_-)-☆





PS
写真は、
株主総会でもらってきた
大阪有機化学工業(4187)の景品。
おしゃれな東洋紡のフェイスタオルでした。


<ニッポン放送>企業価値低下を主張 ライブドアが批判


ライブドアの堀江貴文社長は27日、
テレビ朝日の番組「サンデープロジェクト」で
「ニッポン放送はこれまでフジサンケイグループにいて、
 企業価値がそんなに高まっていない。
 何でグループに残った方が高まるのか?」
と述べ、
ニッポン放送がライブドア傘下では企業価値が下がる
と主張していることを批判した。

堀江社長は、
ニッポン放送の時価総額の大半を占めるのは保有するフジテレビ株で、
事業部分の価値は小さいと指摘。
「そこを上げるのが経営者だ」
と述べた。

ニッポン放送は、フジテレビに新株予約権を割り当てる理由として
「企業価値の維持」を挙げている。

【位川一郎】(毎日新聞) - 2月27日18時43分更新



~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ITバブルの頃、
まだまだ知名度も低く、
とんでもない低い時価総額であったサイバージェントは、
数年後、どこに顔を出しても恥ずかしくない、
立派な一流企業になった。


努力。
時価。
魅力。


企業の価値をあげること。
経営者にとって最大限のパワーを注ぐべきこと。

アソビじゃない。

醜い老体の立場を守り抜くため、
見苦しい保身主義に入っているようでは何もできない。



会社を買うのは命がけさ。
立会外取引、TOB規制の対象に・株3分の1超取得時


金融庁はライブドアによるニッポン放送株の大量買収を受けて、
取引所のシステムを使って通常の取引時間外に株式を売買する
「立会外取引」についても、
上場企業などの株式を3分の1を超えて取得する場合は
株式公開買い付け(TOB)規制の対象とする方針を固めた。

市場外での買い付けと同様に目標の株数や価格、期間などの
事前開示を義務付け、違反者には罰金を科す。

企業買収で不透明な取引が広がれば、
日本市場の信頼性と既存株主の利益が損なわれる恐れがあると判断した。


来月上旬に金融審議会(首相の諮問機関)で議論し、
早ければ開会中の通常国会に証券取引法改正案を提出する。

証取法は公開企業の株式を市場外で取得し3分の1超の保有を
目指す投資家などに、TOB制度を使うよう義務付けている。

(NIKKEI 07:01)


~~~~~~~~~~~~



なんかさぁ~。
かつて、
荻原兄弟など、日本スキー複合ノルディックチームが、
そのあまりの強さに、
欧州の協会幹部の仕組んだルール改正といった姑息な手段で持って、
さんざん攻撃を受けた様に似ているよな・・・。
(^_-)-☆
笑!


金融庁がこれだもん。

日本は国際社会にはなれないよ。


「ルールを決めるのはいい。
だけど、決めるタイミングがかっこ悪すぎやしないか??」
【電子機器/LCD】東芝、19V型LCD-TV「REGZA 19A8000」を発表
【電子機器/製造装置】日立、日立国際電気の公開買い付けで訂正届出書を提出
【電子機器】キヤノン、カラーレーザプリンタ「Satera」のラインナップを強化
【電子機器】ソニー、撮影画像に位置情報を付加できるGPSユニットを発表
【電子機器】SII、2インチタイプの小型軽量モバイルプリンタを発表
【半導体】インテル、WiMAXサービスの普及活動を加速
【半導体】AMD、 6コアMPU「Istanbul」搭載サーバの公開デモを実施
【半導体】ST、高速化したブロードバンドシグナルアンプICを発表
【半導体】ST、EDoF機能を15cmから無限大に拡大するイメージセンサを発表
【半導体】ADI、低ノイズのクワッドVGA「AD8264」を発表
【半導体】ADI、カナダのDomosysを買収
【半導体】Vishay、熱性能が20%向上したパワーモジュールを発表
【半導体】Maxim、高集積UMTSフェムト基地局チップセットを発表
【半導体】ローム、8灯直列駆動対応BLU用LEDドライバを発表
【PV EXPO】ソニー 野田氏、「信頼性を高めモジュールで2桁の変換効率目指す」
【PV EXPO】トッパンフォームズ 、DSC型太陽電池を利用した製品を展示
【PV EXPO】旭硝子、薄膜太陽電池用TCOガラス基板を展示
【FC EXPO】Syspotek、メタノール濃度を制御できる携帯向けDMFCを展示
【FC EXPO】ソニー、ハイブリッド燃料電池システムを展示
【FC EXPO】村上技研産業、レーザ式水素ガス検知装置を出展
【MEMS】NEDO、深溝型マイクロリアクタを開発
【LED】Seoul Semiconductor、InGaN系LED素子の基本特許が立証と発表
【ストレージ】EMC、統合ネットワークストレージの新製品を発表
【電子部品】パナソニック電工、太陽光発電向けパワーリレー2製品を発表
【製造装置】2009年1月の日本製装置受注額は前年同月比88.0%減に
【部材】旭硝子、SEMATECHとEUVマスクブランクスを共同開発へ
【ソフト】Siemens、“Lean”製品開発への産業別取り組みを発表
ライブドアの株式取得、リーマンが手法考案など否定

ライブドアが発行した転換社債型新株予約権付社債(CB)を
引き受けたリーマン・ブラザーズ証券の在日代表、桂木明夫氏が
日本経済新聞の取材に応じた。

桂木氏はライブドアのニッポン放送株の大量取得で、
協力を依頼されたのは
「(取得日の約10日前の)1月末」
とし、立会外取引を使う手法の考案やニッポン放送株の売り手探しを
「我々がしたわけではない」
と述べた。

ライブドアのニッポン放送株取得に端を発する
企業の合併・買収(M&A)劇は、
リーマン・ブラザーズ証券の深い関与が指摘されてきた。

桂木氏は
「我々はCBを引き受けただけで、M&Aアドバイザーではない」
と明言し、こうした見方を否定。

ニッポン放送株の売り手探しを含む一連のM&A劇が、
実態としてライブドア主導で進んでいることを示唆した。

ライブドアの堀江貴文社長は8日の立会外取引について
「市場取引なので売り手は誰かは知らない」
と説明している。

(NIKKEI 07:00)



^^^^^^^^^^^



新聞社各位

そんなつまらないトレースはいらない。
LDの前進する様を追ったほうがいい。
前進あるのみさ。
「すき家」のゼンショー、「なか卯」買収へ・牛丼2位に





 2003年12月にBSE(牛海綿状脳症)発生で
米国産牛肉の輸入が禁止されて以来、
苦境が続く牛丼チェーン業界で初めて大手の再編が実現する。

「すき家」を展開するゼンショーが、
双日の子会社「なか卯」を買収する方針であることが26日、
明らかになった。

双日から株式の33.4%を取得する方向。
なか卯のブランドは残し、食材の仕入れや物流などで相乗効果を狙う。

すき家、なか卯の両チェーンを合わせると約800店に達し、
松屋を抜き、店舗数は最大手の吉野家ディー・アンド・シーに
次いで業界2位になる。

すき家は昨年9月に豪州産牛肉を使用した「新・牛丼」を発売。
米国産が輸入できない状況下でも既存店売上高は前年を上回っている。
一方のなか卯は牛丼を欠いたままで苦戦しているが、
すき家との業務提携で経営改善が可能と判断した。

双日も株式の18.4%を継続保有し、第2位株主として協力する。

(NIKKEI 一部付け足し 11:00)



~~~~~~~~~~


どの業界でも、再編は自然な流れ。

既得権益にぶら下がっていては、
いつまでたっても、進化は無い。


ガンガン行こうぜ!

ライブドア、証券監視委などに調査申し入れへ

 
ニッポン放送が、ライブドアによる経営権奪取を避ける目的で、
巨額増資につながる新株予約権発行を決めたことについて、
ライブドアは26日、証券取引等監視委員会や東京証券取引所に、
証券取引法違反にあたるかどうかを調査するよう、
近日中に申し入れる方針を明らかにした。

同放送は23日、フジテレビジョンを引受先として
4720万株の新株予約権の発行を発表。
権利がすべて行使された場合に生まれる新株の数は
現在の発行済み株式の1.44倍となり、
理論的には株価は半分以下になることになる。

これに対しライブドアは
「将来、1株あたりの価値が下がることを株主に連想させ、
株価を下落に向かわせることを意図したのではないか」(幹部)
として、証取法違反(株価操縦)にあたるとみている。
同放送の株価は、新株予約権発行の発表翌日の24日、
一時、前日比640円安の6160円まで急落した。

フジは3月7日を期限に、
同放送株の株式公開買い付け(TOB)を実施中だ。

しかし同放送の株価はTOB価格の5950円を上回っており、
株主がTOBに応じにくい状況が続いている。

(ASAHI.COM 02/26 21:37)



~~~~~~~~~~~~~

フジテレビやニッポン放送の
こんな赤ちゃん的手法が認められるのなら、
上場企業はすべて、
頭を使わないまま、
容易に、
「グループ経営」
ができてしまう。


フジも、ニッポン放送も、
経営に対する厳しさがひとつも無い。
身の保身しか考えていない。
無能力の露呈。


とりわけ、フジテレビは、
潔く、ライブドアに詰められた事実を認め、
次の行動(アライアンス等)を考えたほうがいい。


どんどんどんどん、
企業価値を下げていっているのがわからないのだろうか?

「潔さ」「男っ気」がまったくない。


・・・。

オレの知ってる
「証券取引等監視委員会」ならば、
必ずや、この混沌としたダサい状態を征伐してくれる・・・
と信じている。


若手経済人はライブ支持





ライブドアとフジテレビジョンによるニッポン放送の経営権を
めぐる争奪戦について、全国の若手経済人の半数以上は
ライブドアを支持していることが25日、
日本青年会議所が全国各地の会員を対象に実施した
緊急意識調査で分かった。

ライブドアとフジテレビの行動のどちらを支持するか?
との質問に対しては「ライブドア支持」が56%に達し、
「フジテレビ支持」(17%)の3倍を超えた。

支持理由では、ライブドアが
「メディア業界の改革につながる必然的な流れ」が37%とトップ。

これに対し、フジテレビは
「(ライブドアの手法は)日本の商道徳に反した行動で、なじまない」
が49%を占めた。

調査は25日正午から午後5時まで実施、1254通の回答を得た。


(スポニチより)



決して、判官びいき的に、
ライブドア支持ではなく、
腐った日本の産業構造のひずみの是正・・・・。

・・・このままでは、完全に、日本は腐りきってしまう。

日本で一番最低な企業経営陣「フジテレビ&ニッポン放送」
の腐ったオヤジたちに、オレたちの日本産業界を汚されてなるものか!


ガンバレ、ライブドア!

村上ファンドがフジを批判
 

投資会社、M&Aコンサルティング(通称村上ファンド)は25日、
ライブドアに対抗するためにニッポン放送がフジテレビへ割り当てた
新株予約権に対し

「日本の株式市場にとって
重大な悪影響を与えかねないと危ぐする」


と批判するコメントを発表した。



村上ファンドは今年1月5日時点でニッポン放送株式を
約18%保有していた。
現在は同放送株の保有比率は不明。
だが、依然として1月段階の株数を保有していれば、
フジとライブドアの株式取得合戦に大きな影響力を持つことになる。

村上ファンドは、ニッポン放送の新株予約権の発行について
(1)発行済み株式を大幅に超える新株予約権を、
   フジだけに市場価格よりも安く発行
(2)最大約3000億円になる調達資金の使途が不明確
(3)株価に大きな影響を与えた
―と指摘。

また

「取締役が株主を選ぶのではない。
経営陣が好まない株主に保有されたくないのであれば、
公開しなければいい」


ともした。


以上  スポニチより