夜中の地下のクラブから漏れる重低音で寝不足な朝、テレビ北海道から流れる定山渓ビューホテルや地元スーパーのCMの後、季節感ゼロのまま「冬のソナタ」が始まり、一気に目が覚めた7月21日木曜日。試合当日の帰宅はさすがに厳しいでしょうから洋上や機上やホテルに皆さんいらっしゃったのでしょうが、そんな自分はカプセルホテルに泊まっておりました。多分コルリダさんと同じ宿です。風呂で一緒になったので。

反さんは「悪くなかった」との事ですが、正直現地観戦の自分としてはフィニッシュまでの展開がモタモタ感満載で、どこが「悪く無かった」なのだろうと若干不思議な面持ちです。パスカットされまくりですしね。

まぁ、良かった点としては札幌の選手が終盤足をつったりバテまくってた反面、山雅の選手はそんな状態の選手は皆無に見えたというところかと・・・。

あと、この完全アウェイ感。今年は西日本のチームとのアウェイ戦は讃岐とC大阪くらいですかね。C大阪戦どれくらい行かれるんだろう?今からそういう意味では楽しみですね。そういう意味で無くても楽しみですけど。

表題の大倉山ですが、ジャンプ競技場の最上部からの展望の中に札幌ドームの姿がはっきりと見えました。そして、大阪から来たという一人旅の年配の男性と話をしたのですが、Jリーグに対する誤った認識が多々ある様に見受けられたので、アウェイサポーターとして現状をとくと話しました。彼が自宅に帰って、そう言えば旅先で同じ様に一人旅をしていた男性とこんな話をしたよと、ご家族や友人と話してくれれば、それもまた広い意味でのプロパガンダとなるだろうと期待しております。

AD

えきねっとで東海道新幹線ののぞみの片道の指定席を買った。


既にブログで書いているが、帰りは名古屋から快速と鈍行で帰った。

正直辛かったので、二度とやらん。



ところで自分の場合新幹線に乗る新横浜まで行くのは、在来線や地下鉄より路線バスの方が楽である。よって今回も自宅から歩いて5分の所にあるバス停から新横浜駅行きのバスに乗る。既に岐阜のホテルには衣服関係の荷物を送ってあるので、だいぶ楽な格好だったりする。

お昼どーしようかと考えつつ新横浜駅に到着。微妙に風邪っぽい雰囲気が感じられたのでドラッグストアで薬を購入。いらないとは思うけど酔い止めも。


その後お昼を食べる。確か焼き鳥居酒屋で焼き鳥定食を食べた。お店に入った理由は他の店より空いていたからだが、この後改札内休憩所にある崎陽軒で横濱チャーハンを購入したりする。僕が買った直後に買おうとしたお子さん連れのお父さんが大層残念にしていた。でも譲る気は毛頭ございません。


そんなこんなでのぞみはバビュンと神奈川と静岡をすり抜けて名古屋へ。名古屋で在来線に乗り替えです。


そんな名古屋駅で大桑村のポスターが。大桑村在住のMr.Hの為、写真を撮ってツイートする。


さて、ここからは東海道本線で岐阜へ。快速に乗って2駅。岐阜駅は思ったよりも大きい。そりゃあ県庁所在地なんだから小っちゃい駅じゃ困るだろうけど。

とりあえずホテルへ向かう。確かペデストリアンデッキを端に歩いて行けばあるはずだ・・・。


確かにホテルは見えたが、ホテルのすぐ前にあるこの香港の九龍砦みたいな不気味な建物は何なんだ?地図に載っていないぞ?


後で調べた所、繊維団地の模様。土日は人気が無いが、平日は多少人の出入りがある様だ。でも、すんません、泣くよ、夜見たら。ちびるよ。昼間でもこえーもん。

AD

最新号のサッカー批評を読んでいました。


そうすると件の本田が実質的オーナーとなっているクラブ紹介と共に、日本で展開している育成年代のチームの指導体制について載っていました。


そしたらそこにかつて山雅でキャプテンも務めた須藤氏がいました。

しかも隣には秋田豊氏がいました。


詳しくは雑誌を読んでもらうとして、去年SC相模原を最後に20代で引退したのにはこういった経緯があったのかと今更知った次第です。

ウィキにも記載が無かったので、指導者として活動し始めたのもチェックしておりませんでした。

尚そのチームには秋田氏もスーパーアドバイザーとして関わっているとの事。


今の所須藤氏が所持しているのはC級ライセンスとの事ですが、監督としての実績は別としてS級の保持者でありA代表としても長くプレーした秋田氏の存在は心強いでしょう。

そうか、みんなちょうど同じ時期にグランパスに在籍していたんですね。


4月中にスポーツナビでこのクラブについてコラムが書かれてますけど、それは読まずに書いた内容のブログです。コラムは後で読みました。


AD

そう思った訳ですが、案の定です。


確か前回の愛媛での対戦は4-1で勝利していた記憶があります。

その時のGKも確かこの児玉選手だったと思いますが、段違いに良い選手になっていましたね。


申し訳無いけど、似合わない金髪のとっぽい兄ちゃんという印象でしたが、髪の毛をまともにしただけではなく、プレーの質も上がってる印象がありました。


また近藤選手とセヌマンゴー選手についてはやっかいでしたね。近藤選手は途中交代が無く最後まで行ってたら得点取られてMOMも持って行ってたんじゃないかとも思いましたわ。

セヌマンゴー選手は栃木時代は開幕からしばらくしたら活躍がピタッと止まってしまった訳ですが、今回はどうなるのでしょう?まぁ昨シーズンも活躍されているので、とりあえず今回得点を防いだのは良くやったと言えるかもしれません。


あと愛媛と言えば河原選手を忘れてはいけないのですが、彼にMOMは絶対に取られたくなかったので、取られない様に怨念を送っておりました。少し通じていてホッとしております。なぜ怨念を送っていたかは・・・河原選手の嫁さんを検索して下さったら僕の魂胆がわかるかもしれません(戯言なので、適当にスルーしてくださいね)。


パクさんは試合に出ていないのと、玉ちゃんは背番号3ばかりがクローズアップされて、肝心のプレーが良くわからなかったので、すいません割愛します。


試合を見ていて感じたのは、特に去年ボール保持率で常に相手を下回っていた山雅サポとして、どう見てもボール保持率は山雅の方が上だよなぁと感じた内容に、正直とまどいを感じていた訳です。


慣れないんですよね、この展開(^▽^;)。

大した話ではありませんが、先日の岐阜戦の後名古屋に泊まり、翌日名古屋から鈍行を乗り継いで横浜まで戻るという暴挙を犯しました。


一般にこういうケースは「年寄りの冷や水」と言う様ですが、さすがにまだ年寄りと言われるのは堪える年齢ですので、「いい年して何やってんだか」ぐらいに思っといてもらえるとありがたいです。


名古屋→豊橋(ここだけ快速です)



豊橋→浜松→興津→沼津→熱海→横浜→鶴見


以上横浜までは東海道本線、横浜から鶴見までは京浜東北線です。




で、本題。



興津から熱海行きに乗り、由比の辺りまで来ると当然の事ながら富士山が見える訳です。天気良ければね。この時は始発じゃなかったんで結構混んでたから立ってたのですけど、車窓から富士山が見えました。


で、こんな場合皆さんどんな音楽が流れますかね、頭の中で。



僕は吉田美奈子さんの「BEAUTY」でした。


ちなみに3月に清水戦に行くために静岡駅前に泊まった時、横断歩道で流れていたのは「富士は日本一の山」でした。「ふじの山」って言うんですね。普通に「富士山」って曲だと思ってた。


IAI日本平では最高の富士山のロケーションだったにもかかわらず、写真のデータが残っていない。帰りのバスからは撮りましたが、霞がかっててイマイチ。何でシャッターチャンス逃すかな俺。


という事で、岐阜の件はまた後日書きます。