1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月30日

2016年5月 セブ島旅行記(3日目)

テーマ:ダイビング
セブ島3日目の朝。

この日は今回のセブ島旅行のメインイベント、オスロブでのジンベイダイビングの予定。

ジンベイフィーバーですっかり有名になったセブ島の片田舎オスロブ(記事へリンク)

ダイバーでも滅多に見れない野生のジンベイザメが、下手すりゃ十数匹まとめて見れるんだから、そりゃ観光客も押し寄せるよね。

で、早朝5時30分、ホテルへ迎えに来た送迎車に乗ってオスロブへ向け出発。

マクタンからオスロブまでは片道約140キロ。

車窓の景色を眺めながらのショートトリップ。




3年8ヶ月ぶりに参加したオスロブ・ジンベイダイブ。
オスロブは遠いからしょうがないんだけど、前回同様、とにかく運転手のローカルドライバーが飛ばすんだよね。

煩雑に対向車線に飛び出して隙間ギリギリの追い越しを繰り返すもんだから、かなりスリリング。

ちなみに2年前には、ジンベイツアーの車両で邦人1人死亡9人重軽傷の事故なんかも起きてたり・・・




マクタン島を出発して約2時間。

ガソリンスタンドに立ち寄ってトイレ休憩。




ガソリンスタンド併設のコンビニ(?)でドリンクなんかを調達。



で、更に走ること1時間半。オスロブの海岸へ到着。

ウエットに着替え、バンカーボートに乗り込んで出撃。




海岸からポイントまではすぐ近く。



で、ジャッポーンとエントリーし、しばらく泳ぐと早速ジンベイ君のお出迎え。

水面に浮かぶバンカーボートからオキアミが撒かれ、ジンベイ君がそれを立ち泳ぎで海水ごと吸い込んでます。




水面からはシュノーケラーが、水中からはダイバーがジンベイ君の周囲にワラワラと。。。



この時、見れたジンベイ君は全部で5~6匹。

ちなみにジンベイ君に触っちゃうと罰金(それも高額だったような)なんで要注意。

水面でバラクーダフィン付けた監視員が泳ぎながら目を光らせてます。




オスロブの海はもともとあまり綺麗じゃない上に、オキアミ撒きまくりなんで、透視度はかなりイマイチの10m弱。



立ち泳ぎで水面に口を出すジンベイ君を横から撮るために、水深4~5m位の浅場にずっといたんで、水面で暴れるシュノーケラーさん達がちょっとウザイ。

興奮で呼吸が乱れて、下から大量のエアーをバフバフあげてくるダイバーさんもだけど。。。




それにしても浮遊物多すぎ。

もうチョット透視度良けりゃいいんだけどね。




潜水時間46分、そんな感じでジンベイダイブをエキジットし、ボートは2本目のポイント・スミロン島へ向け移動開始。



ちなみに僕達が乗ってたバンカーボートのエンジンルーム(↓)。

エンジンから右手へ伸びてるヒモがアクセルワイヤーで、キャプテンが足に巻きつけてスロットルを器用に操作。笑

画像中央のT字の棒がギアレバー。バッテリーの端子なんかも剥き出し。




で、次のポイント・スミロン島の「サンクチュアリ」に到着し、ジャッポーンとエントリー。

一緒に潜行を始めた同じチームのI君。途中から突然浮上を始めたので、後から理由を聞いてみると・・・・なんと最初から残圧が70しかなかった(潜行中に気づいた)らしく。笑
どうやらフィリピン人スタッフがタンクの交換を忘れていた模様。笑

で、船上へ戻ったI君、タンクを交換し再び潜行。

ちなみに僕のはちゃんと交換されてたものの、中途半端な残圧140・・・・
もうチョット入れとけよ!って感じ。

肝心の水中はパープルビューティーとか・・・・




オニダルマオコゼetc。

透視度も13m程と低いし、見るべきものもないしで、相変わらずイマイチ(ジンベイ君除く)だったセブの海。

潜水時間約50分でエキジット。




エキジット後は、スミロン島の島影でボートをアンカリング。



船上でのランチタイム。

食パンに千切りキャベツとコンビーフを挟んで食べるワイルド飯だったけど、なかなか旨かった。

デザートはやっぱりマンゴーとパイナップル。




で、食後はスミロン島を離れ、オスロブの海岸へ帰港。

これにてオスロブ・ジンベイ(&スミロン島)ダイビング終了。




オスロブの浜辺にある水シャワー(水圧低すぎで絹糸3本程度の水量)で何とか体を洗い流し、送迎車に乗って一路マクタン島へ。

帰路、セブ市街地でのひとコマ。すし詰め状態の軽自動車の荷台。笑




ジプニー。



小さなバイクに5人乗り!笑



あっちもこっちもすし詰め状態。




やっぱフィリピンの人達って逞しいね。



で、帰路は渋滞もあったりで約4時間でホテルへ帰着。

まずはお部屋へ戻ってシャワーでさっぱり。




シャワータイムの後はオーシャンクラブラウンジへ。



好物の海老さんをアテに冷えたサンミゲル・ライトでビアタイム♪



窓の外を見ると夜空に花火が。



そんな感じでセブ島3日目も終了。

おしまい。おしまい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>