日本列島は23日、前線を伴う低気圧が朝鮮半島付近を北東へ進んだ影響で、西日本の九州や四国を中心に局地的に非常に激しい雨が降った。気象庁は、この大雨が24日にかけて東日本にも広がるとして、突風や落雷、河川の増水、土砂災害に警戒するよう呼び掛けた。
 低気圧は23日夜に日本海西部に達した後は動きが遅くなり、24日に日本海でさらに発達する見通し。西日本には南から暖かく湿った空気が入り、大気の状態が不安定になっている。寒冷前線の通過時には竜巻が発生する恐れもある。
 23日午後3時までの24時間雨量は、鹿児島・紫尾山(さつま町)が全国トップの355.0ミリ、熊本・阿蘇乙姫(阿蘇市)が2位の289.5ミリで、いずれも5月の観測史上最大を更新。宮崎・えびの(えびの市)が3位の267.0ミリだった。
 鹿児島県と鹿児島地方気象台は、さつま町を含む同県北西部に土砂災害警戒情報を発表した。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

一部ユニット型特養の柔軟な整備を―9都県市が国に要望(医療介護CBニュース)
北海道アイヌ協会 加藤理事長が辞意 「健康上の理由」(毎日新聞)
「世話が焼ける」 認知症の姉をハンマーで撲殺 無職の66歳弟を現行犯逮捕 警視庁(産経新聞)
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)
板垣さん発見15個目の超新星 重力崩壊で最軽量(産経新聞)
AD