バトル・ヴィーナスの作り方

絶賛休刊中のキャットファイト専門誌『バトル・ヴィーナス』!
バトビーレーベルのDVD&イベントとして独り歩きしている
バスローブ柔道が現在、メインのブログになってます!


テーマ:


バトル・ヴィーナスの作り方


バスローブ柔道復活祭に参戦するNEWフェイスでございます。

聖 青空(ひじり せいら)ちゃんデス。

今回、バスローブ柔道を再開するにあたって、

彼女の存在は非常に大きいです。

それほどの期待度大の新人さんなわけです。


知り合いの女の子から

「すっごいプロポーションの女の子がいる!」って

メールが来て、しかも「バスローブ柔道に興味あるみたい」と!

これはもう、即、アポを取ってもらって新宿でお会いしたんですが、

待ち合わせ場所にはとっても地味な子が…。

えっ?と思いつつご挨拶。

それが初めて会った、ノーメイクのせいらちゃんでした。


舞台の面接とかだと、

こっちのイメージでメイクを変えてもらったりするので、

ノーメイクで面接に来るのが常識なんだけど、

グラビア系の女の子の面接っていうと、

こっちからは言わないけど、

必要以上にメイクしまくって

気合い入れてくる子が多いんです。

で、イベント当日にノーメイクで会場入りしてきて、

「えっ?誰でしたっけ?」ってことがけっこうあるわけです(笑)。


まあ、バスローブ柔道はある意味、舞台ってとこもあるけど、

このせいらちゃんの自然体はけっこうぐっときました。

で、いろいろお話をさせてもらって、

場所がカラオケ屋さんだったんで、

上着を脱いでもらいました。

(※面接は一昨年の冬のお話です)


「でっ出たぁ~!」

おばけじゃないけど、本当にこんな感じでした。

余裕の100メートル超えのおっぱい!

しかも、前に突き出してるロケット型!


「これってナチュラルなの?」って

ちょっと失礼な質問ですけど、

思わず聞かずにはいられませんでした。

クールなせいらちゃんは、別に気にする風もなく、

「ええ、なにもしてません」

とサラリ。


ここでひとつ、大きな問題。

こんだけでかいと

ブラで隠していても

ちょっと動いただけで先っぽが出ちゃうんじゃないかってこと。


「あ、たぶん、出ます」

せいらちゃん、ふふってほほ笑んでます。


さあ、どうしよう??

そんなでかいサイズのブラは

自分のほうにはないしなあ…。

逆にあんまりブラがでかくても

可愛くないしなあ。


まあ、その辺の課題含めて、

百聞は一見にしかずってヤツです。

この超乳は実際にナマで見てもらうしかないです。

危険度大のハプニング含めて!



PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード