あなたへ、感謝

テーマ:

すごく小さなことでも、嬉しい連絡とは、連絡する側も連絡を受け取る側も嬉しいものです。

嬉しい連絡には双方に「受け入れる」という、無条件の、暗黙の了解があるように思えます。



仮にその嬉しい連絡に、する側・受ける側に素直な心がなければ、例えば皮肉や嫌味になるかもしれません。しかし双方に信頼関係があるなら全く問題はないはずです。



夜中ではありますが、嬉しい連絡をいただきました。僕も嬉しく、そして救われました。

あなたへ、感謝します。



連絡とは、手紙やメールだけでなく、直接の会話でも同じことです。

話す側、聞く側。



伝える側と伝えられる側、双方に必要なのはまずは素直であること。

伝える側の表も裏も、伝えられる側の表も裏も。全てを素直に。



伝える側・発信する側はいったい何を伝えたいのだろう、伝えられる側・発信される側はいったいどんな風に自分の話を受け取っているのだろう。

それら全てを素直に。



うまく伝わらないときやうまく受け入れられないとき。

それにはどちらかか、どちらにもか、素直さが欠けているのではないか。

そして言葉が足りないのではないか。



今夜は両極端の連絡があり、このように考えさせられる、勉強させられる一日でした。

まさに表裏一体。答えは一つ。



嬉しい連絡をくれたあなたへ、感謝します。

うまく意思疎通できなかった方々へ、僕の足りなさを教えてくださったことに心から感謝いたします。



あなたへ、誠に感謝いたします。

AD

心の目

テーマ:

大好きな兄の結婚式以来、約3年半ぶりの帰郷。

僕の故郷、熊本。

想いは胸いっぱいに、今も、そしてこれからも。



故郷は僕をやさしく迎えてくれ、たくさんの大切なものを今一度教えてくれました。

ここで生まれ、育ち、学んだ、全てに感謝。

自分の原点。



父方の祖父・祖母は素晴らしく元気で生き生きと、しかしながらやはり3年半という年月は長く、久しぶりに会った瞬間に「まっとったよ。」の祖父・祖母の言葉にあふれ出る色んな想いが僕を正してくれました。



そして僕の両親との会話。

僕の足りなさ、未熟さ、この家に生まれ育ったことへの感謝。

僕はいったいどこまで恵まれていたんだろう。



可愛がられ、愛され、この上ない故郷を出て僕は今まで当然のように生きてきた。

故郷を出る理由があったから。



捨てたのではない。進んだのです。

進むべくして僕はいるのです。

でもやはり原点は。



今僕は大きなものを掴みかけています。

本当の意味での豊かさです。

その豊かさをがっちり掴む為にも、この帰郷という原点への想い、原点そのものが必然だった。

それが今の僕。



心の目で、自分の目で、大きな目で。

たがだか数十年の命でも。

しっかり見、悩み、楽しみ、輝いて。



全てに感謝いたします。



そしてこの場をお借りいたしまして、3日間の滞在はあまりにも短く、連絡すらできなかった友人達やお世話になった方々に心からお詫び申し上げます。

AD

幸せいっぱい!

テーマ:

「今度結婚することになったんだよ!」と、今僕の知り合いは結婚ラッシュです!みなさん、おめでとうございます!


今年だけで10組くらい、僕の知り合いの方々は大切な契りを結びます。


幸せいっぱいです!



そしてたくさんの幸せがまた、たくさんの幸せを!



僕も幸せです!



ありがとうございます!

AD

選ぶのは自分

テーマ:

思い返せば僕のこの29年という人生、好きなように生きてきた。



やりたいようにやってきた。



そして今も。







親や兄弟や、友達や先生や、師匠や先輩や、後輩や仲間。



いろんな方たちのおかげで生かされてきた。







色んな失敗や楽しい時間、すべて自分が選んできたことだった。







そして今も、これからもそうやって生きていく。







楽しいことばかりではない。



問題や悩みや、時には対立することも。



きっとあるだろう。







それすらも僕は臨んで、選んでいくこと。



何かトラブルがあれば、まずは自分がそれを選んだ、自分の責任。



きっと悩みや不安は無くなることはないだろう。







では、本当にそれを臨むのか。



悩みたいのか。



不安の中で生きていきたいのか。



苛立って生きていきたいのか。







選ぶのは自分。







悩みや不安さえも笑いとばす、そんな男でありたい。







どうせ話すなら夢物語。



どうせ話すなら笑顔で。



どうせやるなら全力で。







この地球や宇宙からしたら小さい小さい、一人の人間。



その小ささを思えば、何したって地球や宇宙からしたら小さい、小さいこと。



自分の悩みや苛立ちなんか、小さい小さい。







どうせ何をやっても、何をしても、その大きなモノの中での人生ならば。



楽しんで生きたい。



限りある人生の、尊い時間。



できるだけ笑っていたい。







小さい自分でもできること。



笑顔や幸せを積み重ねていくこと。



それが、ちりもつもれば、となれば。



そんな地球に、宇宙にしていきませんか?







僕も頑張ります。



何を頑張るか。



笑えるように頑張ります。







どんな小さなことでも愛しく思えば愛顔(えがお)になる。



努力するから笑える。



笑えばまた努力したくなる。



その繰り返し。







いずれ僕にも子供ができ、孫もできるだろう。



そしてまたその子供や孫にも、子供や孫もできるだろう。



子供や孫でなくても、自分の意を引き継いでくれる若い人や。



その人達に伝えたいこと。



29年しか生きていない、生意気な若僧は、無い知恵絞って頑張ります。







そして尊敬する人生の先輩方。



色々教えてください。



教わったこと、僕も後輩方に精一杯伝えていきます。



この先の人生だけでなく、100年後、1000年後も。



僕の夢の一つ、宇宙平和のために。







僕はタイコ叩きます!







で。







その一つ。







8月14日、

SHIBUYA CYCLONE

18時30分スタート、

TOKYO SICKS presentsライブ、

HONE BONEでのタイバンライブ、

やります。

愛たい!

テーマ:

関わってきた人達、方々、



関わっている人達、方々、



そしてこれから出会い関わっていく人達、方々、



たくさん、たくさん聞きたいです、話したいです。







言葉を発することも大切で、



言葉にできなことも大切で、



そんな会話をしたいです。







会って話すこと。



表情や沈黙の意味さえも尊く。







会いたい。



合いたい。



相対したい。



愛たい。







みなさんにアイタイです!



一人でも多く、少しでも長く、



たとえ一瞬でも!







心からアイタイです!







というところからライブ告知につなげると誤解されてしまいそうですので今回は告知は遠慮させていただきます。



アイタイという一つの手段としてライブもあるし、手段はライブだけではないからです。







精一杯頑張ります!

よーい、ドン!

テーマ:

2011年7月25日、吉祥寺ロックジョイントGBでの「FAZZ FACTORY」のワンマンライブ、並びに2011年7月29日、渋谷スターラウンジでの「74 WONDER MOUNTAIN」のワンマンライブに来てくださった方々、応援くださった方々、本当にありがとうございました。







心より御礼申し上げます。







一歩踏み出す勇気・覚悟、そして踏み出した結果への義・儀。



それらを深く感じ、感謝することの大切さを改めて思ったライブでした。







というと、



堅苦しく、暑苦しい、



とよく言われます。思われます。



でもこれが本音なんです。







それだけは少しだけ主張させてください。







ただ単に、関わる人達と楽しい時間をすごしたいです。



そこに音楽という手段で色づけできればと、これからも頑張っていきます。



宜しく御願い致します。







8月14日、

SHIBUYA CYCLONE

18時30分スタート、

TOKYO SICKS presentsライブ、

HONE BONEでのタイバンライブ、

やります。

まぁいいか

テーマ:

昨晩、近所のコンビニからの帰り道。



僕の30メートル前に、女性が二人、僕と同じ方向で歩いているのに気がつきました。



後姿からして、二人とも身長が低く、中高生二人組みかな、と。



夜の12時近くのことでしたが、昨日は近所でお祭りがあったらしく、まぁ中高生も夜遊びしたくなるよねぇ、と思いながら歩いていました。







ところが。






















ん?






















千鳥足?







後ろから見ていてもハッキリとわかる千鳥足で片方の女性がふらついていました。







おーっと!



未成年が飲酒かぁ!





















でも、まぁいいか。







千鳥足の女性のおかげで、もう片方の女性の歩く速度も遅くなる。



僕との距離が縮まる。







あと10メートル。






















あと5メートル。






















そして女性二人の衝撃の会話が耳に入った。







「もう!」







「いい加減にしてよ!」





















「…」






















「お母さん!」






















みなさん、この事実をどう受け止めますか?







僕が中高生だと思っていた女性二人組は母と娘でした。



娘は中学生くらい、母は40歳前後。



確かにお二方とも若かったし若くみえました。







しかし。







ん~。






















まぁいいか。






















この事実をどう受け止めたのか、僕の見解はあります。



が、みなさんがどう思うかは自由です。



この続きは以下のライブ会場にて。







7月25日、

吉祥寺ROCK JOINT GB、

19時スタート、

野崎森男ソロプロジェクト「FUZZ-FACTORY第56弾」、

ワンマンライブ、

やります。







7月29日、

渋谷STARLOUNGE、

19時30分スタート、

74 wonder mountain、

ワンマンライブ、

やります。







8月14日、

SHIBUYA CYCLONE

18時30分スタート、

TOKYO SICKS presentsライブ、

HONE BONEでのタイバンライブ、

やります。

愛器

テーマ:

「名器を愛器と呼べるよう~」



尊敬する大先輩からいただいた言葉です。







いい楽器、たとえば値段やブランド、楽器に限らずいいものはいいです。



頑張ってそれらを手に入れること、これも大切です。



そして一番大切なのは、手に入れたそのものをいかに愛すか。一緒に成長していくか。







掴みたい夢があり、掴んでからの志を大切に。



尊敬する大先輩は一言でそれらを教えてくださいました。



そして出会った名器。








戦場日記








さらにもう一枚。








戦場日記








この名器を愛器と呼べるよう、これからも頑張ります。



そしてこの僕のドラムセットの写真をみて「いいね!」と想ってくださった方。



想ってくださった時点で愛器への一歩が進みました。



ありがとうございます。



それでは、この楽器におごることなくこれからも精進します。



みなさん、宜しく御願い致します。







ちなみにこの写真は野崎森男さんとPV撮影をした時に撮影監督に撮っていただいたものです。



監督、ありがとうございます。







7月25日、

吉祥寺ROCK JOINT GB、

19時スタート、

野崎森男ソロプロジェクト「FUZZ-FACTORY第56弾」、

ワンマンライブ、

やります。







7月29日、

渋谷STARLOUNGE、

19時30分スタート、

74 wonder mountain、

ワンマンライブ、

やります。







8月14日、

SHIBUYA CYCLONE

18時30分スタート、

TOKYO SICKS presentsライブ、

HONE BONEでのタイバンライブ、

やります。








うまっ!

テーマ:


戦場日記




金粉舞う、このお酒。



とある大切な方からいただいた日本酒です。



そして、おいしい。







今この瞬間、僕の体の中で金粉が舞っていることでしょう。



アルコール度数15%から16%と表記してあります。



おそらく日本酒の中でもアルコール度数の強いお酒であると思われます。







うまい。







うまっ!







平日の昼過ぎからやらかしてます。







ということで今後のライブ、みなさんの御力添え宜しく御願い致します。







7月25日、

吉祥寺ROCK JOINT GB、

19時スタート、

野崎森男ソロプロジェクト「FUZZ-FACTORY第56弾」、

ワンマンライブ、

やります。







7月29日、

渋谷STARLOUNGE、

19時30分スタート、

74 wonder mountain、

ワンマンライブ、

やります。







8月14日、

SHIBUYA CYCLONE

18時30分スタート、

TOKYO SICKS presentsライブ、

HONE BONEでのタイバンライブ、

やります。

監督とネジ屋

テーマ:

2011年7月4日、吉祥寺ROCK JOINT GBでのライブにお越しくださった皆様、そしてHONE BONEを見てくださった皆様、本当にありがとうございました。







楽しい時間と幸せをありがとうございます。







メンバーやメンバーのご家族、HONE BONEスタッフの方々や衣装を提供してくださった方、タイバンの方々、ライブハウスの方々、そして見に来てくださった方々、見にこれなくても応援してくださった方々。



きりがありませんが、全てに。



感謝します。







そして感謝の意を一人でも多くの方にと、これからも日々精進してまいります。



今後ともみなさんのお力添え宜しく御願い致します。







7月25日、

吉祥寺ROCK JOINT GB、

19時スタート、

野崎森男ソロプロジェクト「FUZZ-FACTORY第56弾」、

ワンマンライブ、

やります。







7月29日、

渋谷STARLOUNGE、

19時30分スタート、

74 wonder mountain、

ワンマンライブ、

やります。







8月14日、

SHIBUYA CYCLONE

18時30分スタート、

TOKYO SICKS presentsライブ、

HONE BONEでのタイバンライブ、

やります。