ラブコレ一般参加して来ました☆

テーマ:

たまには普通に普通な日記を書きますwww

 

 

一昨日は久々に東京まで遠征して参りました~♪

 

去年はちょこちょこ行っていた筈なんですが、今年はあんまり機会がなく…汗

 

 

仕事が休みの木曜日に乙女ゲーム系オンリーがあるということで、今回はのんびり一般参加で行くことにしました。

 

 

 

今回、イベント会場でお会い出来るであろうサークル様には、予めご連絡を差し上げていたのですが、敢えて相方様や弟分には、東京行きの連絡はしていませんでした。

 

 

弟分はお仕事がお休みかどうか分からなかったし、相方様の家の事で忙しそうだったし…。

 

 

ということで、今回はイベント会場を一回りしたら、1人で池袋の乙女ロードで買い物して帰るつもりでおりました。

 

 

 

そんな予定で、会場へ向かっている時……偶然相方様からメールが。

 

 

どうやら気分転換も兼ねて、都内へ出て来るとのこと。

 

 

うお!?マジか!?驚

 

 

 

「私も実は東京にいますwww」とお返事し、なら会おう!ということに。

 

 

タイミングすげーな…と思いつつ、まずはイベント会場へ♪

 

 

 

いや~久々に来ましたが、やはり熱気が有って凄かったです(^^;)

 

 

 

お知り合いのサークル様方にもご挨拶出来、無事に欲しかった御本もゲット☆

 

 

相変わらずの変なテンションで、本当申し訳ありませんでした…汗。

 

 

 

で、欲しい本も全て購入出来、相方様と合流する為に、乃木坂駅さんを目指す事になったのですが……。

 

 

 

さて、どう乗り換えれば行けるのか?とスマホで検索している時、若い女の子に、

 

 

 

「スミマセン、私、初めて来たのでパンフの買い方も分からなくて…。ちょっと教えて貰っても良いですか?」

 

 

 

と、声を掛けられました(^^;)

 

 

 

どうやら彼女も私と同じイベントに参加しに来たらしく、でも全く勝手が分からないとのこと。

 

 

取り敢えず、直ぐ目の前の建物がイベント会場で、入ったらスタッフさんがパンフ売ってますよ~とお教えしました。

 

 

「有り難うございます!ってお礼を言われたので、「楽しんで来て下さいね」って見送りましたが………またしても、道を尋ねられたってヤツですね…汗。

 

 

私ってば、そんなに声掛けやすい見た目をしているのでしょうか…?汗

 

 

いや、別に嫌じゃないんですけどね(^^;)

 

 

今回だって、答えられる質問だったので良かったんですが、まぁ、そこそこちゃんとした大人に見えたってことで、良しとしましょう…苦笑。

 

 

 

で、本題。

 

 

 

モノレールの流通センター駅さんから、乃木坂駅さんを目指す旅は、田舎者にとってはそこそこドキドキな旅でしたが、迷子になることなく乃木坂駅さんに到着☆

 

 

駅を出た後、ちょいっとだけウロウロしましたが、相方様とも無事合流出来、我らが定番のカラオケへ♪

 

 

最後に一緒に来たのが、今思うと初夏でしたね(^^;)

 

 

もう随分来てなかったんだな~と改めて実感しました。

 

 

1時間半という短い時間でしたが、存分に堪能し、東京駅で解散。

 

 

そのまま駅弁を買って新幹線に乗り込みました~。

 

 

その道中、ツイッターで呟いていたら、地元愛知勢から「私も東京にいましたよ~」というリプが…!!しかも2件もwww

 

 

相方様に会えたのも偶然でしたが、こっちもまた凄い偶然でした(^^;)

 

 

 

その日は寝付く寸前まで、ツイッターでご挨拶したり萌え語りしたり…と、存分にヲタクライフを堪能した1日を過ごすことが出来ました♪

 

 

ホント、あっという間の1日でしたが、物凄く良い気分転換が出来たと思います(^^)

 

構って下さった皆様、本当に有り難うございました!

 

 

そして、素敵な御本をゲット出来、自分の創作意欲も刺激されたので、これを糧に原稿頑張りたいです!!

AD

市民公開講座

テーマ:

今日は奇跡的に代休が取れたので、先日から気になっていた市民公開講座なるものに、初めて参加して参りました~。

 

 

事の始まりは、月一で通っている耳鼻科の診察の為に市民病院を訪れた際、このポスターを見かけたんですが、その講座のテーマが「めまい」で、しかも講演をされるのが、私がかつてお世話になった耳鼻科の先生だったことです。

 

 

実際にその先生に診て貰ったのは1~2回だけなんですが、春に頭痛で苦しんでいた時に、MRIをやってみましょうって言ってくれたのが、その先生で…。

 

 

メニエール病だっていう診断に至るきっかけになった先生でもあるので、私の中では神の1人として崇めている先生ですwww

 

 

その先生が、「めまい」をテーマに講演されると聞き、こりゃ是非行きたい!!と思い、運良く代休をもぎ取れたので、ワクワクしながら参加して参りました!

 

 

ただ、病院でやる講演会なんて、生まれて初めて行ったので、市民病院の中の講堂なんて場所に行くのも初めてだったし、そもそもどれくらいの人数が集まるのかも分からなくて…(^^;)

 

 

「まぁ、参加人数が数人とかだったら、のんびり聴けて良いかもね~」

 

 

…なんて思いつつ、開演時間の20分くらい前に病院に着くように出掛けました。

 

 

 

 

土曜日の午後、駐車場は普通に混んでいて。

 

あ、きっと入院患者さんのお見舞いだよね、大変だね~…と思っていたら、結構な人数が講堂のある方向へ……。

 

 

え、マジ?ええ??…と思って講堂へ行ってみたら……もう既に満席じゃありませんか!!!

 

 

辛うじて一番後ろの席が空いていたので、そこに座ったんですが、それで次から次へと人が来る!!!

 

 

スタッフの皆さんが、慌ただしく追加の丸椅子を用意してて、気付けば通路まで人で埋まっていました。汗

 

 

ふおぉぉ…市民講座って、こんなに人が来るんですね!!驚

 

 

ご年配の方が大半を占めていましたが、まさかこんなに盛況だとは思わなかったので、正直驚きでした。

 

 

 

で、肝心の講座の内容は…というと、我々素人にも分かり易く、1時間弱の講演でしたが、非常に勉強になりました。

 

 

ご年配の皆様も、熱心にメモを取っていらっしゃったし、私が思った以上に、皆めまいで苦しんでいるんだな~と、改めて思いました。

 

 

ちなみに今回、母上と一緒に行ったんですが、途中で我がメニエール病の話題が出た際、「めまい」の方に、「耳鳴り」とか「耳閉感」とか、そういう症状の紹介があった時、当たり前なんですが、私が家で訴えて来た症状とドンピシャで当てはまっていて。

 

 

その度に、こっちを見てニヤニヤ笑ってましたwww

 

 

実際、食器同士が当たる音が耳障りだったし、変な耳鳴りはしたし、電話の発信音が左右の耳で違って聞こえたし、トンネルを通った時みたいに耳は詰まってたし…。

 

 

先生が紹介してた症状が正にそれだったので、母上にとっては私が言ってた通りだスゲー!と思ったらしいです。

 

 

……うん、そうだね。つか、そのお蔭で未だに飲んでるからね(- -;)

 

 

 

 

まぁ何にせよ、お蔭で為になる話も聞けましたし、案外多くの人がめまいで苦しんでるんだな~というのも分かりましたし、参加して良かったな~と思いました。

 

 

そう言えば、今回、一人1袋ずつ、お土産がありました。

 

 

消費期限の迫った、非常食の缶詰のパン…ww

 

 

最初は「何じゃこりゃ?」と思いましたが、ちゃんと説明があって、要は市民病院なので、災害時に備えて、こういった非常食を備蓄しているそうです。

 

 

その中で、消費期限が迫っている物は、新しい物と交換しなければいけない。

 

 

で、それらを今回配った、ということだったみたいです。

 

なるほど。

 

折角なので、美味しく頂くことにします(^^)

 

 

今日は良い勉強になりました♪

AD

映画『聲の形』観て来ました

テーマ:

今日は代休を貰えたので、ちょっと前から気になっていた映画『聲の形』を観て来ました~。

 

先日、ネットで作品の紹介をチラッと見てから、すっごく気になっていて(^^;)

 

主人公の自由の演技も素晴らしいってどこかで聞いたので、これは行かならんでしょ!と思い、行って来ましたよ~。

 

 

で、感想なんですが……すごい色々考えさせられる作品でした。

 

確かに声優陣も豪華だったし、京アニが製作してたので、絵は綺麗だし、その上脚本が吉田玲子さんだから、もうそれだけでも凄くって…!

 

 

でも、何より、ストーリーそのものが、物凄く心に刺さりました。

 

 

観ながら、むっちゃ色んな事考えました。

 

色々考えすぎて、何考えてたのか全部思い出せないくらい(^^;)

 

 

原作を読む勇気がまだ出ないので、取り敢えずパンフ買ったんで、そっち熟読して、作品のもっと深い部分に触れてみたいと思いました。

 

 

 

ちなみに、Yahooにレビュー投稿してみた。

 

なんか勢いだけでガーッて書いたから、あまり纏まっていませんが…(^^;)

 

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

原作は未読、作品名もほぼ知りませんでしたが、ネットで作品紹介をチラッと観て、続きが気になったのと、声優陣が好きな方々が多かったので、劇場まで行って来ました。

京アニの絵柄は嫌いではなかったし、声優さん方も、特に主人公の自由くんとヒロインの早見さんの演技は素晴らしく、すんなりとストーリーの中に入れました。

ストーリーは、決して明るく楽しいものではありません。

ただ、観ている間、物凄く色々な事を考えました。

例えば、小学生の世界の狭さ。
排他的な考え。
無知故の愚かさ。
犯した罪の大きさと、それを知り、苛まれる辛さ。
死にたいと思う気持ち。
自分可愛さ。
友情の脆さ。

あと、五体満足で生まれて来れた奇跡と、家族の愛情と、友達という存在。

私にも、聴覚障害の友人がいます。
たまにしか会えませんが、皆で集まった時に、彼女の為に、皆の会話を必死で紙に書いて教えていました。

私は、有り難い事に、五体満足で生まれて来ましたが、今年の春、メニエール病の関係で、左耳が少しだけ聞こえづらくなった時がありました。

私のは、ちょっとだけ聞こえがおかしくなっただけなので、日常生活には全く支障はありませんでしたが、普段普通に聴こえている耳がおかしくなる…それがどういうことなのか、生まれて初めて考えるきっかけになりました。

でもそれは、大人の私だから出来た事であり、小学生には難しいと思います。

それゆえ、背負ってしまった罪と、負い、負わせてしまった傷。

それらとどう向き合うのか、そして、それと向き合っている人と出会った時、どうするのか……そんな事を考えさせられた作品でした。

映画館に足を運んだ価値は、充分にありました。

この作品に出会えて、心からよかったと思いました。

 

 

 

↑ ↑ ↑

 

 

これ、DVD出たら買おう。んで、心が疲れた時に観て、いっぱい泣こうと思います。

AD