写真素材-フォトライブラリー
写真 素材

Did you know Terry Fox ?




$Batochun☆Walker episodeⅢ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Thu, September 08, 2016 17:00:59

山形みやげ:からからせんべい

テーマ:    ・国内旅行

image

 

山形県内の土産店でよく見かけます。

その名もからからせんべい(183円)

 

 

 

image

 

庄内地方に昔から伝わる駄菓子です。

黒糖の風味が豊かな甘いお煎餅。

三角形のおもしろい形で焼き上げております。

 

 

手で割りますと・・・、

 

 

 

image

 

 

おや?

中に何か入っています!

 

 

 

image

 

あら、かわいい!

紙で作られた女の子の起き上がり小法師が入っているではありませんか!

 

この「からからせんべい」は鶴岡市の宇佐美煎餅店が作ったおもちゃ入りの煎餅。

工芸品と言われる昔ながらのおもちゃが一つずつ入っているのです。

おもちゃの種類は豊富。

何が入っているかは食べる時のお楽しみ♪

昔の童たちもこれで遊んでいたのでしょうか!?

 

第24回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞受賞

山形県が誇る銘菓なのです。

お一ついかがですか?

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, September 07, 2016 15:43:55

じゃぶじゃぶ、最上川舟下り

テーマ:    ・国内旅行

image

 

最上川は山形県のみを流れる一級河川です。

長さは229kmで、一つの県を流れる河川としては日本最長。

日本三大急流の一つとしても有名です。

 

その急流で「涼」を求めて舟下りをしませう。

 

 

image

 

ここはJR高屋駅(無人)。

最上川を見渡せる高台にあります。

 

 

image

 

その駅の駐車場の一角に小屋がありまして、そこで受付ができます。

 

 

image

 

時間になったら川岸へ。

 

 

image

 

船頭さんが準備をしています。

 

image

 

お客は自分含めて5名。

そして、船頭さんとガイドのおばちゃんが乗ります。

 

 

image

 

台風の影響で水かさは多いものの流れはゆったりしています。

風を切って進むので、なかなか涼しい♪

 

途中、おばちゃんの軽妙なトークで船上から滝や岩を見学。

 

 

image

 

しばらくすると、対岸に鳥居が見えてきました。

ここで舟は初めての停泊。

 

 

image

 

ここには奥の細道ゆかりの仙人堂があるんです。

 

 

image

 

仙人堂は義経が兄頼朝から逃げている際、一行がここで身体を休めた地と言われています。

その従者の一人が約800年前に建立したそうです。

義経は残念ながら、平泉で最期を遂げます・・・。

 

そして、俳人松尾芭蕉はここにも訪れていたのです。

奥の細道には「仙人堂」と確かに記しています。

 

 

image

 

仙人堂敷地の一角にある小屋では湧き水コーヒーが味わえます。

これが名物。

なんたって、あの芭蕉がコーヒーを飲んだ(らしい)んです!

 

 

image

 

小屋の前には「芭蕉が腰かけた石」が実際にあります。

この石に座って、芭蕉がコーヒーを飲んだとか飲まなかったとか!?

 

 

image

仙人堂わき水コーヒー(450円)

 

真相は謎ですが、とにかく美味しいアイスコーヒーが飲めました。

 

 

20分ほど休憩し、船は帰路へ。

ガイドのおばちゃんが舟唄を歌ってくれます。

演歌歌手のような声の伸びと美しい声。

悠久の最上川に相応しい唄でした。

ちなみにキャイーンのウドちゃんは山形県出身。

家は舟下りしている近くにあるそうです。

父親はウドちゃんに激似(おばちゃん談)、とのこと。

お会いしたいです(笑)。

 

 

 

五月雨を あつめて早し 最上川

芭蕉

 

芭蕉さんも舟下り、楽しんだんでしょうかね~

 

 

 

最上川舟下り義経ロマン観光

TEL:0234‐57‐2148

山形県最上郡戸沢村大字古口字高屋
※カーナビには「JR高屋駅」と入れてください。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, September 02, 2016 21:44:13

幽玄の出羽三山

テーマ:    ・国内旅行

出羽三山とは山形県村山地方・庄内地方に広がる月山・羽黒山・湯殿山の総称です。

修験道を中心とした山岳信仰の場として現在も多くの修験者、参拝者を集めています。

 

 

image

 

 

僕は間違っていました。

この旅の大変さを・・・。

出羽「三山」なので地図上では一見近くにあります。

一日で見て回れると気軽に考えていたんです。

しかし、さすがは修験道の山。

どれも険しい場所にありました。

自分の調査不足のため、一日観光のつもりが三日間費やしました。

 

 

 

~湯殿山~

 

 

image

 

古来より出羽三山の奥宮とされています。

ここは修験道の霊地であり、「語るなかれ」「聞くなかれ」と戒められた神秘の世界。

すいません、少し語っちゃいます・・・。

 

 

image

 

湯殿山有料道路を通り、大駐車場へ。

赤い大鳥居が湯殿山の入口です。

ここより先は専用バスか徒歩で登ります。

 

 

image

 

参拝バスは片道200円、往復300円。

 

 

image

 

バスを降りたらここからいよいよ本宮へと参ります。

全国でも珍しく、ここ湯殿山神社には社の建物がないんです。

では、何を祀っているのか。

 

・・・、お湯です。

湯殿山だけにね。(冗談ではなく、ホント)

これより先は撮影禁止なので、気になった方は是非とも参拝をオススメします。

裸足になってお祓いを受けたら、お湯の湧き出る岩山があるんです。

このお湯が結構熱い。

ついつい早足になってしまいました。

何とも不思議で霊験あらたかな神社なのでした。

 

 

image

 

御朱印

 

 

 

~月山~

 

ここは本当に苦労しました。

ガイドブックでは月山八合目までは車で行ける、とのこと。

しかし、八合目までの行き方が全然分からん。

ナビにもヒットしないので、とりあえず車を走らせることに。

地図上では二つの山ともに近いのですぐ分かるだろうと・・・。

結局、反対方向に車を走らせており、それに気づくも時すでに遅し。

翌日に月山参拝と相成りました。

実際には確かに近い。

しかし、道路がない!

鶴岡市から向かうので、どちらかというと羽黒山の方が近いんです。

 

翌日。

何とかアクセス方法が分かるも、八合目まではかなりのクネクネ道。

おまけに道幅も狭いので運転にかなり苦労しました。

所々に待避所があるんですが、対向車来ないで!という感じ。

帰り道で観光バスと遭遇した時は冷や汗ものでしたが・・・。

このクネクネ道を30分以上かけて、ようやく八合目まで到着!

やったよ、俺!

ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!

 

 

image

 

下界は晴れていたのに、ここはかなりの霧。

 

 

image

 

駐車場も閑散としています。

ここから月山神社のある山頂まで徒歩で約3時間。

 

 

image

 

しかし、山頂まで行かなくともハイキングが楽しめます。

 

 

image

 

尾瀬のような木道があり、歩きやすいです。

10分ほどで月山中之宮の御田原神社へ。

 

 

image

 

ここで御朱印を頂いていると雨が降ってきました。

駐車場のレストハウスまで戻り、仕方なく昼食。

 

 

image

 

山菜うどん(850円)

 

なかなかウマい。

 

車に戻るとかなりのどしゃ降り。

身動きがとれない。

トレッキングもできずに雨が止むまで、しばらく待機。

鬼門だな~、月山は。

結局、そのまま晴れずに下山することに。

羽黒山はまたまた翌日に延期。

悪天候の中、先ほどのクネクネ道を下り、何とか下界に戻ってきました。

しかし、下界は雨の降った気配もなく、カラリと晴れていましたとさ。

 

 

image

 

御朱印

 

 

※月山八合目まで車で行かれる方は要注意!!

カーナビは「月山ビジターセンター」(羽黒山有料道路料金所近く)で。

ビジターセンター脇の横道から八合目まで行けます。

細い道が長く続くので、運転には十分お気を付けください!

 

 

 

 

~羽黒山~

 

出羽三山参拝の旅もいよいよ最終章。

最後は羽黒山です。

 

 

image

 

今から約1400年前に蜂子皇子が羽黒山を開いたのが出羽三山の始まりとされています。

月山、湯殿山は雪深い山頂や渓谷にある為、通年の参拝が困難です。

そこで羽黒山頂に三山の神々を合祀しました。

この三神合祭殿に参れば、月山、湯殿山にも参拝したことになるそうですよ。

・・・って、それを早く言ってよ~っ!

Σ\( ̄ー ̄;)

最初からここに参れば一回で終わりだったんじゃね?

今までの苦労は・・・。

まあまあ、しかし、それは言わない約束です。

楽はできるものの、三山しっかりと参拝した方がいいんです。

貴重な体験もできましたしね。

 

 

 

image

 

羽黒山全景。

 

 

image

 

山頂への参道入口、随神門。

 

 

image

 

山頂の本殿まで至る約2kmの石段。

樹齢300~600年に及ぶ老杉が生い茂り、ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン三ツ星に認定されました。

★★★

(^_^)v

 

 

 

image

 

見えてきました。

羽黒山五重塔―――。

 

 

image

 

素木造り、三間五層の均整のとれた優美な姿。

東北で最古の塔です。

 

 

 

image

 

昭和41年に国宝に指定されました。

 

雨が激しく降ってきて、山伏の方々も雨宿り。

雨音が逆に周りの静寂さを際立たせています。

 

 

山頂まで石段を登りたかったのですが、雨のため断念。

車で山頂まで目指します。

羽黒山有料道路を上り、数分で到着。

 

 

 

image

 

駐車場からしばらく歩きますと見えてきました、三神合祭殿。

 

 

image

 

萱葺木造建造物としては日本最大。

国の重要文化財に指定されています。

 

 

image

 

 

社殿を見上げると確かに三神が祀られているようです。

湯殿山、月山、そして羽黒山―――。

時間もかかりましたが、しっかり出羽三山参りましたよ。

お疲れさまでした。

 

 

image

 

御朱印

 

 

 

西のお伊勢さまに詣でることを「伊勢参宮」、東の出羽三山に詣でることを「東の奥参り」と称し、昔から重要な人生儀礼の一つとされてきました。

ひと夏で伊勢参宮も東の奥参りも両方できたことはホントに嬉しい限りです。

これを機に日々精進していきたいと思います。

(^-^)ノ~~

 

 

 

出羽三山HP ⇒ http://www.dewasanzan.jp/

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, August 31, 2016 13:31:57

日本海、海鮮ドライブ

テーマ:    ・国内旅行

image

 

日本海沿いをドライブしております。

ここは新潟県の笹川流れ。

 

 

image

 

台風一過で空も真っ青!

気持ちのいいシーブリーズなのであります!

 

 

 

image

 

水色が珍しい日本海ソフトクリーム(350円)。

ちょっぴり塩の味がします。

 

 

 

image

 

そして、そして、宿では豪華な刺身の船盛!

ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!

 

 

image

 

囲炉裏で好きな海鮮が食べ放題♪

ホタテがウマい!

 

新潟から山形の日本海沿いで海鮮を堪能してますが、今回の旅の目的は出羽三山。

山形の深い山奥に向かいます。

でわ(出羽)!

(^-^)ノ~~

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, August 19, 2016 17:00:59

恥じらいのエッグスンシングス

テーマ:    ・スイーツ♪

サイクリングの帰り道―――。

立川にニューオープンしたららぽーとを発見!

休憩がてら立ち寄ることにする。

 

長時間、自転車こいで疲れたので糖分を補給したい!

どこかで甘いものでも・・・。

 

 

image

 

すると一角にパンケーキで有名なエッグスンシングスのお店が。

パンケーキ・・・、うむ、悪くない。

 

店に入ると、アロハシャツに身を包んだナウいヤングが「アロハ~」とお出迎え。

見回すと客層はカップルや家族連ればっかり。

なんともハイソでオシャレな人たちが歓談しているではありませんかっ!?

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

こっちは汗まみれのシャツに短パンという汚らしい格好。

汗だくの男一人が疲れ切った顔でパンケーキなんぞ食べていいのでしょうかっ!?

 

来る場所を間違えたな、、、

店を出ようとすると、間髪入れず「こちらへどうぞ!」とアロハのギャル。

仕方なく席に着く。。。

 

 

image

 

「当店は初めてですかぁ?」

 

そうッス・・・。

 

「お食事ですかぁ? それともパンケーキですかぁ?」

 

パンケーキです・・・。

 

「それでは、ご説明させていただきますねぇ」

 

丁寧にメニューをいろいろと説明してもらうが、写真がないのでなかなかイメージがつかない。

何がオススメなんすかね?

 

「ストロベリーのこちらなんかが、、、」

 

パンケーキメニューの一番上を指さす。

じゃあ、それ下さい!

 

「かしこまりましたぁ!」

元気に走り去るアロハギャル。

まあ、どんなものが来るかは分からんが、とりあえず一安心だな。

 

 

 

image

 

「あら、男性一人で来てるわ・・・」

「パンケーキ食べるのかしら・・・」

「やだ~、ウケるんですけど~」

 

周りの人たちがささやきあってる(・・・気がする)

この雰囲気、、、苦手だ。

さっさと食べて店を出よう。

 

 

 

 

10分後、、、ボクはドキドキしていた。

 

まさか、こんなのが出てくるなんて・・・。

 

 

 

image

 

ストロベリー、ホイップクリームとマカダミアナッツのパンケーキ (1,080円)

 

 

きゃー、かわいい~!

って女子ならここで大騒ぎなんだろうけど、こっちは男ひとり。

心の中で静かに騒ぎます。

これ一人で食べるんですか!?

パンケーキは好きだが、ホイップクリームの量がハンパない!

 

 

image

 

「高さは15センチあります!」とアロハギャル。

マジかよっ!

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

 

image

 

どうやって食べようかあたふたしてると、教えてくれた。

テーブルの上にソースが3種類。

左から、グアバソース、ココナッツソース、メープルシロップ。

「お好きなソースをかけ放題です♪」だそうだ。

 

 

でわ、大好きなメープルシロップを。

 

 

image

 

かけ過ぎたかな? まあ、いっか。

まずはホイップクリームをてっぺんから。

 

うむ、甘い!

メープルシロップとの相乗効果で非常に甘い!!

 

パンケーキは5枚下に敷いてあります。

一応、パンケーキメインなんだけどクリームのインパクトがでかすぎてあまり目立ってない模様。

ストロベリーは程よい酸味が甘さをかき消してくれるので、非常にいいね!

 

最初は3種類のソースをかけて味の変化を楽しんでいたのですが、、、

後半はちょっとつらかったです。

甘いものは好きな方ですが、一人で食べるものじゃないのかなぁ。

すると、隣の席に女性一人が来店。

自分と同じものを注文してたのですが、一人でペロッと食べてました。

さすが!

 

隣を見習い、なんとか自分も完食。

 

「あら、あの男性一人で食べちゃったわよ!」

「なかなか根性あるのね!」

スタッフたちが賞賛の拍手をしてくれてる(・・・気がする)

 

 

ごちそうさま、Mahalo~

次回はエッグベネディクトやロコモコでも食べてみようかな。

 

 

 

 

 

image

 

Eggs'n Things ららぽーと立川立飛店

東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛1F

多摩モノレール「立飛」駅直結

TEL:042-512-5851

営業時間:9:00~22:00(ラストオーダー21:30)

席数:104席(店内74席/テラス30席)

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, August 17, 2016 16:00:59

真夏の昭和記念サイクリング

テーマ:つれづれ東京ガイド

立川にある昭和記念公園へサイクリングに行ってきました。

 

園内には総延長14kmのサイクリングコースが整備されているのです。

入園料は410円。

自己所有の自転車なら専用のゲートからすぐにサイクリングを楽しめます。

もちろんレンタルも可能です。

手ぶらでサイクリングを楽しめますよ。

 

初めて訪れたのですが、広い広い!

バーベキューガーデンや水鳥の池、レインボープールに日本庭園など・・・。

レストランも併設されているので一日中遊べます。

 

サイクリングコースは夏休み中ではあれど、平日だったので人もまばら。

しかも対面交通ではなく、一方通行の専用道なのでスイスイ走れます。

 

 

image

 

 

「トンボの湿地」というのが気になったので、ちょいと立ち寄ってみます。

 

 

image

 

 

ここには人懐っこいトンボたちが自由に飛び回っていました。

 

 

image

 

シオカラトンボです。

 

 

image

 

こんなに近くに寄っても逃げない。

トンボの楽園です。

 

image

 

拡大↓↓↓

 

image

 

トンボの身体はよく見るとサイボーグみたいですね。

仮面ライダーっぽい。

 

 

image

 

トンボの湿地を後にして、しばらく走ると日本庭園がありました。

 

image

 

東屋で一休み。

ゆっくりと時が流れます。

まるで遠くに旅に来てるよう。

ここが東京都とは思えません。

 

 

image

 

しばらく走ると突如、マヤの古代遺跡が!?

こどもの森内の太陽のピラミッドです。

園内にはこうしたオブジェ?がいっぱい。

走っていて楽しいです。

 

 

昭和記念公園のホームページはコチラ ⇒ http://www.showakinen-koen.jp/

 

 

炎天下のサイクリングでしたが、いい汗たっぷりかけました。

(υ´Д`)アツー

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, August 15, 2016 19:43:35

ロマンティック、名古屋

テーマ:    ・国内旅行


image



名古屋にもあるんです、テレビ塔。


戦後の高度経済成長期に建てられたので、外観は東京タワーそっくり。



もちろん上りますよ。


旅先でタワーに上るのは自分の中のポリシーなんで・・・。




image


旅って自分の中では非日常の世界じゃない?


しかし、そこに住んでる人たちにとってはそれが日常。


非日常の自分が日常の世界をのぞく―――。


それが旅のおもしろい所かな。


旅先でタワーに上るのは、そんなパラレルな世界を俯瞰できるんだ。


これが僕の旅のスタイル―――、なんてな!(笑)





image


たそがれてたら、すっかり日が暮れてしまった。





image

image


ほら、ごらん?


あの一つ一つの明かりの中に名古屋の人たちの日常があるんだ。


そう考えると面白いと思わないかい?





image


地上90メートルのスカイデッキ―――。


まるで夜空を泳いでいるような金魚たち―――。


そんな非日常を発見するのも旅の醍醐味。


嗚呼、ロマンティックが止まらない・・・。






image


名古屋テレビ塔

名古屋市中区錦三丁目6-15先
TEL:052-971-8546

地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」駅下車南改札を出て4B出口を上がってすぐ







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, August 14, 2016 20:00:52

お伊勢参りは皆さんのおかげです。

テーマ:    ・国内旅行


image


着きました、おかげ横丁。


伊勢内宮前にあります。


お参り前に散策するも良し、お参り後に散策するも良し。


伊勢のいろんな名物、お土産がここにそろっているので歩くだけでも楽しいんです。






image

image

image


おかげ横丁は、正しくは「おはらい町」の一角です。


これがおはらい町のメインストリート。


伝統家屋がいい味出してます。


そう、ここは江戸時代の伊勢の様子を再現した街並みとなっているのです。



ファミリーマートもこの通り。


↓↓↓



image


江戸スタイルです!(笑)





ランチをまだ食べてないので、さっそく名物をいただきます。


ヾ(@°▽°@)ノ




image


伊勢名物、てこね寿司で有名なすし久 です。


てこね寿司とは漁師さんが獲れたての新鮮な魚を豪快に手で混ぜて作ったちらし寿司のようなもの。


魚は主にカツオです。





image

てこね寿し (1,190円)



鰹の漬け丼。


豪快に桶に入ってます。


小鉢も付いてます。


みそ汁はもちろん赤だし。



華やかな海鮮丼もいいけれど、富山の「ますの寿し」のようなシンプルな丼もステキ。


こちらもカツオの漬けを思う存分味わえます。


秘伝の醤油に漬けた肉厚の鰹の切り身―――。



image


タレの染みこんだコシヒカリのご飯―――。


鰹の切り身と一緒にほおばると何とも言えない至福の時。。。


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


これはねぇ、はっきり言って旨いよ!


真夏でもさっぱりいけちゃう。


東京にこんな店があれば、毎日リピートしちゃうでしょう!!



すし久は超人気店なので昼時をずらして行くことをオススメします。






image


続いての名物店はコチラ。


伊勢うどんで有名なふくすけ です。



なに?


食べ過ぎだって?


だって、旅先では気になるものは全て食べておきたいんですもの・・・。


キャントストップ食欲!




image

伊勢うどん (480円)



うどんはコシ、って言われますが、伊勢ではそんな常識は覆されます。


極太うどんの麺はふにょふにょ。


茹で過ぎたうどん?と思う勿れ。


しっかりと仕事してます!


味付けは、たまり醤油にネギを散らしたシンプルなもの。


柔らかうどんに醤油が絡まり、これまたウマい!


小腹がすいた時にはうってつけの伊勢メシです。






image


デザートはやっぱり赤福餅で〆。


こちらは赤福 本店です。


五十鈴川のほとりにあります。




image

赤福餅 盆 (290円)



赤福餅が3個と番茶のセットです。


餅はつきたてのものを食べられます。


餡は五十鈴川のせせらぎを、白い餅は川底の小石を表しているそうです。


縁側に腰かけて、五十鈴川を眺めながら赤福をいただく・・・。


ああ、いとをかし。




おかげ横丁HP ⇒ http://okageyokocho.co.jp/




お伊勢参りはこれにて完了。


さあ、名古屋へ帰ろうか。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, August 05, 2016 19:35:57

お伊勢参りの巻

テーマ:    ・国内旅行


image



伊勢市駅に到着しました。


これから伊勢神宮に参拝です。



天照大御神あまてらすおおみかみをお祀りする内宮。ないくう

衣食住を始め産業の守り神である豊受大御神とようけのおおみかみをお祀りする外宮。げくう

そして、14の別宮べつぐう、43の摂社せっしゃ、24の末社まっしゃ、42の所管社しょかんしゃ


これら125の宮社全てをふくめて神宮といいます。


そう、一つじゃないんです、伊勢神宮は。


125の集合体で、それらが伊勢市周辺に点在しているからもう大変。


すべてを一日で参拝しようなんて不可能です。



今回はメインの外宮と内宮を参拝します。


「お伊勢参りは外宮から」と言われているので、外宮から参拝です。

駅から延びる外宮参道をまっすぐ歩き、5分で入口に到着。




image


その前に名物「赤福氷」をいただきましょう。


伊勢と言えば、赤福餅ですよね。




image

赤福氷 (520円)


夏季限定です。


抹茶蜜のかかったかき氷です。


暑い夏はこれが一番!




image


氷を掘り進めていくと、赤福らしくあんことお餅が!?


これは嬉しい誤算なのであります!


しかも赤福そのものの餡と餅ではなく、冷たい氷に馴染むように作られた特製品。


うまいのであります♪


さあ、身体も冷えたところでれっつごー!





image


表参道火除橋を渡ります。


外宮内は左側通行。





image


鳥居前で一礼。


この日は雨が降ったりやんだり・・・。


傘をさしながら失礼します。




image


中はこのように広いんです。


でも左側通行はお忘れなく。


伊勢志摩サミットの影響で混雑を覚悟して行ったのですが、この通りです。


雨の影響でしょうかねぇ。




image


正宮が見えてきました。


こちらがメインの社殿。


静寂に包まれていて、神秘性を感じます。




image


ここから先は撮影禁止です。


なんだか緊張しますね・・・。


遠くに正殿があるのですが、柵からのぞく感じです。


とても神秘的な場所でした。







image


続いて内宮へと参ります。


外宮から内宮までは遠いのでバスで移動。


10分ほどで着きます。





image


五十鈴川にかけられた木造の宇治橋。


長さは101.8メートル。


神宮の表玄関ですね。


ちなみに内宮は右側通行。


外宮とは反対です。





image


正宮へと向かう長くて広い道。


誰もいません。




image


五十鈴川御手洗場。


参拝する前に心身を清める場所です。





image


正宮です。


こちらも撮影禁止。


皇室のご祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)をおまつりする、最も尊いお宮です。


あいにくの雨模様ですが、無事にこちらまで来れて参拝できたのが嬉しいです。


ありがとうございます。


人もいなかったのでゆっくりと参拝できました。





image


裏手にある荒祭宮。


天照大神の荒御魂(あらみたま)をまつる別宮になります。


荒御魂とは神の特別な働きをする状態、または神が現れた状態と言われているそうです。


なんだか難しくてよく分かりません・・・。





我が国を代表する伊勢神宮。


参拝にはいろいろルールがありますが、普通に参拝するには服装も自由なので問題ありません。


日本人ならぜひ一度参拝してもらいたいです。


歴史は2000年以上も前の古代のことなので難しいです。


しかし、外宮にはせんぐう館 という博物館があり、歴史や造営方法など分かりやすく展示。


非常に勉強になりました。


少しでも知識をつければ伊勢参りが楽しくなると思います。



伊勢神宮のホームページ ⇒ http://www.isejingu.or.jp/





次回は「おかげ横丁」でリフレッシュ♪







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Tue, July 26, 2016 20:18:30

お伊勢参り エピソード0

テーマ:    ・国内旅行

名古屋にいるワケは念願だった伊勢神宮参拝の中継点にしたから。


駅前ホテルに1泊し、これから伊勢に向かいます。




image


近鉄名古屋駅より急行で伊勢市駅へ―――。


1時間半くらいで着きます。


しかし、ちょっと待って!


伊勢市駅で降りる前に寄りたい所があるのです。


そのまま駅構内の高架橋を渡って、JR線に乗り換えます。


そして、着いたところはここ。


↓↓↓




image


JR二見浦駅。 (←無人駅)


だ~れもいない・・・。




image


なぜか駅構内の壁にカニがいたけどね・・・。


海が近い証拠かな。



ここから歩いて海岸線まで行くのだが、途中どしゃ降りに遭遇。


傘はさしたが濡れまくり、、、やれやれ・・・。



20分ほど歩きますと、見えてきました。




image


二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)に到着です。



古来より伊勢神宮に参拝する前にここで「みそぎ」をして身体を清めるのが習わしだったそうです。


ですので、正式にはお伊勢参りはここから始まるのですよ。




image


海岸沿いの参道を行きますと・・・




image


遠くに見えてきました、夫婦岩(めおといわ)。




image


まずは参拝からね。




image


二見興玉神社です。


ここで御朱印を頂き、右の脇道からさらに進みます。




image


二見かえる。





image


夫婦岩―――。



これは有名ですよね。


二見浦のシンボルで、夫婦円満・縁結びの象徴として知られています。




image


固い綱でつながっています。


まさしく力強い「絆」って感じですね。


左の岩のてっぺんの鳥居の横に偶然タカ?トンビ?が止まっています。


神秘的なのであります!





image


はるか昔、倭姫がこの地を訪れたとき、その風景があまりにも美しかったそうです。


二度も振り返りご覧になった為、「二見」と呼ばれるようになったとか。



・・・まあ、僕は三度も四度も振り返りましたケド。




さあ、行くど~


伊勢神宮へいざ参らん!!


(`Д´)ノ





二見興玉神社

伊勢市二見町江575

TEL:0596-43-2020

JR参宮線「二見浦駅」から徒歩で約15分





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。